FC2ブログ
2007年夏に定年退職した、団塊世代 普通のオジタリアンの日記
団塊世代オジタリアン
東京から自宅へ (4/17)
2016-04-29-Fri  CATEGORY: 日記
■本来の計画では、早朝に出発して皆で「高尾山」へ登る予定でした。

  ところが、風が強く今にも雨が降りそうな最悪の天気になりました。

  

  そこで、S君が通っている幼稚園を歩いて見に行くことになりました。

  しばらく歩いたのですが、雨も降り始め、風が強いのでマンションの敷地内を散歩

  することにしました。 

  マンション内を小川が流れています。  

1 公園内の小川



  小川の中に落ちている小枝をオジサンが掃除していました。  ご苦労様です。

1 b 公園内の小川



  マンション内の公園を散歩しました。

2 マンションの公園内を散歩



  小川にかかっている遊具で孫たちが遊び始めました。

3 小川にかかっている遊具で遊ぶ



4 風が強い
               ( 風が強い 飛ばされない様に! )



5 マンション内の公演を散歩



■やっぱり、S君が通っている幼稚園を見たいので、車で見に行きました。

  運動場は、狭いですね。   今年の秋の運動会には、爺婆が見に行く予定です。

6 S君の通っている幼稚園



  帰路、S君の話に出てくる「いなげや」を見に行ってみました。

  関西には、「いなげや」がないので どんなスーパーマーケツトかな?

       低価格のドラゴンフルーツがありましたので、買いました。

7 いなげや



  お昼は、近くのラーメン屋へ行きました。  なぜか建物がイタリアレストラン風 ・・・

8 ラーメン屋さん



■ラーメンを食べ終わって、皆と別れて自宅へ向かいました。  (12:30)

  中央自動車道から首都圏央道を南下、海老名JCTから東名へ入り、途中から新東名へ

  入りました。   天気が良ければ富士山がきれいに見えるはずの付近を通過する時、

  横なぐりの強い風雨で、大型バスやトラックが風にあおられてフラフラ走行していました。


  新東名道の岡崎SAで休息する時は、ウソの様に青空でした。

9 新東名・岡崎SA



  伊勢湾岸道路を夕日に向かって走っています。

  ここまで帰れば、もう帰ったような気分です。   あと2時間で帰り着きます。

10 伊勢湾岸道路



■自宅へ帰着したのが、19:15でした。  

  東京から6時間45分で帰りました。   まあまあの所要時間でした。


  ちなみに、伊豆、箱根、東京の往復で、燃費は17.6km/Lでした。

             これも、まあまあの燃費数値でした。



                             - - - 終わり - - -

  


スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
箱根を通って東京へ (4/16)
2016-04-24-Sun  CATEGORY: 日記
■朝起きて、昨夜と異なる内風呂・露天風呂へ行きました。

       温泉の朝風呂は、気持ちがいいです。

1 朝風呂へ


  朝食もバイキング形式 ・・・ 

2 朝食バイキング



■9時過ぎて、ホテルを出発しました。

  国道135号線・東伊豆を北上しています。

3 国道135号線・東伊豆を北上



4 国道135号線・東伊豆を北上



  網代を過ぎて細い路を登り、 伊豆スカイラインの山伏峠へ出ました。

  そこは、相模湾から吹きつける上昇気流を利用したパラグライダーが舞っていました。

5 伊豆スカイライン・山伏峠・パラグライダー



■伊豆スカイラインから十国峠を通り、旧1号線を下ると芦ノ湖が見渡せるパーキングへ

  やってきました。   

  途中、富士山には、雲がかかり美しい姿を見せてくれませんでした。

6 芦ノ湖の見えるパーキング



7 芦ノ湖の見えるパーキング



■芦ノ湖・湖畔へやってきました。  多くが外国人で、中国語も飛び交っていました。

8 芦ノ湖・湖畔・中国人



  遊覧船から望める箱根関所資料館です。

9 箱根関所資料館



  芦ノ湖の遊覧船より、景色を楽しみました。

10 芦ノ湖・遊覧船より



11 芦ノ湖・遊覧船より



12 箱根海賊船



13 箱根海賊船・拡大



14 箱根海賊船



15 遊覧船の船内2F



■引き続き旧1号線を進み、箱根登山鉄道の強羅駅へやってきました。  

           桜もきれいでした。

17 箱根登山鉄道・強羅駅前の桜 (2)



17 箱根登山鉄道・強羅駅前の桜 (1)



■国道138号線を乙女峠の方に向かい、東名高速道の御殿場ICを過ぎて更に北西方向へ

  進みました。   富士五湖の山中湖と河口湖を周る予定でしたが、時間の余裕が

  なくなりましたので、東富士五湖道路から中央自動車道へ向かっています。

  富士山は、雲がかかり美しい姿を見せずじまいでした。

18 東富士五湖道路からの富士山



■中央自動車道の国立府中ICで降りて、長女夫婦・孫たちのところへ4時前に到着しました。

19 東京へ到着



20 東京へ到着



■夕食は、西部新宿線の花小金井駅近くのレストランへ行きました。

     駅前の花壇で遊ぶS君とOちゃん ・・・・

    21 駅前で遊ぶ孫たち



  お疲れ様でした。  正月以来の再会です  カンパイ!  ・・・  

22 レストランで乾杯
            ( エスカルゴとビール・ワインでカンパイしました )


23 レストランで乾杯


         東京の料理は、競争で鍛えられていますので、美味しいです。



                           -------- 続きます -------




トラックバック0 コメント0
こうもり
2016-04-21-Thu  CATEGORY: 日記
■阪急電車の「宝塚」駅前へやってきました。


  目的は、「こうもり」を観るためです。    

   【オペレッタ 「こうもり」 ダイジェスト】 ← 是非 クリックしてください!



1 阪急・宝塚駅前



  宝塚大劇場へ続く、「花のみち」 ・・・・

2 花のみち



  途中、花のみち・高架部がありましたので、上がってみました。

3 花のみち・高架部



4 花のみち・高架部より宝塚大劇場



5 花のみち・高架部より宝塚大劇場


  宝塚大劇場の入口です。

6 宝塚大劇場の入口



  「星組」の公演です。

7 公演・演目



  B席だから、2階席のしかも後ろでした。   

8 客席・2階席



9 客席・2階席



  宝塚風にアレンジして、面白かったです。    2550席の全てが満席でした。

  後半の「レビュー」まで、30分の休憩時間がありましたので、ホワイエへビールを

  飲みに行きました。 

  本来は、「こうもり」の上演内容からすれば、シャンパンを飲むのが、粋なのですが・・・・

 

10 ロビーにて



  11 ロビーにて・自動演奏ピアノ   
               (ロビーの自動演奏ピアノ)




12 公演が終わって


  後半のレビューは、とても宝塚風でした。    ひと時の夢物語です。

      観客のほとんどが女性で、男性は5%もいなかったです!




      【ウィーン・オペラ座 こうもり】  ← やはり、ウィーンで本物を観たいです。





トラックバック0 コメント0
伊豆半島へ
2016-04-15-Fri  CATEGORY: 日記
■新しいヴィッツで、遠乗りすることにしました。

  高速性能と燃費を確認するとともに、習熟訓練を兼ねての遠乗りです。


  朝6時に自宅を出発し、西名阪~名阪国道~東名阪を経て、名古屋の伊勢湾岸道を

  走行しています。


1 名古屋・伊勢湾岸道



  東名高速道の浜名湖SAで、休憩しました。

2 東名高速・浜名湖SA



  東名高速道の富士川SA手前から、富士山がきれいに見え始めました。

3 東名高速・富士川SA手前


  富士山があまりにもきれいなので、富士川SAへ寄りました。

4 東名高速・富士川SA



■沼津 ICで降りて、「沼津漁港」へやってきました。

5 沼津漁港より富士山



6 沼津漁港より富士山



7 沼津漁港より富士山



  沼津港の大型展望水門びゅうお です。

8 沼津港大型展望水門びゅうお



  沼津魚市場セリ場ですが、もう昼なのでセリは終わっていました。

9 沼津魚市場セリ場



  セリ場の2Fが「沼津魚市場食堂」です。   

  ここで、昼食をとりました。   家内のリクエストです。

10 沼津魚市場食堂



  沼津漁港横の「潮さい市場」を散策しました。

11 沼津・潮さい市場を散策



■その後、修善寺温泉街を巡りました。

12 修善寺温泉街


  ここでも、中国語が飛び交っていました。

13 修善寺温泉・中国人



■さらに南下して、天城トンネル近くになりました。 

   浄蓮の滝の 「伊豆の踊り子」像です。

14 伊豆の踊り子像



  天城トンネル:新道を通る予定でしたが、細い道を登ることにより 「旧天城トンネル」

  にも行けることが判りましたので、行ってみました。

15 天城トンネルの看板



  これが、「旧天城トンネル」です。  トンネルの右側が天城峠へ続く道です。

  「旧天城トンネル」は、天城トンネルよりかなり標高の高いところにありました。

  トンネルのない時代には、右側の小路を通って天城越えをしていたのですね。

       昔の人は、峠を越えるにも大変な難儀をしたのでしょう。

16 天城トンネルと天城峠へ続く道


  天城峠へ続く道を覗いてみたら・・・「天城婆」がいました。

    17 天城峠の婆



  これが、「旧天城トンネル」です。

18 天城トンネル入口



    19 天城トンネル入口・記念撮影



■旧天城トンネルを通って、標高を下げて、早咲き桜で有名な「河津」へやってきました。

  ここから、伊豆半島の東側の海岸線を北上して、「伊東温泉」へ夕刻に到着しました。


20 伊東温泉の宿泊ホテル


  部屋は、6人は泊まれる大きな部屋でした。   

  布団は、丸めてあるので、伸ばしたらすぐに寝ることができる様に準備されていました。

21 伊東温泉の宿泊ホテル・室内



■風呂は、大きな内湯と露天風呂が、男女2つずつありました。

  夕食は、バイキング形式でした。  

  このあたりでは、「金目鯛」の料理が有名です。  

22 バイキング形式
       ↑
      金目鯛


23 バイキング形式
                                                     ↑
                                                 金目鯛の料理


24 バイキング形式


   夜は、早めに休みました。

                                 ・・・・・・・・・・・・ 続きます ・・・・・・・・



トラックバック0 コメント0
青切符
2016-04-09-Sat  CATEGORY: 日記
■新しい車:「ヴィッツ」の「習熟訓練」と「一般道走行の燃費確認」をする為に、出かけました。

  行先は、大阪・千里の「万博公園内」に新しくできた商業施設としました。


  往路は、家内が運転しました。  

  ルートは、阪奈道 → 外環状道路 → 中央環状道をを通り到着しました。

1 ららぽーとEXPOCITY 駐車場



  「ららぽーとEXPOCITY」は、とても大きな商業施設でした。

2 ららぽーとEXPOCITY フロアガイド



  館内は、日本語以外に英語と中国語でアナウンスがありました。

3 ららぽーとEXPOCITY 光の広場



  広いフードコートにて、昼食を摂りました。  家内は、石焼ビビンバ ・・・

4 フードコートにて



  人出は、結構多いのですが、買い物をしている人は少ない様です。

            ほとんどの人が、 ”見てるだけ~”

              我が家も、  ”見てるだけ~”

               景気が良くないのかなあ?   


          ・・・・・・・・・・・・ と言う訳で万博公園をあとにしました。

5 万博公園



■復路は、私が運転しました。

  中央環状道の鳥飼の「新幹線基地に並んでいる700系の車両」を見ながら

  南下しました。  

  そして、大きな「交差点」を通過する際に、信号機が赤になった瞬間に交差点内に

  進入しました。     交差点内を通過る時に、左側にパトカーが見えました。

  すぐに、パトカーがサイレンを鳴らしてやってきました。

  私のことだろうと思い、停止したら・・・やはり・・・「青切符」を交付されました。

6 青切符



  新しい車は、普通のガソリンエンジン車ですが、エコを前面に出しています。

  1,300 cc  99馬力  アイドリングストップ機能を搭載しています。

  メーターの表示を「エコジャッジ」にすると、運転状況が採点されて点数が表示されます。

  採点の点数を80点以上にしようと無理な運転をしたのがいけなかったのです。

7 エコ運転



  帰りにスーパーマーケツトに寄って、自宅まで(1.3km)走行して燃費は11.0km/L

8 今回の走行結果表示
                (走行毎に、燃費を表示します)


  一般道を走行して、平均燃費は、約15km/Lです。   

  スパシオ君の6~7km/Lに比較すると2倍程度走りますので、合格です。

9 今回の走行結果表示 (2)



■青切符の交付を受けたのは ・・・・・・・・・・

  <気を付けて運転しなさい> ・・・と言う戒めだと思います。

           明日から、「安全第一」で運転します。
             


トラックバック0 コメント2
スパシオ君! お疲れさま
2016-04-07-Thu  CATEGORY: 日記

■昨日の夕刻、カローラ「スパシオ」を運転して、近くの公園へ花見に行きました。

  スパシオ君! 長い間お疲れさま!  ありがとう!

         感謝を込めて、慰労のお花見でした。

1 スパシオさん ご苦労様でした


  この車は、サンルーフが付いているので、天井を開けると自然を豊かに感じることが

  でき、お気に入りの車でした。

2 サンルーフを開けて、桜を楽しむ



  私は、この車を「月までの距離」=38万km乗るつもりでしたが、スパシオ君を

  酷使し過ぎるので、引退してもらうことにしました。

  18年半の間、「29万7,870km」、たいした故障もなく無事に走りました

             ほんとうに、お疲れさまでした

3 総走行距離

           最後の本日、日本酒をふりかけて、慰労しました。



      - - - - - - - - - - - - - - - - - -



■そして、本日の午後から新しい車「ヴィッツ」にお世話になることになりました。

  スパシオ君に比較して、室内が狭く、天井も開きませんが、我が家の家計にピッタリです。

4 新しい車



  オプションで、“Toyota Safety Sense C”の先進の衝突回避支援システムを取り付けました。

  このシステムは、「レーザーレーダー」と「単眼カメラ」を併用した検知センサーと、それに

  基づく統合的な制御により、事故の回避や衝突被害の軽減を支援します。

  下の写真は、そのセンサー部分です。   

5 Safety Sense C


  あくまでも、支援なので、運転者自身の操作で安全を確保しなければなりませんが、

  加齢も加わることですし、時代の変化に追従した対応ではなったかと考えています。


  今日、テスト走行を兼ねて、桜井市まで約60km走りました。

  ほとんど、家内が運転しましたが、快適に走りました。



■購入契約時、「カーナビ」のキャンペーンをしていたので、無料のエントリーナビを

  付けてもらったのですが、エントリー型とは言っても、色々な機能がついていますね。

  そのひとつが、Bluetooth(ブルートゥース)です。

  これを設定することにより、「ハンズフリー」で、スマートフォン経由で通話をしたり、

  スマートフォン内蔵の音楽をカーナビで再生することができました。


6 カーナビとブルートゥース    
     (スマートフォンとカーナビをBluetoothで接続して音楽を再生)



  【Toyota Safety Sense C】  ← 勉強になります! クリックしてください。


  【Bluetooth(ブルートゥース)】  ← 勉強になります! クリックしてください。



トラックバック0 コメント2
山の会「4月集会」
2016-04-07-Thu  CATEGORY: 日記

■4月度の山の会の「集会」と「宴会」に参加しました。


  集会の前に、会場のマンション前の公園で、私が呼びかけて、「花見」をしました。

  ちょっとだけ ”カンパイ!”       桜は、満開寸前でした。
  
1 公園でカンパイ



2 公園でカンパイ



■PM3時から、集会が開催されました。

  先月の例会の報告、新入会員の紹介、メンバーのKさんとSさん(ペンネーム)が、

  山の本を発刊しましたので、紹介がありました。

3 集会の状況



  PM4:30から現役の山岳部員4名を迎えて、宴会が始まりました。

4 宴会の状況

  宴会は、7時過ぎまで続きました。



■さて、Kさんは「山と渓谷社」から奈良県の分県登山ガイド<最新版>を発刊しました。

5 奈良県の山



  Sさんも、「山と渓谷社」から台湾の「台北低山散歩」を発刊しました。

  表紙の写真は、「基隆」です。     行ってみたいですね。

6 台北低山散歩の本



  私は、 「岳人4月号」の「笠捨山」の記事のモデルとして登場しました。


7 「岳人」4月号 笠捨山のモデル


  皆さんは、「後期高齢者」に仲間入りしているのに、頑張っていますね。
    





  ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※  ※ ※ ※ ※ 





  帰宅したら 家内が、見て! 見て! と言いました。  

   8 桃と椿の花


       知人の庭で咲いていたものをもらったそうです・・・・・・・・・・


トラックバック0 コメント0
<< 2016/04 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


Copyright © 2019 団塊世代オジタリアン. all rights reserved.