FC2ブログ
2007年夏に定年退職した、団塊世代 普通のオジタリアンの日記
団塊世代オジタリアン
湯ノ口温泉から熊野へ
2018-02-24-Sat  CATEGORY: 日記
■朝~!    おはよう!

  昨日、入浴した「仙人風呂」から湯気が立ち上っていました。


  我々は、宿の隣の公衆浴場へ出かけました。  

1 早朝の仙人風呂



■朝食は、7時半からでした。    

2 朝食の風景



  ご馳走がたくさんありました。

  人気があったのは、太刀魚の焼き魚でした。

3 朝食



■次の目的地は、三重県の「入鹿温泉・瀞流荘」から「湯ノ口温泉」へレール

  マウンテンバイクとトロッコ電車で向かいます。

  これが、トロッコ電車です。   バッテリで動きます。

       【湯ノ口温泉・トロッコ電車】 ← クリックしてください


4 トロッコ列車



  機関車を客車の先頭に繋ぐために、入替作業をしています。


5 トロッコ電車



■メンバーの半数は、「レールマウンテンバイク」を漕いで行きます。

      【レールマウンテンバイクのブログ】 ← クリックしてください

6 レールマウンテンバイク



  レールマウンテンバイクの出発!   坑道へ入ります。

7 レールマウンテンバイク



  坑道を出ました。

8 レールマウンテンバイク トンネルを出る


  約10分で 「湯ノ口温泉」へ到着しました。

  レールマウンテンバイクは、電動アシストが付いているので、楽チンでした。

9 湯ノ口温泉へ到着



■湯ノ口温泉で、入浴しました。  今回の旅行で5回目の入浴でした。

       【湯ノ口温泉】 ← こんな所です。  クリック!

  
10 湯ノ口温泉へ到着



  復路は、メンバーチェンジして、元気よく帰りました。

11 復路はメンバーチェンジ



12 レールマウンテンバイクの復路



■大きな川幅の新宮川を下って新宮市へ到着しました。  

  新宮駅前で、昼食をとって、熊野三山のひとつ「熊野速玉大社」へ行きました。

13 熊野速玉大社



14 熊野速玉大社




■次は、「摂社神倉神社」へ行きました。

      15 摂社神倉神社の説明看板 大 ← 説明の看板です。




16 摂社神倉神社の説明看板



  急な坂を登りました。 

  火祭りの時は、この坂を火が龍の様に下るそうです。

17 摂社神倉神社の急さか



  頂上へ到着しました。

18 頂上へ到着



19 頂上



  頂上から熊野灘の展望です。

20 頂上から熊野灘



■同じ新宮市内に天然記念物の「浮島の森」があるので、寄ってみました。

         【浮島の森】 ← クリックしてみてください

  戦後の宅地開発が始まる前は、強い風が吹くと島が移動していたそうです。

21 浮島



  浮島の前の駐車場で、コーヒーを飲んで休憩しました。

22 浮島の前の駐車場で休憩



■国道42号線を右に熊野灘を見ながら北上しました。

  途中、熊野灘の海岸で休憩しました。

23 熊野灘の海岸で休憩



  ずっと、山を巡って来ましたので、海は広大でノンビリしていいですね。

24 熊野灘の海岸で休憩



25 獅子岩



  熊野市から国道309号線に入り、奈良県下北山村から国道169を通って、

  自宅に到着したのは、20時を過ぎていました。



スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
仙人風呂 (川湯温泉の露天風呂)
2018-02-23-Fri  CATEGORY: 日記
■山の会の仲間10名と和歌山県の温泉と三重県の温泉を巡る1泊2日の

  旅行へ出発しました。   今回は、山には登りません。

  山の仲間には、温泉が合うと相場が決まっています。 (勝手な思い込み)

  
  大阪方面から来る車と奈良県から来る車が、奈良県の国道168号線の

  道の駅 「吉野路大塔」に集合しました。

1 道の駅 「吉野路大塔」に集合



  谷瀬の吊橋で、休憩しました。   対岸まで往復しました。

2 谷瀬の吊橋



3 谷瀬の吊橋



  昼食は、道の駅「十津川郷」で取りました。

4 道の駅「十津川郷」



  国道168号線を南下しました。   所々にダムがある深い渓谷です。

5 R168を南下する



■河原が開けた所に「熊野本宮大社」があります。   寄って行きました。

6 熊野本宮大社



7 熊野本宮大社



8 熊野本宮大社



9 熊野本宮大社



10 熊野本宮大社



  熊野本宮大社の大鳥居にも、立ち寄りました。  日本一の高さだそうです。

11 熊野本宮大社の大鳥居



12 熊野本宮大社の大鳥居




    100 昔の位置  ← 旧社は、中州に建っていた!  クリック!




■和歌山県の「湯の峰温泉」へやって来ました。

13 湯の峰温泉



  風呂に入る前に、「温泉玉子」を浸けました。  写真の四角い所です。

14 湯の峰温泉



  湯の峰温泉の名湯「つぼ湯」に入りたいとのメンバーがいましたので、皆で

  見に行きました。   しかし、順番が巡ってきそうにありません。

  公衆浴場に入りました。   湯の華が浮いており、良い温泉でした。

15 湯の峰温泉 つぼ湯前


  風呂から上がって、温泉玉子を引き上げました。

  程よく茹で上がっており、美味しかったです。   塩も置かれています。

  ジャガイモは、まだ芯があったようですが、さつま芋は美味しかったです。

16 湯の峰温泉 温泉玉子を浸ける



17 湯の峰温泉 温泉玉子を食べる



■川湯温泉に到着しました。

18 川湯温泉に到着



  さっそく、旅行の眼玉の「仙人風呂」(千人風呂)へ出掛けました。

  この露天風呂(混浴)は、外国と同じ様に水着の着用が必要です。

19 千人風呂の入口



    20 千人風呂の入口



21 千人風呂の入口



  お湯は川底から泡と一緒に湧き出しています。

  奥の岩壁に近い方が、泡とお湯の湧き出しが多いので、やや熱くなります。

  温度ムラがあるのではないかと心配していましたが、丁度良い湯加減でした。

22 千人風呂 入浴



■18時から、夕食でした。

23 夕食



  私が、鯨のお刺身を追加注文していたのですが、皆さんには不評でした。

24 鯨のお刺身



  ここは、鮎の料理が美味しいところです。

25 夕食



26 夕食



27 夕食



■夕食が終わり、隣の公衆浴場へ入り、2度目のサッパリをしました。

  部屋で、日本酒とワインを飲んで、Mさんの持って来たタイランド産の

  マンゴーを切って食べました。

    28 マンゴーを食べる


           こうして、第1日目が過ぎていきました。





トラックバック0 コメント0
雪の和佐又山(大峰山系)
2018-02-18-Sun  CATEGORY: 日記
■山の仲間と大峰山系の「和佐又山(1344m)」へ登りました。

  メンバーは、予定では4名でしたが、近鉄・南大阪線の人身事故により、

  電車が遅れていました。

  その為、大和上市駅9:00発車の奈良交通の霧氷バスに1名が間に

  合わなかったので、3名での登山となりました。

1 大和上市駅



  バスは1時間かけて、和佐又山登山口に到着しました。

  バスの乗車人数は20数名に、マイカーで来ている人も若干いましたが、

  比較的に静かな登山となりました。
  
2 和佐又山登山口へ到着



  登山道は、すぐに氷状となりました。    滑らない様に気を付けて!

3 登山道は、氷状



■ここから、沢道コースへ入ります。    アイゼンを付けました。

4 沢道コースの入口



  結構、雪が深いです。

5 沢道コース



6 沢道コースの上部



  和佐又山のコルまでもう少し・・・

7 和佐又山のコルまでもう少し



   和佐又山のコルに到着。

8 和佐又山のコルに到着



  稜線を登ります。

9 稜線を登る



■和佐又山の頂上へ到着しました。

10 頂上へ到着



  頂上で記念撮影!  バックは、「大普賢岳」です。

11 頂上で記念撮影



  ちょっと遅い昼食の準備です。

12 昼食の準備


  私は、これでカンパイ!

13 カンパイ



  温かいうどんのおすそ分けを頂きました。   美味しかった!

14 昼食のおすそ分け 




      15 頂上のパノラマ写真  ← 頂上のパノラマ写真です。




      16 頂上のパノラマ写真  ← 頂上のパノラマ写真です。




■下山ルートは、深い雪でした。

17 下山ルートは深い雪



  途中から気持ちの良い下山ルートとなりました。

18 気持ちの良い下山ルート 下部



  Oさんは、”お尻で滑っちゃえ!”

19 お尻で滑っちゃえ!



20 お尻で滑っちゃえ!



■和佐又山ヒュッテへ到着しました。

21 和佐又山ヒュッテへ到着



22 和佐又山ヒュッテへ到着



  下山ルートも、凍っていました。

  登山口には、樹氷バス16:00発が待っていました。

23 下山ルートも凍っています



24 標高の推移




      25 和佐又山のルートマップ 大 ← 和佐又山のルートマップです。




      26 和佐又山のルート グーグルアース大2 ← 和佐又山のルート グーグルアースです。



■朝6時半に自宅を出発し、帰宅したのは19時半でした。

  天候に恵まれて、気持ちの良い山行でした。

       明日も、仕事ですが、疲れは全く感じられません!

                 頑張るぞ!




トラックバック0 コメント0
山の会の会報の原稿作成など
2018-02-12-Mon  CATEGORY: 日記
■ここ数日は、山の会の会報38号の編集作業が忙しい状況です。

  夏と冬に年2回発行していますが、私が会報発行の担当をしています。


  印刷会社さんへは、全て電子データで渡しています。

  今回の表表紙と裏表紙です。

1 エスカルゴ38号表紙と裏表紙



  目次です。   電子データとしてファイルが40個あります。

2 エスカルゴ38号目次


■昨日、Kさんの大きなご自宅を訪問しました。

  Kさんは、娘婿さんへ原稿の作成依頼をしました。

  娘婿さんは、MACパソコンで原稿を作成して、メールで送ってくれました。

  しかし、MACで作成したデータは pages 形式なので、Windowsパソコンの

  WORDでは読み取ることができません。

  そこで、MACパソコンでpagesからWORDへデータ変換して、メールで送って

  もらったのてすが、文字と写真が微妙にずれてしまいます。

  位置の確認のため、MACでPDFファイルを送ってもらって、位置修正をしました。


  今回、Kさん宅を訪れた目的は、最後の原稿確認(一部写真の追加を含む)

  のためです。

  下記は、Kさんの原稿の一部です。  

3 K氏の原稿1



4 K氏の原稿2



  午前中に作業が終わる予定でしたが、お昼にかかってしまったので、

  うな丼とお吸い物、コーヒーが出ました。

  おまけに、家内へのお土産にケーキをもらって帰りました。

5 お土産のケーキ



■自宅に帰ってから、家内と「広瀬神社」へ行きました。

  ローカル的には、由緒ある神社だそうで、以前家内が知人と行って

  良かったので、行くことになった訳です。

  ところが、広瀬神社へ行く狭い道が大混雑して前へ進みません。

  原因は、今日、広瀬神社の有名なお祭り「砂かけ祭り」が行われていた為でした。

  下の写真は、砂かけ祭りが終わって、後片付けをしている状況です。

6 広瀬神社



7 広瀬神社
   


      8 広瀬神社の案内立て看板 大  ←  広瀬神社の案内立て看板



■そして、本日 ・・・・

  朝起きると薄っすらと雪が積もっていました。    初雪です。

9 朝は雪景色



  昼前に、RちゃんとNちゃんが遊びにきました。

  爺は、週刊ロビのロボットを組み立てています。

  4週間分たまっていましたが、すぐに完了しました。

  RちゃんとNちゃん、WILLがコタツのテーブルで遊んでいました。

10 孫が遊びに来た


  夕刻、山の会の会報の電子データが全て完成して、チェックも終わりました。

     データをUSBメモリに書き込んで、発送の準備が全て完了しました。


トラックバック0 コメント0
節分の豆まき
2018-02-04-Sun  CATEGORY: 日記
■WILLがトリミングから、帰ってきました。

       美男子になったでしょ!

      1 トリミング終わり


  だけど、僕の歳は15歳と半年を過ぎているんだ!

       人間の歳なら80歳手前なんだ。

  毎食、心臓肥大の薬を飲んでいるし、眼も白内障なんだ!

       特に右目は、白いだろ。

2 白内障



■一日遅れの「節分の豆まき」をしました。

  WILLは、冥土の土産に是非とも「鬼の役」をしたいワン! と言いますので、

  鬼の役をしてもらいました。

 3 豆まき
       (着ている服が、鬼の服の様で、よく似合うでしょ)



  鬼は、まかれた豆を食べることができるので、嬉しい ワン

4 豆まき
       (煎った大豆が売り切れだったので、煎った落花生)



■一日遅れの理由:

  他の家の豆まきで追い出された鬼が我が家に、逃げ込んでいるかも

  しれません。

  その鬼たちを確実に追い出すためです。

          
トラックバック0 コメント0
<< 2018/02 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -


Copyright © 2019 団塊世代オジタリアン. all rights reserved.