FC2ブログ
2007年夏に定年退職した、団塊世代 普通のオジタリアンの日記
団塊世代オジタリアン
運動会
2015-09-26-Sat  CATEGORY: 日記
■今日は、Rちゃんの運動会です。

  朝早く起きて、車で自宅を出発し、Rちゃんの家に7:15に到着しました。

  婆(家内)は、これから「場所取り」に行くそうです。

  7:30前に幼稚園に到着した時には、既に多くの父兄がゲートの前に並んでいたそうです。

  
  7:30に開門し、婆は運動場に向かって必死に走ったそうですが、良い場所が取れずに

  前から3列目になってしまいました。



■これは、Rちゃんが幼稚園で作った 団扇兼プログラムです。

1 運動会の団扇兼プログラム



  場所取りした婆は、一旦帰りました。  

  そして、集合時間に合わせて、皆で出かけました。  ママが作った弁当持参です。  

2 ママの作ったお弁当



  運動会の入場門です。   幼稚園の横の小学校の運動場を借りての開催です。

3 運動会の会場



  園児が全員集まりました。

  年少さん=3クラス 年中さん=2クラス 年長さん=3クラスの合計146名だそうです。

  年中さんは、2クラス編成なので、一番人数が少ないのかな?と思ったのですが、一番

  人数が多いそうです。   理由は、手間が掛からないのと教室が不足しているからだ

  そうです。

4 園児の席



  Rちゃんは、年少さんなので、オレンジのズボン着用にピンクの帽子クラスです。

       5 園児の席・年少さん



  徒競走前の入場行進です。

6 徒競走前の行進



  ヨーイ!

7 徒競走前・ヨーイ



  ドン!      一番ではありませんでしたが、頑張りました。

8 徒競走



■Nちゃんは、先方のお祖父ちゃんの膝で観戦しています。

9 Nちゃん



  婆と先方のお祖父ちゃんが、祖父母対象のゲーム「おとさないでね」に出場しました。

       10 父兄のおむすび運び競争


 
  昼食前は、リズム「ハイ・ホー」のダンスでした。

11 ハイホーダンス




■昼食は、運動場の隅の桜の木の下にシートを敷いて、皆で弁当を食べました

  しかし、残念ながらビールが飲めませんでした。  

      (アルコールは、ご遠慮ください と事前にアナウンスがあったからです)

12 お弁当


  最近の運動会では、弁当持参で皆が昼食をとることは、少ないと聞いています。

        弁当持参できない、園児、児童への思いやりだそうです。

               
                    どうなんでしょう?




スポンサーサイト
トラックバック0 コメント2
信貴山 散歩
2015-09-22-Tue  CATEGORY: 日記
■Rちゃん、Nちゃんが遊びに来ましたので、WILLを連れて「信貴山」へ散歩に

  行くことになりました。

  WILLは、久しぶりの散歩なので嬉しそうです。

1 WILLを連れてお出かけ



  WILLは、嬉しいのでリードをグイグイと引っ張ります。

2 WILLがぐいぐい引っ張る



  車を近くの駐車場に置いて、信貴山の参道へやってきました。

3 信貴山の橋


4 信貴山の参道



  Nちゃんは、寄り道が大好きです。

5 寄り道


6 寄り道



  紅葉には、まだかなり早いです。
 
7 本堂への参道



  ここから先は、「ペットはご遠慮ください区域」なので、爺と待っていました。


8 本堂への参道



■帰りは、護摩をたく分院の側を通って帰りましたが、孫たちは気持ちが悪いらしく

  近寄りませんでした。

9 護摩をたく



  帰宅して、WILLの体を洗いました。

  散歩は嬉しいのですが、体を洗われるのが嫌いなWILLでした。



トラックバック0 コメント2
佛ケ峰・白倉山
2015-09-20-Sun  CATEGORY: 日記

■山の仲間15名と大峰山系北部(奈良県吉野の奥)の山を歩きました。

  連休中は、全国的には良い天気に恵まれたのですが、山沿いは雲のかかった

  天候でしたので、あまり暑くなくて良かったです。


  橿原神宮前・バス発8:30 → 蜻蛉の滝公園(あきつ小野公園)9:20到着 →

  準備体操後9:45出発 → 蜻蛉の滝9:50~55 → 聖天の窟10:13~17

  稜線で休憩10:55~11:10 → 旧吉野街道出合11:20 → 大谷山11:28

  旧吉野街道出合11:40 →分岐12:10 →分岐12:20 → 左側・鹿除ネット

  → 後半グループ尾根を直進・下ってルートミス → 間違ったピークまで引き返す

  12:52 右折 → 佛ケ峰(昼食)12:12~13:43 →五社峠13:50 →白倉山14:15

  → 白倉山のぞき展望台14:17~14:21 → 白倉山屋根付き休憩所14:30~37

  → 白倉山登山口・下山15:00 → バス乗車15:07 → 川上村トイレ休憩 

  15:15~35 → 橿原神宮前前・到着16:15頃。




  出発地点の 奈良県川上村・あきつの小野公園の看板です。

1 奈良県川上村・あきつの小野公園



  蜻蛉の滝公園手前の広場で、念入りに準備体操をしました。

2 蜻蛉の滝公園手前・準備体操



  公園内の音無川を渡ります。

3 音無川を渡る



  「蜻蛉の滝」へ向かっています。

4 蜻蛉の滝へ向かう



  すぐに、蜻蛉の滝へ到着しました。

5 蜻蛉の滝



  落差が50mありますので、下の滝つぼへ向かっています。

6 滝つぼへ向かう



  「蜻蛉の滝」は、なかなか見栄えのする滝でした。

7 蜻蛉の滝



  元の展望台へ戻っています。

8 蜻蛉の滝・展望台へ戻る


 
   聖天の窟へ向かっています。   左側は深い崖、右側は岩壁がせり出していますので、

  ザックを岩に当てて体が振られない様に注意して登ります。

9 聖天の窟へ向かう



  「役の行者」が籠って修行したと伝えられる「 聖天の窟」へ到着しました。

10 聖天の窟



  鉄の梯子や階段を通って旧吉野街道へ向かっています。

11 旧吉野街道へ向かう



   大谷山668.5mへ到着しました。   視界は全くききません。

12 大谷山668 5m


  
  旧吉野街道を「佛ケ峰」610mへ向っています。

13 か佛ケ峰610mへ向う


  
  私を含む後半グループ5名は、赤い色をした珍しいキノコの写真を撮っていましたので、

  先半グループから離されてしまいました。

  追いつこうと、ルートを考えずに尾根を直進しましたが、高度が下って道がなくなり、ブッシュ

  の中へ迷い混んでしまいました。  ルートミスです。

  間違ったピークまで引き返し、90度右折して正規のルートに戻りました。

  「佛ケ峰」610mへ到着しました。  ルートミスで、22分遅れての 昼食となりました。

14 佛ケ峰610m 昼食



■昼食後、五社峠を通り・・・・

15 五社峠



   鹿塩神社の横を通って、すぐに急な山道を登り切りました。

16 鹿塩神社



   眼下に、登山を開始した西河の集落から、登った大谷山、そして縦走した稜線を

  望むことができました。

17 西河の集落と縦走した稜線



  「白倉山」587.7mから100m先に進んだ展望台手前の様子です。

19白倉山587 7m 休息所 (2)



    白倉山の屋根付き休息所で、しばらく休憩しました。

19白倉山587 7m 休息所 (1)



  白倉山登山口までは、以外と早く降りることが出来ました。

  その時はちょっと、「歩き足らない感じ」でした。 

20 白倉山登山口



  バスに乗って、橿原神宮前駅へ戻りました。

21 マイクロバスへ



■しかし、最近の運動不足のせいか? 加齢で体力が低下したせいか?

  すっかり、疲れてしまい、ビールを飲んで帰宅する気力がありませんでした。


                ダメですねえ~!



トラックバック0 コメント0
インターネットの国勢調査
2015-09-14-Mon  CATEGORY: つぶやき
■国勢調査の調査員が「インターネット回答の利用案内」を持ってきました。

  家内が自宅にいましたので、ID、パスワードが記載された用紙も手渡しされました。


 
  日本は、欧米先進国に比較して、業務効率の悪い国だそうですので、

  是非とも、インターネットで回答したいと思っていました。

         (少しでも、効率の良い業務に貢献したい!



  家内をパソコンの横に座らせて、サイトを開きました。
  
1 国勢調査



   ログイン画面

2 ログイン



  全体の構成説明

3 全体の構成



  調査は、世帯員から始まります

4 世帯員



  入力した内容を確認後、送信したデータを保護するためのパスワードを掛けます。

5 送信したデータを保護するためのパスワード



  最後は、アンケート入力して送信しました。    次回もインターネットでします・・・・と・・・

6 アンケート




■操作は、誰にでもできる様に簡単でした。

  しかし、質問内容は、これでホントに国政調査に役立つのか?心配になりました。

               (前回と同様にほぼ毎回同じ様な内容)

  この程度の調査内容であれば、市町村が保有しているサーバーからデータを

  ダウンロードして加工すれば、間に合いそうです。


  今回の国勢調査の経費は640億円

  その大半を占めるのが人件費。

  ・調査票を配布して回答を集める全国約70万人の国勢調査員の人件費が、約380億円。

  ・調査員を指導する約10万人の国勢調査指導員の人件費が、約58億円。

  ・国勢調査コールセンターにかかる費用が約10億円

  ・広報活動にかかる費用が約6億円など

  ・調査票の回収率を100%にするために、未提出の世帯には、再度調査員が訪問

  ・それでも調査票の提出がない場合は、聞き取り調査を実施。


  全員が、インターネットで回答すれば、数億円か数十億円ですむはず!

             あ~っ  国の借金が積み上がる!




トラックバック0 コメント0
しまなみ海道(自転車で、広島県から愛媛県へ)
2015-09-13-Sun  CATEGORY: 日記

■下関へ帰省した帰りに、「しまなみ海道」へ寄り道をしました。

  家内にしまなみ海道を体験させたかったからです。


  新尾道大橋を渡り、因島大橋を渡っています。

1 因島大橋



  生口橋を渡っています。

2 生口橋



  生口島北ICで降りて、海辺の国道317号線を通って、サンセットビーチへやってきました。

  ここで、タンデム自転車(2人乗り)を借りる予定でしたが、生口島以外は走行できない

  とのこと。  (日本は、規制が多すぎますネ)

  やむなく、電動自転車を借りることになりました。

  電動自転車にした訳は、浜辺の道から橋の入口までは、かなりの高度差を登らなければ

  ならないからです。

  サイクリングの準備は何もしていませんので、家内はスカート姿、首にタオル(日帰り

  入浴用)、軍手(タイヤチェーン交換用)をして出発です。

3 瀬戸田サンセットビーチ



  ルートは、広島県の生口島から多々羅大橋を渡って、愛媛県の大三島、伯方島、大島を

  往復する約20kmです。

4 走行地図



  生口島の海岸を走っています。  前方に多々羅大橋です。

5 サンセットビーチから多々羅大橋へ



  ミカン畑の坂道を登っています。   電動なので楽ちんです。

6 多々羅大橋のたもとへ向かう



  多々羅大橋の料金所 ・・・・ 現在、自転車は無料(キャンペーン中)です。

7 多々羅大橋の料金所


 
        
       8a(大) 多々羅大橋を渡る もうすぐ愛媛県  ← クリックすると大きな写真となります。

                     海峡上の高い道を進みますので、気持ちがいいです。



  多々羅大橋を渡り切ろうとしています。  愛媛県に入りました。

  前方下側に「道の駅」多々羅しまなみ公園が見えます。  

  この公園まで降りて、その先の海岸線をまだまだずっと進みます。

20 道の駅 多々羅しまなみ公園



  海岸線を3km程走り、ミカン畑の道を登ると大三島橋が見えました。

9 大三島橋遠望



  大三島橋もスイスイ!

10 大三島橋を渡る


19 大三島橋を渡る


 
  しまなみ造船所の横を通り ・・・・・

11 しまなみ造船所



  道の駅 伯方SCパークに到着しました。

12 道の駅 伯方SCパーク


 
  ここで、昼食をとりました。   家内は、シラスかき揚げ丼です。

       13 しらすかき揚げ丼



■家内は、昼食後サンセットビーチまで先に戻ることになりました。

  私は、もっと先の「伯方・大島大橋」まで行きました。


  「大島大橋」を渡りきった地点です。  私はここで、引き返しました。

14 大島大橋



  多々羅大橋まで、戻ってきました。  

  この時点で、家内は既にサンセットビーチまで戻って来ていました。

15 多々羅大橋まで戻る


  私は、電動自転車のモードを「通常のエコモード」から「パワーモード」に切り替えて

  必死でサイクリング車を追い抜きました。   その姿は、滑稽だったでしょう!

  総時間は、3時間半でした。  電動自転車のバッテリの残量は80%でした。

        初めて、電動自転車を体験しましたが、優れものでした。

        しかし、電動自転車でのサイクリングは、「ズル」ですね!

    


■私は30年位前、転勤で広島へ7年半勤務したことがあります。

  当時は、生口橋、多々羅大橋、来島海峡大橋は建設されていませんでした。

  私は、車が安全に走行する為の情報システムを点検するために、メーカーの

  主任技術者として年に一度ここへ出張に来ていました。  

  の部分の橋梁にも、登っていたことが、懐かしく思い出されます。

0 昔の思い出
      

  私は、尾道から今治まで全線70数kmをサイクリングしてみたいと思っているのですが、

               家内は、お尻が痛くなるのでイヤだと言っています。




続きを読む
トラックバック0 コメント0
居酒屋
2015-09-12-Sat  CATEGORY: 日記
■木曜日の晩から、家内と下関へ帰省しました。

  夜間、家内と運転を交代しながら山陽自動車を走りました。

  いつもなら、広島付近で夜が明けるのですが、今回は岡山で夜が明けてしまいました。

  体力が落ちてしまい、SAで爆睡する時間が増えたのが、理由です。


  途中、山口市の家内の友人宅にも寄って、コーヒー等をいただきましたので、両親が

  お世話になっているケアハウスに到着したのは、11時になってしまいました。


  両親は、高齢ながら元気でした。

  午後、両親、施設の責任者と交えて、ケアーマネージャーから話がありました。

  この日と次の日は、妹宅へ泊まりました。



■土曜日の夜は、下関で一番と評判の居酒屋「まんなおし」に行くことになっていました。

  メンバーは、K小学校6年1組の友人と3人の予定でした。

  「下関で一番と評判の居酒屋」に行くなら、家内と妹も行ってみたいと言うことになりました。

                (妹は、私の友人をよく知っていますので・・・・・・・)



  居酒屋の場所は、下関漁港のすぐ近くでした。

1 下関漁港



  とても、人気のある居酒屋だそうで、友人が予約してくれました。

  予約していないと、いつも満席で店に入れないそうです。

2 居酒屋・まんなおし



  我々は、営業開始時間の30分前に到着し、宴会を始めました。

  営業開始の17時過ぎには、すでに満席となり、後から来るお客さんは断られていました。


  友人のお勧め料理は、カワハギとタイ、フグなどの刺身、各種魚の煮つけでした。

  下関では、フグのことを「フク」といいます。  「福」に通じると言われているそうです。

3 居酒屋・まんなおしの料理



  ステーキ(食べやすく切っている)、海老のから揚げも・・・・

4 居酒屋・まんなおしの料理



  最後は、魚のあらの入った味噌汁と焼きおにぎりでした。

5 居酒屋・まんなおしの料理


  昭和の雰囲気の魚の美味しい炉端焼き居酒屋で、コストパフォーマンスも良かったです。

             下関【まんなおし】 ← クリック



■私が小さい頃、「運」のことを「まん」と言っていました。      インターネットによれば、

  「まんなおし」とは、 不運を直して幸運にしようとする行い。  縁起直し。  験 (げん) 直し。

   不漁が続いたときに行う縁起直しのための行事。

  神社にこもったり盛大な酒宴をしたりする験 (げん) 直し ・・・・・・・ との事。


  今年の年末も、年に一度の「ジャンボ宝くじ」を購入する予定ですが、

            「まんなおし」ができるか? 否か?



トラックバック0 コメント0
大規模修繕工事が始まる
2015-09-05-Sat  CATEGORY: 日記
■9月1日より、マンションの大規模修繕工事が始まりました。

  下は、「工事工程表」です。    工事完了は、来年の1月です。

1 大規模修繕工事・工程表



  1日にプレイロット(中庭の遊び場)に現場事務所、材料倉庫が設置されました。

2 プレイロットの現場事務所



  エントランスには、「工事用掲示板」が設置されました。

  週間工事予定と明日の予定の掲示、工事業者と住居者のコミュニケーション ボードです。

3 エントランスのお知らせ板




■大規模修繕工事は、自治会役員と管理会社が1年前から、計画を進めてきました。

  工事施工業者の入札選定、工事監理業者の選定、自治会総会の開催を経て承認し

  やっとここまでこぎつけました。


  今後は、足場の設置 → 劣化部調査・下地補修 → シーリング → 高圧水洗浄 →

  外壁塗装・鉄部塗装 → 床等の防水 → 足場の解体 と工事が進む予定です。

  更に別工事として、共用部分の照明(約220ケ所)を全て「LED照明」へ切り替ます。


  各入居者家庭の工事費用の負担額は100万円を越えますが、毎月の修繕積立金は、

  結構高額なので、充分に費用を賄うことができます。


トラックバック0 コメント0
<< 2015/09 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -


Copyright © 2019 団塊世代オジタリアン. all rights reserved.