FC2ブログ
2007年夏に定年退職した、団塊世代 普通のオジタリアンの日記
団塊世代オジタリアン
立ち乗り2輪ボード (セグウェイミニ)
2017-07-08-Sat  CATEGORY: 日記

■古希の記念に、これが欲しいと思うようになりました。

1 古希の記念にこれが欲しい



   
        【こんな商品です】 ← 是非クリックしてください


  私が購入した商品は、「スタンダードモデル」です。

  先日、1万円引きのセールス期間がありましたので、注文しました。


  そして、昨日の19時過ぎに、商品が到着しました。

  早速、バッテリを充電し、取扱説明書を読みました。

  乗り降りの際の動作が一番難しいので、室内でちょっと練習をしてみました。

  乗る際には、ペダルの中央に乗らないといけないのですが、どうしても中央に

  乗るのは、難しいです。

  傾いて乗ると、センサーがその傾きを検出して、傾いた方向に車輪が回転します。

  そうすると、振り落とされてしまいます。


2 セグウェイミニ



3 セグウェイミニIMG_0777



■そして、本日となりました。

  朝、早く目が覚めましたので、家内と近くの河川敷公園に行く事になりました。

  重量が10kgあり重いので、自転車に積んでいきました。

  ところが、目的の河川敷は、車輪(自転車、スケートボードなど)の付いたものは、

  全て乗り入れ禁止に変更となっていました。

  以前、改修工事をした時に通路を全てゴムの粒子の塗装をして、人のみの

  使用となったようです。

  この河川敷公園は、4kmのウォーキングコースとそれ以外にも派生のコース

  があったので、期待していたのに、誠に残念です。


  仕方ないので、少しもどって河川の土手の舗装道で、初乗りをすることになりました。

  スタート時は、自転車を支持台にして、出発!


4 初乗り



  まあ、何とか前進します。   回転する時は、左右の足のバランスを崩して、

  回転方向を制御します。

5 練習 弘志



6 足元



■続いて、家内も挑戦しました。

7 香苗の練習



  上手く回転しています。

8 香苗の練習



■ところが、降りる時に、私は大失敗しました。

  ペダルのバランスが崩れて、車輪が回転し、後ろへ転倒しました。

  転倒した際に、手を地面に着きました。

  かなりの衝撃を受けましたが、その時は大した痛みもなく、帰宅しました。

  
  その後、10時を過ぎてから、左手首が痛くなり、指先も痛くて動かなくなりました。

                   大変だ!

  今日は、土曜なので、診察をしている病院が少ないです。

  いつも、内科で通院している病院へ診療時間ギリギリに到着しました。

  整形外科で、診てもらったところ「骨には異常ないようです」との診察でした。

  治療法として、シップ薬と飲み薬2種もらって帰りました。



【反省】 ① 乗り降りの練習を充分にする必要がありました。  

      ② プロテクターを付ける必要がありました。

       
       ★左手首が治って、プロテクターが準備できたら、再度挑戦!

           孫たちにも、チャレンジする爺婆の姿を見せたいです。



【なぜ、購入したか?】

  ①8年前に、本物のセグウェイに乗ったことがありました。

    とても、面白い経験をしました。

          セグウェイ  ←  その時のブログです。

  ②今年3月、台湾へ山登りへ行った時に、台湾の若者数人が、「立ち乗り2輪ボード」

    に乗っていました。  私が見つけた時には、広い交差点を渡り切る寸前でした。

    付いて行って見ようと思いましたが、赤信号になって、待ち時間の間に若者たちを

    見失ってしまいました。


    ★その時の想いが頭の片隅にあったので、購入決断に至った様です。



【備考】 本物のセグウェイの操作は、非常に簡単です。

      そのひとつに、ロッド(ポール)があることです。

      そして、車輪の径が大きいこともその要因です。


      ところが、立ち乗り2輪ボード (通称:セグウェイミニ)は、ロッド(ポール)が無く

      車輪の径が短く、足で足踏みセンサーを制御するので、難しいです。


              やはり、運動神経が低下していることを感じます。



     ◆私は、同世代の人のブログをよく読んでいます。

       ある方は、”70歳までにやろうと思っていて、出来なかったことは、

       それ以降は、出来ないので諦めている”と言われていますが、私は

       そうは思いません。

       安全を確保しながら、工夫すれば、75歳位までは出来そうに思います。




スポンサーサイト



トラックバック0 コメント0
<< 2017/07 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


Copyright © 2019 団塊世代オジタリアン. all rights reserved.