FC2ブログ
2007年夏に定年退職した、団塊世代 普通のオジタリアンの日記
団塊世代オジタリアン
韓国旅行(3日目)早朝に出発・帰国
2010-04-26-Mon  CATEGORY: 海外旅行
■am4時過ぎに起床し、5:30にホテルを出発しました。

  私たちが宿泊した庶民的なホテルです。

宿泊したホテル

  一流ホテルに宿泊すれば快適でしょうが、庶民的なホテルに泊まるのも、

  その地の生活環境が実感できて勉強になります。

    (一流ホテルに宿泊できないので、強がりを言っています) 



  昨夜の夕食を食べたホテルの前の大衆食堂です。

ホテルの前の大衆食堂

  その国の人が食べているものを、その環境で一緒に食べるのも勉強になります。

 (現地係員さんは、「宮廷料理」@13,000円をすすめましたが、私たちは

  勉強のために、わざわざ大衆食堂に入りました。  強がりを言っています) 



  漢江を渡って、定番のお土産屋さんに寄りました。 

韓江を渡る

  場所は金浦国際空港の近くです。

  空港でコーヒーを飲めるだけのお金を残して、キムチと韓国のりを買いました。

    (正確には、ウォンが足りなくて、不足分は円で支払いましたが・・・)



  7:30に仁川国際空港に到着しました。  朝から多くの人でいっぱいです。

仁川国際空港1



  東アジアのハブ空港だけに出発便も多いです。 1時間半で40便の出発です。

仁川国際空港2



  9:10の出発まで時間がありますので、残りの手持ちウォンで支払いが足りる店

  を探してコーヒーを飲みました。 

仁川国際空港3



■チェジュ航空B-737-800NG機は、定刻に離陸しました。

仁川国際空港離陸



  窓から眼下の景色を眺めていますが、大きな橋梁や港湾工事、工場などが目立ちます。

  近年韓国は、中東の国などで大きな工事を請け負っていますが、その実力は眼下の

  景色からも測り知ることができます。

仁川国際空港離陸・上空



  離陸してしばらくすると、薄い雲になりました。 

  高度10,000m 速度800km/hで飛行しています。  

飛行1



  帰路も、キャビンアテンダントとの乗客全員での勝ち抜きジャンケンゲームがあり、

  BBクリームをゲットした人がいました。


  しだいに高度を下げ始め、ちょうど瀬戸内海に入った時点で視界が晴れました。

  オレンジ色の赤潮が所々に発生しています。 小豆島上空で、方向を東に転換しました。


  眼下に、鳴門大橋(四国徳島県と淡路島間)が見えます。

飛行・鳴門大橋



  やがて、関空第2滑走路に無事到着しました。


  ほぼ満席だった乗客が降りて、入国審査のカウンター前に並びました。

  日本人は、10人ばかりで、“えっ“と言うほどの少なさです。


  残りの人たちは、ほとんど韓国人でしょう。 長い入国審査の列ができました。

  機内の後部座席で、”キャッキャ”と賑やかだった若い女性グループもきっと

  この中に並んでいるのでしょう!



■関空に着いたら、いつも感じることがあります。
  
  日本は、活気がありません。 寂しい感じがします。


  韓国の現地係員(女性)もガッツがありました。

  シンガポール人のホーさんと同じ様に・・・・
  
                                   end


 
---------------------------(参 考)------------------------------


   【韓国高速鉄道:KTX】  ← クリック


   【韓国・昌徳園】  ← クリック


   【韓国・地下鉄】  ← クリック

スポンサーサイト



トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/09 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


Copyright © 2019 団塊世代オジタリアン. all rights reserved.