FC2ブログ
2007年夏に定年退職した、団塊世代 普通のオジタリアンの日記
団塊世代オジタリアン
踵が痛い → 足底装具の装着
2016-11-30-Wed  CATEGORY: 日記

■両膝と右足の踵が痛いので、3回目の通院です。


  両膝が痛い件は、膝の皿の下に、注射(ヒアルロン酸注入)をしました。

  右足の踵が痛い(右足底腱膜症)件は、装具を装着することになりました。

  前回、足裏の形を取りました。 そして、本日その 靴の底に敷く装具ができました。

1 靴底の補正具・上面
                  (足底装具 上面から撮影)



  靴の底に敷く装具の裏側は、この様になっています。

  軟らかい材料、比較的に硬い材料など全部で5層となっています。

        (表面の布地を入れたら、6層です。)

  踵に当たる部分は、抜くことが出来ますので、どちらが良いか? 試しています。

2 s 靴底の補正具・裏面
                  (足底装具 裏面から撮影)



  側面から見ると、この様な形です。

  装具が、足裏にピッタリ密着します。

  履く時の要領は、靴紐をしっかり締めて、足と靴が一体化した状態にすることが、

  肝要です。

3 靴底の補正具・側面


  効果は、あるかな?  1ケ月以上使用してみないと、判らないそうですが、

  私は、効果があると思います。     期待しています。



■さて、装具代は、装具を作ってもらった義足屋さんへ直接、支払いました。

         代金は、2万円近いです。

  直接支払い時には、健康保険がききません。

  しかし、後日 健康保険の個人負担額を除いた金額を返してもらうことができます。

  その為に、証明書類を3通もらいました。


  そして、インターネットで、健康保険組合(特例退職者制度がある組合に加入)のホーム

  ページにアクセスして、申請書ダウンロードサイトから、申請用紙をダウンロードしました。


4s 健康保険組合のHP



5 健康保険組合のHP


  さっそく、記入して、簡易書留で郵送しました。

  口座振り込み時期は、3ケ月後とのことです。


    
            【足底腱膜症】  ← 参考です。  クリックしてください。



スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
日本橋・黒門市場
2016-11-27-Sun  CATEGORY: 日記
■今日は、山の仲間と山へ行く予定していましたが、生憎の雨で山行が中止となりました。


  そこで、大阪の日本橋・電気街に行ってパーツを購入し、ついでに「黒門市場」の

  様子を見に行きました。



  雨が降っているので、恵美須町まで地下鉄に乗って、ズルをしました。

  日本橋・電気街です。  昔は、たくさんあったパーツ屋さんがすっかり少なくなりました。

  しかし、マイコン制御やデジタルパーツを売る専門店も少数ながらあります。


         何を買ったかって ・・・ たいしたパーツではありません。

                    それは、後ほど・・・・

1 日本橋・電気街




■日本橋・電気街から北へ少し歩くと、黒門市場があります。

  黒門市場の入口・南側です。  雨のせいか、人出が少ないぞ???

2 黒門市場の入口・南側



    ・・・・ と思ったのですが、中心部に行くと、「中国語」を話す人ばかりでした。

3 黒門市場



  店舗で、マグロやフグ、かにを購入して、店舗の奥の席や傍の立ち席で、すぐに

  食べている人たちで大賑わいです。

4 黒門市場



5 黒門市場



  私は、美味しそうな匂いを嗅いで、食べる人を見てるだけ~ ・・・・ !

6 黒門市場




■さて、日本橋で、パーツを購入してきましたので、以前作成した、小型のポータブルアンプを

  改造しました。

  【支障】 : スマートフォンを音源にすると、スマートフォンがバックグランドで通信する際の

  電波がアンプ回路に入ってしまい、スピーカーから”プツ プツ”音を発します。

  LM386の入力に1000pFのコンデンサを挿入していますが、効果が不足している様です。
  
7 改造前のアンプ



  日本橋で、購入したパーツの高周波除去用のコイル:50μHとコンデンサ:330pFを

  2回路追加しました。   (定数は過去の経験から選定)

  信号入力線もシールド線へ変えました。  電源SWも小型化して位置を外側へ変えました。

8 改造後のアンプ



  【効果】 スピーカーからの”プツ プツ”音が、ほぼなくなりました

         (スマートフォンとアンプを近づけると若干音が発生します)


      バックグラウンドミュージックとして、小さな音で 音楽を流せますので、
              
                 効率が上がりそうです。




       【アンプ作成 当初の記事】 ← 参考に見る場合はクリック
  
           現在は、当初からのスピーカーを少し大きく変更し、出力端子のリード線を

            廃止して、ケースにジャックを取りつけていますので、少しスマートになっています。





トラックバック0 コメント0
小学校の同窓会
2016-11-21-Mon  CATEGORY: 日記
■小学校の同窓会に参加しました。

  私が卒業した小学校は、下関市の郊外です。

        (当時は、郡部でしたが、市町村合併で市となりました)
  
  小さい頃は、急行や特急も停車する人口の多い町でしたが、現在はすっかり過疎の町と

  なりました。  町の中心部を歩いても、猫と自転車に乗ったお爺さんしか見かけません。



■同窓会の宴会の前に、皆でK神社にお参りし お祓いを受けました。

  高齢の神主さんも、神社を掛け持ちしており、拝殿の階段の昇り降りも足元が

  不安定で、見ている方が、ハラハラしました。

1 川中神社



  お祓いが終わって、送迎用マイクロバスへ向かっています。

2 川中神社でお祓い終わり



■宴会場のK漁協のレストランへ到着しました。

3 くろい漁協のレストラン



  宴会が始まる前に、まず集合記念写真を撮りました。


  宴会では、参加者のメンバーが、 現在日本酒で一番人気のある「獺祭」:(だっさい)

  を持参してきました。   獺祭は、「杜氏」制を廃止して作った日本酒です。

  飲んでみましたが、フルーティーな感じです。  (酒飲みには、ちょっと物足りないかもしれません) 

4 料理



  3クラス(123名)中、34名の卒業生とT先生が参加して、宴会が進行しました。

  私は、男性はほとんど名前と顔が一致するのですが、女性は1/3位しか判りません

  でした。      (参加名簿を見たら、氏名の記憶はあるのですが、顔と一致しません)

5 宴会



6s 宴会



  カラオケが好きな人は歌ったり、ダンスをしたりして、宴会は終了しました。

7 小串小学校同窓会・集合写真 H28 11 21



   【所感】    ちょっと辛口ですが ・・・・

  ①今回の同窓会では、自己紹介がありませんでした。

    幹事さんは、名前と顔が一致し何処に住んでいるか知っていますが、多くの人は、

    判らない様子でした。   (カラオケがメインでは、ないはず)

    大阪や奈良、広島、福岡から駆けつけて参加している人もいますし、自己紹介で、

    近況や面白い話題を紹介した方が有益で、参加した甲斐があるのではと思いました。


  ②若い人が、普通に利用しているコミュニケーションツールを利用していない。

    皆さん、ガラケーで、スマートフォンを利用している人を見なかった。

    3クラスで一番勉強が出来ていたS氏も、メールを使用していなかった。

                (連絡は、すべて電話とのことでした) 

    スマートフォンやパソコンを利用している方が、良いと云う訳ではありませんが、

    ちょっと寂しいですね。    田舎ほど、こう云うツールが必要と思うのですが・・・

    パソコンを、バンバン使用している人は、知っている限りでは、J 君くらいですね。



        あまり辛口の意見を云うと次回の同窓会に声がかかりませんので・・・・





トラックバック0 コメント0
下関をブラブラ
2016-11-19-Sat  CATEGORY: 日記
■一昨日より、妹宅に泊まっています。

  今日は、時間に余裕がありますので、下関市街をブラブラしました。



  まず、「火の山公園」へ行きました。    約30年ぶりでしょうか?


  真下に、関門海峡が見えました。  向こう側は、九州の門司です。

1 火の山公園より、関門橋



  右へ目を向けると下関市街の中心部です。

2 火の山公園から下関駅方面



  さらに、右へ目を向けると玄界灘が見えました。

3 火の山公園から玄界灘方面




     4 下関市街・パノラマ  ←下関市街のパノラマ 



■次に、「壇之浦パーキング下りエリア」へやってきました。

  通常は、高速道路のPAなのですが、一般道からも行くことができます。

  関門橋の下をひっきりなしに船が通過していました。

  強い潮の流れが左側から右側へ流れていました。 小さい船は、流されない様に

  潮の流れに逆らって上るのが必死です。


5 壇之浦パーキング下りエリア
      


  対岸は、門司港。  潮の流れに乗って下る船は、すごいスピードで過ぎて行きます。

6 壇之浦パーキング下りエリア



■ちょうど、正午に「唐戸市場」へやってきました。

7 唐戸市場の海側



  海峡に面するデッキは、たくさんの人 ・・・・・ 皆、市場で買って食べています。

8 唐戸市場の海側



  唐戸市場の内部です。

9 唐戸市場の内部



  大きなエビのフライ ・・・ 外人も美味しそうに頬張っていました。

10 唐戸市場の内部・エビのフライ



  私たちも、買って、海峡の見えるデッキで食べました。  

  ノンアルコール ビールなのが残念!        味噌汁には、ふぐが入っています

11 昼食



  唐戸市場の前のデッキで、のんびりしました。

12 唐戸市場の前・デッキ


            山も良いですが、海は開放的で良いですネ。



トラックバック0 コメント0
帰省・入院見舞い
2016-11-17-Thu  CATEGORY: 日記

■先日、親父が肺炎で入院しました。

  回復途中にあったのですが、「誤えん」で症状が悪化した旨の連絡がありました。


  本日、早朝 車で自宅を出発し、親父が入院している下関郊外の病院へ向かいました。

  家内と交代で運転しますので、割と楽に到着しました。

           だけど、7時間半かかりました。



  病院の前は、海です。      到着~!

1 北浦海岸



  病院は、かなり古いので、現在 新築工事中です。

2 病院前の道



■〇病棟の”観察室”に入院していました。   

          かなり、衰弱している様に見えました。

3 ハートモニター画面



  しかし、滞在していた最終日(11/21)には、一般病室に移っており、元気そうに

  見えました。


        【誤えん性肺炎】  ← 高齢になると、気をつけましょう!



トラックバック0 コメント0
スーパー銭湯でのマッサージ
2016-11-13-Sun  CATEGORY: 日記
■今日は、天気が良いのに予定がありません。

  久しぶりに昔時々行っていた「スーパー銭湯」へ出かけることにしました。

  自転車で行くことも考えましたが、結局 車で行きました。


                  着いたあ~!

1 スーパー銭湯


  露天風呂にゆっくり入りました。

  風呂から出たら、昼になりましたので、昼食はこれでした。

            車で来たので ノンアルコール なのが残念!

2 昼食



■さて、ここのスーパー銭湯に来たのには、理由があります。

  最近は、足も痛いし、腰も痛い。  気分的にもリラックスしたい!

           マッサージを受け来ました。

  メニューがたくさんあり、迷いますが・・・・・・・・
  

3 メニュー



■来る前から、本当は、目的のメニューを、決めていました。

  「タイ式マッサージ」です。 

  何分コースにしようかな?    下流老人だから45分コースにしました。

  自動販売機(発券機)で、チケットを購入して、フロントに差し出すと、2階に案内されました。

  衣服をマッサージ用に着かえて、35歳位の女性がマッサージを始めました。

4 メニュー


  私と家内は、私がリタイアした年にタイを旅行しました。

  その時に本格的な「タイ古式マッサージ」を受けたことがあります。

  私は、マッサージの2時間の間とても気持ちが良かったのですが、家内は横で、

  ”痛い!痛い!” とずっと叫んでいました。  (体が硬い訳です)


  タイ古式マッサージは、餅つきの餅をこねる時の餅になった気分の様に

  伸ばしたり、曲げたり、押さえられたり、ねじられたり、ホントに餅になった気分です。

  痛くないか?聞きながら、力の入れ具合を調整してマッサージしますが、

  体の固い人は、苦痛かもしれませんね。


           私は、とても気持ちが良かったです。

            そして、とても体が軽くなりました


           又、行きたい! 60分コースで・・・・・・・・


        タイ古式マッサージ ← クリックして、ください!


トラックバック0 コメント0
足が痛い
2016-11-10-Thu  CATEGORY: 日記
■先日、私の住んでいる町役場から、「 認知症予防ミニ講習会のお知らせ」が

  届きました。


1 認知症予防ミニ講習会のお知らせ



  パート勤務ですが、現役に負けずにバリバリに働いています。

  こんなものに、”行けるもんか!” と当然行っていません

2 認知症防止で生き生きと



■頭は、大丈夫と思いますが、「足が痛い」です。

  ①右足の踵が歩くと痛いです。

  ②両膝が痛いです。   特に階段を登る時は、格別です。


  そこで、先日 整形外科へ行きました。

  右踵と両膝のX線撮影検査をしました。

  ①X線撮影検査の結果、右踵の骨に白い影が映っていました。

   精密に検査した方が良いとのことで、MRI も撮りました。

   その結果、骨に空洞があり、その後ろに黒い部分が見つかりましたが、

   腫瘍などの悪性のものではないとの診断でした。

   痛い原因は、私の足が偏平足のための様です。

   後日、パッドを作ってもらう予定です。


  ②両膝が痛い原因は、X線撮影検査の結果、関節の軟骨がすり減って、

   骨と骨が当たる状態でした。

   処置として、両膝の皿の下にヒアルロン酸注入の注射をしました。

   その結果、膝の痛みがなくなりました

   最大5回まで、ヒアルロン酸注入の注射が可能ですので、残り4回をすれば、

   治ると思われます。  

3 診療明細書

  

4 X線写真・踵




■足の痛みは、解決に目途がつきました。       良かったです。


  寒くなり、ベランダに置いていたブーゲンビリアを室内に入れました。

  綺麗に咲いていたのですが、やや色が薄くなり、花(正確には、花びらでは

  なく苞)が落ち始めました。


5 落下盛んなブーゲンビリア


    私は、体力の低下を認めたくありませんが、確実に落ちています・・・・・・





トラックバック0 コメント0
釈迦が岳 (大峰奥駈道・世界遺産)
2016-11-03-Thu  CATEGORY: 日記
■山の仲間4名と大峰奥駈道(世界遺産)の「釈迦が岳」へ行きました。


  K氏のGPSのデータをもらいましたので、そのデータを使って判り易い資料を

  作成しました。   歩いたコースは、青い線で示していますので、ご覧ください。


1 ルート図 グーグルアース
                ルート図 グーグルアース



2 ルート図 トレース 
                  ルート図 トレース



3 高低差図
                    高低差図




■ 10:05 新登山口を出発しました。

4 新登山口



  冬の様相の稜線を歩いています。

5 冬の様相の稜線を行く



  大日岳が見えました。

6 大日岳が見えた



  大日岳が大きくなりました。

7 大日岳が見えた



  釈迦が岳が見え始めました。

8 釈迦が岳が見えた



  釈迦が岳がしだいに大きくなりました。

9 釈迦が岳が見えた



  12:27 大峰奥駈道に合流しました。

10 大峰奥駈道に合流



■12:35 釈迦が岳の頂上に到着しました。  結構、たくさんの登山者がいました。

11 釈迦が岳・頂上



12 釈迦が岳・頂上



  奥駈道の北方向には、八経ケ岳や弥山が遠くに望めました。

13 奥駈道の北方向・八経ケ岳・弥山



  奥駈道の南方向の眼下には、大日岳が見えました。

14 奥駈道の南方向・眼下に大日岳



  冬型の気圧配置が強まって、気温が低下し風が強いので、とても寒いです。

             それでも、ビールで乾杯!

15 ビールで乾杯



■13:20 下山を開始しました。

  途中のピークで、パノラマ写真を撮りました。

16 釈迦が岳・パノラマ写真 大 ← クリックしてください。 大きくなります。



  私は、右踵と両膝が痛いです。   ちょっと元気がなく、一番最後を歩いています。

17 下山途中



  15:12 新登山口に到着しました。   このあたりの紅葉が一番綺麗です。

18 新登山口の紅葉



  今日は、高低差が500mしかなく、比較的に楽なコースでしたが、足が痛いので、

  しんどく感じました。       加齢ですね。


  GPSのデータを利用すると面白いことが出来ますね。 

  私のスマートフォンも、アプリをインストールして、試してみたいと思っています。





トラックバック0 コメント0
<< 2016/11 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -


Copyright © 2019 団塊世代オジタリアン. all rights reserved.