FC2ブログ
2007年夏に定年退職した、団塊世代 普通のオジタリアンの日記
団塊世代オジタリアン
職安へ行く(2)
2018-08-29-Wed  CATEGORY: 日記
■本日は、「職安」から10:30~11:00の間に来所する様に指示を受けて

  います。


  前回 離職票を提出して、「高年齢受給資格者失業認定申請書」をもらい

  ましたので、必要事項を記入して持参提出しました。

1 職安の建物



■この歳になって、高年齢うんぬんの書類を持って職安を訪問するのには、

  ちょっと恥ずかしい気もします。       そこで、空元気を出すために 

  下記のバッジを胸に取りつけて、堂々と訪問しました。

  0 下流老人のバッヂ  ← この件は、嘘ですヨ!



■失業保険を受給する資格を得るには、「求職活動」をしている姿勢を見せる

  必要がありますので、事前に 求人検索パソコンから、「求人票」を印字して

  担当者に判る様に、高年齢受給資格者失業認定申請書を提出しました。


  その結果、特に質問もなく、「雇用保険高年齢受給資格者証」をもらいました。

  近々、50日間の失業保険の支払いが開始されます。

  合計支払い金額は、パート給料の約2ケ月分近くです。  ラッキー!

2 雇用保険高年齢受給資格者証



■帰りに再度、求人検索パソコンで、パートの仕事を探してみました。

  介護の補助、介護利用者の送迎運転、清掃などの仕事はたくさんあり

  ました。

3 求人検索パソコンの利用方法
(操作方法は、定年退職時の11年前と全く同じなので、楽でした)


  一応、近くのパート求人の資料をプリントアウトしてきました。

  だけと、ちょっと私には出来そうな仕事内容ではありませんでした。

  ひとつたけ、私にぴったりの仕事がありましたが、通勤に時間がかかります

  ので、ダメでした。

4 求人票(パートタイム)



■私の経験からすると、「人間を相手にする仕事」よりも「機械を相手にする

  仕事」の方が気楽な感じがします。

  又、「民間企業の仕事」よりは、「公官庁関連の下請けの仕事」の方が

  楽な感じです。    (まあ、人に寄って得手不得手があるとは思いますが・・・・)



  失業手当を全額もらったら、職安で仕事を探してみたいと思っています。

           (もう、出来る仕事は無いと思うのですが ・・・・ )



スポンサーサイト



トラックバック0 コメント0
深夜高速バスのチケット・手配
2018-08-25-Sat  CATEGORY: 日記
■9月末に栃木県の那須・朝日岳、日光白根山、群馬県の尾瀬・至仏山登山

  に行く計画があります。

  交通機関として何で行こうかなと考えていましたが、結局 大阪・難波から

  宇都宮までの「深夜高速バス」にしました。

  ・LCCで関空 → 成田空港 → バス → 宇都宮 → ビジネスホテル = 高い

  ・新幹線・新大阪 → 東京 → 宇都宮 → ビジネスホテル = もっと高い


  今日は、1ケ月前のバスチケット発売開始日なので、9時の発売開始時間前

  に近鉄高速バスの阿部野橋営業所にやって来ました。

1 近鉄高速バス・阿部野橋営業所
        (旅行代理店より、ここの方が発売開始時間が1時間早いので有利です)


  私と同じ考えの人が、他に8名いましたので、仲間の分も含めて9名分の

  往復チケットを購入しました。  (男性3名、女性6名)

  Nさんも同行しますが、Nさんは山へ登った後、仙台付近を見て廻ります

  ので、単独で片道チケットを購入しました。

2 深夜バス チケット9名全員分



  私の深夜高速バスのイメージとしては、・・・・

  ヨーロッパや日本等の先進国は鉄道が発達しているので、長距離バスは

  あまり需要がないと思っていたのですが、これは大きな誤りでした。

        日本国中、長距離バスが走っています

  それに、何よりも嬉しいのは、懐具合に優しいことです。

  
  仲間の中には新幹線で行って、ビジネスホテルで前泊するひともいますが、

  私は、少々体がシンドイ状況でも、懐具合を優先します。



■希望者全員9名のチケットを購入できましたので、安心しました。


  その後、コーヒータイムして、Nさんの希望であべのハルカスをブラブラ

  しました。   全国時刻表(小)と雑誌の購入をしました。

3 あべのハルカス



4 あべのハルカス



■昼前になって、大阪・高島屋へ行きました。

  高島屋のレストラン街を巡って、”お昼ご飯はどこで食べようかな?”


  私は、「焼き鳥」が良かったのですが、結局「炉端焼き」になりました。

5 大阪・高島屋・レストラン街・炉端



6 大阪・高島屋・レストラン街・炉端



  まずは、カンパイ!

7 料理



  Nさんは、その後、日本酒になりました。

  右の写真は、「とば」:サケの燻製です。  

  北海道の名産だそうてすが、美味しかったです。  (日本酒に合う)

8 「とば」サケの燻製


  代金の支払いは、・・・・ Nさんがおごってくれました

     ありがとう!  Nさんは、金持ちだから遠慮なしに頂きました。



  帰りに高島屋の地下食品売り場で、大阪・十三名物のみたらし団子を

  お土産にもらいました。     2度ありがとう!




トラックバック0 コメント0
山小屋風ランプの改造
2018-08-24-Fri  CATEGORY: 日記
■「山小屋風ランプ」を、他の部屋に置いていました。

  ウィルが天国へ行ったので、ウィルのケージを置いていた跡の位置の壁に

  山小屋風ランプを吊り下げました。

  ついでに、「白樺の切り枝」を置きました。

1 山小屋風のランプ



  この山小屋風ランプは、私が20歳代に「上高地の売店」で購入した

  年代物です。

  アルコール燃料を入れると、火を灯すことが出来ます。 

  但し、火を灯すとススが発生するので、室内では実用的ではありません。

2 山小屋風のランプ L



■今日は、Rちゃん、Nちゃんがお泊りに来ることになっています。

  興味を持たせるために、灯が点灯する様に、 LEDの照明回路を追加

  することにしました。

  部品は購入していないので、あり合わせの物を使用します。

  「白色のLED」を探しましたが、ありませんでしたので、以前100円ショップ

  で購入して使用していない余り品のライトで、代用することにしました。

3 LEDの照明回路を追加



  単4の乾電池ホルダーもありませんので、ちょっと横着をしました。

  そのお蔭で、単4乾電池3本を燃料アルコールを入れるボトル内に押し込む

  ことが出来ました。   LEDは回りに樹脂と金属のマウントが付いて邪魔

  なのですが、取り除くことが出来ないので仕方ありません。

          点灯試験をしました。  OKです!

4 LEDの照明回路 点灯試験



  ランプを壁に取り付けました。  雰囲気がでました。

5 LEDの照明回路 点灯試験 壁に取り付け




■Rちゃん、Nちゃんのリクエストで、夕食は「瓦そば」にしました。

6 夕食は瓦そば



  風呂上りです。    カンパイ!

7 瓦ソバで乾杯




      【瓦そば】 ← 参考です



■室内を少し暗くしたら、山小屋風ランプは引き立ちます。

8 山小屋風ランプ 点灯中



  そして、深夜も光り続けていました。

9 山小屋風ランプ 点灯中 深夜



■朝、明るくなっても、しっかり点灯していました。

  予想では、5日間位は点灯すると思います。


       必要な時だけ、点灯させれば、相当長く使用できるでしょう!




トラックバック0 コメント0
イタリア旅行 雑感 (2018/05/08~17)
2018-08-22-Wed  CATEGORY: 海外旅行
■イタリア旅行で感じたことを数点記載したいと思います。


①イタリアは、茶色の肌の顔をした中近東や北アフリカ出身と思われる移民

  が多いのですが、真っ黒い顔をした中央アフリカ出身の移民も結構

  見ました。  その人たちは、土産物屋さん近くや観光客の多い通路で、

  自撮り棒やおもちゃを売っていました。

  ほとんどの観光客は、買わないので、物売り商売は大変だと思います。

        この人たちが、歳をとったらどうするのだろう?

  イタリア政府は、多くの移民を抱えて、将来大変なことになりそうです。

1 土産物屋さんは、移民の店員



2 土産物屋さんは、移民の店員



②観光地は、どこもテロ対策で厳重な警備をしていました。

  日本では、この様な光景はお目にかかりませんが、大変ですね。

3 テロ対策は厳重



4 テロ対策は厳重



  商店街の入口には、至る所に「車止め」がありました。

5 テロ対策は厳重 車止め



③私の好きなオープンカフェ(テラス席) 楽しいですね。

  だけど、ちょっと高価!

6 テラスカフェは楽し 但し高価


  
  グランドピアノとコントラバスの演奏を聴きながら、・・・・ 最高の贅沢です。

7 テラスカフェは楽し グランドピアノ コントラバス



④ミラノの空港へ到着して、空港内の無料トイレに行きました。

  便器5個の内、2個の便器がつまって、床におしっこが流れていました。

        早速の洗礼に、旅行が思いやられました。

  だけど、それ以外のイトレは、綺麗でした。   良かった!

  下の写真は、「ソレント」の有料トイレ(€1)です。

     まあ、一番綺麗だったトイレなんですが・・・・

8 有料トイレの写真



9 有料トイレの写真



10 有料トイレの写真



  このトイレの便器は低いです。     良かった!

  便器が高いとつま先で立って、用を足さなければなりません。

            足の短い日本人には困ります。

11 有料トイレの写真



➄ホテルのバスルームについて。

  バスタブの壁に必ずひもが付いています。

        このひもは何だろう?と引っ張らないでください!  

  イタリア人は、平均寿命が短いのかな?  世界で7位くらいです。

  オリーブオイルのお陰で、結構長寿なんですが、バスルームで気分が

  悪くなる人がいるのかな?
 
12 ホテルのバスルームについて



  必ず、ビデがついています。  (南欧の国の習慣)

  こちら側で間違って、〇ンチをしない様に!  大変なことになりますヨ!

13 ホテルのバスルームについて



⑥古い町並みを多く見ました。

  日本とドイツは、第二次世界大戦で、徹底的に爆撃を受けて、都市が壊滅

  状態になりました。

  だけど、イタリアは早く降参したので、街の破壊が少なかったのでしょうね。

  日本ももっと早く終戦にすれば、多くの人命を救うことが出来たのに!

14 古い街並みが多い



15 古い街並みが多い



⑦バスの運転手さんの休憩は、しっかり取っています。

  罰則が厳しいみたいです。   安全運転には、良いことです。

  だけど、結構アオリ運転や運転中の携帯電話通話(ハンズフリー)を

  していました。   

16 バス


  先日、ジェノバで高速道路の高架橋が崩落する事故が起きました。

  私が走行した高速道路は、日本に比較して、高架橋がほとんどありません

  でした。   (アペニン山脈を越える時には、ありました)

  又、 日本では、道路脇に気象観測システムが各所に設置

  されていますが、イタリアでは見ませんでした。

  気候が温暖なので、必要ないのでしょうね。


       以上、ボケ老人の雑感でした。

                           一応、終わります。

  
トラックバック0 コメント0
イタリア旅行 ドバイから関空へ (第10日目 2018/05/17)
2018-08-21-Tue  CATEGORY: 海外旅行
■「ローマ」から「ドバイ」の飛行は、エアバス社のA380-800型でした。

  総2階建ての500人以上が搭乗できる機体ですが、満席でした。

  私は、1階:メインデッキの後部右側の窓側の席でした。

  ローマからシナイ半島までの間、下界を見ることが出来てラッキーでした。

0 A380 800座席表



  ドバイ国際空港に到着したのは、「ボーディングブリッジ」のない滑走路の

  隅でしたので、シャトルバスが数台迎えに来ていました。

  「エミレーツ航空」は、ターミナル3を使用しますので、シャトルバスで

  向かいます。       現地時間5/16(水)深夜の23時半頃でした。
  

0 エミレーツ航空ターミナル



■タラップを降りて、「A380」の機体を下から眺めたら、すごくデッカイですね。

1 ドバイ国際空港とA380



2 ドバイ国際空港



■シャトルバスで、 「ターミナル3」へ到着して、メンバーを数えたら、2名

  いませんでした。

  添乗員さんは困って、あちこち探しました。

  結果的に、2名は「ターミナル2」行きのシャトルバスに乗ったそうで、

  シャトルバスの運転手さんが、連れて来てくれました。

             ”良かった! 良かった!”

3 ターミナル3に到着



■ドバイから「関空」行きの飛行機が出発するまでには、約4時間の待ち時間

  がありますので、ドバイの空港内を巡って時間をつぶしました。

  「深夜であること」と「イスラム教の服装」をした人が多くて、カメラを向ける

  ことが出来ませんでした。   (写真がありません)

  搭乗ゲート近くで過ごしましたが、乗客が多いので、空いた椅子がほとんど

  ありませんでした。     加えて、「治安に不安を感じた」ので、カバンを

  しっかり持って休みました。




■関空行きの飛行機は、ボーイング777-300ERです。

  5/17(木)早朝の3時半に「ドバイ国際空港」を離陸しました。

4 関空までのチケット



  座席は、窓側です。   但し、主翼の上なのでちょっと下界が見にくいです。

5 B777 300ER座席



  ドバイ国際空港を離陸しました。

6 ドバイ空港を離陸



  主翼の前側から朝の太陽が顔を出しました。

  地球の自転に反して飛行しているので、太陽の動きが早いです。

7 主翼の前から朝の太陽が

  


    8 ドバイ→関空 食事メニューa 大 ← ドバイから関空間の「食事メニュー」です。

                  アラビア語と英語で記載されてされています。



    9 ドバイ→関空 食事メニューb ← ドバイから関空間の日本語「食事メニュー」

                「ハラルフード」と記載されてされています。


    【ハラル】とは ← 参考です。 興味のある方はクリックしてください。


■朝食が出ました。   

10 朝食



  朝食は済んだのですが、客室の窓のシャッターは閉めるように指示

  出たまま飛行しています。 

  下界の景色を見たいのですが、シャッターを開けると、明るい光が室内に

  差し込んで、迷惑になるので、開けることができません。

  パキスタンのペシャワール上空を過ぎた付近を飛行しています。

  カラコルム山脈を見たいのですが、残念です。

   (YouTubeで映像を発見したので、このブログの最後に紹介します)

11 パキスタンのペシャワール上空を過ぎた



  外は、真昼なのに「夜間モード」で飛行しています。

  多分、ゴビ砂漠の南部を飛行しているはずです。

      シャッターを開けて、下界を見たい!  残念!

  エミレーツ航空の機体の天井は、LED照明の星が光っています。

  12 お休みモードでチベット高原を飛行中
    (天井部分の白い点が、LED照明の星です。 豪華な内装です)



■ もうすぐ北京上空に到達します。  まだ夜間モードです。

13 もうすぐ北京上空に到達



  北京上空を過ぎて、「昼食」が出ました。

14 昼食が出た



  まだ外の景色が見ることが出来ないので、エンターテイメント装置で

  楽しみました。

15 外の景色が見れないのでエンターテイメント装置で楽しむ



  日本に近づいて、夜間モードが解除になりました。

  関空着陸の35分前に室内の照明が点灯し明るくなりました。

  その後10分して、窓のシャツターを開けるように指示がありました。

  雲海の上を飛行していました。

16 雲海の上を飛行中



■ドバイ国際空港からの飛行ルートです。

17 飛行ルート 後10分で関空到着



   淡路島の上空を飛行中です。  ドバイから 7,563Km 飛行しました。

  関空まで、あと9分で着陸します。

18 淡路島の上空を飛行中


  本日は風向きが悪いのか? 大阪湾の北まで北上してUターンし、北側

  から南へ向かって滑走路へ着陸しました。   

  17:35関空へ無事に到着しました。  

  復路は、ジェット気流の影響で所要時間は、1時間短かったです。

19 関空へ無事に到着



■自宅に到着したのは、21時でした。



   【カラコルム山脈上空 ドバイ発関空行の機窓からの景色 】 ← クリックしてください!

  上記は、私が、飛行した4日後の景色です。  見たかったなあ!

  撮影者は、室内に光が漏れない様に毛布を使用して撮影したそうです。

  もし、次回に機会があったら、私も毛布を被って撮影します。


                           続きます ・・・・


続きを読む
トラックバック0 コメント0
山の会の集会と宴会
2018-08-18-Sat  CATEGORY: 日記
■山の会の8月の集会と宴会が開かれました。

  場所は、大阪市内のいつものマンションの20Fです。


  9月の関東支部、広島支部との合同登山計画の説明がありました。

  1日目は那須・朝日岳登山、2日目は日光白根山登山、3日目は尾瀬・

  至仏山登山の計画です。    集合場所は、栃木県の宇都宮です。

  その後、参加者各人の集合場所までの利用交通機関の予定と夜行バス

  を利用する予定の人たちのチケット一括手配の方針の説明をしました。

  更に、次号会報の記事募集などの補足説明をしました。


  その後、宴会になりました。

1 9月集会・宴会



2 9月集会・宴会



3 9月集会・宴会



■こうして、大阪の夜が更けて行きました。

  伊丹空港へ向かう飛行機が、高度を下げています。

4 暮れゆく大阪




  暑い大阪を脱出して、どこか涼しいところへ行きたいなあ!

5 伊丹空港へ向かう飛行機
         (スマートフォンにて撮影し、画面の一部を写真にしました)




トラックバック0 コメント0
職安へ行く
2018-08-16-Thu  CATEGORY: 日記
■今日は、所轄地の「職安」へ行きました。

  職安近くの駐車場は満杯でしたので、少し離れた第2駐車場へ車を

  停めました。

1 職安 大和郡山



2 職安・大和郡山



■この歳になって、”何で職安へ行くのかって?” ・・・・

  盆前に7月末まで勤めていたパート職場が契約している社会保険労務士

  の事務所から「離職票」が届いたからです。


  1Fの受付で、求職の受付書類を記入して、2Fで順番を待ちました。

  しばらくして、2Fでの受付が始まりました。

  私は、65歳から「失業保険」を払っていないのですが、次の仕事に就くまで

  失業保険がもらえるそうです。     ラッキー!

      (この制度は、平成32年度までだそうです)

  離職票には、「自己都合退職」と書かれていますが、これは「忖度」ですね。

  日本の社会では、「忖度」が幅を利かします。

  こうしないと、組織が上手く回らない!  (本当は、良くないことだと思います)


  ・1日の失業保険は、〇,〇〇〇円らしいです。 (詳しくは計算しないと

   決定できないそうですが、概算です)    まあ、僅かな金額ですが・・・・

  ・失業保険の支払い期間は、50日だそうです。

3 職安 内部



■その後再度1Fの相談コーナーへ行って、求職の手続きをしました。

  あくまで、「働く意思がある」ことを表明しなければ、失業保険支給の対象

  になりません。


  「高年齢受給資格者のしおり」、「高年齢受給資格者失業認定申請書」、

  「ハローワークカード」 その他 各種資料をもらいました。

4 職安・書類



71歳になっても、「職安」へ行って、求職の手続きをするなんて、かなり

  「下流老人」の気分ですが、生活を守るためには、仕方がありません。


  次回、職安の訪問日は、8/29 10:30~11:00に指定されています。

  失業保険支給までには、何度も職安を訪問して、求職活動が必要です。

           支給は、大分 先のことになりそうです。



トラックバック0 コメント0
ウィル(WILL) が天国へ
2018-08-14-Tue  CATEGORY: 日記
■16年前に我が家に来た頃です。

1 我が家に来た頃



2 幼少期



■下関にも2度帰省しました。


  葛城山にも2度登りました。

  だけど、信貴山の吊橋は苦手でした。

3 下関へ帰省



4 桜



  サンタクロースにもなりました。

5 サンタクロース



6 青



7 サンタクロース



■正式なプードルにもなりました。

8 正式なプードル



  友達と遊ぶのは、得意ではありませんでした。

9 友達と



  ハートマークを付けた時期もありました。

10 ハートマーク


  そして、壮年期になりました。

11 壮年期



■16年1ケ月と16日で、天国へ行きました。

  ウィルは、悪戯をしませんでした。

  そして、歳をとってもボケることもなく、とても良い子でした。

12 天国へ



  書類を提出して、火葬しました。

13 火葬場へ



14 供養塔



 ===================================


  翌日、孫たちもお参りしました。

15 翌日 孫たちもお参り



      ウィルちゃん たくさんの楽しい思い出をありがとう!





トラックバック0 コメント0
河口湖・スーパー銭湯(8/12)
2018-08-13-Mon  CATEGORY: 日記
■おはよう!    今日も、遠くにガスが掛かっていました。

  この写真は、河口湖の東方面です。

  孫たちが泊まった3階の窓からは、富士山が真正面に見えるはずなの

  ですが、ガスで全く見えませんでした。

1 おはよう 河口湖の東方面



■宿泊した宿は、古い宿でした。

  しかし、出来た時には、かなり立派な宿だったと思われます。

  室内は、全て和室で、窓際のテーブル椅子が置いている間も畳が敷いて

  あり、日本風の宿が楽しめて外国人には人気があると思われます。


  家内が風呂に入っていたら、欧米人と思われる若い女性が来たそうです。

  その若い女性は、体を洗わずに風呂に飛び込んだそうです。

  風呂から上がった後、シャンプー、リンスなどが置いてある3つのボトルの

  前で、迷っていたそうです。

  家内は、どのボトルが何かを教えてあげたそうです。

2 宿



  宿の近くには、タイやインド料理店がありました。

  コンビニやスーパーマーケットもありますので、日本人にも、外国人にも

  便利だと思います。

3 タイ インド料理



■朝食の後、歩いて「河口湖」まで行きました。

4 河口湖



5 湖畔で遊ぶ



  河口湖・八木崎公園へやって来ました。

6 河口湖 八木崎公園



7 河口湖 八木崎公園



  孫たちは、公園の中を走り回って遊んでいました。  汗びっしょり!

      8 河口湖 八木崎公園  パノラマ写真 ← パノラマ写真です。



■その後、鳴沢村にある「富士眺望の湯 ゆらり」へ行きました。

  晴れていれば、露天風呂から富士山が見えるそうですが、ガスがかかって

  見えませんでした。

9 富士眺望の湯 ゆらり



10 富士眺望の湯 ゆらり



  昼食は、山梨県名物「ほうとう」にしました。

  このほうとうは、本来(昔)のタイプのほうとうでした。

  現在タイプの「ほうとう」は、豚肉が入っています。

  個人的感想としては、豚肉が入っていた方が美味しいです。

11 ほうとうの昼食



12 富士眺望の湯 ゆらり 後に



      【富士眺望の湯 ゆらり】 ← 参考です。



■山梨県鳴沢村で、孫たちと別れて13:00に出発しました。

  富士宮市内で道路が渋滞していました。

  ガスの間から富士山が瞬時見えました。
 
13 富士宮 車窓から富士山



  新東名高速道路の「新富士IC」から、スムーズに走行しましたが、東名阪

  自動車道の四日市から再び渋滞に引っかかりました。

  自宅に到着したのは20時すぎでした。

         (所要時間は、約7時間でした。 まあまあのタイムでした)



トラックバック0 コメント0
富士山の六合目から下山(8/11PM)
2018-08-12-Sun  CATEGORY: 日記
■富士山の六合目の様子です。

  六合目までは、楽なコースですが、これから頂上まで急な登山コースが

  続きます。  これから登る人は、ここで気を引き締めて取り掛かります。

  下山した人は、ヤレヤレと云った感じで休憩をとります。

  中には、フラフラとした足取りで歩いている人もいます。

  私の経験では、下りも結構シンドイです。    その理由のひとつは、

  下山ルートには、休息小屋がないことです。

  ここ六合目にも茶店があれば、下山者は随分助かると思うのですが ・・・・

1 富士山の六合目の様子



  五合目へ戻っています。

2 五合目へ向かう



  六合目付近の高山植物です。 

  自然が厳しいうえに、栄養分の少ない溶岩砂で頑張って咲いています。

3 高山植物



4 高山植物



5 五合目へ向かう



■五合目・レストハウスの前へ到着しました。

  朝より更に人出が増えていました。

6 五合目 レストハウスの前へ到着



      7 五合目・レストハウスの前 大 ← クリックしてください。 大きくなります。



■土産物屋のおじさんが勧めた 「富士山 御中道」へ行ってみました。

8 富士山 御中道へ



9 富士山 御中道へ



10 富士山 御中道へ



      11 富士山 御中道 案内図 大 ← クリックすると拡大します。



  富士山 御中道入口から帰ってきました。 レストハウスの前の景色です。

12 富士山 御中道入口からレストハウスの前の景色


 
■ 富士山大社にも寄ってみました。

13 富士山大社へ



14 富士山大社へ



■12:00発のシャトルバスで、駐車場まで下ることにしました。

15 下山する



      16 歩いたコース・国土地理院 ←  歩いたコース・国土地理院です。



      17 歩いたコース・グーグルアース ← 歩いたコース・グーグルアースです。



■午後は、富士宮市の「白糸の滝」へ行きました。

  白糸・音止めの滝です。

18 白糸・音止めの滝



  「富士宮白糸の滝」です。

19 富士宮白糸の滝



20 富士宮白糸の滝


  思っていたより、スケールが大きいです。

21 富士宮白糸の滝



      22 富士宮白糸の滝 パノラマ写真 ← パノラマ写真です。



  小腹がすいたので、ヤマメの塩焼き 五平餅の店へ入りました。

23 ヤマメの塩焼き 五平餅の店



■今晩宿泊する宿には、16時に到着しました。

  休息の後、歩いて早めの夕食に行きました。

  大人4人は、それぞれビールジョッキ2本ずつ飲みました。

24 夕食は中華レストラン


                                続きます ・・・・  
  


トラックバック0 コメント0
富士山 六合目
2018-08-11-Sat  CATEGORY: 日記
■昨夜の20時に自宅を車で出発しました。

  名阪国道→伊勢湾岸道→新東名高速道路を通りました。

  新東名高速道路の最高速度が110km/hの部分で事故が発生し、

  この渋滞を抜けるのに2時間かかりましたので、予定より遅いです。


  御殿場ICを降りて、暫らく138号線を走りましたが、眠くなったので、

  コンビニエンスストアの駐車場で、夜が明ける(1時間)まで、仮眠しました。

  東富士五湖道路を走っていると富士山の全景が見えました。

1 富士山・車窓から



  富士吉田 ICで降りて、山梨県立富士北麓駐車場へ向かっています。

2 県立富士北麓駐車場へ



  県立富士北麓駐車場から富士山を眺めています。  素晴らしいなあ! 

3 県立富士北麓駐車場から富士山



4 位置関係図



■まだ孫たちが東京から到着しませんので、 富士スバルラインのシャトルバス

  乗り場へ行って散策をしました。

5 富士スバルラインのシャトルバス乗り場



6 富士スバルラインのシャトルバス乗り場



■7:00孫たちが、駐車場へ到着しました。 

  中央自動車道の相模湖 ICまで、ずっと渋滞していたそうです。

7 孫たちが到着



8 孫たちと富士山



■7:30発のシャトルバスに乗り、8:20に富士山五合目に到着しました。

9 富士山五合目に到着



  五合目に到着したら、すぐにガスが出てきました。

  天気予報より、少し早めに天気が悪化した様です。

10 到着すぐにガスが出てきた



  レストハウスへ向かっています。

11 レストハウスへ向かう



12 レストハウスへ向かう


  
  下界もガスで見えません。  残念です。

13 下界もガスで見えず




      14 地図 大 ← 地図です。 クリックすると拡大します。




15 家内と記念撮影
              (家内と記念撮影)



  外国人が多いので、外貨両替機が設置されています。

16 外貨両替機



  有料トイレです。

17 有料トイレ



  レストハウスの前の景色です。

18 レストハウスの前



19 レストハウスの前



20 レストハウスの前



■五合目を出発しました。

21 五合目出発



22 五合目出発



  六合目へ向かっています。

23 六合目へ向かう



24 六合目へ向かう


  分岐点です。 真っ直ぐ行くと佐藤小屋方面へ、上部の道へ行くと吉田

  ルートの六合目へ向かいます。

25 分岐点



  登山道がやや急になります。

26 六合目へ向かう



  下山者のグループです。

27 下山者のグループ



  もうすぐ六合目です。

28 もうすぐ六合目



  六合目へ到着し休憩しました。

29 六合目へ到着・休憩



  六合目から上部を望みます。  時々、ガスが薄くなる時がありますが、

  頂上は全く見えません。  (富士山安全指導センター前)

  孫たちはもう少し上の登りルートと下山ルートの合流場所まで登って

  行きました。    私と家内は、これ以上登る気力がありませんでしたので、

  ここで待っていました

30 六合目から上部を望む



  孫たちが、帰ってきましたので、記念撮影をしました。

31 六合目・記念撮影



■今回、富士山の六合目へ来たのには、理由があります。

  孫たちが、もう少し大きくなったら、富士山の頂上へ登って欲しいと思って

  います。  


         3度目は、孫たちと一緒に登りたかったのですが、     

              もう体力的に無理ですね。



トラックバック0 コメント0
エアコンの修理
2018-08-07-Tue  CATEGORY: 日記
■エアコンが故障する3日前から、次の様な症状が発生していました。

  ①エアコンの室内機から冷気が出なくなる。

    室外機も、暑い空気が出なくなる。

  ②エアコンのモードを一旦「フルパワー」モードで5分位運転した後に、

    通常運転モードに戻すと正常に動作していた。

  
  ところが、8/4(土曜日)に、いよいよフルパワーモードにしても、冷気が

  出なくなりました。       困ったなあ!

1 エアコンが故障した



  先日、家内がエアーフィルターを掃除しました。

  念の為に、私が再度 清掃しましたが、やはりダメでした。

2 フィルターを清掃してもダメ



■とりあえず、和室のエアコンを稼働させて、3台の扇風機を「生活空間」の

  方へ向けて動かしました。

  だけど、暑いです。    30℃以下にはなりません。

  (故障した居間のエアコンは、電源がAC200Vの強力形なので、小さいエアコンでは追いつきません)


3 間取り配置図



■メーカーへ修理依頼しなければ、なりませんが、8/4は土曜日なので、

  Webで修理依頼してみました。

  最短日は月曜日ですが、月曜日は予約が満杯でしたので、次の火曜日に

  予約を入れました。   (Webの画面で確認しながら入力するので、分りやすい)

  必要事項を全て入力して、申し込みをするとすぐに、確認メールが送られて

  きました。

4 WEB受付画面



■さて、今日は修理サービスマンの来る日です。

  9時半頃に訪問予定時間を約束しました。

  そして、約束時間に修理サービスマンがやって来ました。


  【原因】エアコンのフィルターに、油脂成分の膜が全面に出来ており、

  これが空気の通りを悪くしており、温度制御が上手く出来ていない為でした。


  台所用の中性洗剤で、ゴシゴシ洗いましたが、完全に取れませんでした。

      スゴイ汚れです。   8年間の累積汚れでした。       

5 エアコン フィルター



6 汚れが取れない 拡大写真



【対応】マジックリンの「油汚れ」:(緑) で洗ったら完全に取れました。

  きれいになったエアフィルターを装着して、試験運転をしたら、正常動作に

  戻っていました。     ありがとう!



■アンケート用紙をもらいましたので、スマートフォンからQRコードを読み

  込んでWebでアンケートしました。    全て、「良い」にしました。

7 アンケート用紙



★私は、エアコンのガスが抜けていると思っていました。

    (最悪、コンプレッサーの故障も想定していました)

  サービスマンも、ガスチャージ用のボンベを持参していました。


     まあ エアフィルターの汚れで済んで良かったです。

     なにせ、毎日が日曜日なので、パート勤務の収入がありません。


  (備考)10日位前から、28℃に設定しても、稀に温度調整が上手く出来て

       いない(30℃以上や26℃以下になること)があったのですが、

       これは、温度センサー部の空気の流れが悪くなっていた為と推定。

            全て、つじつまが合いますです。 ハイ!



トラックバック0 コメント0
被爆73年後の追憶
2018-08-06-Mon  CATEGORY: 日記
■私が5~6歳の頃、実家の隣に「山内のおばあちゃん宅」がありました。

  山内のおばあちゃんは、70歳を越えていたと思います。

  おばあちゃんは、藁打ち小屋で藁を編んでいました。


  雨が降って、外に遊びに行けない時には、藁打ち小屋に行って遊んで

  いました。

  だから、今でも藁があったら、手で藁の紐を編むことが出来ます。

フリー素材1


■山内のおばあちゃん宅には、私より5歳位上の可愛い女の子がいました。

  その女の子は、”千鶴ちゃん”と言っていました。

  しかし、千鶴ちゃんは足が悪くて歩くことが出来ませんでした。

         広島で、「ピカドン」にやられたそうです。

  「お父さんとお母さんがいなかったこと」と「足が悪くて歩けなかった」ことを

  考えれば、ピカドンで建物の下敷きになったものと考えられます。

フリー素材2
               (フリー素材よりお借りしました)


■3~4年後に千鶴ちゃんは、亡くなりました。

         白血病だったそうです。

  
  当時、ピカドンの病気は移ると言われて、差別されていました。

  だから、千鶴ちゃんとは近くに行って話をした記憶がありません。

  ただ、赤い和服を着た可愛いお姉さんだった記憶が残っています。

     (現在、ピカドンは差別用語:放送禁止用語となっています)


          フリー素材3



■日本は、「核兵器禁止条約」を批准していません。

  核兵器の非人道的被害を受けた 世界で唯一の国なのに、おかしいです。


  「核の傘」に守られている?  

  核の恐怖による抑止力とバランス?

          やはり、おかしいと思います!



トラックバック0 コメント0
六甲山(ケーブル上駅)から有馬温泉へ
2018-08-05-Sun  CATEGORY: 日記
■連日 猛暑が続いています。

  ほぼ一日中、エアコンの中で暮らしていますので、「クーラー病」の様な

  感じがしています。

  そこで、山の会の同年代の仲間を誘って、六甲山へ行くことにしました。

  目的は、「クーラー病」の解消です。


■スマートフォンのGPS機能を利用した、歩行部のデータは次の通りです。

   平面距離 : 9.2km   沿面距離 : 9.4km   歩行時間 5時間 47分

   最低高度 ;  377m   最高高度 : 869m

   累計高度(+) 491m    累計高度(-) 859m

   平均速度 : 1.6km/h  消費カロリー 1307kcal


0 高低差推移 六甲山 有馬温泉
                 (高低差の推移です)



■六甲ケーブル下駅です。

1 六甲ケーブル下駅



  六甲ケーブルの車内です。  結構、乗客が乗っていました。

2 六甲ケーブル・車内



  六甲ケーブル上駅のホームへ到着しました。

3 六甲ケーブル・頂上駅ホーム



  六甲ケーブル上駅の展望テラス:「六甲山天覧台」です。

  のんびりしながら、K氏が到着するのを待ちました。

4 六甲ケーブル・頂上駅の展望テラス



  展望テラスよりの景色です。

  夏は空気中の水分が多いので、遠くまで見渡せません。

5 六甲ケーブル・頂上駅の展望テラスよりの景色



  それでも、かすかに大阪・天王寺の「あべのハルカス」が見えました。

6 六甲ケーブル・頂上駅の展望テラスよりの景色



  K氏と合流して、展望テラスを出発しました。

7 六甲ケーブル・頂上駅の展望テラスを出発



  六甲高山植物園へ向かっています。

8 六甲高山植物園へ向かう



■六甲高山植物園へ到着しました。

9 六甲高山植物園へ到着



10 高山植物



  食虫植物の展示をしていました。

11 食虫植物の展示



12 食虫植物の展示



  六甲高山植物園内を周回しています。

13 六甲高山植物園・周回



14 高山植物園



15 高山植物園



16 高山植物園



17 高山植物園



18 高山植物園



19 高山植物園



20 高山植物園



21 高山植物園



  昼食は、日陰のベンチでとりました。  

  冷たくひやした500ccビールを3人で分けて飲みました。  最高!

  プリンスブリッジにて記念撮影。 

  現在の天皇陛下が皇太子の時に訪れたので、そう呼ばれています。

22 プリンスブリッジにて



  もう少し時期が早かったら、クリンソウやニッコウキスゲの群落を見ることが

  できるのですが、ちょっと遅すぎましたね。

  六甲高山植物園を後にしました。

23 六甲高山植物園を出る



■ドライブウェイを歩いて、極楽茶屋跡から紅葉谷を経て、「有馬温泉」へ

  向かいます。   昔、数度歩いたことのあるルートです。

24 極楽茶屋跡から紅葉谷へ



  紅葉谷の下山ルートで、ここが一番急斜面かな?

25 紅葉谷下山ルート 中



  土砂崩れの跡を通過しました。

26 ガレ場



  六甲有馬ロープウェイが、頭上をあっという間に追い抜いて行きました。

27 ロープウェイが追い抜いて行く



  六甲有馬ロープウェイの有馬温泉駅でトイレ休憩。  

  ロボットが出迎えていました。  日本人より外人の乗客の方が多いみたい?

28 六甲有馬ロープウェイ・有馬温泉駅



■有馬温泉の「金の湯」へ到着しました。  

  極楽茶屋跡からここまで、2時間以上かかりました。 やはり加齢です!

  温泉に入り、下着と上着を着替えて、小さなビールを飲みました。

           すっきりして、気持ちが良いです。

29 有馬温泉・金の湯



  土産物屋さんで、有馬温泉名物の「炭酸煎餅」を買いました。

  もちろん、「割れ煎餅」の購入です。   かなり安価です。

        腹に入れば、同じなんですから ・・・・・

30 有馬温泉の土産物屋



  有馬温泉・親水公園の横を歩いて、駅へ向かいました。

31 有馬温泉 親水公園



  神戸電鉄・有馬線の有馬温泉駅へ到着。  谷上駅から北神急行電鉄へ

  乗り換え、三ノ宮駅から阪神電鉄/近鉄を経て自宅に到着したのは

  19:15でした。   以外と早く到着しました。

32 神戸電鉄・有馬線・有馬温泉駅



      33 六甲山から有馬温泉へ歩く ← ルート図です。
              (グーグルマップを利用しました)


      34 六甲山→有馬温泉 グーグルアース← ルート図・地形図です。
              (グーグルアースを利用しました)



【感想】 ボケ老人3人組が熱中症で、山中で倒れた!

      ・・・・ と ならないで良かったです。 





トラックバック0 コメント0
今日から 「毎日が日曜日」
2018-08-01-Wed  CATEGORY: 日記
■昨日は、「パート勤務最後の出勤日」でした。

  机の中を整理して、作業用の上下服、靴、帽子も全て廃棄して退所しました。

  退職届けは、先日 提出しました。  

  慰労金?と8月支給分の給料も受取りました。

  退職理由は、親会社から若い人が2名やって来ましたので、同僚のI 氏と

  共に退職になった訳ですが、この事は昨年の8月に連絡を受けていました。

  そして、今年の4月より、徐々に仕事の引継ぎをしてきました。

    
  まあ!  退職にあたり、特に感激はありません。

        淡々と云ったところでしょうネ。

  しかし、10年間 雇用してくれた社長には感謝しています。

       定年退職後、経済的に随分助かりました
  



■そして今日から、「毎日が日曜日」となりました。

  9月末に山の仲間14名と栃木県/群馬県に登山へ行きますので、その

  交通機関の手配の準備の為に天王寺の旅行会社へ出かけました。

          最終案:交通機関は、検討中です。



■同行願ったNさんとあべのハルカスにビールを飲みに行くことになりました。

1 あべのハルカス・全景



2 あべのハルカス16階からの景色
            (あべのハルカス16階からの景色)



■11時過ぎのビアレストランです。  ほとんどお客さんはいないです。

3 11時ごろのビアレストラン


 
  我々は、 飲み比べビールにしました。
 
4 飲み比べビール



  腹が減ったので、30食限定ステーキ ・・・・

5 昼食



  ちょっと物足りないので、氷点下のビールを追加。

6 氷点下のビール



■食事が終わって、フェスティバルホールへ行きました。

  電話予約していたチケツトの引き取りにやって来ました。

  山の仲間の分です。  これも、社会奉仕?です。

7 フェスティバルホールへ



■夜8時過ぎ TVを見ていたら、遠くから”ドンドン”と音がしました。

  そう! 8/01は、「PLの花火大会」です。

  PLの花火大会会場までは、距離が約16kmあり、途中に明神山と亀の背

  の背後の山がありますが、何とか見えますね。 

  いかに、花火がすごいものか よく判ります。

  ちなみに、光を発して、炸裂音が届くのに45秒かかります。

8 PLランドの花火大会
                 (自宅のベランダより)



       こうして、「毎日が日曜日」の初日は無事に過ぎました。



トラックバック0 コメント0
<< 2018/08 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


Copyright © 2019 団塊世代オジタリアン. all rights reserved.