FC2ブログ
2007年夏に定年退職した、団塊世代 普通のオジタリアンの日記
団塊世代オジタリアン
大峰奥駆道 (1)
2010-04-10-Sat  CATEGORY: 日記
■大峯奥駈道(おおみねおくがけみち)は、吉野と熊野を結ぶ大峯山を縦走する

  修験道の修行の道です。


  南部の「持経ノ宿」から阿須迦利岳 証誠無漏岳 涅槃岳 般若岳 奥守岳 天狗山

  石楠花岳 蘇莫岳 などの標高1200mから1500mが続く山々を縦走し、

  「前鬼の宿跡」まで歩く少し厳しいコースに挑戦しました。
 
大峰山奥駈道南部地図


               修験者の気持ちがちょっと判るかな?


  メンバーは、山の会の7人です。  女性もひとりいますが私より3歳年上です。
 
  私はメンバーで若い方より2番目です。



  橿原神宮駅前でpm1時に待ち合わせ、国道169号線を南下しました。

  途中、吉野町の大和上市付近で国道が大渋滞しました。 

  吉野へ花見に行く車の渋滞です。 渋滞している国道から、吉野山の桜(下千本、

  中千本)が満開であるのが、よく見えました。


  さらに国道169号線を南下して、「下北山村」の「前鬼口」より前鬼林道を

  上りました。   不動七重滝が現れました。

不動七重の滝1



  名瀑100選だそうです。

不動七重の滝2


  さらに上り、終点である車止めゲート前の駐車場に私の車を置きました。

  明日、大峯山系を縦走しここまで下山しますので、帰路の足の確保車用です。



  今夜の宿は、下北山村の池原にある「下北山スポーツ公園」の宿泊棟です。

  pm6時から、夕食でした。 

下北山スポーツ公園・宿



 

  刺身、あまごの塩焼き、肉と野菜のなべ炒めなどがありました。  

  当然、ビールも・・・


  夕食の後、すぐ近くにある「きなりの湯」に入浴しました。

きなりの湯



  露天風呂には、桜の花びらが浮かんでおり、風情がありました。


  「きなりの湯」から帰る時に気がつきました。

  履いて来た宿のスリッパを下駄箱に入れずに、玄関前に脱ぎっぱなしにしていました。

  気がつかないところで、「オジタリアン」を発揮しているようです。



  下北山スポーツ公園  ← クリック


  きなりの湯  ← クリック


スポンサーサイト



トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/09 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


Copyright © 2019 団塊世代オジタリアン. all rights reserved.