FC2ブログ
2007年夏に定年退職した、団塊世代 普通のオジタリアンの日記
団塊世代オジタリアン
台湾の「台北低山散歩」へ出発!
2017-02-25-Sat  CATEGORY: 海外旅行
■明朝から、台湾の低い山を3つ登りに行きます。

  昨年の春に山のメンバーの〇さんが、「台北低山散歩」の本を出版しました。


1 台北低山散歩・表紙



  皆 行きたい!・・・・と言っていましたが、誰も腰を上げる人がいませんでした。


  そこで、私が 昨年の12月初旬に、登山旅行のコンセプトを作り、〇さんとHI Sへ

  出向き、飛行機便とホテルを決めてきました。



■メンバーへ募集をかけたところ15名が集まりました。 

          (その後、膝痛で1名が不参加となりました)
  
  下記2枚は、メンバー募集のパンフレットです。  (私の独断と偏見で作成)

2 案内

     
3 案内



■その後、メンバーの中から意見が出て、最終的に下記の「 実施計画書」となりました。

4 実施計画書



5 実施計画書



6 実施計画書



   携帯品と注意事項、参考資料の一部です。

7 携帯品・注意事項



■登山旅行は、当初のコンセプトから大きく外れてしまいました。

  参加者が増えたことと参加者の平均年齢が丁度70.0歳と高齢であることから、

  サポート体制が充実した内容となりました。

  反面、ちょっと面白さに欠ける面があると思います。



  下の写真は、3つ登る山のひとつである「基隆山」です。

        8 基隆の山 大  ← クリックしてください。 大きくなります。



         ★さあ、どんな登山旅行になることやら・・・?




スポンサーサイト



トラックバック0 コメント0
e-tax (所得税・確定申告)
2017-02-24-Fri  CATEGORY: 日記
■今年も、確定申告の季節となりました。

  昨年と同様にe-taxで申請しました。

  実は、2/9に申請したのですが、上手くいかずに本日再挑戦しました。


1 e-taxパソコン



2 パソコンのトップ画面



■2/9にまず、事前セットアップでつまづきました。  エラーが発生しました。

  インターネットエクスプローラーの設定を調べて、特に問題なかったのですが、

  原因不明でうまくいきました。


3 事前セットアップ ダメ



  医療費控除は、家内の分は自分でEXCELの表に入力してもらい、アップロードしてうまく

  いきました。    送信直前のデータ一部の画面です。

4 確定申告書 送信前



5 2017 2 24 確定申告 送信



  IDとパスワードを入力して、最終段階の送信をしました。

  ところが、「電子申告データを受け付できませんでした」のメッセージが返ってきました。

  国税庁のメールボックスを開いても同じメッセージが入っていました。

       おかしいなあ!   この日は、もう挑戦をやめました。

6 受付できませんでした メッセージ



■そして、本日 再度挑戦しました。

  医療費控除のEXCEL表以外は、最初から入力をやり直しました。

  そして、最後のデータ送信をしたところ、やはり2/9と同じに、

  「電子申告データを受け付できませんでした」のメッセージが返ってきました。



■もう、躊躇することなく、同サイトの問い合わせ部門に電話をしました。

  待つことなく、電話がつながり、落ち着いた感じのお嬢さんが出てきました。

  電話でやり取りをしながら、「利用者識別番号」用の「暗証番号」を再度入力

  したところ、うまく「受付完了」となりました。


7 受信メッセージOK



■原因:2/9に申請画面を開いた当初、、「利用者識別番号」用の「暗証番号」を変更

  してくださいとメッセージが出ましたので、メッセージのとおり暗証番号を変更しました。

  
  しかし、原因として考えられるのは、暗証番号の変更がうまく出来てなかったのですね


  
■さて、昨年に引き続き「納税」となりました。

  今年は、5,100円の納税です。   (昨年は、2,600円の納税でした)

  それ以前は、還付金が戻ってしたので、嬉しかったのですが、・・・・・



              いつも、ニコニコ 正しい納税!         

                 清く正しく生きましょう!


                    本当は、トホホ! です。


トラックバック0 コメント0
曽爾村から済浄坊渓谷を経て室生寺へ
2017-02-19-Sun  CATEGORY: 日記
■山の仲間と奈良県の山奥を歩きました。


  近鉄・大阪線の名張駅・北口に集合し、10:05の三重交通のバスに乗車しました。

1 近鉄・名張駅・北口



  バスは、青連寺湖ダムの傍を走行しています。

2 正連寺湖ダム



   バスは(三重県)県道81号線の香落渓谷を進んでいます。  

3 バスは香落渓谷を進む  県道81号線



■ 10:50 曽爾横輪バス停で下車しました。

4 曽爾横輪バス停で下車



   奥香落オートキャンプ場を抜けて・・・

5 奥香落オートキャンプ場



  済浄坊渓谷へ向かっています。

6 済浄坊渓谷へ向かう



  済浄坊渓谷を遡行しています。

7 済浄坊渓谷を遡行する



8 済浄坊渓谷を遡行する



  済浄坊の滝の横を通過しています。

9 済浄坊の滝の横を行く



  雪が深くなりました。

10 済浄坊渓谷を遡行する



  林道へ出ました。

11 林道へ出る



  南松の滝へ向かう為に沢へ降りています。

12 南松の滝へ向かう



  南松の滝です。

13 南松の滝



  室生寺へ向かっています。

14 室生寺へ向かう



  15:40 室生寺の前へ到着しました。

15 室生寺前




    16 ルート情報  ← 今回歩いたルート図です。 クリックしてください。                
                                         大きくなります。



トラックバック0 コメント0
大阪市内の「大川沿い散歩」 (後半)
2017-02-17-Fri  CATEGORY: 日記
■昼食を終えて、中の島を出発しました。


1 中の島を出発



   大川沿いを上流へ歩いています。

2 大川沿いを上流へ



  ちょっと、ルートを外れて「大阪天満宮」へ立ち寄りました。

3 大阪天満宮



4 大阪天満宮



  境内では、掘り出し物市が開かれていました。

5 大阪天満宮



  敷地内に上方落語の定席:「天満天神「繁盛亭」がありました。

6 天満天神「繁盛亭」



   大阪天満宮の庭を通って・・・・

7 大阪天満宮の庭



■大阪造幣局の前を通りました。

  敷地内では無料で、「造幣博物館」を見学できるそうで、寄ってみました。

8 大阪造幣局



9 造幣博物館へ


  
  明治の初期に造幣局ができたそうです。

  なぜか、中国語を話す団体が見学していました。  日本語は判るのかな?

10 造幣博物館・動力



11 造幣博物館



  「7,200万円の金塊」を触っています。    欲しいなあ!

    12 7200万円の金塊



  千両箱は、結構重いですが、持って逃げることはできそうです。

13 千両箱など



■再び、大川沿いを上流へ歩いています。

14 大川を下る舟



  係留の工事用舟です。

15 係留の工事用舟



■毛馬閘門近くまで歩いて来ました。   カモメがお出迎え?

16 毛馬閘門近く



  淀川大堰を右に身ながら・・・

17 淀川大堰



  目的地の 「毛馬閘門」へ到着しました。

18 毛馬の閘門



  明治43年設置時の閘門設備の一部です。

19 毛馬閘門・明治43年設置時の設備




     20 毛馬閘門  ← クリックしてください。 全体的に見ることができます。



■ここから、更にJR天満駅まで歩きました。

  歩いた総距離は、22.1kmでした。   左足裏に水膨れができました。


  JR天満駅の東側には、たくさんの「飲み屋」さんがありました。

  我々もちょっと立ち飲み屋さんへ寄りました。  PM5時前なのに、満席でした。 

  多くは、リタイアした年配者みたいでしたが、中には会社員のようなグループも

  いました。 

  木曜日だったのに、既に「プレミアムフライデー」を実行している人もいるのですね。
  


トラックバック0 コメント0
大阪市内の「大川沿い散歩」 (前半)
2017-02-16-Thu  CATEGORY: 日記
■山の仲間3人と大阪市の西の端から東の端まで、大川に沿ってあるくことになりました。

  西側の出発点は、地下鉄の「大阪港駅」です。

  東側の目的地は、淀川の水流を引き入れて、大川の始まりとなる「毛馬の閘門

  までです。


  道を歩くのだから、費用は必要ありません。    とても、安上がりの旅行です。



    1 大川沿い散歩のルート図 大  ← 大川沿い散歩のルート図です。  クリックしてください。



■出発地点の地下鉄・大阪港駅前です。

2 地下鉄・大阪港駅前



  海遊館前を通り過ぎて ・・・・・

3 海遊館前



  天保山公園へやって来ました。

4 天保山公園



  日本一低い山の「天保山」標高4.5mで記念撮影して ・・・・
  
5 天保山・日本一低い山



   天保山の渡船に乗りました。    料金は、無料なので珍しいです。

    6 天保山の渡船ルート図 大  ← クリックしてください。  渡船のルートです。

  

7 天保山渡船場
                     (天保山渡船場)



  乗船している人達は、自転車に乗っている人が多いです。  しかも、外人が多いです。

  後で判ったのですが、USJに通勤している人達が渡船を利用して、安治川を渡っている

  みたいなのです。

8 渡船の内部



9 渡船の内部



  天保山渡船は、安治川を渡って桜島側に到着しました。

10 天保山渡船の桜島側



  JR 桜島線の桜島駅です。   すぐ近くにUSJ従業員専用のゲートがありました。

11 JR 桜島線の桜島駅



  USJを過ぎて、ホテルやアパート群が立ち並んでいました。

12 USJを過ぎて、アパート群



  ここから、安治川の川底をトンネルで横断するために、エレベーターで地下に下ります。

13 安治川トンネル・川の底を渡る



  ヘェ~!   安治川の川底トンネルを歩いています。   ここも無料です。

14 安治川の川底を渡る



   安治川の上流部まで、やって来ました。

15 安治川の上流部



  川は大川となり、大川沿いを上流へ歩いています。

16 大川沿いを上流へ歩く



  大川沿いの右の大きな建物は、リーガロイヤルホテルです。

17 大川沿い・リーガロイヤルく



  大川沿いの右は、フェスティバルホールです。

18 大川沿い・右 フェスティバルホール



   前方に淀屋橋が見えました。

19 前方は、淀屋橋



  大阪市庁舎まで、やって来ました。

20 大阪市庁舎



  大阪市庁舎の地下2Fのコンビニエンスストアへ行き、カレーライス(レンジで加熱)と

  コーヒーを購入し、大阪市中央公会堂の近くの階段で昼食を摂りました。

21 大阪市中央公会堂


  大阪市庁舎の地下2Fのコンビニエンスストアは、ビールを売ってないのですね。

         ビールも販売して欲しいなあ~!



■安治川の無料の渡船と無料の川底のトンネル横断の経験をしました。

                まだまだ・・・・・ 続きます・・・・・・


トラックバック0 コメント2
「ウォークマン」を活用する
2017-02-15-Wed  CATEGORY: 日記
■先日、「ウォークマン」を購入したことは、ブログに書きました。

           【ウォークマン】 ← 参考です。


  せっかく購入した「ウォークマン」をもっと面白い方法で活用したいと考えていました。



  最近のウォークマンは、「動画」も再生できる機能があることに着目しました。

  そこで、「You Tube」の動画を取り込むことにしました。

  ちょうどいい、パソコンのソフトが見つかりましたので、インターネットで購入しました。

        注文した翌日には、到着しました。   早い!

     【購入した動画ソフト】  ←  クリックしてください。


1 動画レコーダ



  早速、インストールして、起動しました。

2 動画レコーダの起動



  録画する動画の範囲は、マウスで指定します。

  録画を停止すると、ファイルが出力されます。

3 2ファイルを出力



  パソコンのUSBポートから、ウォークマンのUSBポートへ動画ファイルを転送します。

             上手く動画と音楽が再生できました。

4 動画と音楽をウォークマンで見る オペラ



  音楽たけでなく、楽しい動画付きの音楽は、価値があります。

5 動画と音楽をウォークマンで見る アンドレリュー
              (アンドレリューのコンサート)



  バレイも楽しく見ることができます。

6 動画と音楽をウォークマンで見る バレイ
                   (白鳥の湖より)


7 動画と音楽をウォークマンで見る バレイ


  

■音質もマアマアです。

  音楽を楽しむたけでなく、動画も楽しめますので、人生を2倍楽しめます 

  
   
  問題は、動画がどれくらいの容量を必要とするか?ですが、

             30分で、300MB以下です。

  記録方式が、MP4ですので、高圧縮なのでしょうね



■車のカーナビの画面でも、ウォークマンのデータが楽しめないものか?

  Bluetooth を設定して接続してみました。

  カーナビは、MP3なので、動画は再生できませんが、音楽は再生できました。


           安くて良い方法を考えつきました。

            自分を褒めてあげたいです。

 
トラックバック0 コメント0
遅い豆まき
2017-02-06-Mon  CATEGORY: 日記
■昨日のことです。

  2日遅れの節分の「豆まき」をしました。


  豆は、節分の前日に買っていたのですが、面倒くさくなりしませんでした。

  ところが、結露防止に開けていた窓から、鬼が入って来たみたいなのです。


  きっと、他所のお宅から追い出された鬼が、我が家に来たのでしょうね。

  我が家に住み着いてもらっては困るので、豆まきをすることにしました


  
■役割分担することになりましたが、WILLは、”ぜひ、僕が鬼の役をしたい”と言います。

  理由を聞いたら、鬼の役になったら、投げられた豆を食べることが、できるからだ

  そうです。


  鬼のお面は、最近話題のトランプ風がいいワン!と言いますので、金髪の替りに

  黄色の毛糸を頭に付けました。    そっくりでしょう!


1 WILL




■WILLは、希望していた鬼の役をして、豆を食べました。   満足だワン!


2 WILL




  鬼のお面が気に入ったのでしょうか?

  ケージに入っても、お面を付けていました。

3 WILL



                                            end


トラックバック0 コメント2
韓国 釜山/慶州 旅行の雑感
2017-02-05-Sun  CATEGORY: 海外旅行
■韓国の釜山と慶州を弾丸旅行して感じた「雑感」です。

  日本も、改善すべき点がありますので、参考に・・・・



①慶州~仏国寺に行く途中の丘陵地帯に多くのレジャー施設やリゾートホテルが

  ありました。     季節も悪く、当日は金曜日だったせいかもしれませんが、

  人出がほとんどありませんでした。

  バブル崩壊を経験した世代としては、他国ながらちょっと心配しました。

1 慶州の郊外のレジャー施設
             (ヒルトンホテルの看板がありました)



②韓国のマイカーは、「大きくてセダン型」に決まっています。

  それは、体裁を気にする国柄だからです。

  ところが、「コンパクトカー」を時々見ました。

  韓国の人も、見栄を張らずに、実用車の方が良いと感じ始めたのでしょうか?

2 コンパクトカー



③地下鉄のホームに、ジュースやコーヒーの自動販売機が設置されていました。

  日本では、駅にはあってもホームには、設置されていません。

  子供の頃、歩きながら食べたり飲んだりしたらダメと言われた世代には、フーン・・・

  そして、その横には「防毒マスク」のロッカーがあったのには、ちょっとビックリ!

3 地下鉄のホームに防毒マスク



④慶州の市外バスターミナルがなかなか判りませんでした。

  この建物は、大きくCOFFEEの看板が出ていたので、コーヒーショップと思っていました。

  ハングル文字が読めない外人用に、もっと「大きな英語表記」が必要です。

  これは、日本についても同様です。  

  観光立国を目指すなら、日本ももっと大きな英語表記をすべきです。

4 英語表記が小さい



➄大阪近くに住んでいると、大阪の「黒門市場」は、大きいと思っていました。

  しかし、「チャガルチ市場」は、屋内と屋外の市場があり、数十倍大きいので、

  ビックリ!   黒門市場の人も、チャガルチ市場へ見学に行ったら・・・・! 

5 すごく広いチャガルチ市場



⑥韓国は、スマートフォン天国です。   地下鉄の中も、通信できます。

  地下鉄の車両の中でも、皆スマートフォンを操作しています。

  その率は、日本よりはるかに多いです。

  そして、地下鉄の駅には、スマートフォンの充電器が設置されていました。

  コインを投入する所がなかったので、充電は無料なのでしょうね。

6 スマートフォン無料充電器



⑦釜山の「金海国際空港」の到着口の正面には、「カジノ」の案内所がありました。

7 カジノの案内所



  私は、 カジノの案内所にパンフレットをもらいに行きました。

  カウンターには、係員が3人いましたがく声もかからず、笑みもありませんでした。

        私は、「貧乏さん」に見えたのでしょうね。   ← その通り!

8 カジノのパンフレット


  私は、「カジノ」に反対です。   大阪の舞洲に計画があります。

  日本人は、汗を流して、頭を使ってお金を稼ぐべきです

         あぶく銭で、稼ごうとしては、いけません。

  カジノが儲かったと云うことは、同額の損をした人がいると云うことです。

  損をした多くの人は、ギャンブル依存症であり、その家族を含めて悲惨な状況に

  あることを考えるべきです。

  

⑧韓国の若い男性は、ほぼ全員が、「キノコの髪型」をしています。

  韓流イケメンスターと全く同じ髪型です。

      9 若者の髪型



  帰路の飛行機の中の若い男性グループも、全員が「キノコ」型の髪型でした。

  家内が、そのグループに、”大阪のどこへ行くの?”と聞いたら・・・”アメリカ村”と

  答えました。    アメリカ村は、日本の若い人にも人気のスボットです。



■まだ貧乏人の話が続きます。

  この旅行で、どれ位の費用がかかったのでしょうか?

  基本旅行費用は、ひとりあたり 9,900円ですが、思ったより多くかかりました。


   ・基本旅費             @9,900×2     = 19,800  (単位:円)
   ・国内/国外空港諸税・サービス料・保安サービス = 10,720
   ・関空でウォンへ両替 (交通費/食事)        = 20,000
   ・釜山の昼食で日本円で支払              =  3,000
   ・以前の旅行でウォンの通貨残りを使用        = 約5,000
   ・今前の旅行でウォンの通貨残り金額         = 約2,000          
  --------------------------------------------------------
         合        計               = 約56,000円


  
   【反省】 食事において、食べきれないほど注文したのが、無駄でした。
    
        これがなければ、5万円以内に収まっていたはずです。


   【良かった点】

     ・個人旅行は、団体ツアーではない経験を味わうことができるので、面白いです。

     ・ニュースでは、釜山領事館前の少女像設置の問題でこじれています。

      しかし、地下鉄の下端駅から空港まで、マウルバスに乗車した際に、

      私の席の後ろに乗っていたお婆さんが、私のザックのバンドを私の肩に

      かけてくれました。
         
                      カムサンミダ!
 

                      一旦、終わりです。
                                               FIN
   

トラックバック0 コメント0
山の会の「会報」作成中
2017-02-04-Sat  CATEGORY: 日記
■私は、山の会では「機関誌担当」をしており、毎年1月末と8月末に皆さんからの

  原稿を集めて、編集し、2回/年 会報を発行しています。

  ところが、昨年の夏以降、天気が悪くあまり山へ出かけていませんので、

  原稿の集まりが非常に悪く、このままでは会報が発行できない状況でした。



■そこで、原稿の締め切り日を1週間延長し、投稿内容も以下の様に緩和しました。

  - - - - - - - - - -  メールのアナウンス - - - - - - - - -

【原稿募集のお知らせ 再徹底】 
今年は、夏以降天候不順で計画されていた多くの山行が中止となりました。
そこで、従来の山行記録以外に下記の内容も募集します。
    ・私の想う山登り         ・懐かしの山
    ・高齢化に対応した登山    ・安全登山のお勧め
    ・私のお奨めする山       ・他、山に関係する原稿  など・・・

       - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

  更に、昔 山岳部設立に大きな業績を残されたTさんを偲ぶ原稿も募集する

  ことにしました。


  ・・・・ そして、何とか原稿が集まり、編集作業もメドがつきました。


2 目次 (2)
                       (表表紙と裏表紙)



2 目次 (1)
                (目次の予定)



■私もTさんを偲ぶ原稿を書きました。

3 山の原稿 穂高



  そして、上高地で雨に降られたら・・・・と云うことで、見どころの記事を書きました。

4 上高地で雨に降られたら


■原稿締め切り日まで、残り3日ありますが、まだ投稿があるかな?




トラックバック0 コメント0
釜山より関空へ (2016/12/17) とんだ失敗!
2017-02-01-Wed  CATEGORY: 海外旅行
■「チャガルチ」から地下鉄で「金海国際空港」へ向かいます。

  ガイドブックの釜山地下鉄路線図によれば、金海国際空港は、「新平」駅のすぐ近く

  にあるものと私も家内も思っていました。

  大阪の場合、「JR大阪駅」は、地下鉄/阪急電車/阪神電車の「梅田駅」と、

  名称が異なっても同じ場所にあるからです。

  
  黄色のルートで、「新平駅」へ到着しました。

  ところが、全く空港と離れている所へ到着してしまいました。

  これから、黄色と緑色のルートを通って空港へ戻るには、1時間半くらいかかって、

  飛行機の出発時間の2時間前到着に間に合いません。
  
1 ソウルの地下鉄ルート図



■ 困ったなあ!   地図で確認すると8 km位離れています。

  私たちが困っている姿を見てボランティアの男子学生が声を掛けてくれました。


  その男子学生の説明では、地下鉄でひとつ戻った「下端駅」から空港へ行くバスが

  出ているとのこと。 

  地下鉄の③出口から出て、マウルバスの「13系統」 だそうです。 

  マウルバス って、どんなバス何だろう? 心配しながら、行ってみました。

2 空港への地図


  
  地下鉄の③出口から出ました。    結構大きな街並なので安心しました。

  すぐ近くに屋台のおばさんがいたので、家内が「AIR PORT ?」と尋ねました。

  おばさんは、AIR PORTの言葉が全く判りませんでした。

      家内は、飛行機が飛ぶヂェスチャーをしようかと思ったそうですが、・・・

      オイ オイ こんな街中で恥ずかしいマネは、止めてくれ!


  タクシーが停車していたので、安心しました。   最悪、日本円の支払いで交渉して

  空港まで行ってもらえるからです。   少しのUS$札も持っていますので・・・


  バス停はすぐに判りました。  

  再度、空港行きのバスが来るのか?女子学生らしき人に聞きました。  

  来るようです。  必ず、ダブルチェックをすべきです。

  幸い10分位待ったら「13系統」のバスが来ました。 

  マウルバスと云っても、普通のバスでした。  なあ~んだ!
  
  バスに乗る時、運転手さんに空港に行くか? 聞きました。 行くそうです。
  

3 スマートフォンでルート確認



  バスに乗って、本当に空港方面へ走行しているのか、スマートフォンのグーグルマップを

  起ち上げて、確認しました。   大丈夫です。   4回チェックしました。



■飛行機の出発時間の丁度2時間前に到着しました。  良かったです。

  LCCのジンエアーのカウンターは、既にたくさんの人が並んでいました。

  持っているパスポートを見たら、日本人はほとんどいません。

  韓国人の若い人ばかりでした。

4 空港へ到着

  

5 空港の様子



  待合室の様子です。  さすが、現代自動車の宣伝です。

  空港の規模はあまり大きくありません。  金浦空港位です。

  コンビニで、ビールとおつまみを買って・・・・ のんびりと・・・・

  コンビニで買い物をして、初めてレシートをもらいました。

  韓国は、消費税(付加価値税)が10%のはずなのですが、管理が甘いみたい?

6 空港うちの様子



7 空港内から外の景色




■17:00定刻どおり、 釜山の金海国際空港を離陸しました。

  どんどん高度を上げていき、眼下に釜山の街並が見えました。

  夕日に照らされて、主翼が紅色に輝いていました。

8 金海国際空港を離陸



  日本海に出てしばらく飛行すると、すっかり暗くなり、漁船の漁火が見えました。

  日本人は、「日本海」と言っていますが、中国人や韓国人は「東海」と呼んでいます。

  ヨーロッパの航空機会社は、最近 地図の名称を記入していない様ですね。

9 日本海へ出た



  18:30 無事に関空へ到着しました。  

  満席のジンエアーに搭乗していた乗客のほとんどは、外人用のゲートに行き、

  入国手続きをしていました。    

  訪日外国人が多いはずです。


10 関空へ到着


  到着ロビーは、賑やかですが、やはり日本に到着したらいつも、活気のなさを感じます。

  良く言えば、「落ち着いた」感じなんですが  ・・・・・



                                  続きます ・・・・・・・・・・・・・




トラックバック0 コメント0
<< 2017/02 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -


Copyright © 2019 団塊世代オジタリアン. all rights reserved.