FC2ブログ
2007年夏に定年退職した、団塊世代 普通のオジタリアンの日記
団塊世代オジタリアン
台北・陽明山国家公園の「七星山」へ登る (2019/02/19)
2019-02-26-Tue  CATEGORY: 海外旅行
■”おはよう!”

  バイキング形式の朝食は、お粥にしました。

1 朝食



■今日は、陽明山国家公園の最高峰「七星山」へ登ります。

  台北の朝の通勤風景です。

2 台北の朝の通勤風景



  ホテルから歩いて、大同大学のバス停に到着へ到着しました。

3 大同大学のバス停に到着



  大同大学のバス停に全員しての集合写真です。

4 大同大学のバス停・全員集合



   皇家客運の金山行き「1717路バス」がやって来ました。

5 皇家客運の金山行き・1717路バスがやって来た



  陽明山国家公園へ向かうバスからの車窓です。

6 陽明山国家公園へ向かうバスの車窓



■陽明山国家公園・游客中心へ到着しました。

  七星山の下山ルートの上部は急峻な石段が続くので、膝の悪い人は、

  ここで、付近を散策します。

7 陽明山国家公園・游客中心へ到着



   游客中心の建物です。

8 游客中心の建物



  游客中心の売店・レストランはここにあります。

9 游客中心の売店



■健脚組は、陽明山国家公園の周辺を巡る「108系」のバスに乗って、

  百拉卡公路入口站(駅)で下車しました。

10 百拉卡公路入口站(站)



  9:35 百拉卡公路入口站(駅)を出発しました。

11 百拉卡公路入口站(站)を出発


 
  小油坑へ向けて登りました。

12 小油坑へ向けて登る



  小油坑が見えた!

13 小油坑が見えた



  10:05 小油坑で全員集合しました。

14 小油坑で全員集合



  小油坑の景色です。

15 小油坑の景色




      16 小油坑の景色 大 ← クリックすると拡大します



 
  ガスの噴気孔です。 ジェットエンジンの様な轟音を発して、蒸気と亜硫酸

  ガスを放出しています。  

17 ガスの噴気孔 轟音


  
  小油坑の休憩所で、登山準備を整えました。

18 小油坑の休憩所



  最高峰の七星山へ向けて出発!

19 最高峰の七星山へ向けて出発



  登山道の下部です。

20 登山道の下部



  登山道のあちこちに噴気孔がありました。

21 登山道のあちこちに噴気孔がある



  登山道は、だんだん急峻になりました。

22 だんだん急峻になる



   10:30 展望デッキで休息しました。

23 展望デッキで休息



  昨夜 士林観光夜市で買った身が赤いドラゴンフルーツを食べました。

24 昨夜 士林観光夜市で買った身が赤いドラゴンフルーツを食べる



  噴気孔の登山道は続いていました。

25 噴気孔の登山道は続く



26 登山道は続く



  11:05 二つ目の展望デッキから台北市内を望むことができました。

27 展望デッキから台北市内を望む




      28 火山群の出来た歴史 大 ←火山群の出来た歴史です



  
  頂上までもう少しです。

29 頂上までもう少し



  11:30 頂上へ到着しました。   標高1120mです。

30 頂上へ到着



31 頂上の記念撮影 あれ3人いないや



           頂上の記念撮影!  あれ3人写っていないや?




スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
ロビ2 (ロボット)
2019-02-24-Sun  CATEGORY: 日記
■ ロビ2 78号の組み立てパーツを本屋さんへ引き取りに行きました。


  完成号が80号なので、いよいよ最終段階となりました。

1 ロビ2 78号



  78号の組み立てパーツはこれです。

2 78号のパーツ



■まず、右目の空いているコネクターに画像処理ボードからのケーブルを

  接続しました。

  そして、右目を固定しました。

3 右目の空いているコネクターに画像処理ボードからのケーブルを接続する



■続いて、microSDカードボードを画像処理ボードの黒いコネクター10Pに

  取り付けました。

4 microSDカードボードを取り付ける



  そして、 microSDカード=「ロビフォトSD」をスロットに挿入します。

5 ロビフォトSDをセットする



  ロビフォトSDをセット完了しました。

6 ロビフォトSDをセット完了



■78号が作業完了しました。

7 78号完了


  ロビ2の頭の中には、カメラをはじめ脳みそがいっぱいにつまりました。


  次号の79号は、「音声認識ボード」を取り付けるみたいです。

  最終の80号は、どんな作業になるのかな?

        そして、正常に動作するのでしょうか?



トラックバック0 コメント0
台湾「台北低山散歩」1日目・後半
2019-02-19-Tue  CATEGORY: 海外旅行
■ホテルから歩いて近くの大同大学バス停の位置の調査へ出かけました。

  明日、ここからバスに乗って陽明山国家公園へ向かうためです。


  バス停を調査後、MRTの民権西路站(駅)から中山站へ行きました。

  新光三越デパートの地下2Fの「小籠包の有名店」で夕食をするためです。

1 MRTに乗って夕食へ

  

2 新光三越百貨店



■小籠包の有名店へ到着!

3 小籠包の有名店



4 小籠包の有名店



5 小籠包の有名店



  待ち時間は、30分位で余り長くなくて良かったです。  カンパイ!

6 小籠包の有名店・料理



7 料理



9 小籠包



11 小籠包・餃子



13 シュウマイ



14 焼き飯



■夕食が終わってから全員で、「士林観光夜市」へ行きました。

15 士林観光夜市




16 士林観光夜市・フルーツ



17 士林観光夜市・フルーツ



   士林市場の地下の美食区です。

18 士林市場・地下 美食区



19 士林市場・地下



20 士林市場・地下




21 士林観光夜市



■士林観光夜市の慈誠宮にも立ち寄りました。

22 士林観光夜市・慈誠宮



23 士林観光夜市・慈誠宮



24 士林観光夜市・慈誠宮



25 士林観光夜市・慈誠宮



■MRTに乗ってホテルへ帰りました。

26 MRTに乗ってホテルへ


       ホテルへ帰り着いた時刻は、21時を過ぎていました。

              初日から、ちょっと疲れました。



トラックバック0 コメント0
台湾「台北低山散歩」1日目・前半
2019-02-18-Mon  CATEGORY: 海外旅行
■山の会の希望者14名で、「台北低山散歩」に出かけました。

  (リーダーのM氏が足の指の骨を骨折して、急遽15名から14名になりました)

  台湾の台北近くの山を3つ登ります。

  
  8:25関西空港第1ターミナルの4Fエバー航空カウンター横に全員が

  集合しました。

  私は、少し早く到着して、「外貨」の交換と「ポケットWI-Fiの引き取り」を

  しました。最近は、「海外ローミング」するよりは、「ポケットWI-Fi」の

  方が安くて、しかもWI-Fiで複数台 接続できるので、人気です。

  ポケットWI-Fiを受け取る人達の列が50m位出来ており、15分以上の

  時間がかかりました。   (人気の具合を理解しました)

1 関空のエバー航空カウンター横



  エバー航空のエアーバスA330-300型です。  309シートあります。

      【エバー航空】 ← クリック

2 エバー航空 BR-177便



  出発待合室で、歓談しています。

3 出発ロビーにて



  エバー航空BR-177便は、定刻10:55を少し遅れて出発しました。

  機内整備の遅れと直前に風向きが変わって離陸方向が変更になったのが

  原因の様です。  (連絡橋に船が衝突して補修工事中の部分が見えました)

4 関空を離陸



■神戸空港、氷ノ山の積雪が確認できました。

  九州に近づくと、下界が雲で見えなくなりました。 

5 機内食
                     (機内食です)



■シート前のエンターテイメント装置です。 LCCではないのが嬉しいです。

6 エンターテイメント装置


  台湾に近づきました。  

7 台湾が近づいた



  桃園国際空港に着陸 寸前の景色です。

0 桃園国際空港着陸寸前



   桃園国際空港第2ターミナルに到着しました。  30分の遅れでした。

8 桃園国際空港第2ターミナルに到着



■MRTにて高鐵桃園站(高速鉄道・桃園駅)へ向かいます。

  MRTとは、Mass Rapit Transit の略で、地下鉄(地上も走行)

  みたいなものです。 今後、市内の移動は全てMRTを利用します。

  プリペイドカード(EASYCARD)に1000台湾ドルをチャージしました。

  台北市内へ行くには、時計回りでMRTの快速に乗る方が早いのですが、

  今後、台湾高速鉄道を利用する可能性があるので、今回は利用します。

  

9 MRTにて高鐵桃園站へ



■高鐵桃園站(高速鉄道・桃園駅)から台北への切符を購入しました。

  自由席で155台湾ドル(日本円で約620円)です。  安いですね。

10 高鐵の切符



  車両は、日本の700系と同じです。 (正確には台湾仕様の700T型)

11a 高速鉄道車両のシート



  高速鉄道には荷物置き場があるので、日本より便利ですね。

11b 高速鉄道・荷物置き場


  2駅12分で、台北站(駅)へ到着しました。  

  (2名が乗り遅れて、地下ホーム待合室で、次の列車の到着を待って合流しました)
  

12 台北站へ到着



■台北車站からMRTに乗って、民権西路站で乗換て、「中山國小站」で下車

  しました。

13 台北車站からMRTに乗って・・・


  ホテルへ行く道の街角の風景です。

  スマートフォンのGPSで位置確認しながらですので、全く心配ありません。

14 MRT站からホテルへの道・街角の風景



       【ホテル】Green World Linsen ← クリック


■ホテルの室内です。

15 ホテル室内



  8Fの室内からの景色です。

16 ホテル8Fの室内からの景色



■今回の目的は、台北低山散歩の本に載っている山へ登ることです。

17 台北低山散歩の本



■今回の旅行のコンセプトです。 台湾の文化を楽しむこともひとつです。

18 コンセプト



              さあ、上手く 行くでしょうか?




トラックバック0 コメント0
台湾の「台北低山散歩」へ出発!
2019-02-17-Sun  CATEGORY: 日記
■明日の早朝より、「台北低山散歩」に出発します。

  私が基本計画(自分が行きたいところを候補にしただけの独断と偏見)を作成し

  昨年の12/01に我が家に都合のつく10名の方が集まり、了解を得た

  計画を実行します。

1 台北低山散歩の本・表紙



  リーダーは、海外駐在と海外旅行の経験豊富なMさんにお願いして、

  旅行会社を通じて、航空券とホテルを手配しました。

  ところが、そのMさんが足指の骨折で参加できなくなりました。

  その為、参加者は1名減って14名(男性6名+女性8名)となりました。

  14名参加者の合計年齢は、1,004歳です。

  そこで、「千歳団」のラミネート看板を作成しました。

  山の頂上で、この看板を掲げて記念撮影をします。

2 千歳団のラミネート



■1日目の日程です。

  桃園国際空港から台北へ移動する時に、わざと「台湾 新幹線」に乗車

  します。   今後、利用する場合の慣れのためです。

  夕食は、「小籠包」が有名な店へ、その後「士林観光夜市」へ行きます。

3 日程



■2日目は、陽明山国家公園の最高峰「七星山」へ登ります。

  帰路 北投温泉で、混浴露天風呂へ入ります。(水着着用です)

  夕食の後、行天宮へ行きます。

4 日程



■3日目は、台湾北部の「無耳茶壷山」へ登ります。

  2年前に時間切れで登れなかったので、再挑戦します。

  帰路、時間があれば「九份」を観光します。

  夕食は、台湾風居酒屋へ行きます。

  その後、希望者のみ「龍山寺」へ行きます。

5 日程



■4日目は、ロープウェイで「猫空」へ行きます。

  帰路は、ハイキングコースを歩いて下ります。  途中、茶芸館や寺院に

  寄りながら、プチオープンテラスの店で昼食の予定です。

  夕食は、「台北101」のフードコートの予定です。

6 日程



■最終日の5日目は午前中は小グループによる自由行動です。

  台湾桃園国際空港の出発は17:40ですので、関空到着は21:05です。

  目いっぱいの日程になっていますが、老人集団なので無理をしない様に

  します。

7 日程



■今回の旅行は、「ポケットWI-Fi 」を手配しました。

  通信費を安くして、常に位置情報を確保するためです。

  メンバー間の連絡は、「LINE電話」を使用します。 

  通話する際に国番号が必要ありませんので、便利ですね。


  ガイドさんはいなくても、スマートフォンさえあれば、充分に旅行ができる

  環境が整っています。    世の中、大進歩です。


            ボケ老人にならない為に!


トラックバック0 コメント0
孫たちがやって来た
2019-02-17-Sun  CATEGORY: 日記
■RちゃんとNちゃんが遊びに来ました。

  来てからしばらくは、婆たちとUNOをして遊んでいました。


  昼前になったので、ピザ作りを手伝いました。

1 ピザ作りのお手伝い



■ビザが焼けたので、昼食の準備をしています。

  準備をしながら、孫たちの小学校1年生と幼稚園の「生活発表会ビデオ」を

  見ました。   

2 生活発表会のビデオを見ながら昼食の準備


          妹のNちゃんの方が、恥ずかり屋さんです。



トラックバック0 コメント0
部屋の模様替え
2019-02-15-Fri  CATEGORY: 日記
■家内がリビングの模様替えをしました。

  ソファは、コタツのすぐ近くにあったのですが、壁側へ移動しました。

  その為、コタツの周辺は広くなりました。

1部屋の模様替え



  ブーゲンビリアは、陽当たりの良いところでないとならないので、同じ場所

  です。     

  ブーゲンビリアは、調子が悪かったのですが、何とか持ち堪えています。

2 部屋の模様替え ブーゲンビリアは何とか持ち堪え



  これが、以前のソファの位置です。  

  私は、こちらの方が良いと思うのですが ・・・・

  だって、ソファに座って、足をコタツに入れると足が温かいからです。

3 以前はソファは、コタツの近く



■さて WILLが死んで、半年になりました。

  WILLは、いつも上から見下ろしていました。

4 WILLは見下ろしているが・・・



■先日、娘が「WILLのぬいぐるみ」を作ってくれました。

        似ているでしょう!

  横の写真立てに、パソコンのHDDから引き出した画像を印字して、

  飾りました。

5 WILLのぬいぐるみと写真


             これで、寂しくなくなりました。




トラックバック0 コメント0
週刊ロビ2 (ロボット)
2019-02-13-Wed  CATEGORY: 日記
■ 週刊ロビ2 (ロボット)77号の組み立てをしました。

  今回は、「全身の動作テスト」を行い、ケーブルと「画像処理ボード」を

  取り付けます。

1 ロビ2 77号



  「画像処理ボード」です。  

  ルネサス(日本)のICが搭載されています。

2 画像処理ボード



  まず、充電します。

3 充電中



■全身の動作テストをする為に、「 Q-bo」のマイクロSDカードを抜きます。

  そして、マイクロSDカードをロビ2のマイコンボードにあるカードスロットに

  差し込みます。

4 Q-boのマイクロSDカードを抜く



  ロビ2のスイッチをONにして、動作テストを開始しました。

  ”テスト中だよ”と声を発して、両腕、両脚、首、腰を旋回させました。

5 ロビ2の動作テスト中



  動作テストの内容です。

6 動作テストの内容



■次に、カメラホルダーを取り付けました。

7 カメラホルダーの取り付け



  画像処理ボードをRTCからのケーブルへ接続しました。

8 画像処理ボードをRTCからのケーブルへ接続



  像処理ボードとカメラステーを取り付けました。

9 フロントヘッドカバーに画像処理ボードとカメラステーを取り付け



   ロビ2 77号完成です。

10 ロビ2 77号完成


  動作テストで、各部が正常に動作したので、ひと安心しました。

  ロビ2には、全部で20個のサーボモーターが取りつけられており、配線も

  信号も正常であることは、嬉しいことです。
  



トラックバック0 コメント0
ラーメン祭り
2019-02-11-Mon  CATEGORY: 日記
■郵便局の本局へ郵便物を発送する為に歩いて出かけました。

  自転車で出かければ早いのですが、最近はなるべく歩く様にしています。

  
  帰路、ラーメン祭りの看板を見つけました。

1 ラーメン祭りの看板



■一旦 自宅へ帰り、家内を誘ってラーメン祭りの会場へやって来ました。

2 ラーメン祭りの会場



3 ラーメン祭りの会場



  ラーメンの種類のたて看板です。

4 ラーメンの種類の看板



  価格はどれも800円です。  事前にチケツトを機械で購入しました。

5 ラーメン祭りの広場



  私は、このラーメンにしました。

6 私のラーメン



  家内は、並んでいる列が一番長いこのラーメンにしました。

7 家内のラーメン


  とちらが、美味しかったかって?   

  私のラーメンの方が美味しかったです。 (ふたりとも同意見)


  自宅から持参したビールを旨く飲む為にひとくち餃子を注文しました。

8 ひとくち餃子



■小雨が降ったり止んだりの天気でした。

  天気が良かったら、もっと人出が多かったでしょうね。

9 小雨の中で




トラックバック0 コメント0
木曽福島スキー (3日目)
2019-02-08-Fri  CATEGORY: 日記
■朝食は洋食にしました。 

  昨日は、和食を食べ過ぎたので変えてみました。

1 朝食 洋食



■私は、今日は滑らないことにしました。

  もし3日目に怪我をすると大変なことになるからです。

  10日後に、台湾へ「台北低山散歩」に出発する予定ですが、リーダーの

  M氏が骨折して参加できなくなりました。

  私が代行で皆さん(全員で14名)をリードしなくてはならないので、絶対に

  怪我をしてはなりません。


  皆さんはゲレンデへ出発するので、見送りました。

2 皆さんはゲレンデへ



3 皆さんはゲレンデへ



■早めに帰る用事のあるKaさんとKoさんの3人でペンションを後にしました。

4 宿泊したペンションの全景 道路側から
               (宿泊したペンションの全景 ・ 道路側から)



  リフト乗場の横は、スキースクールの受講者でいっぱいでした。

5 リフト乗場の横は、スキースクールの受講者でいっぱい



  バスの内部です。  かなり走りますが料金は200円です。

6 バスの内部 料金は200円



■木曽福島駅へ到着しました。

7 木曽福島駅へ到着



  待合室のロボットです。   会話しましたが、ウーン ちょっとネ。

8 待合室のロボット



  特急しなのが到着しました。

9 特急しなの 到着



  中津川まで、カーブが多いので、運転手さんは頻繁にスピードをコントロール

  して大変そうでした。

10 急カーブが多く、スピードが出ない



■名古屋へ到着!

11 名古屋へ到着



  ここからKaさんと近鉄特急で帰りました。  

  何故かって?  運賃が2,000円位安いからです。

12 近鉄特急に乗車



  私の昼食はこれです。

13 昼食



  Kaさんの弁当(左)と奥様へのお土産(右)です。

14 Kさんの弁当と奥様へのお土産



■私が自宅へ到着したのは15:15頃でした。

  怪我をせずに、良かったです。

                         
                               (一旦終り)


 
トラックバック0 コメント0
木曽福島スキー (2日目)
2019-02-07-Thu  CATEGORY: 日記
■膝の炎症は、なんとか治まっています。 今日も滑ることが出来そうです。


  朝食は、ちょっと食べ過ぎたみたいです。

1 朝食



■さあ 出発!

2 さあ! 出発



3 ゲレンデにて



  OさんはK氏のコーチ中です。

4 OさんはK氏のコーチ中



■御嶽山をバックに記念撮影です。

5 御嶽山をバックに




      6 パノラマ写真 大 ← クリックすると大きくなります



  乗鞍岳は、真っ白でした。

7 乗鞍岳をバックに 



  84歳のYさん(女性)は、後ほど素晴らしい滑りを見せることになります。

8 84歳のYさん 後ほど素晴らしい滑りを見せることになる



  これは、私の「ショートスキー」です。  ストックより短いです。

  短い分ターンは膝に負担がかかりにくいですが、直進性は低下します。

9 私のショートスキー


  
  レストハウス白山での休息風景です。

10 レストハウス白山での休息風景



  休憩は ぜんざい を食べました。

11 休憩は ぜんざい



  ゲレンデは空いています。 

  スキーヤーだけのスキー場であり、スノーボードは禁止です。

12 空いているゲレンデ



  ゲレンデを滑走して降りていたら、Kさんのスキー靴が破損してスキー板に

  装着できなくなりました。    

  スキー板の一本を84歳のYさん(女性)が肩に担いで、滑走を始めました。

  滑走して下る姿は、力強くてとても上手でした。   

  私が、残り1本のスキー板を肩に担いで滑走して下りました。

  Kさんは、ストックを使って、時間を掛けてゲレンデを降りて来ました。

13 スキー靴が壊れて、ゲレンデを歩いて降りて来たKさん



■今日のリフト乗車距離と滑走距離の合計は、29.3km 時間 7時間30分

  累計(-)高度は、3,194m     消費カロリー3,922kcalでした。

  昨日の午後に比べて、休憩が多くて滑走距離が伸びていませんネ。



■本日の夕食です。   朝 食べ過ぎたのでセーブしました。

14 夕食の料理



15 夕食の料理



16 夕食の料理



17 夕食の料理・デザート




      18 2日目 木曽福島スキー滑走コース 大 ← 木曽福島スキー滑走コースです。
                        クリックすると大きくなります。



                            続きます ・・・・



トラックバック0 コメント0
木曽福島スキー (1日目)
2019-02-06-Wed  CATEGORY: 日記
■自宅をam6時前に出発しました。


  新大阪駅から新幹線で名古屋へ向かっています。

1 新幹線で新大阪~名古屋へ



  伊吹山は、積雪が少ないですね。

2 伊吹山は積雪少なし



  名古屋駅へ到着しました。

3 名古屋へ到着



  名古屋駅から特急「しなの」で北上します。

4 名古屋から特急しなので



  木曽福島駅へ到着しました。 雪がチラチラと降っていました。

  ここから、バスに乗ってスキー場へ向かいました。

5 木曽福島駅



■バス停から今晩の宿:ペンションへ向かう時はひどい雪が降っていました。

  写真を撮るどころではありませんでした。


  早速、スキーを付けて、足慣らしです。   まだ雪が降っています。

6 足慣らし



  足慣らしで下まで滑って、上のゲレンデへ向かいました。

7 上のゲレンデへ



  遠く雲の上に「御嶽山」を望むことができました。

8 遠くに御嶽山を望む



  黙々と練習するK氏です。  今日は71歳の誕生日です。

9 71歳の誕生日K氏



  メンバー8名の内の6名です。

  右端は、最高齢:84歳のYさん(女性)です。    雄一郎もビックリ!

10 メンバーの内の6名



■16:30滑り終えました。  

  リフト乗車距離と滑走距離の合計は、26.4km    時間は、4時間25分

  累計(-)高度は、2,872m     消費カロリー3,258kcalでした。

11 16:30滑り終え



■風呂へ入った後に「夕食」でした。  ペンションの夕食風景です。

12 ペンションの夕食



  夕食の料理です。

13 夕食の料理



14 夕食の料理



15 夕食の料理



本日71歳の誕生日のK氏です。  今回参加のメンバーで一番若い!

  私と同年齢です。       皆から祝福をもらいました。

16 本日71歳の誕生日のK氏



                               続きます ・・・・・



トラックバック0 コメント0
久しぶりの明神山 山の会の集会
2019-02-02-Sat  CATEGORY: 日記
■昨日、家内と大和川の河川敷を歩きました。

  天理市の奥の山は、薄らと雪景色をしていました。

      1 天理市の奥の山は、薄らと雪 大 ← クリックすると拡大します



■昨日は大して歩いていないのですが、「息切れ」がしました。


  今日は、9時過ぎから一人で、明神山へ登りました。

  インフルエンザ後の微熱で体調が悪かったので、1ケ月ぶりでした。

  急いで登りましたので、1時間25分で登りました。(休憩なし)

           まあまあのタイムでした。

2s 悠久の鐘
               (写真は合成しています)



  展望デッキは、基礎の部分を工事していました。

3 展望デッキの基礎部分の工事中



  天気予報は良かったのですが、奈良盆地は見透しが効きませんでした。

4 奈良盆地は、見透しが効かない



  大阪方面も見透しが効きませんでした。

5 双眼鏡の画像



  帰路も急ぎました。  タイムは1時間20分でした。(距離片道約6km)

  帰宅したら「息切れ」が激しいので、ウエアブル端末で「血中酸素濃度」を

  測定したら96%でした。
 
             (通常は、99%~98%です)

  暫らく休憩していたら、99%まで戻りました。

              息切れも収まりました。



■午後は、山の会の集会へ行きました。

  先月の集会(総会と新年会)は、インフルエンザの為、不参加でした。

  現役山岳部の情報、会報の作成状況を確認しました。

6 山の会の集会



7 山の会の2月集会


  集会が終わっても、まだ明るい状況でした。

              大分、日が長くなりましたネ

8 東の方面の景色




■下のグラフは、本日の「心拍数推移」です。

  登山で、息切れしている時には、あまり心拍数が上がっていません。

  集会でアルコールを飲んだ時の方がも心拍数が上がっています。

9 心拍数の推移


                 ちょっとおかしいですね。

      
   
トラックバック0 コメント0
<< 2019/02 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -


Copyright © 2019 団塊世代オジタリアン. all rights reserved.