FC2ブログ
2007年夏に定年退職した、団塊世代 普通のオジタリアンの日記
団塊世代オジタリアン
室生寺 周辺を歩く
2017-03-30-Thu  CATEGORY: 日記
■山の仲間グループBと奈良県・「室生寺」周辺を18km歩きました。


    1 歩いたコース・拡大図 ← 歩いたコースは、この辺りです。  クリックしてください。

          奈良県の三重県と接する付近です。



    2 全体コース・拡大 ← 全体コース・拡大です。



    3 高低差・拡大 ← 歩いたコースの高低差のグラフです。



■近鉄電車・大阪線の榛原駅を10時少し過ぎに出発しました。

4 榛原駅前



  伊勢本街道から、室生古道への分岐点付近です。

5 分岐点



  春真っ盛りでした。

6 分岐点の桃



  仏隆寺が近くなりました。

7 仏隆寺は近い


  
  仏隆寺へ向っています。

8 仏隆寺へ向かう



9 仏隆寺



   室生古道の最高地点で、少し遅いお昼の弁当となりました。

10 室生古道の最高地点s



  室生古道には、所々に立派な屋敷があります。

11 立派な屋敷



  西光寺の境内で少し休みました。

12 西光寺



  ずっと遠くに室生寺が見えます。

13 遠くに室生寺



  花咲く室生古道を下っています。

14 花咲く室生古道



  室生寺の全景です。

15 室生寺全景



  室生寺です。

15b 室生寺です



    16 グーグルアース・室生寺付近・拡大   ← 室生寺付近を歩きました。  クリックしてください。



■室生寺から東海自然歩道を登って、室生口大野駅まで歩きます。

17 室生寺付近の東海自然歩道を登る



 東海自然歩道の最高地点です。

18 東海自然歩道の最高地点



  下りは苔で滑り易いので、注意が必要です。

19 東海自然歩道



   大野寺近くの弥勒磨崖仏です。

20 大野寺近くの弥勒磨崖仏



■近鉄大阪線の室生口大野駅へ17時に到着しました。

  7時間、18kmの道程でした。


    21 グーグルアース・全体ルート図 (1)  ← 全体のルート図です。



■帰路、全員で近鉄・西大寺駅構内の立ち飲み屋さんでカンパイしました。

  あまり疲れていません。   

          まあまあの体力です。

             パート勤務(8 Hフルタイム)も頑張らなきゃ~!



スポンサーサイト



トラックバック0 コメント0
台北低山散歩・帰路の温泉と夕食 (2017/02/27)
2017-03-25-Sat  CATEGORY: 海外旅行
■陽明山国家公園の最高峰「七星山」登山からの帰りに北投温泉の公共露天風呂へ

  入る計画を提案したのは、私です。

  登山に温泉は、欠かせません。

  しかし、女性は、公共露天風呂でしかも混浴ですので、入浴するのはイヤでは

  ないか?
  と懸念していましたので、旅行前に女性に聞いてみました。


  そしたら、”面白そうね 楽しみにしているよ”と回答を得ましたので

  安心しています。


  その北投温泉・公共露天風呂へやってきました。

            南国風で、面白いです。

1 公共混浴露天風呂



■ところが、1時間程(16:30まで)待つことになりました。
 
  1日を6回に分けて開放時間を設定していますので、仕方ありません。。


  時間つぶしに、すぐ近くの「北投地熱谷公園」へ行くことになりました。

  ところが、なぜか?閉園していました。  

2 北投地熱谷公園



  開園していたら、こんな感じです。   (4年前に訪れた時の写真です)

3 北投地熱谷公園・昔の写真



  地熱谷の前の街で、温泉卵を食べたりしました。

4 地熱谷の前



5 地熱谷の前



6 地熱谷の前



  16:30までには少し早いですが、遠回りして公共露天風呂へ向かいました。

7 公共露天風呂へ遠回りで向かう



8 公共露天風呂へ遠回りで向かう



■露天風呂入口に到着すると、もう多くの人が、並んでいました。

  入浴料金は、40元(約150円)です。

9 公共露天風呂・入口



  外国の温泉ですので、水着を着なければなりませんが、派手な水着は禁止です。

  女性は、セパレートは禁止です。  

  男性もポケットがある水着は禁止らしいです。    なぜかな?

  最悪、売店で水着を売っています。   男性用なら350元~ です。

10 公共露天風呂・入口



  公共露天風呂(混浴)は、撮影禁止です。

  中はこんな感じです。 4年前に知らなくて撮影したものです。 ごめんなさいネ。
  

11 北投温泉・公共露天風呂(混浴)


  女性たちは、着替えが大変なので、少し遅れて露天風呂へやって来ました。

          皆さん、山へ登るだけあって、スマートです。


  Kさんは、混浴につかりながら、カナダのバンクーバーからやって来た白人女性(学生)と

  長いこと話しをしていました。    英語が話せる人は、羨ましいですね。




■もっとゆっくりしたかったのですが、夕食の時間が迫っていますので、チャーターバスが

  駐車しているMRTの新北投駅横へやって来ました。

12 MRT新北投駅



■チャーターバスで、 「イ農来餐庁」 台北市民生東路2段 へやって来ました。。

  本日の夕食も、G小姐が予約していてくれました。

  どんな料理が出てくるかな?

13 夕食の中華料理を待つ



14 夕食の中華料理を待つ



  次から次へ料理が出てきました。

15 中華料理



16 中華料理



17 中華料理



18 中華料理



19 中華料理



20 中華料理



21 中華料理



  魚にうるさいKさんが、魚料理を分けています。

22 中華料理・魚料理


 
  デザートで、料理が終わりました。

23 中華料理・デザート



■帰路、すぐ近くにある「行天宮」へ寄りました。

24 行天宮



25 行天宮



26 行天宮



  お祈りしながら、勾玉みたいなものを二つ床に投げていました。

  占いをしているのかな?    日本の神社とかなり異なります。

27 行天宮



28 行天宮



        【行天宮】 ← クリックして見てください。


■行天宮からMRTに乗って1駅南の「松江南京」へ到着しました。

  人出は多くないのに、大きなスペースのある駅でした。

  方向が判らなくなりましたので、スマートフォンを立ち上げて、方向を確認しました。

  この駅から10分歩いて、ホテルに到着しました。

              22時でした。    おやすみなさい!




トラックバック0 コメント0
ウィルは、心不全!
2017-03-20-Mon  CATEGORY: 日記
■ウィルは、14歳ですが、元気に過ごしています。

      (人間であれば、80歳位らしいです)

  定期的に、歯石を除去したり、血液検査もしています。

  血液検査は、人間とほぼ同じ検査ですが、項目は人間に比較して少ないです。

  検査の結果、異常な項目はなく健康です。


  トリミングの前です。  毛が長く伸びました。

1 ウィル



  下関へ帰省している間、ペットホテルにお泊りしていましたが、その間にトリミングを

  してもらいました。       僕、スッキリしたでしょう!

2 ウィル



 
■ しかし、最近、嘔吐をすることが多くなりました。 (吐くことはありませんでした)

  かかりつけの獣医さんの話では、心臓が悪くなりかけているとのことでした
 
  特にプードルは、心臓病になりやすい犬種らしいです。


  ところが、先日、嘔吐をして食べたものを吐いてしまいました。

              元気もなくなりました。

        (心臓が肥大して気管支を圧迫している状況)


  そこで、かかりつけの獣医さんに診てもらったら、心不全が少し進んでいるとのことでした。


               下の図は、犬の正常な心臓です。

3 心不全・正常



               下の図は、犬の心不全:左心室の肥大です。

4 心不全・肥大




ウィルもとうとう、心臓の薬を毎日飲むことになりました

  もう、死ぬまで薬を飲み続けなければなりません。

5 ウィルの心臓の薬



■この点は、私と同じですね。

  ウィルは薬が好きなので、喜んでのみます。 この点、心配はありません。


  ウィルの眼の黒い部分が大分白くなりました。  白内障が進行しています。

  人間も犬もこうして だんだんと歳をとっていくのですね



    6 犬の心不全の説明・大   ←  心不全の説明です。  クリックしてください。





トラックバック0 コメント0
下関へ帰省
2017-03-19-Sun  CATEGORY: 日記
■17日(金)の早朝から下関市へ帰省していました。

  妹が前々日より遊びに来ていましたので、一緒に車に同乗して帰りました。


  広島まで山陽自動車を通り、広島から山の中を通る中国自動車道を経由しました。

  しばらく中国自動車道を通ってないので、通ってみたくなったからです。


  中国自動車道の吉和SA付近は、標高が高いので、雪が残っていました。

1 中国自動車道 吉和SA



2 中国自動車道 吉和SA



   冠山です。  真っ白い姿を見せていました。

3 冠山




■母がお世話になっているケアハウスや親戚宅を訪問しました。

4 下関市 加茂島



  そして、( 保守的な)波止場にも行きました。

5 保守的な波止場



6 保守的な波止場




■妹の家へ2泊して、奈良へ向かいました。

  途中、赤穂城跡に立ち寄ってみました。

7 赤穂城跡



8 赤穂城跡




    9 赤穂城跡 内部拡大写真 ← パノラマ写真です。クリックしてください。



  赤穂城址の横にある歴史博物館です。    入場料は、安いです。

10 赤穂 歴史博物館




■赤穂に来た理由は、少し前にNHKのドラマで、「忠臣蔵の恋」をしていたので、

  そのドラマを見た家内が、行ってみたいと希望したからです。

11 忠臣蔵の恋



  「赤穂大石神社」です。   思ったより人出が多かったです。

12 赤穂大石神社



13 赤穂大石神社



14 赤穂大石神社



■帰路、中国自動車道の宝塚で18Kmの渋滞情報がありました。

  渋滞を避けるために、久しぶりに神戸経由のルートで帰ることにしました。

  ところが、これが大失敗で、2時間近く時間が多くかかりました。


  姫路バイパスが大渋滞、加古川バイパスと第二神明はまあまあでしたが、

  阪神高速・神戸線は、大渋滞でした。

  摩耶で降りて、湾岸線へ向かいましたが、ここも大渋滞で、一般道まで動きません

  でした。   仕方なく国道43号線へ回り、深江から再度神戸線に乗りました。

  
  ちょっと疲れて22時に無事に自宅へ到着しました。

             まあ、連休中なので仕方ありません。




トラックバック0 コメント0
台北・陽明山国家公園の最高峰「七星山」
2017-03-15-Wed  CATEGORY: 海外旅行
■9:10 冷水坑の登山口を出発しました。

  小雨の中を登っています。  目的地は遠いです。

1 小雨の中を・・・目的地は遠い



2 ちょっと厳しい?



  ちょっと休息です。

3 ちょっと休息



   夢幻湖にて、又休憩しました。

4 夢幻湖にて



   遠くに目的の峰が望めます。  左:最高峰 右:東峰です。

5 遠くに目的の峯



6 通信設備



   登山道は続きます。

7 登山道は続く



8 道標



  東峰はガスと強い風で視界が効きません。   強い風で体が飛ばされそうです。

9 七星山・東峰はガスと強い風・視界効かず


 
  すぐに、主峰へ向かいました。

10 主峰へ向かう



  11:55 主峰1120mに到着しました。     気温は、5℃です。 

  風速10m/s以上ですので、体感温度は、マイナス10℃近いです。

11sYu 主峰に登頂 1120m



12 陽明山国家公園の最高峰「七星山」登山ルート登り ← 登山ルートの登りです。   クリックしてください。



■下りは、表側の登山口:苗圃方面へ下ります。

  登山道は、急こう配で、石の階段が続きます。

13 下りは急こう配



14 下りは急こう配



  緩やかな下り道となりました。

15 緩やかな下り道となった



  途中、ビールを分けて飲みました。    頂上まで持ち上げたビールです。

16 ビールを分けて飲んだ



  13:55 無事に目的地の表側の登山口:苗圃に到着しました。

17 目的地へ無事に到着



  麓は、日本の春の季節の様にツツジや桜(日本のソメイヨシノとは異なります)が咲いて

  いました。   ほんとにのどかな感じでした。

18 到着



19 無事に到着




20 陽明山国家公園の最高峰「七星山」登山ルート3  ← 七星山の下山ルートです。  クリックしてください。


                                    続きます ・・・・・・・・・


トラックバック0 コメント0
天王寺動物園
2017-03-12-Sun  CATEGORY: 日記
■今日は、天気が良いです,ね。

  Rちゃん、Nちゃん達と天王寺動物園へ出かけました。

1 天王寺動物園駅
 (地下鉄・動物園前駅の壁紙の前で、サファリパークに行った気分になりました)




■爺婆が、まず Rちゃん、Nちゃん達の家へ行きました。

  婆は、Rちゃんとゲームをして遊びました。

  
  その後、近鉄電車に乗って、阿倍野へやって来ました。

  Hoopでちょっとブラブラしました。

2 阿倍野 フープ前




■天王寺動物園前に到着したら昼前だったので、昼ご飯を食べることにしました。

3 新世界



4 新世界



  この串カツ屋さんで、食べることになりました。

5 串カツ屋さん



  私は、〇ールも注文しました。

6 串カツ



7 串カツ



  スパゲッティもあるんです。

8 スパゲッティ




■天王寺動物園へ入園しました。

  キリンとシマウマがいました。

9 キリンとシマウマ



  ライオンに乗りました。

10 ライオンに乗る



  綿菓子やかき氷も買ってもらいました。

  お姉ちゃんと一緒で、楽しかったね。

11 お姉さんと一緒


                                     end



トラックバック0 コメント0
冷水坑の登山口へ (2017/2/27)
2017-03-11-Sat  CATEGORY: 海外旅行
■朝食は、7時から2Fのレストランで食べるができます。

  7時過ぎに来た時には、皆さんは既に食べ終わっている人もいました。

  洋食、中華、和食のバイキング形式でした。


1 朝食バイキング



  私は、3様式折衷としました。

2 朝食バイキング



  食事の後は、コーヒーとスイカ、オレンジをいただきました。

3 食後のコーヒーとスイカ



■本日は、台北の北側にある「陽明山国家公園」の最高峰「七星山」へ登ります。

  チャーターバスで出発準備完了です。

4 チャーターバスで出発



5 チャーターバスで出発



6 バスの車内



  8:30出発!    バスからのアパートの景色です。

7 アパートの景色



  高級ホテル:圓山大飯店です。

8 バス車窓から圓山大飯店



  陽明山国家公園の山麓の景色です。

9 バス車内より陽明山国家公園の山麓



10 バス車内より陽明山国家公園の山麓



  陽明山国家公園の北側を周回し、東側の「冷水坑」の登山基地に到着しました。

11 冷水坑の登山基地に到着



12 冷水坑の登山基地に到着



  隣にある ビジターセンターに立ち寄りました。

13 ビジターセンターに立ち寄る



14 ビジターセンターに立ち寄る



■ 出発準備完了です。

15 出発準備完了



   冷水坑の足湯の横で・・・・

16 冷水坑の足湯



  準備体操をしました。    足湯に入っている人は、びっくりしていた様です。

  雨具を着た14名の集団が突然やって来て、体操を始めたのですから・・・・

17 準備体操



  そして、9:55 小雨の中、登山を開始しました。

18 冷水坑の登山口を登山開始



■暑い地域のアジアの一般の人々は、本来 山へ登る習慣はありません。  

   山へ登ることにより、・・・・ ・疲れてしまう

                    ・腹が減ってしまう

                    ・金儲けにはつながらない

                    ・地域や宗教によっては、高い所は神聖な場所があるからです。


  台湾の陽明山国家公園の周辺は、立派な登山道が整備されています。

                     さあ!  登山開始です!


       
トラックバック0 コメント0
夜市を散策 (2017/2/26)
2017-03-10-Fri  CATEGORY: 海外旅行
■小籠包の店から出て、有志だけで、中山の駅から「捷運」:MRTに乗って士林夜市に

  に行く事になりました。

  台湾の文化のひとつに、夜市があるからです。

  
  最寄りの駅は、剣譚駅です。  中山駅から北へ4つ目の駅を降りて左側の進行方向

  にそのエリアがあります。


   皆で、MRTのICカードを購入しました。     上手く買えるかな?

1 MRTのカードを購入



  地下の駅に下りて、改札の機械にICカードをかざしてホームにやって来ました。

  海外では多くの場合、車も電車も日本と反対側を走行しますので、行先方向を

  確認して気を付けてね。

2 MRTのホーム



■士林夜市へやって来ました。

3 士林夜市



  地下の美食街へやって来ました。  

  4年前に来たことがありますので、位置関係は、はっきり判りました。

4 地下の美食街



  メニューの下に台湾通貨で価格が記載されています。  

  この数字を約4倍弱すると日本の価格になります。

  以前 家内とこの地下の美食街で夕食を食べたことがあります。

4a 地下の美食街・メニューと価格



5 地下の美食街



6 南国の果物




7 地下の美食街



■夜市のほぼ一番奥にこの寺院があります。  

  仏陀を祀っているのではありませんので、日本人には、珍しいですね。

8 寺院



9 寺院




10 寺院



11 寺院


12 寺院



■帰りに夜市で、大きなドラゴンフルーツを買いました。

  通常は、中が白いのですが、OOさんの薦めで中が赤いドラゴンフルーツです。

  値段は、計り売りです。   私が値切りましたが、50元しか値切れませんでした。

             まあいいや!  日台友好です。

13a ドラゴンフルーツ


  中実の赤いドラゴンフルーツは、OOさんの計らいで翌日チャーターバスの中で皆さんへ

  振る舞われました。

              甘くて、とても美味しかったです。

       ドラゴンフルーツをカットする際にOOさんの手が真っ赤に染まったそうです。


  ホテルへ帰ったら22時を過ぎていました。

              こうして、第1日は、過ぎていきました。

  

  
トラックバック0 コメント0
台湾「台北」へ (2/26)
2017-03-05-Sun  CATEGORY: 海外旅行
■関西国際空港・第1ターミナル4F出発ロビーのジェットスターカウンター

  9:30までに必ず到着してくださいと登山旅行の日程表に強調して記載していましたが、

  第2ターミナルの「ピーチ航空」へ行ってしまった人もいましたが、大きな遅れもなく

  全員がチェックインできました。

  通常は、eチケットを事前に旅行会社からもらうのですが、今回はパスポートの提出

  だけで、手続きが完了し、搭乗券を受け取りました。

    (一応、私が全員の itinerary の書面を持っていますので、安心ですが・・・・)



1 ジェットスターのカウンター



  機体は、エアーバスのA320です。  

  航続距離は6,000kmありますが、 最終的な行き先:シンガポールまでは、ちょっと

  無理なので、台北経由の便で台北で降ります。

2 案内盤



3 ジェットスター




■定刻どおり、関西国際空港を離陸しました。

4 関空を離陸



5 遠くに関空



  今回は、参加者14名と大人数なので、統制を取るのが大変です。

  その為、旅行会社の薦めにより、事前に機内食を注文しました。

         (通常、LCCは、機内食の提供はありません)

  チキンとフィッシュが選べますが、後で皆さんへ聞いた限りでは、チキンの方が評判が

  良かったです。     私は、チキンを選びました。

  美味しかったかって?   まあ値段 (1,400円)相応です。 

  お米は、長いタイ米の様な形でした。

6 機内食



  離陸して、四国の上空を通過中にちょっと下界の景色が見えましたがその後ずっと

  雲の上を飛行しました。   せっかく窓際に席をとったのですが、残念でした。

7 ずっと雲



  雲の中を突き抜けて、「台北桃園国際空港」へ着陸寸前ですが、雨でした。

8 台北桃園国際空港へ着陸寸前



■13:50(台湾時間:時差1時間)に 桃園国際空港へ到着しました。

  今回の旅行では、「台北低山散歩の筆者」が、現役時に台北の事務所所長を務めていた時に

  秘書をしていたG小姐が、出迎えてくれていました。 そして山以外のガイドをしてくれます。

  小姐”シャオチェ ”とは本来お嬢さんの意味ですが、MSと同じく女性への敬称です。

  G小姐は、お歳70才、ご主人もおられます。

  大阪の下町では、女性を呼ぶ時、”ねえちゃん”と言う下品な人がいますが、

  小姐”シャオチェ ”お嬢さんと呼びたいですね。


9 桃園国際空港へ到着



  G小姐は、チャーターバスも手配してくれました。

  大型のチャーターバスに乗り込んでいます。  14名とG小姐なので、ゆったりです。

  このチャーターバスの料金は、日本の感覚からするとビックリするほど安いのです。

10 専用バスに乗り込む



  約1時間ほどで、ホテルに到着しました。

  名称は、「国王大飯店」 : Emperor Hotel です。   昔は、高級ホテルだったようです。

  私が、HOTEL VOUCHER(ホテル予約確認書)を提出して、チェックインしました。

  日本語が通じるので、安心です。

11 フロント受付



12 玄関とコーヒーショップ



■夕食まで、時間があるので、ホテルの前の公園とその周辺を1時間あまり散歩しました。  

  真ん中の低い建物が、宿泊のホテルです。

13 ホテル外観



14 ホテルの前の公園



15 ホテルの前の公園



■17:30 ホテルの前に全員が集合して、夕食を食べに出かけました。

  ホテルから、10分少し歩いて「捷運・中山站」手前まで歩いて行きました。

  捷運とは「MRT」:大量輸送鉄道:地下鉄(郊外は地上を走行)です。

  店をG小姐が予約してくれています。 

  時間がありましたので、 スーパーマーケツトで時間つぶしをしました。

16 スーパーマーケツトで時間つぶし



■夕食は、 小籠包で有名な、「鼎泰豊」 Ding Tai Fung です。
  
  新光三越デパートの地下2Fです。

17 小籠包の専門店



18 小籠包の専門店



19 ビール



20 小籠包



21 小籠包の専門店の料理



22 小籠包の専門店の料理


                 小籠包をもっと食べたかった!
                  


                                      続きます ・・・・・・



トラックバック0 コメント0
台湾の「台北低山散歩」ダイジェスト版
2017-03-02-Thu  CATEGORY: 海外旅行
■△△△△△山の会のメンバー〇さんが、昨年春に「台北低山散歩」を出版しました。

  今回、私はこの本の中で紹介されている山へ登る為の旅のお手伝いをしました。


  登山も旅行も問題なく実行できて、3/1(水)の夕刻無事に関西空港へ到着しました。

  但し、天候は4日とも小雨が降り良くありませんでした。

  台北は、亜熱帯に属し、今は雨季なので仕方ありません。


      1s 台北低山散歩・表紙



  関西空港~台北桃園国際空港間は、LCCのジェットスターを利用しました。

2 ジェットスター窓から



  参加者が14名と増えましたので、移動手段を当初のコンセプトから変更せざるを得ない

  状況となりました。

  空港とホテル間はチャーターバスを利用しました。

  又、登山口とホテル間もチャーターバスを利用しました。


  ホテルの外観です。   (真ん中の低い建物がホテルです)

3 ホテルの外観



【2日目】陽明山国家公園の最高峰「七星山」へ登りました。

  「冷水坑」と云う登山口から登山開始しました。

4 冷水坑



  冷水坑の登山口方面です。

5 冷水坑の登山口方面>



  目指す七星山が、時々雲の切れ目から遠くに見えました。

6 目指す七星山



  ちょっと休息!

7 ちょっと休息



  東峰に到着直前です。

8 東峰直前



  主峰に到着しました。

9 主峰にて



  下りは急な階段が続きました。

10 下りは急な階段



  やっと目的地近くに到着しました。

11 やっと到着



  陽明山国家公園の最高峰「七星山」登山ルート」を水色で示しています。

  GPSでデータを収集しました。

12 陽明山国家公園の最高峰「七星山」登山ルート1



【3日目】 基隆の近くにある基隆山に登りました。  九份近くの登山口です。

13 基隆山登山口



  登山道の分岐点です。

14 分岐点



  基隆湾です。   

15 基隆湾



   頂上まであと少しです。

16 頂上まであと少し



  頂上の展望台です。   小雨が時々降っています。

17 頂上の展望台



   黄金海岸方面です。

18 黄金海岸方面



  下山途中に記念撮影!

19 下山途中



  観光地:九份のバス停留所から基隆湾方面です。

20 九份のハス亭から


  基隆山登山ルートです。   GPSデータをl利用しました。

21 基隆山登山ルート2



■夕食後、「士林の夜市」へ行きました。

22 士林の夜市



  士林の夜市・慈誠宮です。

23 士林の夜市・慈誠宮



  朝市にも行きました。

24 朝市の散策



  バイク利用の通勤ラッシュです。

25 バイクの通勤ラッシュ



■山行だけでなく、台湾の文化を楽しみましたので、ボチボチと紹介したいと思っています。



                                       続きます・・・・・・・・・・


トラックバック0 コメント0
<< 2017/03 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


Copyright © 2019 団塊世代オジタリアン. all rights reserved.