FC2ブログ
2007年夏に定年退職した、団塊世代 普通のオジタリアンの日記
団塊世代オジタリアン
コキ コキ コキ
2017-06-29-Thu  CATEGORY: 日記
■昨日は、WILLの15歳の誕生日でした。

  犬の15歳は、人間では75歳位らしいです。  最近は、寝ていることが多くなりました。

  持病は、心臓肥大で、毎日薬を飲んでいます。

  白内障も進行して、眼が白く濁ってしまいました。

  今日は、お気に入りの椅子に上がる時に、ジャンプを失敗して腹を打ちました。

1 15歳のWILL




■さて、本日は私の(膝が)コキ、(腰が)コキ、歳が古希です。

  この歳になっても、パート勤務(8H)で頑張っている自分を褒めてあげたい!

2 スマートフォン
         (家族のLINE画面です)



■先日、住んでいる町役場から、「1,000円」の商品券が3枚が届きました。

  3万円だったら、もっと嬉しいのに・・・・・

3 古稀祝いの商品券



  そして、すぐに「介護予防・日常生活圏域ニーズ調査」票が届きました。

4 アンケート1


5 アンケート2


  たくさんの切実な質問項目がありました。

6 アンケート3
               (この質問は、冊子の約半分です)




  今後増々、老人が増えて、地方自治体では、困る状況が現実となりつつあるのですね。

7 コキTV



スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
ガーン ガーン ガーン
2017-06-24-Sat  CATEGORY: 日記
■いつも6月になると、”ガーン” がやってきます。


  まず、一つ目のガーンは、町民税・県民税です。

  昨年より、10,900円/年 納税額が増えました。

  収入は、たったの37,179円しか、増えていないのです。

  それも、公的年金が減額されて、老体を鞭打ってパート勤務で稼いだのに・・・・


1 町民税・県民税



  公的年金が支給される毎に、年金から、29,100円~32,900円を天引きされるのは、

  ちょっと痛いですね。   

2 町民税・県民税



3 年税額推移



■二つ目の"ガーン"は、介護保険の支払いです。

  これも、公的年金からの天引きです。

  私の町では、保険料区分は、9段階に分かれており、一番安い1段階は28,350円/年

  なので、私は3.78倍高く支払うことになります。

  まあ、これだけは、元を取り戻すことを考えない方が良いですね。


4 介護保険料通知



■三つ目の"ガーン"は、健康保険料の支払いです。

  私は、(特例退職被保険者の)健康保険組合に加入しています。

  今年の春から、標準報酬月額(保険料算出の基準)が上がったことと家内の

  介護保険料の徴収が、再開されたことです。 

       (今まで、組合が、家内の介護保険料を支払っていた)

  健康保険組合は自分の組合員以外に、後期高齢者医療保険に多額の上納金

  納めているので、健康保険組合の財政が苦しくなったためです。

  後期高齢者の自己負担は、1~2割ですので、残りの8~9割の費用は、後期高齢者

  自身の保険料、若い人たちや税金、健康保険組合、協会けんぽが、負担していることは、

  知っておくべきです。

  ・・・と言う訳で、今年は健保組合に408,600円/年支払います。




■”ガーン”が多い最近ですが、ベランダのブーゲンビリアだけは、元気です。

5 元気なブーゲンビリア



トラックバック0 コメント0
ボリショイ・バレエ
2017-06-18-Sun  CATEGORY: 日記
■夕刻から家内とフェスティバルホールに来ています。

  ボリショイ・バレエ、ボリショイ劇場管弦楽団の日本公演が、6月2日(金)より、

  東京をはじめ広島、大津(滋賀県)、仙台とあり、本日が日本公演の最終日です。


1 フェスティバルホール



2 フェスティバルホール・階段



  本日は、「白鳥の湖」の公演です。

  昨日の公演は、「ジゼル」だったので、私はこれを観たかったのですが、家内も同行しますので、

  ポピュラーな「白鳥の湖」にしました。


3 フェスティバルホール・ボリショイバレイ看板


 
  新聞発表があってすぐに、チケットを購入したのですが、B席でも3階席の後ろです。

  舞台の手前に、「オーケストラ ピット」が見えます。


4 フェスティバルホール・オーケストラピット



■バレエの面白さは、何と言っても、「バレエ」と「オーケストラの音楽」、「舞台装置」の三つ

  があるので3倍楽しめます。

5 ボリショイバレイ・パンフレット
             (ボリショイバレエ・パンフレットより)



6 ボリショイバレイ・パンフレット



      7 ボリショイバレイ・パンフレット



  第1幕65分~休憩25分~第2幕65分の間の休憩時間にホワイエで、Kさんとカンパイ!


8 ホワイエにて



■家内は、事前にスマートフォンのYouTubeを利用して、あらすじを勉強していたので、

  よく解かったそうです。

  総勢230名の来日公演! 素晴らしかったです。


  公演が終わって、フェスティバルタワー(ウェスト)にKさんと氷点下のビールなどを

  飲みに行きました。    


9 反省会



10 料理




■明日から、家内が料理を運ぶ時、音楽に合わせて、踊りながら、テーブルへ運ぶそうです。



     【ボリショイ・バレエ 「白鳥の湖」】  ←  参考です。 クリックしてください。


     【ボリショイバレエ 白鳥の湖】  ← 参考です。 クリックしてください。



トラックバック0 コメント0
「台北低山散歩」の目次・まとめ
2017-06-17-Sat  CATEGORY: 海外旅行

■ブログが なかなか進まなく、3ケ月半かかってしまいました。

  その為に、目次を作成しました。   (自分の為?)


  (1) 台湾の「台北低山散歩」へ出発! ← クリックするとそこへ移動します。

  (2) 台湾の「台北低山散歩」ダイジェスト版

  (3) 台湾「台北」へ (2/26)

  (4) 夜市を散策 (2017/2/26)

  (5) 冷水坑の登山口へ (2017/2/27)

  (6) 台北・陽明山国家公園の最高峰「七星山」

  (7) 台北低山散歩・帰路の温泉と夕食 (2017/02/27)

  (8) 基隆山 (2017/2/28)

  (9) 台湾 金瓜石・九份 (2017/02/28)

 (10) 夕食と龍山寺 (2017/02/28)

 (11) 台北低山散歩・朝市・帰国 (2017/03/01)



  私は、同年代の方のブログを見ています。  

  中には、ブログが途中で、中断してしまっていたり、更新がほとんどされていない方を

  時々散見する様になりました。  加齢や病気でそうなったのかな?

              判る様な気がします。


■さて、最後に感想ですが ・・・・・・・

  台湾の人たちは、人情が厚い様に思います。

  「台北低山散歩」の本の作成者は、元台北の駐在所の責任者でしたが、その当時秘書を

  していたGさん(私よりはるかに高齢)がつききっきりで、世話をしてくれました。

  
  また、MRTに乗ると、若者が進んで座席を譲ってくれます。

  日本には、ないことです。


  台湾は、私が41年前?に初めて海外を経験した国です。

  安全で、旅行費用も安く、日本びいきの国なので、毎年でも行く事ができる場所です。


      できることなら、来年も、今回登れなかった山へ行ってみたいと思っています。



トラックバック0 コメント0
台北低山散歩・朝市・帰国 (2017/03/01)
2017-06-16-Fri  CATEGORY: 海外旅行
■朝食を早めに済ませて、MRTの中山駅まで歩いて行きました。

  希望者だけで、「雙連朝市」を見に行く為です。

  雙連駅は、中山駅から一つ北側がありますが、その雙連駅で下車すると右側(進行方向)に

  「雙連市場」と「文昌宮」があります。

  
  朝の通勤時間帯でしたが、台北駅と逆方向なので、MRTの車内はあまり

  混雑はしていませんでした。

                    到着!

1 文昌宮と朝市



2 文昌宮と朝市



3 文昌宮と朝市



4 文昌宮と朝市



5 文昌宮と朝市



6 文昌宮と朝市



    7 文昌宮と朝市



■帰りは、台北駅方向なので、MRTの車内は混雑していました。

  中山駅からホテルまで帰る際の道路の様子です。

  バイクの多さは、日本と比較にならないでしょう!

8 台北のバイク



9 台北のバイク



10 台北のバイク



■ちょっと、裏路地を覗いてみました。     こんな感じです。

11 裏路地の景色



12 裏路地の景色




■ホテルから、チャーターバスで、台北桃園国際空港・第1ターミナルへ到着しました。

13 台北桃園国際空港へ到着



  出発の掲示板です。  「ジェットスター」を漢字で表示したらこうなります。

  なんとなく、意味は解かる感じです。

14 出発の掲示板



15 ジェット機



■定刻に離陸しました。

  4日間共に、ずっと小雨で天気が悪かったです。

16 離陸



17 離陸



  日本へ向かう途中も、ずっと雲の上で、下界は全く見えませんでした。

18 雲の上



  徳島の上空を通過中。 関空へ向けて高度を下げて着陸態勢へ入っています。

19 徳島 上空




      20 飛行ルート 大 ← GPSの位置情報を受信して、飛行ルートをグーグル

                          アースに重ねました。  クリックしてください。




■お土産は、乾燥マンゴーです。

    21 お土産は乾燥マンゴー


  長くかかりましたが、一旦終了です。

         やはり、加齢のせいでしょうか?

             根気が続きません!



トラックバック0 コメント0
奈良ホテルのジャズ
2017-06-12-Mon  CATEGORY: 日記
■「ムジークフェスト奈良2017」が開催されていますので、Kさんと行くことにしました。 


      ムジークフェスト奈良2017  ←  クリックしてください


         奈良ホテル バー / 吉本ひとみ Jazz Trio

  <会場>奈良ホテル バー  <時間>19:30~20:30
  <曲目> As Time Goes By(作曲:Herman Hupfeld)
         見上げてごらん夜の星を(作曲:いずみたく)
         So Nice(作曲:Marcos Valle & Paulo Sergio Valle) 他
   出演者  吉本ひとみ Jazz Trio
              吉本 瞳(ヴォーカル)
              井上 ゆかり(ピアノ)
              魚谷 のぶまさ(ベース)



■JR奈良駅に18時半に到着し、市内循環バスで県庁前まで行き、奈良ホテルまで歩きました。

1 奈良公園



2 興福寺の五重塔



3 奈良ホテル



4 奈良ホテル・門



5 奈良ホテル



■ホテルに開演前に到着しました。

6 奈良ホテル



7 奈良ホテル



  会場は、バーです。   アインシュタインが弾いたピアノが設置されていました。

8 アインシュタインの弾いたピアノ



  9 アインシュタインの弾いたピアノ 写真
       (アインシュタインが来日時に奈良ホテルに宿泊し弾いたピアノの 写真)



  私たちのテーブルは、会場の一番前であり、ピアノを弾く 井上 ゆかりさんの息づかいが

  感じられる程の近さでした。

  曲目は、本格的なジャズ音楽、映画音楽、クラシック、などをジャズ風にしたものであり

  吉本 ひとみ(ヴォーカル)さんの歌声と楽しいおしゃべりを聞きながら、ワインやシャンパンを

  楽しむのは、めったにない経験でした。 

                    来年も行きたいです、

  

           奈良ホテルの歴史  ← 参考資料です。

           奈良ホテル ← 公式サイトです。



トラックバック0 コメント0
久住連山花紀行(4,5日目)
2017-06-11-Sun  CATEGORY: 日記
■昨日は、朝4時半に起床しました。

  朝早く出発するつもりで、朝食は予約せずに、弁当を作ってもらっています。

  しかし、両膝が痛いので、「脱落組」に入ることにしました。

        (脱落組といっても、若い方から一人目と二人目ですが・・・・)


  大阪健脚組は、5:20に出発しました。  平治岳に登るためです。

  私は、朝風呂に入りました。    誰も入っていませんでした。

               アア! 極楽 極楽!

1 法華院温泉山荘の温泉


  朝食用の弁当を食べて、コーヒーを飲んで、7:40に出発しました。

2 法華院温泉山荘



3 法華院温泉山荘



4 法華院温泉山荘



5 法華院温泉山荘



  坊ガツル です。

6 坊ガツル



7 坊ガツルのミヤマキリシマ



8 坊がツル


  坊ガツルのキャンプ場にも、行ってみました。

9 坊ガツルのキャンプ場



  中岳の麓に法華院温泉山荘が見えます。

10 坊がツル



11 坊がツル



■ 九州自然歩道を歩いていますが、思ったより急な道をを登って、雨ケ池に到着しました。

               池が干上がっていました。

12 雨ケ池



13 雨ケ池


  長い下り道を歩いて、 長者原へ到着しました。

14 長者原へ到着



  大分に乾杯!

15 大分に乾杯


  昼食は、名物の団子汁 ・・・

16 名物の団子汁



■12時前に全員が到着し、マイクロバスで別府温泉へ向かいました。

  別府のホテルに立ち寄り、温泉へ入浴しました。  本日2度目のアア!極楽極楽!

  途中、別府の街並が見えるパーキングで休息しました。

17 別府の街並



  17時前に、新門司港・フェリーターミナルへ到着しました。

  ここで、山口組とお別れです。

18 新門司港・フェリー



■翌朝、フェリーは、明石大橋の下を通過しました。

19 明石大橋



20 明石大橋



  朝食は、船内のバイキング。

21 朝食バイキング




      22 法華院温泉~長者原  ← 法華院温泉~長者原のルート図です。 
             
                       クリックしてください。




      23 法華院温泉~長者原   ← グーグルアースの地形図です。  (紫の線)



■今年の久住連山のミヤマキリシマは、10年に1度位の見事な咲き具合だそうです。

  天候と開花時期に恵まれて、とてもラッキーでした。

  それにしても、77歳を筆頭に皆さんは、私よりはるかに馬力があるのは、驚きです。



トラックバック0 コメント0
久住連山花紀行(3日目)
2017-06-09-Fri  CATEGORY: 日記
■宿を8時にマイクロバスで出発し、 牧ノ戸峠・登山口へ到着しました。


1 牧ノ戸峠 登山口


  
  牧ノ戸・登山口を出発しました。

2 牧ノ戸峠 登山口出発



  今日は、天気がよいです。  遠くに湯布院の由布岳が見えます。

3 遠くに湯布院の由布岳



  休息しながら景色を楽しみました。

4 休息しながら景色を楽しむ



  沓掛山から三俣山です。

5 1沓掛山なら三俣山



  右は、目的の星生山です。
  
6 右 星生山 目的の山



  沓掛山を下ります。

7 沓掛山を下る



  久住山の登山ルートです。

8 久住山 登山ルート



9 久住山 登山ルート



   星生山の登山ルートへ入りました。

10 星生山の登山ルート



11 星生山の登山ルート



12 星生山の登山ルート



■星生山(ほっしょうさん) 頂上1762mへ到着!

13 星生山 頂上



14 頂上の景色



  前を行く 先発グループです。

15 先行する先発グループ




  脱落組はノンビリと ・・・・・・・

16 脱落組はノンビリと



17 脱落組はノンビリと



18 脱落組はノンビリと



■ 久住山避難小屋へ到着しました。   ここで、大休止!  昼食をとりました。

19 久住山避難小屋



  すると、久住山へ登った山口組が、下山して来ました。

  大阪の健脚組は、更に中岳まで足を伸ばしたそうです。

  一緒に、法華院温泉へのルートを下ることにしました。

20 法華院温泉へのルート




21 法華院温泉へのルート



22 法華院温泉へのルート



23 法華院温泉へのルート



  眼下は、坊ガツルの平原です。

24 法華院温泉へのルート



  法華院温泉へ到着!

25 法華院温泉へ到着



  ビールで、カンパイ!

26 カンパイ



  大阪の健脚組は、1時間半後に到着しました。    

  皆、私より高齢なのに元気です。


  夕食は、チキン料理でした。

27 夕食





      28 久住連山 星生山 大  ← ルート図です。


      29 久住連山 星生山 グーグルアース 大  ←  グーグルアースのルート図です。


                                              続きます ・・・・・・



トラックバック0 コメント0
久住連山 花紀行(1,2日目)
2017-06-08-Thu  CATEGORY: 日記
■昨夜、大阪の南港よりフェリーに乗船しました。

  Bの木山の会とE山の会 合同の九州・久住連山の登山山行に参加しました。


  大阪南港のフェリーターミナルを出港!

1 大阪南港フェリーターミナル



  フェリーは、こんな感じです。   船室は、ツーリスト(昔の特2等)です。

  狭いですが、個室のベッドですので、楽です。

2 フェリー



  夕食は、バイキングでした。     韓国人の乗客が多いです。

3 フェリーの夕食



  朝!    周防灘を航行しています。

4 フェリーの朝



5 フェリーの航路



  定刻前に 新門司港へ到着しました。

6 新門司港へ到着




■新門司港から、Kさんの友人の山口の山の会の5名がマイクロバスで出迎えしてくれました。

  今日は、観光をします。

  「青の洞門」へ寄りました。

7 青の洞門



8 青の洞門



  「耶馬渓」へ寄りました。

9 耶馬渓



10 耶馬渓



  「長者原」へ立ち寄りました。  

  ここは、明後日、下山する地点です。

11 長者原



   長者原より硫黄山です。    明日、この山の奥側を歩きます。

12 長者原より硫黄山



■更に南下して、阿蘇山の外輪山の北側の「大観峰」へやって来ました。

13 大観峯




      14 阿蘇・外輪山の地図 大  ← 阿蘇・外輪山の地図です。 クリックしてください。





15 大観峯



  大観峯から久住連山を望みます。

16 大観峯から久住連山を望む




     17 大観峯のパノラマ 大  ← 大観峰のパノラマです。



■本日の宿: 湯坪温泉へやって来ました。

18 湯坪温泉



19 湯坪温泉の前の景色


  山口の山の会と合同の宴会です。

    20 宴会場



21 料理 鱒
                (お刺身はサーモンではなく、鱒です)



22 料理



23 料理



                 さあ!  明日から登山です!


トラックバック0 コメント0
明神平 桧塚奥峰 (台高山脈)
2017-06-01-Thu  CATEGORY: 日記
■山の仲間Bグループ4名と奈良県と三重県境にある山へ行きました。


  JR奈良駅前を6:15に集合し、Oさんの車に分乗し出発しました。


  「明神平」の登山口を8時に到着、準備してすぐに出発しました。

1 登山口を出発



  明神谷を登っています。   今年は、雨が少ないので、水量が少ないです。  

  その為、川を渡るのは簡単です。

2 明神谷を登る



3 明神谷を登る



  稜線に出ました。 遠くに薊岳が見えました。
 
4 稜線に出た 遠くに薊岳



  「明神平」へ到着しました。    しばらく休憩しました。

5 明神平へ到着



■明神岳 1432m へ向かっています。   ツツジが綺麗です。  

6 明神岳へ向かう ツツジが綺麗



7 ツツジが綺麗



  桧塚奥峰へ向かっています。    明るいブナ林で、気持ちが良いです。

8 桧塚奥峰へ向かう



  途中、 シロヤシオ(ツツジ)が咲いていました。

9 シロヤシオが咲く



10 シロヤシオが咲く



■丁度、正午に「 桧塚奥峰」1420m に到着しました。

11 桧塚奥峰へ到着



  Kさんの「山想遊行」の札が木の幹にぶら下がっていました。

12 山想遊行の碑



13 桧塚奥峰 頂上




  ”カンパイ”した後、昼食を取りました。

  天草出身のKaさんの弁当は、いつも海の幸がいっぱいです。

  魚の料理を頂きました。


14 カンパイ




15 昼食



  さあ! これから来たルートを引き返します。

  シロヤシオを見ながら、 明神岳(遠くの中央の山)へ向けて帰路へつきます。

16 明神岳へ向けて帰路に着く


  
  中間地点の明神平へ到着しました。

17 明神平へ到着



18 明神平へ到着



  明神谷を下り、倒木のある地点へ着きました。 

  ここまで来たら、登山口はもうすぐです。

19 登山口に近づく



  登山口に15時30分に到着しました。    歩いた距離は、約12kmです。


      20a ルート図 グーグルアース ← 歩いたルートです。



■5日前に、奥吉野から洞川温泉を歩き、今回また かなりの距離を歩いたので、

  疲れが貯まってしまった様です。   奥歯が浮いた様な感じがします。


  桧塚奥峰からの下りに、景色が良い所でよそ見をしたら、木の根っこに

  足がひっかかって、前へひっくり返ってしまいました。

  明神平からの下りも、足の運び方が悪くて、スリップして尻もちをついてしまいました。

  私は、両膝が痛いので、両ストックを使用して、体重があまり膝に掛からない様に

  歩いていますが、その為、肩と手首に負担がかかり痛くなりました。  
                
                     加齢です ・・・・・

                 だけど、まだまだ 頑張るぞ!


  

トラックバック0 コメント0
<< 2017/06 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


Copyright © 2019 団塊世代オジタリアン. all rights reserved.