FC2ブログ
2007年夏に定年退職した、団塊世代 普通のオジタリアンの日記
団塊世代オジタリアン
ロビ2 (ロボット)
2018-11-30-Fri  CATEGORY: 日記
■週刊ロビ2 毎週本屋さんへ引き取りに行っています。

  5週間分を組み立てました。


■69号です。

1 ロビ69号



  ヘッドスイッチボードを取りつけました。

2 ヘッドスイッチボード



  フロントヘッドカバーを被せてみました。

3 フロントヘッドカバーを被せる



■70号です。

4 ロビ70号



  ボトムカバーに充電制御ボードを取り付けました。

5 ボトムカバーに充電制御ボードを取り付ける



  充電チェアは正常動作中です。

6 充電チェア正常動作中



■71号です。

7 ロビ71号



  マイコンボードにBluetoothボードケーブルを接続しました。

8 マイコンボードにBluetoothボードケーブルを接続する



9 マイコンボードにBluetoothボードケーブルを接続する



■72号です。

10 ロビ72号



   マイクボードを取り付けます。

11 マイクボードを取り付ける



  マイクボードをフロントヘッドカバーに取り付けました。

12 マイクボードをフロントヘッドカバーに取り付ける



■73号です。

13 ロビ73号



  これは、Bluetoothボード単体です

14 Bluetoothボード単体



15 Bluetoothボード



  左右のボディを組み合わせました。

16 左右のボディを組み合わせる



  左肩のサーボケーブルをマイコンボードに接続しました。

17 左肩のサーボケーブルをマイコンボードに接続する



  Bluetoothボードを取り付けました。

18 Bluetoothボードを取り付ける



19 Bluetoothボードを取り付ける



20 Bluetoothボードを取り付ける



■手順書にはありませんが、上体と下部を接続してみました。

  こうなりました。

21 上体と下部を接続してみた



  組み立てる時に、下部のこのレバーが折れてしまった。

                    どうしよう!

22 このレバーが折れてしまった どうしよう!


            どうするか?  考えてみます。


スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
信貴山 ・ 紅葉
2018-11-27-Tue  CATEGORY: 日記
■昼前に 家内が電車に乗っていたら、80歳位のお婆さんから「竜田川の

  紅葉」を見に行く道順を聞かれたそうです。

  竜田川周辺は、いつも歩いているので、紅葉の状況は分っています。

  家内は、「信貴山」の方が綺麗ですよ! と言って、行き方を説明したそう

  です。


  昼食が終わって、我々も歩いて信貴山へ行くことにしました。
                
            本当に綺麗なのか?

  お婆さんが信貴山へ行ったのかを確認する為です。



■約1時間歩いて、信貴山・朝護孫子寺の山門へ到着しました。

  家内の方が登りは強いです。

  家内は、一足早くお婆さんを探しに行きました。

1 山門



2 山門


  正面は本堂です。

3 信貴山 朝護孫子寺



4 信貴山 朝護孫子寺



5 信貴山 朝護孫子寺



6 信貴山 朝護孫子寺



■千手院の紅葉です。

7 信貴山 朝護孫子寺



■成福院の紅葉です。

8 信貴山 朝護孫子寺



9 信貴山 朝護孫子寺



■本堂へ続く階段から、玉蔵院方面の紅葉です。

10 信貴山 朝護孫子寺




      11 信貴山 朝護孫子寺 大 ← クリックしてください。



■本堂のテラスに、お婆さんがいました。   家内と話をしていました。

12 信貴山 朝護孫子寺 大



■本堂のテラスから、大和平野方向です。

13 信貴山 朝護孫子寺 大和平野



14 信貴山  大和平野



15 信貴山  大和平野



■私は、千手院の境内を通って、開運橋方面へ行きました。

  家内は、先に帰ったお婆さんを追って行きました。

  スマートフォンで確認したら、バスの発車時刻が迫っていたからです。

          お婆さんは道に迷っていたそうです。

        (しっかりしている様に見えても、認知力が低下していますネ)

  お婆さんをバス停に連れていきました。 

16 信貴山 朝護孫子寺 大



■開運橋の中央部はバンジージャンプの設備があります。

17 バンジージャンプ



■我々はバス代がないので、歩いて帰りました。

  登りと異なる、ケーブルカーの軌道跡を下りました

18 ケーブルカー軌道跡を下る



      19 信貴山散策 紅葉 ← 歩いたコース グーグルアース


              歩いた距離は、約10kmでした。



    【信貴山ケーブル跡 YouTube】 ← クリックして見て!




トラックバック0 コメント0
正暦寺の紅葉 (奈良市)
2018-11-23-Fri  CATEGORY: 日記
■家内の知り合いの「あるこー会」について、紅葉で有名な「正暦寺」へ

  行きました。

  JR奈良駅前からバスで30分程かかる奈良市東南部の山の中です。


  正暦寺は、992(正暦3)年、一条天皇の勅命を受けて兼俊僧正(藤原

  兼家の子)によって創建されました。

  創建当初は、堂塔・伽藍を中心に86坊の塔頭が渓流をはさんで建ち並び、

  威容壮麗を誇っていたそうです。


  しかし、1180(治承4)年、平重衡の南都焼き討ちの際、その類焼を受け、

  全山全焼、寺領は没収され一時は廃墟と化しました。

  その後、1218(建保6)年、興福寺一乗院大乗院住職信円僧正が再興

  して昔に勝る隆盛を極めました。  しかし、江戸時代以降は衰退しました。

  さらに、明治初期の廃仏棄釈により、現在では、福寿院客殿と本堂・鐘楼

  を残すのみとなっています。

  
  正暦寺のバス停です。

1 正暦寺のバス停



2 正暦寺の参道



  正暦寺の広場の紅葉も綺麗    ここで、弁当を広げました。

3 正暦寺の広場



4 正暦寺



5 正暦寺



  正暦寺 福寿院の庭です。

6 正暦寺 福寿院の庭



7 正暦寺 福寿院の庭



8 正暦寺 福寿院の庭



9 正暦寺 福寿院の庭



10 正暦寺 福寿院の庭




      11 正暦寺 福寿院の庭 大 ← クリックすると大きくなります。



12 正暦寺



13 正暦寺



■正暦寺本堂・鐘楼です。

14 正暦寺本堂・鐘楼



15 正暦寺本堂・鐘楼



16 正暦寺



17 正暦寺 南天



バス代がないので、4人のみで歩いて帰りました

18 歩いて帰る



  秋の風情を楽しみながら、テクテク歩きました。  

         三文 いや 十文位の得です。

19 柿の木



20 小菊




      21 正暦時→櫟本駅 歩いたコース グーグルアース 大 ← 正暦時から櫟本駅 歩いたコースです。


  足の遅い人がひとりいたので、電車を2本乗り遅れました。

       しかし、別に急ぐ用事はないので、構いません。




トラックバック0 コメント0
明神山 (河内堅上側へ下山)
2018-11-21-Wed  CATEGORY: 日記
■いつものルートで、家内と明神山へ向かっています。

  住宅街の紅葉が、ちょっと進んだみたいです。

1 紅葉が進んだ住宅街



  シルバー人材センターの人達が、落ち葉で詰まった登山道の溝を掃除

  していました。
  
2 登山道の溝を掃除していた



  展望デッキでは、遠足に来た幼稚園の園児たちが下山を始めました。

3 幼稚園の園児の遠足




      4 パノラマ写真 大 ← パノラマ写真です!



■皇帝ダリアと後方:松尾山地です。

5 皇帝ダリアと松尾山地



  双眼鏡を覗いたら、生駒山がクッキリ ・・・・

6 双眼鏡の画像をスマートフォンで撮影 生駒山



■誓いのテラスから、大阪方面です。

  今日は、左側の山(本当の明神山)を経由して、河内堅上へ下山します。

7 テラスから 左の山を経由して下山



  テラスから下ると直ぐに休憩所がありました。

8 テラスから下るとすぐに休憩所



9 テラスから下るとすぐに休憩所



■休憩所の前には、左側に立派な下り道がありましたが、我々は右側の

  尾根筋を登りました。

10 尾根筋を登る



11 尾根筋を登る



  小枝の遠くに明神山のデッキが見えました。

12 小枝の遠くに明神山のデッキ



  分岐点です。  右側が関屋へ、左側は目的地の大阪の河内堅上へ下ります。

13 分岐点



  登山道は傾斜が急なので、崩れない様にプラスチック製のパーツが、

  階段状に打ち込まれていました。

14 プラスチック製の階段



  丸い頭が明神山テッキ付近です。

15 丸い頭の明神山テッキ付近



■工業団地の横を通過、さらに住宅街を歩いて 国道25号線の弁天橋へ

  やって来ました。

16 国道25号線の弁天橋



   弁天橋上から大和川を眺めています。 

  左側の奥がJR河内堅上駅です。

17 弁天橋上から大和川



  高い山が(本当の明神山)、左肩が明神山の展望デッキです。

 18 山の左肩が展望デッキ
        (眺める位置により、いつも眺めている景色と異なります)



  国道25号線の対岸を歩いています。

  大和川を横切るJR大和路線の下を通過して ・・・・

19 大和川を横切るJR大和路線



■亀の瀬付近の国道25号線と大和路線の電車です。

20 亀の瀬付近の国道25号線と大和路線の電車




      21 明神山~河内堅上へ ルート図 グーグルアース 大  ← 歩いたコースの一部です。



      自宅から歩いた距離は、約16km 所要時間:約5時間でした。

            段々、歩くのが苦にならなくなります。



トラックバック0 コメント0
石鎚山登山(後半)
2018-11-20-Tue  CATEGORY: 日記
■試しの鎖を通過するのに、結構 時間を要しました。

  夜明峠を通過しました。

  続いて「一の鎖」(33m)です。

  試しの鎖より、はるかに短いですが、ちょっと疲れました。

1 一の鎖 33m



■登るにつれて、ガスが濃くなり視界がますます きかなくなりました。

  おまけに、雪も積もっていました。

2 霧雨に加えて雪が出てきた



  二の鎖、一の鎖はパスして 迂回路を登りました。

3 鎖場のう回路を登る



■13:00 石鎚神社頂上社に到着しました。  

  所要時間は4時間00分でした。  標高1,974mです。

4 石鎚神社頂上社に到着



5 石鎚神社頂上社




      6 石鎚神社頂上社 パノラマ写真 大 ← 石鎚神社頂上社 パノラマ写真です。

                        ガスで視界不良です。



  ちょうどその時、頂上直下の三の鎖をAさんと I さんが登ってきました。

  私より高齢ですが、凄い体力です。

  雪の為に、鎖をつかむ手が凍えて困ったそうです。

7 頂上直下の三の鎖を登ってきたAさんとIさん



8 石鎚山・弥山はガスの中



■石鎚山登山・全員集合です。

  今回の登山の目的はMさんの歓送会です。

9 石鎚山登山 全員集合



  晴れていたら、下記のパンフレットの様な景色が楽しめるはずでした。

         (石鎚山パンフレット・西条市観光振興課作成)

            とても、残念でした。

10 石鎚山パンフレット・西条市観光振興課作成


11 天狗岳の遠望



12 石鎚山パンフレット・西条市観光振興課作成



■風が強く視界もきかないので、天狗岳へ行くことを諦めて下山開始しました。

13 頂上を後にして、下山開始



  頂上直下の鎖場の迂回路を下りました。

           雪があるし、急な階段なので気を付けて!  

14 頂上直下の鎖場のう回路を下る



15 頂上直下の鎖場のう回路を下る



16 頂上直下の鎖場のう回路を下る



17 頂上直下の鎖場のう回路を下る



  石鎚山公衆トイレ休憩所にて昼食をとりました。

  登りに予定より多くの時間を要したので、あまりゆっくり休んでおられません。

  14:00に出発しました。

18 石鎚山公衆トイレ休憩所にて昼食



19 八丁坂まで降りた



  15:40成就社通過 → 15:55山頂成就駅へ到着 → 16:00ロープ

  ウェイに乗って下山しました。

20 ロープウェイ 山頂成就駅へ到着




■下のグラフは、歩いた高低差の推移です。

  頂上の弥山付近の傾斜が急であることが判ります。

21 高低差




      22 立て看板 イメージのルート図 大 ← 立て看板です。 クリックしてください!

        やはり、頂上の弥山付近の傾斜が急に描かれています。
     
             登ってみて、この様に感じる山でした。
  


■下山して、石鎚山温泉に入浴しました。

  温度が低いので、加温しているそうですが、湯が空気に触れると乳白色

  変化する良い湯でした。   (白骨温泉の湯の様でした)



  夕食は、回転ずしでした。

23 夕食は回転ずし



■22時に東予港からオレンジフェリーで出航し、翌朝 大阪・南港へ無事に

  到着しました。

         天候が悪くて山の景色は楽しめませんでしたが、

                面白い旅行でした。



トラックバック0 コメント0
石鎚山登山(前半)
2018-11-19-Mon  CATEGORY: 日記
■東予港(愛媛県)で下船して、石鎚山登山口へ向かいました。

  途中のコンビニエンスストアのイートインスペースで、朝食をとりました。

  ついでに、昼食も購入しました。

  このコンビニはバスセンターの横にあり、現地の人たちにとっても便利な

  場所の様です。
  
1 コンビニのイートインにて、朝食



■8時過ぎに石鎚山登山口へ到着しました。

2 石鎚山登山口



3 石鎚山登山口



  帰路、この石鎚山温泉で入浴します。

4 石鎚山登山口 石鎚山温泉



■ ロープウェイ駅へ向かっています。

5 ロープウェイ駅へ向かう



  石鎚山ロープウェイ・山麓下谷駅です。

6 石鎚山ロープウェイ 山麓下谷駅



  始発は8:40なので、その時間まで待ちました。

7 石鎚山ロープウェイ 山麓下谷駅内部



  石鎚山ロープウェイ山麓より頂上を望んでいます。

  かなり長いロープウェイです。

8 石鎚山ロープウェイ山麓より頂上を望む



  ロープウェイからの景色です。

9 石鎚山ロープウェイより景色



10 石鎚山ロープウェイより景色



  石鎚山ロープウェイ・山頂成就駅からの景色です。

  瀬戸内海側の景色はわずかに見透せましたが、石鎚山側はガスが掛って

  いました。   厳しい天気です。

11 石鎚山ロープウェイ・山頂成就駅




      12 石鎚山登山ルート グーグルアース - 大 ← 登山ルートです。 クリックしてください



■ 石鎚神社成就社へ向けて歩いています。

13 石鎚神社成就社へ向けて



14 石鎚神社成就社へ向けて



15 石鎚神社成就社へ向けて



■石鎚神社成就社へ到着しました。

16 石鎚神社成就社



17 石鎚神社成就社



■ 八丁坂 へ向かっています。  高度を100m下げました。

  この分また登り換えさないとならないので、勿体ないです。

18 八丁坂 高度を100m下げる



19 八丁坂 で高度を100m下げた



■ここから、本格的に高度を上げます。

20 高度を上げる



試しの鎖へ到着しました。    霧雨の中を鎖を使って岩壁を登ります。

  岩が濡れているので、気を付けて!

21 試しの鎖場



22 試しの鎖場



23 試しの鎖場



24 試しの鎖場



  高さ74mの試しの鎖場を登り切りました。

  結構、高度感はありますが、霧雨で下部は見えませんでした。

25 試しの鎖場の頂上



26 試しの鎖場の頂上



27 試しの鎖場の頂上



■再び、前進側ルートの鎖場を下りました。

28 試しの鎖場を下る



  安全に試しの鎖場を下り終えました。

29 試しの鎖場を下り終えた


                                  続きます ・・・・

トラックバック0 コメント0
東予港(愛媛県)へ
2018-11-18-Sun  CATEGORY: 日記
■山の仲間12名で、愛媛県の「石鎚山登山」へ行きました。


  大阪南港まで、車2台に分乗して行きます。

  JR阪和線・南田辺駅に集合しました。

  昔は古い駅だったのですが、とても綺麗になっていました。

1 JR南田辺駅集合



■19:30過ぎに「オレンジフェリー」へ乗船開始しました。

  今年の8月から就航している新造船でした。

2 オレンジフェリーへ乗船



3 オレンジフェリーへ乗船



4 オレンジフェリーへ乗船



5 オレンジフェリーへ乗船



■Nさんと船内のレストランへ行きました。

6 船内のレストラン



  その後、ロビーで歓談しました。

7 ロビーで歓談



8 ロビーで歓談



■今夜のシングルベッドルームです。

  料金は一番安いランクですが、なかなか良い部屋です。

  風呂にも入って、気持ちが良いです。

9 シングルベッドルーム



  大阪南港から愛媛県の東予港までの航路図です。

10 航路の図



  22:30に出向して、約1時間で明石海峡大橋の下を通過しました。

11 明石海峡大橋の下をくぐる



12 明石海峡大橋の下をくぐる



  船内案内図です。

13 船内案内図



■翌朝6:30に定刻通りに東予港へ到着しました。 夜が明けていません。

  しかし、天気が良くないですね。

  路面には、水溜まりが出来ていました。

14 愛媛県・東予港に到着


  登山には、適しません。  

                       どの様になるのかな?



         【オレンジフェリー】のHP ← クリックして見てください。



トラックバック0 コメント0
明神山 ストック・植物など
2018-11-17-Sat  CATEGORY: 日記
■頻繁に明神山へ行ったり、大和川の河川敷を歩いていますが、膝痛を

  防止する為に、ストック(トレッキングポール)を利用しています。

  地面のほとんどが、コンクリート舗装なので、ゴム製の石突プロテクタが

  摩耗して金属製の石突が顔を出してしまいました。

1 ストック(トレッキングポール)の先図



  そこで、先日モンベルで買ってきました。

2 石突プロテクタの種類



   ウォーキング用プロテクターは、ストックを後方に突いて前へ推進力を

  得るので、ちょっとだけ楽です。

3 ウォーキング用プロテクター



■明神山へ行く目的は、運動不足解消だけの為ではありません。

  景色や植物を楽しむためにも出かけています。

4 明神山の花



  名残りツツジが各所にあります。

5 名残りツツジ



6 名残りツツジ



7 名残りツツジ



  もうサザンカ(山茶花)の咲く時期になっています。

8 山茶花



  きのこの猿の腰掛もたくさん見ることができます。

9 きのこ 猿の腰掛



10 茶色のもの



11 きのこ



12 きのこ



■カエンダケに注意の看板がありますが、まだ カエンダケは見たことが

  ありません!

13 カエンダケに注意




トラックバック0 コメント0
明神山
2018-11-16-Fri  CATEGORY: 日記
■今日の午後から天気が下り坂になるとのことでしたが、午前中は快晴だった

  ので、My YAMA = 明神山へ行きました。

  
  自宅から明神山まで、約6kmです。

  途中の住宅街を歩いています。

  歩く速度は、家内の方が早いです。 

  我が家は、数日前から朝晩はエアコンを使う様になりましたが、紅葉は

  思った程進んでいませんでした。

1 住宅街を行く



  約1時間弱歩いて、スーパーやおひこの横の集会所の前で休息しました。

2 ヤオヒコ横の公民館前



  頂上まであと少し、ハイキングコースが明るくなりました。

3 頂上まであと少し



■自宅から1時間30分で、頂上の展望デッキへ到着しました。

4 頂上の展望デッキ



  今日は、眺望が良いです。  東側の景色です。  

5 東側のビュー



   南側の大峰山系です。

6 南側 大峰山系



  大峰山系の弥山です。  双眼鏡の画像をスマートフォンで撮影しました。

7 大峰山系 弥山 双眼鏡の画像をスマートフォンで撮影




      8 東側~南側 パノラマ写真 大 ←東側~南側 パノラマ写真です。
                        クリックすると拡大します。



■北側の悠久の鐘 ・・・・

9 悠久の鐘



   あべのハルカス。  双眼鏡の画像をスマートフォンで撮影しました。

10 あべのハルカス 双眼鏡の画像をスマートフォンで撮影



  奈良の若草山方面。  双眼鏡の画像をスマートフォンで撮影しました。

11 奈良・若草山 双眼鏡の画像をスマートフォンで撮影




      12 比叡山・遠望 大 ← 比叡山の遠望です。  




      13 北西側~北東側 パノラマ写真 大 ← 北西側~北東側のパノラマ写真です。



■明神山へは、2回程度/週登っていますが、こんなに眺望が良いのは、

  久しぶりです。  

  紅葉した住宅街を満足して帰路につきました。

14 帰路の住宅街




トラックバック0 コメント0
車のワックスがけ
2018-11-11-Sun  CATEGORY: 日記
■先日、車の洗車に行きワックスがけをしました。

  夏以降行っていないので、稀には行かないと塗装が痛んでしまいます。

  以前の車は、屋根とボンネット部分の塗装が痛んでいました。

      駐車場は、屋根がないので一日中紫外線に晒されています。

  
  いつもの洗車場の自動洗車機を使用しています。

  料金は、400円コース : 水の洗車のみ

        600円コース : 水の洗車とワックスがけ1回

        800円コース : 水の洗車とワックスがけ2回  があります。
 
1 自動洗車機



  ”清水寺の舞台を飛び降りる気持ち”で800円コースにしました。

  もうパート収入が無いので、倹約しなくてはならないのですが ・・・・

2 自動洗車



■洗車と自動ワックスがけは終わったのですが、汚れが残っています。

3 汚れが残っている



  家内と手分けをして、手でゴシゴシとワックスをかけて綺麗になりました。

      しかし、これ以上 手作業を続けると腰痛になります。

4 ワックスがけ


  
■車が綺麗になると、丁寧な運転をしますね。


        寒い時期に洗車とワックスがけをするのはイヤです。

            寒くなる前にもう一度するつもりです。



トラックバック0 コメント0
京セラドームへ
2018-11-09-Fri  CATEGORY: 日記
■京セラドームへ行く前に、難波へ寄ってみました。


  新しい商業施設「なんばスカイオ」が出来たので、見に行ってみました。

1 新しい商業施設 なんばスカイオ



■その後、「なんばパークス」へやって来ました。

2 なんばパークス へやって来た



  大阪球場からスイスホテル方面の景色です。

3 なんばパークス 大阪球場跡



  なんばパークスのオープンカフェで軽い昼食をとりました。

4 なんばパークス オープンカフェで軽い昼食



5 なんばパークス オープンカフェで軽い昼食



 大阪ドーム駅へ到着しましたが、まだ時間があるので、大阪ガスの展示場・

 ハグミュージアムへ行ってみました。   お菓子の品評会をしていました。

6 大阪ガスの展示場・ハグミュージアム



■PM2時過ぎに京セラドームへやってきました。  

  第44回社会人野球日本選手権大会・2会戦です。
  

7 京セラドーム へやって来た



  応援する人たちが多く並んでいました。

  第1試合が長引いているせいもありました。

8 京セラドーム へやって来た 応援者多し



■腹ごしらえして、応援です。     私と家内は、生ビール、鳥から揚げ、

  ウインナーソーセージで景気をつけました。

10 腹ごしらえして、応援



  3回裏に1点先制点を奪われてから、応援は熾烈になりました。

11 応援は熾烈に・・・



12 応援は熾烈に・・・



  ”やーやどー” の応援は、気合が入りますネ。  とても面白い応援です。

       【やーやどー】応援 ← こんな感じです

13 応援は熾烈に・・・ やーやどー



■ 1-4で敗れました。

  対戦相手は、企業チームであり優勝候補のトヨタ自動車を破った新日鉄

  住金・広畑だから仕方ありません。  

  クラブチームの「大和高田クラブ」は、よく闘ったと思います。

14 1-4で敗れる



16 試合終了



  最後は、エール交換です。       ”フレーフレー新日鉄!”

17 エール交換 フレーフレー新日鉄


  球場内での買い物券を2,000円分×2枚と知人から3,000円の買い物券

  をもらって、弁当と土産品を買って帰宅しました。   ありがとう!


  8~9年前は、RちゃんNちゃんのママがマスコットガールでした。

  この頃は強くて、家内は西武球場や後楽園球場にも応援に行ったことが

  あります。      またあの頃の様に強くなって欲しいです。

         私も東京まで、応援へ行きたい!   



トラックバック0 コメント0
京セラドームへ
2018-11-05-Mon  CATEGORY: 日記
■夕刻、Rちゃん、Nちゃんの家から近鉄電車 → 大阪メトロ → 阪神電車を

  乗り継いで「京セラドーム」へと向かっています。

1 京セラドームへ



  入口は、応援の人たちがいっぱいでした。

2 京セラドームへ



  京セラドームの内部へ入りました。

3 京セラドーム 内部



■ 今日は、第44回「社会人野球日本選手権大会」に「大和高田クラブ」

  が出場するので、応援に来ました。

4 大和高田クラブ パンフレット



  RちゃんNちゃんのパパは、サラリーマンですが、クラブのヘッドコーチと

  しても活躍しています。

5 大和高田クラブ パンフレット



  対戦相手は、JR四国です。

6 対戦表



  京セラドームの内部です。    まだ、前の試合中でした。

7 京セラドーム内部



  まず、腹ごしらえ!  

  各人が 2,000円の食事券をもらいましたので、この券を利用しました。

8 腹ごしらえ



   試合開始前です。

9 試合開始



  チアガールの応援です。

10 チアガールの応援



11 試合開始前



  応援団は、3,000人です。

12 試合開始前



■ いよいよ試合開始です。

13 いよいよ試合開始



  大和高田クラブ名物の ”やーやどー!” の応援です。

  今回、新しい応援方法が追加採用されましたが、やはり この やーやどー!

  の方が盛り上がりました。

14 やーやどー! 応援



15 やーやどー! 応援



■相手チームの方がやや攻撃力が勝っていましたが、相手のミスにより

  7回裏に1点入りました。

16 7回裏に点が入る



  いよいよ 応援にも熱が入りました。 

  Rちゃんは、大きくなったらチアガールをしたいそうです。

17 応援にも熱が入る



  夜間にもかかわらず、孫たちも応援しました。

18 孫たちも応援



  8回裏の攻撃です。

19 8回裏の攻撃



  1点を守り抜いて、勝ちました。     おめでとう!

20 試合終了



  RちゃんNちゃん宅へ帰り着いたのは、23時を過ぎてからでした。

       ふたりとも、行儀よく、元気にしていました。

  小学校と幼稚園の団体生活の訓練のお陰と思います。



■次の対戦は、トヨタ自動車と新日鉄住金 広畑の勝者とです。

         家内と応援へ行きます。



トラックバック0 コメント0
<< 2018/11 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


Copyright © 2019 団塊世代オジタリアン. all rights reserved.