FC2ブログ
2007年夏に定年退職した、団塊世代 普通のオジタリアンの日記
団塊世代オジタリアン
車両 ジオラマ模型 ・ 曽爾高原
2019-11-02-Sat  CATEGORY: 日記
■奈良県宇陀市の友人宅を訪問しました。

  秋田県に実際にある村を訪問して、そっくりのジオラマ模型を作りました。

  模型を作る方法は、CAD(パソコンに無料アプリをインストール)で図面を

  作成して、カッタープロッターで部品を作成するそうです。

            へぇー  難しいですね。

1 電車 ジオラマ模型
             (まだ 全ての模型を置いていません)



  車両も走っています。  車両が来ると踏切が閉ります。

  車両や踏切、転車台をコントロールする為に、8ビットマイコンを10数個

  使用しており、それぞれのマイコンには「C言語」で作成したプログラムを

  コンパイルしてマイコンに書き込んているそうです。

  それぞれのマイコンは、お互いに通信するので、ハードとの絡みもあり

  一部でエラーが発生しますが、スゴイシステムですね。

            私には、マネが出来ません。

2 電車 ジオラマ模型 主要部



  下の写真は、コントロール部の一部ですが、まだ他にも配置されていました。

3 コントロール部の一部


  ハードも自分で設計しますが、現在はプログラミングの知識がないと

  システムをコントロールできない時代になっています。

      小学校の高学年からプログラミングの考え方の教育が必要

      であることが理解できますね。



  ※オジタリアンにも、同じシステムが作成できるかって?

         同じものは作成する自信と知識はありませんね!

  しかし、もっとレベルを落として作成すると仮定すれば ・・・・・

     ① 制御は、シーケンサ(プログラミング コントローラー)

     ②インターフェイスは、データ I/Oカードを使用

        理由:この方がインターフェイスが簡単だからです。
              (ハード部分の自作部が少なくで済む)


               
  ------------------------



■昼食をとって、奈良県の北東部に位置する「曽爾高原」へ行きました。


  曽爾村の鎧岳です。    この周辺は室生火山群なのです。

4 曽爾村 鎧岳



  下から歩くのが面倒になったので、混んでおり駐車場待ちだったのですが、

  楽な方法を選択しました。

5 曽爾高原・駐車場



■駐車場から少し歩くと「曽爾高原」です。

6 曽爾高原




     7 曽爾高原 パノラマ写真 大 ← パノラマ写真です




8 高台より曽爾高原




      9 草原と反対側 パノラマ写真 大 ← 草原と反対側のパノラマ写真




10s 曽爾高原 高台より



          高台を歩いただけだったので、ラクチンでした。



スポンサーサイト



トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2020/07 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


Copyright © 2020 団塊世代オジタリアン. all rights reserved.