FC2ブログ
2007年夏に定年退職した、団塊世代 普通のオジタリアンの日記
団塊世代オジタリアン
格安スマートフォンは、満足!
2015-05-31-Sun  CATEGORY: 日記
■昨年の12月より、家内と共に「携帯電話」から「スマートフォン」へ切替ました。

      【新しいスマートフォン】  ← クリックしてみてください。

  
  スマートフォンを選ぶ際の最重要項目点は、毎月支払う「金額」でした。

    ① 契約料金内で、1回あたり10分以内の国内通話が月300回無料。

    ② データ通信容量は、月1G Bまでと最低の容量としました。

  データ通信容量が、1G B以内で収まるか?、全く自信がありませんでした。

  なるべく、家庭内の無線W I-F I を使用する様に努力しました。



100 我が家のWI-FIシステム図



         101 我が家のWI-FIシステム図  ← クリックしてください。 大きくなります。



■その結果、2人合計の毎月支払う金額は、目的金額の携帯電話以下になりました。

  2月までに、料金が高いのは、事務手数料を支払わない替りにオプション契約に

  加入したからです。  (もう既に、オプション契約3000円を解約しました)

     4月の確定料金 = 8,575円    (2人合計・消費税込み)

     5月の予定料金 = 8,345円    (2人合計・消費税込み)

     (時々、10分以上の電話をしてしまい、追加料金がかかってしまうことがあります)     

      105 過去の通信料金



■さて、肝心の「毎月のデータ通信容量が、1G B以内で収まるか?」の点ですが、家庭以外

  で、動画や多くの写真を見なければ、何とか1G B以内に収まることが判りました。

      107 通常のデータ使用量



  ところが、今月両親がお世話になっているケアハウスを訪れた際に、「W I-F I デザリング

  機能
」=スマートフォンをW I-F I ルーターとしてパソコン等に接続する機能

  を利用して、「グーグルマップ」と「グーグルアース」を父親に見せました。

         この時のデータ通信がひと月の半分近くの容量を使用しました。

      108 データ使用量が多い5月


  契約のデータ通信容量1G Bを超えると、極端に通信速度が下がりますので、写真を

  表示するのに多くの時間を要します。

  しかし、文字は比較的早く表示されますので、ニュースを見るだけなら、支障はありません。



■スマートフォン本体は、中国のブランドですが、価格が安い割合に性能は良いので、

  満足しています。   (端末代金は、@1,620円/月)

  CPUは、1.6 GHzクワッドコアで、液晶ディスプレーも見やすいです。

  増設メモリースロットは、32GBまで増設できるので、安いカードを買って、データを

  たくさん保存して楽しんでいます。

  キャリアの通信回線網も問題ありません。

         格安 スマートフォンの評価は、合格! 満足しています。


■家内は、最初携帯電話の方が良かったと言っていましたが、最近では、インターネット、

  LINE、FaceBook等を利用して楽しんでいます。


         年金生活者の皆さんには、格安スマホをお奨めします。


スポンサーサイト
トラックバック0 コメント2
金剛山登山・妙見谷
2015-05-23-Sat  CATEGORY: 日記
■運動不足解消の為に、家内と金剛山登山をすることになりました。

  ルートは、通常の登山道でない「妙見谷」を遡行しました。


  妙見谷の登山口は、妙見橋(鱒の養殖場に近い)からです。 (10:05)

1 金剛山登山・妙見谷・入口


  車の通れる道がなくなると傾いた梯子が現われます。

2 妙見谷


  「妙見の滝」高さ15mです。 (10:35)

3 妙見の滝


  妙見の滝の右側を巻いて登ります。

4 妙見の滝


  妙見谷に沿ってなるべく忠実に遡行しています。

5 妙見谷を遡行


  沢を遡行できない所は、崖を登ります。

6 遡行できない所は、崖を登る


  だいぶん、水量が少なくなりました。

7 妙見谷


8 妙見谷を遡行


  急な斜面です。  苔で足が滑らない様に気を付けて!

9 妙見谷を遡行


  妙見谷の上部になりました。  水流がすっかりなくなりました。

  斜面の角度も急になりました。

10 妙見谷を遡行・上部


  頂上の茶店前に12:40に到着しました。

  頂上の広場で記念撮影をしました。 多くの人達が弁当を広げて休息していました。
  
11 金剛山・頂上到着



  私たちは、これでカンパイしました。    (この為に、電車とバスで来ました)

12 茶店の前でカンパイ


      13 茶店の前でカンパイ


  私は、まだ物足りないので、ザックの中で冷やして持参した○ールで再カンパイ!

14 茶店の前で追加のカンパイ


  金剛山転法輪寺を巡って ・・・・

15 金剛山転法輪寺


  ちはや園地を経由して伏見峠へ向かっています。

16 伏見峠へ向かう


  伏見峠からの下山の途中、「笹の葉」で作った水飲み場がありました。

17 湧き水


  14:55ロープウェイ乗場のバス停に到着しました。

18 ルート図


■今回、妙見谷を遡行しましたが、あまり人が入ってないルートなので、一般的には、

  お奨めできません。  私達が出会ったのは、妙見谷の上部で、下降する男性2人に

  出会っただけでした。

    
       家内は、”もう 妙見谷 には行きたくない” ・・・ と言っています。



トラックバック0 コメント0
オープンカフェ
2015-05-17-Sun  CATEGORY: 日記
■私は、「オープンカフェ」が大好きです。  (だけど、行ったことは皆無に近いです)

  家内の還暦の前祝いに行く事にしました。

  JR大阪駅の北側が、「グランフロント大阪」です。

1 グランテロント大阪・入口


  天気が良いです。 ビル前のうめきた広場では、子供たちが水遊びをしていました。

2 水場で水遊び



■グランフロント大阪の南館と北館の間の「けやき並木」通りにオープンカフェがあります。

3 オープンカフェ


4 オープンカフェ


  さっそく、通りの椅子に座りました。

5 オープンカフェ


■まず、「ギネスビール」からです。   もうすぐ60歳! カンパイ!

6 ギネスビール


  私は、肉料理を注文しました。

7 肉料理


  家内は、魚料理を注文しました。

8 魚料理


  5月のすがすがしい風と新緑の樹の下のオープンスペースでの食事は最高です。

9 家内・アップに絶えることがてきない


  私のデザートは、イチジクのケーキです。

  日本のケーキは、甘さ控えめが多いのですが、ここのケーキは、ヨーロッパ並みに甘いです。

           (ヨーロッパでは、甘くなければケーキではないと言う考え方が普通の様です)

10 デザート


  緑の雰囲気の中で、ゆっくり時間をかけて食事をしました。

  支払いは、テーブルで済ませました。  (欧米風ですね)

11 オープンカフェ


12 オープンカフェ



■さて、私が「オープンカフェ」が好きになったのには、理由があります。

  35年前に初めてのヨーロッパの国 : ギリシャに行きました。

  ギリシャで、初めて「オープンカフェ」を見ました。

  コーヒーを飲むのにも、こういう面白い方法があるのか?と文化の違いに驚きました。

       13 初めて見たオープンカフェ
             (アテネ市内にて・・・35年前)


■ヨーロッパでは、いたるところにオープンカフェがあるのですが、日本では規制が厳しく

  あまりありませんでした。   

              ようやく、普及し始めて、嬉しいです。

 

トラックバック0 コメント0
鳥見山・貝ヶ平・香酔山
2015-05-09-Sat  CATEGORY: 日記
■山の仲間と奈良県の鳥見山(734.4m) ・ 貝ヶ平(821.7m) ・ 香酔山(795m) を巡りました。

  近鉄・大阪線の榛原駅に9:30集合しました。

1 近鉄・榛原駅集合



  今日は、軟弱的に12名が3台のタクシーに分乗して、「鳥見山公園」へ到着しました。

  9:50到着です。    準備体操もなく、出発しました。

2 鳥見山公園到着


  ツツジがきれいです。     鮮やかな色のツツジもありました。

3 鳥見山公園・ツツジ


4 鳥見山公園・ツツジの中を行く


5 鳥見山公園・ツツジの中を行く


6 鳥見山公園・ツツジの中を行く


  鳥見山の展望台から、宇陀市の街並が見えました。

7 鳥見山・展望台


  10:30~10:40  鳥見山

  杉林の中を進みます。

8 杉林の中を進む


   貝ケ平山に到着しました。    ここで、ちょっと早い昼食となりました。

  皆で喋りながらの昼食は、美味しいです。      11:30~12:05

  私はスーパードライの超辛口と成城石井で買ったドイツビールを飲みました。  

  女性陣からは、パイナップルの冷えた物、お菓子などの差し入れがありました。

9 貝ケ平山 到着


  香酔山へは、縦走路を外れてアップダウンのある尾根を行きました。

  貝ケ平山と同じく香酔山も展望がききませんでした。

10 香酔山 頂上


  下山ルートの途中の崖で、貝の化石を発掘することができるそうです。

  石と石をぶつけて石を割っています。

11 貝の化石を探す


  Oさんが、「貝の化石」を発見しました。    これがそうです。

12 貝の化石・発見


  13:40 登山口(青龍寺)へ下山しました。

  私が持参した「冷えたライチ」を皆で食べて、タクシーが来るのを待ちました。

14 登山口へ到着


■近鉄・大阪線の榛原駅に到着したのが、14時半前でした。

  この様に早く下山した山行は、初めてですが、体力の低下を感じる私は大賛成です。

       ツツジと新緑がとてもきれいで、リフレッシュしました。


      しかし、4月に行ったスキーで右膝の調子が悪いのですが、今回の山行で、又悪化した様です




トラックバック0 コメント0
連休 最後の日
2015-05-06-Wed  CATEGORY: 日記
■5月連休最後の日は、予定がありません。

  天気が良いので、Rちゃん Nちゃん宅へ行くことにしました。


  WILLは、いつも留守番をしているのですが、今日は”出かけたいワン”と言いますので、

  連れて行くことになりました。

  WILLは、「車に乗るのがとても嫌い」です。 

  車に乗るといつも ”クウ クウ” と声が涸れる程に泣き叫びます。

  今日も車に乗ると到着するまで、”クウ クウ” と泣き叫んでいました。



■Rちゃん宅に到着しました。

  パティオ(中庭)にポールを放してもらい遊んでいます。

1 パティオ



  パティオだけでは、つまらないので、近くの公園へ遊びに行きました。

  Rちゃんは、WILLと遊べて嬉しそうです。

2 WILLの散歩


    3s WILLの散歩



■遊具のある所に遊びに行きました。

  ところが、「犬などの動物は立ち入り禁止」でした。

  仕方なく、WILLは、皆が帰るまで待っていました。  

4 WILLが待機



■しばらく遊んで、Rちゃん宅へ帰りました。

  WILLは、”自転車に乗りたいワン” と言いますので、乗せてやりました。

    5s WILL自転車に乗る


  Nちゃんは、疲れて爆睡しています。

     6 Nちゃんお疲れ


         連休最後の日も、平凡に過ぎていきました。



トラックバック0 コメント0
新しい 自転車
2015-05-05-Tue  CATEGORY: 日記
■連休前に、新しい自転車を購入しました。 

  古いママチャリは、何度パンク修理をしても、チューブが劣化しており、

  すぐに他の部分から空気が抜けてしまうので、修理を諦めました。

     価格は、9,800円だったかって?   もう少し高いですヨ!


  今日まで、自転車を「玄関」に置いていました。  

  以前、新しく購入した自転車をすぐに盗まれた経験があるからです。

  駐輪場に、鍵とチェーン止めをして置いていたのですが、チェーンを切られて盗まれました。 

             そのイヤな経験を防ぐためです。 

1 新しい自転車購入


  新しい自転車は、6段変速なので、運転が楽ちんです。

2 新しい自転車 6段変速



■玄関に置いておくと、盗難にあうことはありませんが、玄関が狭いので不便です。

  そこで、「盗難にあい難い様に」 WORDで「注意書き」を作成しました。

         サイズはA4で、ラミネート加工をしています。

  今日から、「駐輪場」に置きますが、「注意書き」を荷台にひもで括り付けます。

  駐輪場に監視カメラが設置されているのは事実ですが、「GPSにて位置管理中」はウソです。

             盗難防止の効果は、あるでしょうか?

      3 盗難防止ラミネータ・シート




■さて、今日は天気がよいで、少し遠出に出かけることにしました。

  大和川(一級河川)に沿って、奈良県から大阪府へ入りました。

  鯉のぼりが、河いっばい泳いでいました。

4 大和川の河川敷


  大和川は、以外ときれいでした。   以前は、日本で一二を争う汚染された河でした。 

5 大和川の河川敷



■大和川沿いから外れて大阪市平野区の昔お世話になった場所にやって来ました。

  懐かしい場所ですが、ビルがなくなって更地になっていました。

       まさかと思われるほどの早い時代の流れ(衰退)です。 

6 大阪市・リタイア前の勤務場所



■さて、気を取り直して、『八尾空港』へやって来ました。

7 八尾空港


8 八尾空港・吹き流し


  遠くに小型機が並んでいました。

9 小型機が見えた


  フェンスの外側からですが、近寄って写真を撮りました。

10 小型機


  ヘリコプターもいました。

11 ヘリコプター


  子供連れの家族がいました。  小型機やヘリコプターが飛行していました。  

12 飛行中


              【八尾空港】   ←  クリックしてください。


  八尾空港を出発したのが、17時をかなり過ぎていました。

  自宅に到着したのは、薄暗くなりかけていました。   走行距離は、30km位かな?

  初走行の自転車でしたが、まあまあの乗り心地でした。

         駐輪場に置く際は、「盗難防止」の「注意書き」を

                 しっかりと 括り付けておきました。



トラックバック0 コメント0
帰省
2015-05-04-Mon  CATEGORY: 日記
■5/01(金)の夜11時に自宅を出発しました。

  家内と交代で車の運転をしましたが、疲れの為、岡山の備前SAで爆睡してしまい

  朝が明けてしまいました。

  すっかり朝になってしまった広島県の宮島SAからの景色です。  

1 山陽自動車道・宮島SA


  山の様に見えますが、「宮島」です。   厳島神社もかすかに見えます。

2 山陽自動車道・宮島SA



  宮島SAに、「デコレーション トラック」が停まっていました。  これは、凄いです。

3 デコレーション トラック


4 デコレーション トラック



■11時間かけて、下関市の妹宅へ到着しました。

  昼食を摂って、休息した後に、両親がお世話になっている「ケアハウス」を訪問しました。


  当初の予定では、5/15から着るものを「冬物から夏物」に入れ替える予定で

  帰省予定でしたが、父親が「腎盂炎」と診断されたので、急遽帰省することになりました。

  主治医の薦めで大きな病院で診断した結果、「入院」がベターと言われましたが、

  父親は、入院しないと言いますので、主治医に治療をお願いすることになりました。

  父親は、ちょっと熱があるものの、元気にしていました。

  母親もディサービスに出掛けていましたが、元気でした。  まあ、一安心です。



■ケアマネージャーの事務所を訪問した後、いつもの「見慣れた山陰海岸」 を

  訪れました。

5 見慣れた山陰の海岸


  すぐ横の「保守的な波止場」です。  帰省する度に飽きもせずに毎回行くので、

  我が家では、この様な呼び方をしています。

6 見慣れた山陰の漁港



■夕刻、妹宅に戻って、新鮮な魚中心の「夕食」をいただきました。

  さて、「ビール」を飲んでいる時に、ビール缶を傾けると缶の中で微かに音がします。

  缶切りで、蓋を開けてみると、なんと「白いボール」が入っていました。

  これは、てっきり「異物混入」と思い、写真を撮りました。

  メーカーに連絡すると、「お詫びに1年分のビール」が届くかも ・ ・ ・ ?

    7 ビール缶内のなぞのボール


  翌日、姪夫婦たちがやって来て、この「白いボール」は、クリーミィな泡を作るための

  「球型カプセル」だということが判明しました。   しっかりと説明書きがありました。

                     な~んだ! 

8 ビール缶内のなぞのボールの説明



■翌日は、妹宅でゆっくり休息したのちに再度「ケアハウス」を訪問しました。

  午後3時頃になって、小学校時代の友人宅を訪問しました。

  美味しい料理をたくさん出してくれましたが、その中のひとつが、「焼カレー」でした。

  カレーライスに とろけるチーズ、玉子を入れてオーブンで焼いたものです。

              なかなか、美味しかったですよ。

  我が家でも、次回カレーの時に、やってみたいと思いました。

9 焼カレー


■夜8時頃、奈良へ向けて出発しました。

  交通量が多いこと、雨天であること、夜間であること、疲れている等の条件が重なり、

  途中のSAで、爆睡してしまい、13時間を要して翌日到着しました。


  平凡な帰省でしたが、この歳になると、何の変化のない平凡が一番幸せなのかも

  しれません。



トラックバック0 コメント0
<< 2015/05 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


Copyright © 2019 団塊世代オジタリアン. all rights reserved.