FC2ブログ
2007年夏に定年退職した、団塊世代 普通のオジタリアンの日記
団塊世代オジタリアン
雪の六甲山を行く
2014-02-14-Fri  CATEGORY: 日記
■朝、自宅を出発する時は、道が真っ白くなっていました。

  雪の為、電車が遅れていました。

  集合場所の「阪急・蘆屋川駅」前です。

  メンバーのKaさんが乗った電車が、雪と人身事故のため、大幅に遅れています。

  1 阪急蘆屋川駅


  乗車予定より1時間後の、バスを待っています。

  バスは、タイヤチェーンの音をガラガラと発しながら、やってきました。

2 阪急芦屋川のバス停


  バスは順調に登っていきますが、対向車線では雪で立ち往生している車がいました。

  11:05 バスは、「東お多福山登山口」へ到着しました。

3 東お多福山登山口のバス停


  私達5名(内女性1名)は、スパッツを付けて、いざ出発!  最短ルートを選びました。

4 登山開始


  12:00 分岐点である七樋割峠を出発。  蛇谷北山 → 石の宝殿 → 六甲山最高峰

  へと向かいます。    登山道はすぐに急な雪道となりました。

5 急な斜面の登りが続く


6 急な斜面の登りが続く


  稜線からの景色です。  雪が降っていますので、遠くまで見通せません。

7 稜線からの景色


  登山ルート途中の蛇谷北山標高840mに到着しました。

8 蛇谷北山840m


  ルートには、急な下り坂もありました。

9 急な斜面を下る


  「石の宝殿」まで、もう少し・・・・・ 雪をかぶった林の中を進みます。

10 石の宝殿までもう少し


  石の宝殿に到着しました。  ここから、東六甲ドライブウエイを進みます。

11 石の宝殿


  道路は、除雪が追いつかないようです。  スバル4輪駆動車が2台のみ通過しました。

  もうすぐ、「一軒茶屋」に到着します。  営業しているでしょうか?

12 一軒茶屋までもう少し


  様子を窺いましたが、シャッターが閉まっており営業していませんでした。

13 一軒茶屋


  風を避けて、茶店の横で昼食をとりました。  13:50~14:15

  一本のビールを4人が分けて飲みました。  最初の一口が美味しかった!

  吹き付ける風雪で弁当には、雪が積もっていました。

14 一軒茶屋の横で昼食


  ここは、六甲山最高峰の直下です。 

  最高峰へ向かったと思われる数名の足跡が残っていましたが、登山者は私達5名以外に

  誰も姿がありませんでした。

  私たちは、魚屋道(住吉道)を有馬温泉へと下っていきました。

15 魚屋道を下る


16 魚屋道を下る


  途中で一休み・・・

17 魚屋道・途中で一服


  有馬温泉の上部の道路へ到着。  ここで、スバッツを外しました。

  誰とも出会わない静かな山行でした。

18 温泉街に到着


  ここで、Kuさんとお別れ・・・・ 4人で本日宿泊するホテルへ向かいました。

19 温泉街・ここでお別れ


  ホテルまで、もう少し・・・・途中の坂道では、車がスリップして立ち往生していました。

20 ホテルへもうすぐ到着


  16:00 ホテルへ無事に到着。

20 ホテルへ到着


  山行に同行しなかった3名とロビーで合流しました。

  そして、露天風呂へ入った後にビールでカンパイ!!

                 極楽! 極楽でした。


      (ニュースによると、自宅からそう遠くない奈良市での積雪が15cmでした。

        六甲山の積雪は、約20~30cm程度であり、歩くのに最適の積雪量でした)




スポンサーサイト



トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2020/01 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


Copyright © 2020 団塊世代オジタリアン. all rights reserved.