FC2ブログ
2007年夏に定年退職した、団塊世代 普通のオジタリアンの日記
団塊世代オジタリアン
韓国旅行(3日目)・宗廟・帰国
2012-07-22-Sun  CATEGORY: 海外旅行
■朝目が覚めると、雨が降っていました。

  昨日までスモッグがかかっていましたが、今日は雨に洗い流されてスモッグが

  ありません。    スモッグはどこから、やってきていたのでしょうか?

               (推測ですが、中国からだったと思います) 

  ホテルの部屋で、2時間近く、韓国のテレビやCCTV(中国)、日本のNHK

  海外放送を見ていました。


  8時になって スーツケースをフロントに預け、ホテルを出て、地下鉄・清涼里駅近くで

  朝食のとれるところを探しました。

1 雨 地下鉄・清涼里駅の入口



  しかし、食べたいものが見つかりませんので、「東大門」まで、地下鉄で行くことにしました。

2 地下鉄・ホームの様子



■「東大門」です。  朝のため、観光客は誰もいません。

3 東大門



4 東大門



  以前この付近は、バッタ屋の様な小売店がたくさんあったのですが、今は工事中の地区も

  あり整備されて、すっきりしていました。


  腹が空きましたので、とりあえず朝食のとれるところを探しました。

5 東大門の周辺



  周辺の路地の様子です。

6 東大門周辺の路地



  お兄さんさんが、店の前で食材の仕込みをしているところがありましたので、

  その食堂に入ってみました。

  注文した料理をオムニ(お母さん)がもってきてくれました。

  ラーメンとビビンバです。

  韓国の食堂では、キムチがいつも付いてきます。

7 朝食 ラーメンとビビンバ



■次に「宗廟」へ行くために地下鉄1号線に乗りました。

  そしたら、なんと驚くことに、「ドクター車両」が連結されていました。

  ドクターが2名、他に看護婦さんも乗車していました。

8 地下鉄のドクター車両



  以前、「世界ビックリ・・・」のTV番組で、この話題が放映されているのを見たことが

  あります。

  韓国人は忙しい人達が多いので、所用の途中 走行中の地下鉄車両の中で、「健康診断」や

 「就職案内」をしているとのことです。   



■世界遺産「宗廟」の入口(外大門)です。

9 世界遺産・宗廟・外大門



  「宗廟」は、李氏朝鮮王朝時代の歴代王と王妃の位牌を祀って祭祀を行う祀堂です。

10 宗廟



  正殿です。

11 宗廟・正殿




  正殿は、長い建物なので2枚の写真をつなぎました。

12 宗廟・正殿の全景



13 宗廟・正殿の全景



  ここ世界遺産の見学は、グループ毎にガイドが付いており、個人で勝手に行動し見学できません。

  監視員も遠くから見守っています。

  ホテルに帰る約束時間にあまり余裕がないため、トイレに行ったついでに前のグループに

  もぐりこみ、見学時間を短縮しました。

14 宗廟・正殿・記念撮影



■ホテルへの集合時間(11:00)の20分前に到着しました。

  その余裕時間を利用して、ホテルの裏路地を散策してみました。

15 宿泊ホテルの裏路地



  ガラスと鏡張りの部屋があり、きれいなお姉さんがいました。

  私の姿を見ると、いらっしゃい! いらっしゃい! と手招きをしました。

  きれいなお姉さんは、背が高く体格が良かったので、ニューハーフだったかもしれません???
 
             民主化自由化が進んだ証拠でしょう!



■現地係員さんと一緒に「金浦空港」へ到着しました。

16 金浦空港内



  出国手続きを済ませて、待合室とコーヒーショップで時間を潰しています。

  金浦空港は、ソウルに近い利点がありますが、仁川空港に比較し規模が小さいので面白みが

  少ないです。
  
17 金浦空港内


  免税店で大量の買い物を受け取っている人達がいます。



■チェジュ航空 7C-1482 の搭乗が始まりました。

18 金浦空港・搭乗



  14:30 定刻どおりに離陸しました。

19 金浦空港・離陸上昇



  上昇しています。  今日はスモッグがありませんので、視界がよくききます。

20 金浦空港・離陸上昇



  日本海を順調に飛行しています。  高度10,500m  時速900kmです。

21 飛行中



  高度を下げ始めた頃、島根県の海岸線が見えました。

22 眼下は島根県の海岸線



  やがて、中海、安来市、米子市、弓ケ浜が望めました。

23 中海・米子市・安来市上空



  機は更に高度を下げて、鳴門海峡の大鳴門橋が見えました。

24 鳴門海峡・大鳴門橋



  関空へ着陸寸前です。

25 関空・着陸寸前



  日本の雰囲気は、良く言えば、落ち着いた感じです。 

  悪く言えば、活気がありません。


  19時に、無事自宅に到着しました。

            リーズナブルな旅行でしたが、面白かったです。



スポンサーサイト



トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/09 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


Copyright © 2019 団塊世代オジタリアン. all rights reserved.