FC2ブログ
2007年夏に定年退職した、団塊世代 普通のオジタリアンの日記
団塊世代オジタリアン
ロビ2 ロボット
2018-05-31-Thu  CATEGORY: 日記
■週刊 ロビ2 ロボットを組立していますが、旅行や予定外の出勤で

  まだ4週間分が組立っていません。

1 未組み立て



  最近は、ロビ2の仲間の「キューボ」の組み立てをしなくてはなりません。

2 Q-boの説明



  昨日、気合いを入れて、組み立てました。

3 キューボ 組み立て中



  大した時間もかからずに、「キューボ」が完成しました。

  本に印刷されているドットコード(目では判別不可能)をリーダーで読んで、

  喋ります。  同時に、目が光って腕と首を動かします。

4 キューボ



  原理は、難しいてすね。  意味合いは判るのですが・・・

5 ドットコードリーダーの説明



  現在、ここまで完成しました。

6 完成品


              全部完成するのは、今年の年末位かな?



スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
イタリア旅行 ヴェネツィア・後半 (第3日目 2018/05/10)
2018-05-30-Wed  CATEGORY: 海外旅行
■昼食が終わって、自由時間が30分ありました。

  私は、「ヨーロッパ風のオープンカフェ」に憧れています。

  こんなに素晴らしいのに、日本では少ないので残念です。

  今回の旅行で、是非とも本場を体験したいと思っていました。

       
    サンマルコ広場のオープンカフェです。 素晴らしいでしょ!  
 
1 サンマルコ広場のオープンカフェ



2 サンマルコ広場のオープンカフェ



3 サンマルコ広場のオープンカフェ



  店舗内でエスプレッソをふたつ注文し、外で飲みたいと言ったら、メニュー表

  を見せられました。   

  エスプレッソ@3ユーロとテーブルチャージ@8ユーロでした。

  テーブルチャージの方がはるかに高額なのですが、目的を達成する為に

  合計で22ユーロを支払って、テーブルに座りました。

        ウ~ン 素晴らしい!  冥土の土産ができました。

      だけど、イタリアの太陽は、暑かったです。

4 ヴェネツィア・サンマルコ広場のオープンカフェ



      5 ヴェネツィア・サンマルコ広場のオープンカフェ


  注文したカプチーノです。  美味しかったです。

6 カプチーノ


  集合時間が近づいたので、席を立ちました。

      後で気が付いたのですが、”忘れていました”

  テーブルにチップを3~4ユーロ程度を置くべきでした。


  
■ドゥカーレ宮殿の前のオープンカフェの横を通って ・・・・

7 集合場所近くのオープンカフェの景色



  14:10 集合場所へ到着しました。

9 集合場所のドゥカーレ宮殿前



  イタリアでは、少々 太っていても恥ずかしくありません。

8 太っていても恥ずかしくありません



■水上乗合バス(連絡船)の港 近くです。

10 水上乗合バスの港 近く



11 水上乗合バスの港 近く



  水上乗合バスからヴェネツィア本島の景色です。

12 水上乗合バスからヴェネツィア本島の景色



      13 水上乗合バスからヴェネツィア本島の景色 パノラマ写真 大 ← クリックすると拡大します。



14 水上乗合バスからヴェネツィア本島の景色  大



  だんだん、遠くになりました。

15 水上乗合バスからヴェネツィア本島の景色


  
   大型客船の横を通過して、トロンケットへ近づきました。   

16 トロンケットへ近づく



■15:10 バスでトロンケットを出発しました。

  今晩の宿のフィレンツェに向かって、高速道路を250kmを走行します。

      17 地図 大← クリックしてください。
  (グーグルマップより借用しました)   
              


  ボローニャまで、平野を走行します。  

  牧草や小麦が植えてありました。

18 ボローニャへ向かう



  ぶどう畑もあります。 品種は日本と異なり背丈が低いです。

19 ボローニャへ向かう



  ボローニャを通過しました。

20 ボローニャの郊外



   アペニン山脈へさしかかりました。  

  山脈と言ってもあまり険しくありません。  頂上付近はトンネルでした。  

  緩やかにアペニン山脈を下って行きました。   

21 アペニン山脈へさしかかる



■フィレンツェへ到着しました。  ここは郊外です。

22 フィレンツェの郊外



  フィレンツェのレストランで夕食をとりました。

  まだ、暗くなっていませんが、現在イタリアは、サマータイムの季節ですので、

  8時半過ぎ位まで明るいです。

  (日本とイタリアの時差は8時間ですが、サマータイムの季節は時差7時間です)

23 フィレンツェのレストラン 夕食



  ビールとワインも ・・・・

24 フィレンツェのレストラン 夕食



  アマトリチャーナです。

25 フィレンツェのレストラン アマトリチャーナ



26 フィレンツェのレストラン 夕食ケーキ



■20:50にホテルに到着しました。

27 フィレンツェのホテル



  大きなホテルです。     バスタブもついていました。

28 フィレンツェのホテル バストイレ


                                   続きます ・・・・・



トラックバック0 コメント0
イタリア旅行 ヴェネツィア・前半 (第3日目 2018/05/10)
2018-05-27-Sun  CATEGORY: 海外旅行
■昨日、ホテルに到着したのは22:50でしたので、外の様子が判りません

  でした。   目が覚めてからパドヴァのホテルの周辺を歩いてみました。

1 パドヴァのホテル



  市街から少し外れた住宅街です。 

  だんだんと通勤の為の自家用車の通行が多くなっていきました。

2 パドヴァのホテル周辺の景色


  朝食は、バイキング形式でした。

3 パドヴァのホテルの朝食・バイキング形式



■ホテルを8:15に出発しました。

  本土から、ヴェネツィア本島へつながる連絡橋を渡っています。

  連絡橋の中央部分は鉄道路であり、電車が走っています。

  オーストリア国鉄が誇るレールジェットも走っていました。

     (地図を見ると、ウィーンまで割りと近いですね)

4 ヴェネツィア本島へつながる鉄道



  トロンケットの駐車場へ到着しました。

  移民者と見られる集団のお土産売り市場がありました。

5 トロンケットの移民者市場



  トロンケットから水上乗合バスに乗船して、ヴェネツィア本島の中心部へ

  向かいました。

6 水上乗合バスに乗船



  途中から、小雨が降り始めました。

   小雨のサンマルコ広場方面が見えました。

7 小雨のサンマルコ広場方面



■ゴンドラに乗る時間が予約されていますので、ゴンドラ乗場へ急ぎました。

  サンマルコ広場を通り過ぎて、路地に入り、ゴンドラ乗場へ到着!

  6名ずつ分乗しました。

8 ゴンドラ乗場へ



9 ゴンドラ乗場へ



  漕ぎ手は、片手にスマートフォンを握って、余裕です。

10 ゴンドラに乗る



11 ゴンドラで巡る



12 ゴンドラで巡る


  狭い水路から、大きな運河へ出ました。

      13 ゴンドラに乗る


  歌手とアコーディオン演奏者が同乗して、大きな声でカンツォーネ等を唄って

  いました。   ブラボー!  私もお金があれば、やってみたいです。

  写真中央の黒い服を着て右手を額に当てている人が歌手。

  対面がアコーディオン演奏です。

14 歌手とアコーディオン演奏者が同乗



■再び、サンマルコ広場へやって来ました。

  「サンマルコ寺院」の内部を見学しました。

  サンマルコ寺院の内部は、【撮影禁止】なので、写真はありません。

  一般に宗教的に超神聖な場所は、撮影禁止が多いです。


  サンマルコ寺院付近の海抜は、50cmらしいです。

  大潮の時には海面が上昇して、サンマルコ寺院の内部の一部が海水で

  水没するとのこと。 

  その為、観光客用に板の通路が準備されていました。

  ヴェネツィア本島の人は、全員が長靴を持っているとのこと。

  大潮の時、水没したヴェネツィアを見て、欧米人は はしゃぐそうです。

  ちなみに、日本人は神妙な顔をして動かないそうです。

           これは、現地案内人の説明でした。

15 サンマルコ大聖堂



      16 サンマルコ大聖堂 大 ← クリックしてください。  拡大します。



17 サンマルコ大聖堂



18 サンマルコ大聖堂



19 サンマルコ大聖堂



20 サンマルコ大聖堂



21 サンマルコ大聖堂のカフェ



■次は、「ヴェネチアングラス工房」を見学しました。

22 ベネチアングラス工房



  ヴェネチアングラスの商品展示です。

23 ベネチアングラス工房 展示商品



  ヴェネチアングラスの商品説明です。 

  良い物は高いですので、手が出ません!

  お買い得のグラスを二つ購入しました。

  このグラスで、発泡酒を飲んだら、ビールの味がするそうです。 

              (自分を納得させる 嘘!)

               帰って、試してみます。

24 ベネチアングラス工房 商品説明



      25s ヴェネツィアの2人



■昼食のレストランへ向かっています。

26 昼食へ行く



  イカ墨パスタです。  美味しかったです。

27 昼食 イカ墨パスタ



   マトウダイの料理です。    油っぽい感じでした。

28 昼食 マトウダイの料理


   デザートでした。

29 デザート



  30 ヴェネツィア本島の地図 大 ←トロンケット、水上乗合バス、ゴンドラコース
                 サンマルコ広場の位置関係図です。
                 (グーグルマップからお借りしました)


                               続きます ・・・・ 




トラックバック0 コメント0
イタリア旅行 パドヴァ (第2日目 2018/05/09)
2018-05-26-Sat  CATEGORY: 海外旅行
■ミラノ市内の観光を終えて、本日の宿泊ホテルのある「パドヴァ」へ

  向かっています。

  
  ミラノ市内のバスからの車窓です。

1 ミラノ市内・バスからの車窓



     2 ミラノ市内・バスからの車窓 大 ← クリックすると拡大します。



3 ミラノ市内・バスからの車窓



   ミラノ市内から郊外へやってきました。

4 ミラノ市内・バスからの車窓 郊外



  高速道路のA4号線を走行しています。

5 高速道路 A4号線



  高速道路の途中のパーキングでトイレ休止をしました。

  トイレは、有料で0.5ユーロでした。 (ミラノの有料トイレは、1ユーロ)  

  入口に、移民と思われる黒人の女性がお金を徴収しながら清掃作業を

  していました。

  これから先、ずっと移民と思われる人たちを多く見かけることになります。

  ドライブインの店に並んでいる生ハムサンドが美味しそうに見えたので、

  買ってみました。  2.9ユーロでした。 

  パンは硬かったのですが、風味があり、生ハムが美味しかったです。



■「パドヴァ」へ向かっていますが、私はパドヴァと云う都市名を初めて

  聞きました。

  明日からの旅行工程を考えると、本日中になるべく「ヴェネツィア」に近い

  場所に移動していた方が有利だからでしょうね。 (オレンジ色の丸印)

6 イタリア北部の地図
     (旅行会社から配布された資料を参考にさせていただきました)



  約250km走行して、暗くなった頃パドヴァへ到着しました。

7 パドヴァの夜景



  バスは、レストランの前まで入れないので、夜のパドヴァを歩きました。

8 パドヴァの夜景



  路地の奥は、「ロミオとジュリエット」の世界の様でした。

  そういえば、「ロミオとジュリエット」の舞台は、ここから西の「ヴェローナ」

  だから似ているのかも知れません?

9 パドヴァの夜景



■レストランは、歴史のある地元の人たちがやって来る古い感じの処でした。

10 レストランの内部



   パドヴァの夕食です。

11 パドヴァの夕食



12 パドヴァの夕食



  アスパラガスのパスタ ・・・

13 パドヴァの夕食



14 パドヴァの夕食


  ビール:€ 5  コーヒー:€ 3  ハーフボトルワイン:€ 6 でした。

  ミネラルウォーター(ボトル)は、€ 3 だったと思います。



■食事が終わって、バスが停車している所まで歩きました。

  ちなみにパドヴァの人口は、約20万人だから地方都市といった所でしょう。

  趣きのあるところでした。

15 パドヴァの夕食



16 パドヴァの夕食



17 パドヴァの夕食



■ホテルへ到着したのが、22:50でした。

18 パドヴァのホテル


  ちょっと疲れました。

  早く寝ることにしました。

                             続きます ・・・



トラックバック0 コメント0
イタリア旅行 ミラノ観光(第2日目 2018/05/09)
2018-05-23-Wed  CATEGORY: 海外旅行
■  ”ボンジョルノ”

  ミラノの空港から、バスによるツアー旅行が開始しました。

  ツアーの人数は35名です。 

  ひとりの女性添乗員さんが、これだけの大人数を率いて10日間巡る

  のだから大変です。

  但し、基本的には、その都市に到着してから専門のガイドさんが付きます。



■ミラノは工業都市でありながら、パリと並んで世界のファッションをリード

  しています。  お洒落なミラノの街角です。

1 お洒落なミラノの街角


 
   ミラノの若者!

2 ミラノの若者



■スフォルツェスコ城の前で、専門のガイドさんと合流しました。

3 スフォルツェスコ城



4 スフォルツェスコ城



5 ミラノの街角・市電



   ミラノの街角です。  ダンテ通りを歩いてドゥオーモへ向かっています。

6 ミラノの街角



7 ダンテ通りをドゥオーモへ 



■ミラノの ドゥオーモです。

  「 ドゥオーモ」とは、イタリア語でイタリアの街を代表する教会のこと。

  ローマ以外では「大聖堂」とほぼ同じ意味を持ちます。

8 ドゥオーモ



      9 ドゥオーモ 大 ← クリックすると拡大します。



10 ドゥオーモ



   ドゥオーモの広場のカフェです。

11 ドゥオーモの広場



■ドゥオーモのすぐ横にある ヴィットリオエマニュエーレ二世・ガレリアを散策しました。

  十字形の商店街にガラスの屋根をかけたアーケードです。

  ミラノの市民は、「ミラノの応接間」と呼んで誇りを持っているそうです。

12 ヴィットリオエマニュエーレ二世・ガレリア



13 ヴィットリオエマニュエーレ二世・ガレリア



14 ヴィットリオエマニュエーレ二世・ガレリアのカフェ



15 ヴィットリオエマニュエーレ二世・ガレリア



      16 ヴィットリオエマニュエーレ二世・ガレリア  パノラマ 大 ← クリックすると拡大します。



17 ヴィットリオエマニュエーレ二世・ガレリア 床 中



18 ヴィットリオエマニュエーレ二世・ガレリア 床



  牡牛のモザイクの上でクルッと回ると再び訪れることができると言われて

  います。    多くの人が回るので、凹んでしまっていたのですが、修復

  されて綺麗になっていました。

19 ヴィットリオエマニュエーレ二世・ガレリア 床 クルリと回って



■スカラ広場前です。  

20 スカラ広場前



  左手に 「ミラノのスカラ座」がありました。

  オペラの殿堂です。  外観はゴシック様式の地味な外装ですが、

  内部は全面をステンドグラスが覆った豪華な内装で2000席以上の観客席

  があるそうです。    私は、内部を見たかった!

21 ミラノ スカラ座



22 スカラ座



  オペラ・アイーダのポスタがありました。

23 オペラ・アイーダのポスター



  スカラ座の前の情景です。

24 スカラ座の前




25 スカラ座前




26 スカラ座前


                                       続きます ・・・・




トラックバック0 コメント0
イタリア旅行 ドバイからミラノへ(第2日目 2018/05/09)
2018-05-21-Mon  CATEGORY: 海外旅行
■ドバイ国際空港からミラノへ向かいます。

  機体は、エアーバス社のA380ー800型です。

  ボディは総2階建てです。

  1階はエコノミークラスで、2階はファーストクラスとビジネスクラスです。

  ボーディングブリッジは、1階に2本、2階は1本接続します。

1 ドバイ国際空港



  ボディは、ずんぐりしています。  エンジンは大型が4発です。

2 A380写真
          (エミレーツ航空のHPより借用しました)


      【エミレーツ航空のA380】 ← クリックしてください。



■私がこのルートを選んだ理由は、ふたつあります。

  ひとつ目は、A380に乗ってみたかったこと。

  ふたつ目は、中東の上空を通過して、地上の様子を見たかったことです。


  A380のエンターテイメント装置は、ディスプレイが大きいです。

  リモコンもデザインが変更になっていました。  操作がし易いです。

3 A380エンターテイメント装置



4 リモコン



■離陸しました。  砂漠の中に道路と建物が見えました。

5 ドバイを離陸



■私は、左側の窓側の席に座っています。

  やがて、椰子の形をした人口島が見えました。

  しかし、砂塵の影響で遠くが見えません。 

  実はこの砂塵がイタリアまで、飛んで行くそうです。

  (中国のゴビ砂漠の黄砂が日本に届くのと同じです)
  
6 ドバイの地図



7 人口島が見えた



■昼食のメニューです。

8 昼食のメニュー



      9 昼食のメニュー 英語とアラビア語  大 ← クリックしてください。

  文字は、英語とアラビア語になりました。


  宗教上の理由で、チキンとフイッシュでした。

  腹いっぱいで、半分しか食べることが出来ませんでした。

10 昼食



■シリアの上空を通過しています。

  眼下は、砂漠にわずかに灌木がある程度で緑が見えません

  シリアの国民は、内戦と飢えに苦しんでいるのに、機内食を残して、

  申し訳ない気持ちです。

11 シリアの上空 通過中



  トルコの上空を通過中です。  緑が増えて約半分くらい見えます。

12 トルコの上空 通過中



  シリア、トルコ、黒海へ抜けて、セルビアのヘオグラード付近を通過中です。

  雲が多くなって、地上は見えなくなりました。

13 シリア トルコ 黒海へ抜ける セルビアのヘオグラード



  アドリア海北部からイタリアへ達して、ベネチア付近を通過しています。

14 アドリア海北部からイタリアへ ベネチア付近



   飛行ルートです。 ミラノに近づきました。

15 飛行ルート ミラノ近く



  降下中です。 ミラノに近くなりました。   緑がいっぱいです。

16 降下中 ミラノに近い


  
   全体の飛行ルートです。

17 飛行ルート 全体



■ミラノのマルペンサ国際空港へ14:20に到着しました。 

  約5時間の飛行でした。

18 ミラノ マルペンサ国際空港へ到着

                              続きます ・・・・





トラックバック0 コメント0
イタリア旅行 関西空港からドバイへ(第1日目 2018/05/08)
2018-05-19-Sat  CATEGORY: 海外旅行
■関西空港のエミレーツ航空のチェックインカウンターです。

  スーツケースを預けて、搭乗手続きをしました。

1 関西空港・エミレーツ航空のチェックインカウンター



  出発の掲示板です。  JALと共同運航の形です。

2 出発の掲示板



  これから、搭乗するエミレーツ航空の機体が見えました。

  ボーイング777-300ER型です。

3 エミレーツ航空の機体


4 B777写真
             (エミレーツ航空のHPより借用しました)


■座席の前に設置されているエンターテイメントです。

  ディスプレイは、タッチパネルになっています。

  リモコンにも、グライドポイントが付いています。

  操作方法は、他の航空機会社とほぼ同じです。

  WI-Fi機能を搭載しています。  

  なぜか、一度だけ、facebookに繋がりました。

5 エンターテイメント



■機内食のメニュー表が配られました。

6 機内食のメニュー表


    7 エミレーツ航空のメニュー 大 ← メニューです。クリックすると拡大します。



■韓国の仁川空港上空am1時頃、夕食が配られました。

8 夕食



   チベット高原上空を飛行中しています。

9 チベット高原を飛行中



  パキスタン上空を飛行中しています。  速度は、マッハ0.85程度です。

10 パキスタン上空を飛行中



  ドバイ時間のam3時頃、朝食が配られました。

11 朝食はお粥



  ドバイへ到着25分前です。

12 ドバイへ到着25分前



■ドバイへam4:40無事に到着しました。 日本との時差は5時間。

  約10時間要しました。

  エミレーツ航空のCAさんの制服は、ちょっと変わっています。

13 エミレーツ航空のCA写真
        (エミレーツ航空のHPより借用しました)



■ボーディングブリッジを接続して降りるまでに、時間がありましたので、

  家内がCAさんの帽子を被らせてもらいました。

       良い記念にになりました。

      14 エミレーツ航空のCAの帽子を被る



■ドバイ国際空港はとても大きいです。 

  搭乗券の裏に印刷されているターミナル図です。

15 ドバイ国際空港のターミナル図



16 ドバイの空港内



  さすがドバイです。  イスラムの衣装をした人が多いです。

17 ドバイの空港・イスラムの衣装



■次の便の乗り継ぎまで、4時間半ありますので、空港のターミナル内を歩き

  ました。   良い壁掛けがありましたので、記念に購入することにしました。

  価格はドバイの通貨60.00ディルハム(DHやAEDと表示される)ですが、

  ドバイの通過を持っていませんので、US$で購入することにしました。

  値札にUS$16.62と表示されていますので、US$17を渡しましたが、

  お釣りをくれません。  おおらかですね。

  そういえば、ヨーロッパでも小額のお釣りは、「飴玉」でくれる所もある

  ので、おおらかに行く事にしました。

18 壁掛けを購入



■そこで、ドバイと日本の友好関係促進のため記念撮影をしました。

19 ドバイの店員と一緒に



20 ドバイの店員と一緒に

  彼は、とても肌が色白です。  しかし、髭は濃いです。

          そして、美男子でした。


                         (続きます)




トラックバック0 コメント0
イタリア旅行 無事帰国 (総集編)
2018-05-18-Fri  CATEGORY: 海外旅行
■昨日の夕刻に、無事に関空に帰ってきました。

  欲張り日程旅行なので、正直ちょっと疲れました。


  とりあえず、総集編を作成しました。


■関空を深夜に出発し、UAE(アラブ首長国連邦)のドバイに早朝に到着

  しました。     大きな空港です。

  アアラインは、「エミレーツ航空」です。

1 UAEドバイ空港へ到着



  ドバイの空港内の店です。    

  小額のお釣りは、くれませんので、写真のモデルになってもらいました。

2 ドバイの空港の店



   ミラノへの乗り換え時間待ちが4時間半ありました。

  エミレーツ航空のエアーバス:A380(ボデイは総2階建て)は、ドバイから

  ミラノへシリアの上空を飛行中。 

  砂漠に灌木が生えています。   緑は少ないです。

3 ドバイからミラノへ



■ミラノに到着しました。

  ミラノの街角です。    オシャレです。

4 ミラノの街角



  ミラノのドォーモです。

5 ミラノのドォーモ



■ベネチアのゴンドラです。

6 ベネチアのゴンドラ



  ベネチアのサンマルコ広場のオープンカフェで、コーヒーを飲んでみました。

7 サンマルコ広場にて



   ベネチアを後に ・・・・・

8 ベネチアを後に



■フィレンツェに到着しました。

9 フィレンツェに到着



  フィレンツェのウフィッツィ美術館です。

10 フィレンツェ・ウフィッツィ美術館



■ピサへ行きました。

11 ビサ



  ビサの斜塔を支えています。

12 ビサの斜塔を支える



■バチカン市国・サンピエトロ寺院へ行きました。

13 バチカン市国・サンピエトロ寺院



   バチカン市国・サンピエトロ広場です。

14 バチカン市国・サンピエトロ広場



■ ローマのスペイン広場です。

15 ローマ・スペイン広場



  ローマのトレビの泉は、大変な混雑でした。

16 ローマ・トレビの泉



   ローマのコロッセオです。

17 ローマ・コロッセオ



  ローマの夕食は、カンツォーネディナーでした。

18 ローマ・カンツォーネディナー



■ポンペイ遺跡へ行きました。  後方の山は、ベスビオ火山です。

19 ポンペイ遺跡



20 ポンペイ遺跡



■アドリア海側のアルベロベッロへ行きました。

  板状の石を円錐形に積み上げた、屋根の家がたくさんありました。

21 アドリア海側のアルベロベッロ



22 アドリア海側のアルベロベッロ



■マテーラの洞窟の街です。

23 マテーラの洞窟の街



24 マテーラの洞窟の街



■カプリ島へ、フェリーで、渡りました

25 カプリ島



26 カプリ島



   カプリ島の昼食です。

27 カプリ島の昼食



■アマルフィ海岸を望みます。

28 アマルフィ海岸を望む



   アマルフィの海岸です。

29 アマルフィの海岸


  大きなピザ ・・・・

30 大きなビザ



  ナポリよ さようなら ・・・・

31 ナポリよ さようなら



   ローマのレオナルドダヴィンチ国際空港です。  ドバイへ向かいます。

32 ローマのレオナルドダヴィンチ国際空港



  ドバイから関空へ飛行中 ・・・・   もう少しで関空へ着陸します。

33 関空へ到着



■イタリアの観光地も素晴らしいですが、・・・・

      イタリアの田舎の景色も素晴らしいです。


             ボチボチと紹介します。



トラックバック0 コメント0
イタリア旅行へ出発!
2018-05-08-Tue  CATEGORY: 海外旅行
■本日の夕刻から、「イタリア旅行」へ出発します。

  もちろん、家内と一緒でコストパフォーマンスの良い団体ツアーです。


       【イタリア旅行】 ← 参考です。

       【エミレーツ航空】 ← 参考です。



■私と家内は、定年退職してすぐの夏に、スイスを旅行しました。

  その時にスイスからグランサンベルナール峠を越えて、イタリアの「アオスタ」

  に行ったことがあります。

  アオスタは、ローマ帝国時代にローマの道が通じていた城塞都市ですが、

  スイスからイタリアへ入ると太陽が眩しくなったことを憶えています。

  そして、スイスのドイツ語圏の真面目さから、イタリアの陽気への変化を

  感じました。


  機会があれば、ゆっくり旅行をしてみたいと思っていました。
  


1 アオスタ
                   ローマ時代の門
  

2 アオスタ
                    城壁の都市


      3 アオスタの街からアルプスを望む
                  アルブス山脈を望む



■今回の旅行を選ぶ基準は、まずコストパフォーマンスでした。

  ヨーロッパ系の航空機会社で、行く方が、飛行機に乗っている時間が

  短いので、楽なのですが・・・・・

  あえて、南回りでUAE(アラブ首長国連邦)のドバイを経由して

  行きます。

  理由は、金満の産油国(オイルマネーの威力)を見たかった訳です。


         尚、スマートフォンのGPS機能を利用して、

                面白い記録を取りたいと思っています。

                   
               では、スリに気を付けて!


            【イタリアの中部 トスカーナ地方】 ← イメージ音楽




トラックバック0 コメント0
明神山など
2018-05-04-Fri  CATEGORY: 日記
■朝起きて、孫たちはベランダで実を大きくしたスナックエンドウを収獲しました。

1 スナックエンドウ豆の収獲



■今日は天気が良いので、近くの明神山へ登ることになりました。。

  車の定員は5名ですので、私は乗ることができません。

  そこで私は登山口まで自転車で行きました。

  自転車を押して、坂道を登っています。

2 登山口へ急ぐ



■登山口へは、私の自転車の方が先に到着しました。 

  もちろん、早めに出発したのですが、案外速かったです。

3 登山開始



  登山口から少し歩いた所で、老人のウオーキングクラブに追い抜かれました。

4 老人のウオーキングクラブに追い抜かれる



■約40分で、頂上へ到着しました。  孫たちもよく歩きました。

5 カンパイ



  婆が作った弁当を広げて食べました。  

  孫たちが、朝ベランダで収獲したスナックエンドウも入っています。

6 お弁当




      7 奈良平野・パノラマ(大) ← 奈良平野のパノラマ写真



■老人のウオーキングクラブが、約300人登っているそうですが、これから

  集合して下山するそうです。   

  凄い老人パワーに圧倒されました。

8 高齢者のウオーキング



  いつものとおり、静かになりました。   テラスで歓談。

9 テラスで歓談



  孫たちは、無料の双眼鏡を覗いて遊んでいます。

10 双眼鏡で遊ぶ



  鐘の鳴る展望台 ・・・ 遠くにあべのハルカスが霞んで見えました。

11 鐘の鳴る展望台



  双眼鏡を自宅の方へ向けて、スマートフォンで焦点を合わせました。

  思ったより、はっきり写っていました。

12 双眼鏡で自宅を眺める



■帰宅したら、孫たちはサッカーに行くと云って、出かけました。

  S君とOちゃんは、昨日買ってもらった靴を履いて試したかったみたいです。

13 遊びのサッカーをしに行く



14 遊びのサッカー





  そして、翌日・・・・・

  ----------- 5月5日 -----------


  孫たちは、東京へ帰って行きました。

        静かになりました。

15 孫たちが帰って静か


                                    end


トラックバック0 コメント0
孫たちがやって来た
2018-05-03-Thu  CATEGORY: 日記
■昨夜、東京からS君Oちゃん達が新幹線で帰ってきました。

   
  今日は、朝からおもちゃの卓球で遊んでいます。

1 おもちゃの卓球



■RちゃんとNちゃんもやってきましたので、近くの公園へ遊びに行きました。

      2 公園へ遊びに行く



  おもちゃの野球をして遊びました。

3 おもちゃの野球で遊ぶ



■お昼は、皆でホットケーキを作りました。

4 ホットケーキを作る



5 ホットケーキを作る


  見かけは悪いのですが、美味しかったです。

6 ホットケーキか完成



■午後からや電車でお出かけしました。

7 お出かけ


  八尾市にある大型スポーツ店へ行きました。

8 大型のスポーツ店



9 大型のスポーツ店

  S君はサッカーの靴を、Oちゃんはフットサルの靴を買ってもらいました。

  ふたりとも、この春からそれぞれの子供クラブへ入ったとのことです。



■ちょっとだけ足を延ばして、ジャンジャン横丁から「新世界」へやって来ました。

10 新世界にて



  ”大阪のたこ焼きは美味しい?!”

11 たこ焼きを食べる



12 新世界



13 新世界



  帰路、キティちゃんのピンクの駐車場がありました。

14 キティちゃんのピンクの駐車場



■帰りの電車は、先頭車両に乗って、流れる景色を楽しみました。

15 電車の先頭車両にて



            夕食は、西友のお刺身と婆の料理でした。



トラックバック0 コメント0
パート勤務は続く・・・
2018-05-02-Wed  CATEGORY: 日記
■4/24で、一応 後任者へ仕事の引継ぎが終わりました。

  しかし、社長から2~3回/週出勤しないかと云われていました。

  当面1回+α/週出勤することになりました。 但し、6月末までです。

  理由は、私への配慮(暇を持て余すの対応)と後任者は私がやっていた

  仕事量をこなせないからです。



■私が主にやっていた仕事は、ふたつあります。

  一つ目は、機械の運転です。     4.5時間/日程度。

1 機械の運転



■二つ目は、水質検査です。

  PH、SS、MLSS、COD、BOD、バクテリアなど多項目を多くの場所で

  採水して検査します。     2.5時間/日程度。

2 水質検査



3 水質検査



■更に、「始業点検」と「終業の清掃作業」をします。

  各仕事の所要時間を合計すると8時間/日をオーバーしますが、私はマルチ・

  タスクで仕事をしますので、まだ余裕があります。



  使用側からすれば、安い時間給で、多くの仕事を確実にこなすので、

  ラッキーですね。



トラックバック0 コメント0
結束バンドで代用
2018-05-01-Tue  CATEGORY: 日記
■昨年春から使用しているウエアブル端末(GARMIN)のベルトが、

  切れました。  時計をはじめ、各種の機能がある端末です。

1 ベルトが切れた



  切れたベルトを接着剤やテープで固定しようとしたのですが、とても無理

  でした。

  そこで、余っているビニールの「結束バンドで代用」することにしました。

  見た目にも判りませんし、何よりも強いです。

       (我ながら、グッドアイデアと褒めてあげたいくらいです)

2 結束バンドで代用



■このウエアブル端末は、パソコンにUSB端子でもつながりますが、

  通常は、スマートフォンにつないでデータを確認しています。

  何故か、古いスマートフォンでないとつながらないのですが、

  自宅では、WI-Fiにつながるので、特に支障はありません。

3 ウエアブル端末の構成図


■アプリを起動させると、本日の状況が表示されます。

  その画面をスクロールさせると、昨日の状況、過去7日間の集計データが

  表示されます。

4 ガーミンコネクト(モバイル)の画面



■その中でも、特に面白いと思うのは、心拍数の推移です。

  下のグラフは、仕事をしている日の状況です。

  16時に、掃除をしている時がピークとなっています。

5 パートの仕事中の心拍数推移


  先日、吉野山に登った時の心拍数の推移は、比較的に安定していますネ。

6 吉野山に登った時の心拍数推移



■もうひとつ面白いと思うのは、睡眠状況のグラフです。

  下記のグラフは、「うたた寝」をした時の状況です。

  疲れていたのでしょうか? 睡眠は結構 深いです。

7 うたた寝をした時の睡眠状況



  早朝にトイレに行った時も、しっかり記録されています。

8 早朝にトイレに行った時の睡眠の推移状況



■歳を取ると健康管理が必要ですが、この端末を使用すれば・・・・・

  「運動量、カロリー消費量」、「心拍数」、「睡眠状況」が管理できて、

  面白いです。

  
      管理し過ぎて、長生きすると、「長寿のリスク」の方が高くなって、

            この方が怖いと言われそうです。




トラックバック0 コメント0
<< 2018/05 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


Copyright © 2019 団塊世代オジタリアン. all rights reserved.