FC2ブログ
2007年夏に定年退職した、団塊世代 普通のオジタリアンの日記
団塊世代オジタリアン
生活防衛の「節約法」アンケート
2014-02-28-Fri  CATEGORY: 日記
■私は、退職者が加任意入する「社友会」(年会費が必要)に加入しています。 

    (最近では、加入してもあまりメリットがないので、退会する人たちが多いと聞いています)

  その社友会より、往復はがきのアンケートが届きました。

1 生活アンケートはがき


  消費税増税まで、あと1ケ月となり、TV番組でも駆け込み購入した方が得か?損か?

  の番組が多くなっています。

  定年退職者にとっては、4月より「生活防衛」が切実な問題として降りかかってきます。

  そこで、あなたの「節約法」について お伺いしたいと云うアンケートです。

2 アンケートはがきの主旨


  アンケートの設問は、次のとおりです。

3 アンケートはがきの設問


  我が家は、幸いなことに、年金以外に「ささやかなパート勤務収入」がありますので、

  なんとかなりますが、年金収入だけの人は切実な問題でしょうね??


■その他、我が家の節約法については、 ①旅行にはLCC等 格安の航空機を利用する。

  ②車利用の際には、ETCの夜間割引や夜間に移動して宿泊費を削減するなどを

   紹介しました。   

        暖かくなったら、割引! 格安! と言いながら生活しましょう!


  
スポンサーサイト



トラックバック0 コメント2
グアム旅行・雑感
2014-02-22-Sat  CATEGORY: 海外旅行
■グアム旅行に行ってから、1ケ月が経過しました。

  歳をとると、月日が経つのがとても早く感じられます。

  帰った当初は、いろいろと伝えたいことがあったのですが、歳のせいでしょうか

  だんだんと熱意が冷めてしまい、記憶も薄れてきました。

  強く記憶に残っている点のみ、列記してみたい思います。



「円安」で、日本円の価値の低下をヒシヒシと感じました。

  ・関空での両替(1/22)    30,000円≒$281     ($1≒106.8円)

  ・グアムDFSで両替(1/24) 20,000円=$181.87  ($1=109.97円)

  ・グアムDFSで両替(1/25) 10,000円=$90.49   ($1=110.51円)

     (一般的には、どこの国でも、怪しげな両替所に行った方がレートは良いですね)
  
    円高の頃は、10,000円札一枚で、$125程度はあったはずです。


  本来、円高は国の経済力が強いことを示しており、その方が国民は暮らしやすいはず

  なんですが、政府と日銀が輸入品の物価安の利点を犠牲にして、円安に誘導しました。

  しかし、目的のひとつの輸出は回復していません。   

  年金生活者など、賃金が上昇する可能性の無い人たちは、円高の方が良いですね。


グアムの物価は、どの程度なのでしょうか?   (ABCストアの価格です)

    ・ビール GUAM   $2.39      ・ポテトチップス   $3.99
  
    ・ビール ハイネケン $1.99      ・カップヌードル   $3.35

    ・伊藤園 日本茶   $2.99      ・ミネラルウオーター$0.99

    ・ いなり寿司      $4.59      ・ カットフルーツ   $4.50 
 
  グアムには、消費税はありませんが、店舗で6%の「売上税」を徴収するらしい

  のですが、レシートを見る限りでは、内税の様です。

       日本と物価は同じかやや高い感じがしました。

  以外と旨かったビールは、これ$2.39でした。

1 グアムビーム
     
  ガソリンスタンドのガソリン価格は、1ガロン=$4.95

           1リットル ≒ 130円程度で、思った程安くなかったです。

  ホテル内の売店にお茶(ペットボトル)を買いに行きました。

  日本製のお茶は、$4です。

  台湾製の「日的」と表記されたお茶(容器が500ccより大きい)は、$3でした。

  日的とは、日本的という意味であり、品質が良いと云う意味に使用されています。

  台湾製の「日的」お茶は、日本製より安かったのですが、けっこう美味しかったです。


■移動には、頻繁に走っている「赤いシャトルバス」を利用しました。

         2 赤いシャトルバス


  その「バス亭」の看板の一面は、日本語で書かれています。 

  日本人の観光客が、一番多いからでしょう!

    3 赤いシャトルバス・バス停 jap


  しかし、その裏面には、韓国語が大きく表示されており、中国語も添えられていました。

    4 赤いシャトルバス・バス停 KOR

  韓国や中国が着実に経済力をつけている証拠でしょう。


■タモン湾のポリス ステイションです。 

5 ポリス ステイション


  その前の駐車場に駐車していたパトカー?の車体の前には、何か金具の様なものが、

  付いていました。    何に使うのだろう?   判りませんでした。

6 パトカー?


■恋人岬に行く途中のことです。   

  赤いシャトルバスに乗っていたら、ジェット機のエンジン音がすると家内が言いました。

  その方を見ると、 【B52戦略爆撃機】 がタモン湾沖に遠くになつりりありました。

7 B52戦略爆撃機・遠望


  拡大して見ると ・・・・・・   黒い怪鳥が・・・・

8 B52戦略爆撃機

  昨年 中国が、事前連絡なしに「防空識別圏」を設定した際に、B52戦略爆撃機が

  識別圏内を飛行して、中国の出方をチェックしましたが、やはりこうして、グアム島北部の

  アンダーソン空軍基地から飛び立ったのでしょうね。  


■38年ぶりのグアム島は、すっかり変わっていました。

  多くのチャモロ人たちが、観光産業に携わっており、多くの雇用が生まれていました。

  私は、もう訪れることはないと思いますが、もし訪れる機会があれば、「セスナ機の操縦」

  と「島内一周のドライブ」をしてみたいと思います。

        グアムでは、他にも日本では体験出来ない遊びがいろいろとできますので・・・・       



トラックバック0 コメント0
有馬温泉 (2/14~2/15)
2014-02-15-Sat  CATEGORY: 日記
■昨日、雪の六甲山を越えて有馬温泉へやってきました。

  ホテルの窓から、有馬温泉街の景色です。

1 ホテルの部屋から温泉街


  露天風呂です。  冷えた体を温めました。

  露天風呂の庭の木々に雪が積もっており、趣きがありました。

2 露天風呂
            (同ホテルのHPから借用しました)



  夕食は、午後7時から・・・・・生ビールが加わりました。

3 夕食風景


4 夕食・料理


5 夕食・料理


6 夕食・料理デザート

  美味しかったです。  腹いっぱいになりました。


  洋室と和室が続いている部屋に、全員が集まりました。

  バレンタインデイです。 Kaさんが、皆さん全員へGODIVAのチョコレートを

  ブレゼントしました。    Kさんがひとりでもらった様に、満願の笑み・・・・・・・

7 バレンタインデー



 朝 ぁ~!

8 翌朝・・・


  朝食は、8時から・・・・・・

9 朝食風景


  フィギュアスケートの羽生選手の金メダルを祝して、ちょっとだけ、カンパイ!

10 朝食


  レストランで、食後のコーヒーを ・・・

11 レストランでコーヒー

  このホテルは、Kaさんが会員になっている関係で宿泊できました。
     
              Kaさん ありがとうございました。

  11時にチェックアウト ・・・・・ 全員集合! 
                               12 全員集合
 
  バスで、阪神・芦屋駅へ行きました。

13 バスで芦屋へ


14 バスで芦屋へ



■大阪地下鉄・四つ橋線・本町駅で下車して、「フォトクラブ大峰」の写真展へ寄りました。

15 写真展へ


  Koさんの説明で、「世界遺産・紀伊山地の四季」の写真を観賞しました。

16 写真展
               (Mさんより、写真提供)

                                                   end

トラックバック0 コメント0
雪の六甲山を行く
2014-02-14-Fri  CATEGORY: 日記
■朝、自宅を出発する時は、道が真っ白くなっていました。

  雪の為、電車が遅れていました。

  集合場所の「阪急・蘆屋川駅」前です。

  メンバーのKaさんが乗った電車が、雪と人身事故のため、大幅に遅れています。

  1 阪急蘆屋川駅


  乗車予定より1時間後の、バスを待っています。

  バスは、タイヤチェーンの音をガラガラと発しながら、やってきました。

2 阪急芦屋川のバス停


  バスは順調に登っていきますが、対向車線では雪で立ち往生している車がいました。

  11:05 バスは、「東お多福山登山口」へ到着しました。

3 東お多福山登山口のバス停


  私達5名(内女性1名)は、スパッツを付けて、いざ出発!  最短ルートを選びました。

4 登山開始


  12:00 分岐点である七樋割峠を出発。  蛇谷北山 → 石の宝殿 → 六甲山最高峰

  へと向かいます。    登山道はすぐに急な雪道となりました。

5 急な斜面の登りが続く


6 急な斜面の登りが続く


  稜線からの景色です。  雪が降っていますので、遠くまで見通せません。

7 稜線からの景色


  登山ルート途中の蛇谷北山標高840mに到着しました。

8 蛇谷北山840m


  ルートには、急な下り坂もありました。

9 急な斜面を下る


  「石の宝殿」まで、もう少し・・・・・ 雪をかぶった林の中を進みます。

10 石の宝殿までもう少し


  石の宝殿に到着しました。  ここから、東六甲ドライブウエイを進みます。

11 石の宝殿


  道路は、除雪が追いつかないようです。  スバル4輪駆動車が2台のみ通過しました。

  もうすぐ、「一軒茶屋」に到着します。  営業しているでしょうか?

12 一軒茶屋までもう少し


  様子を窺いましたが、シャッターが閉まっており営業していませんでした。

13 一軒茶屋


  風を避けて、茶店の横で昼食をとりました。  13:50~14:15

  一本のビールを4人が分けて飲みました。  最初の一口が美味しかった!

  吹き付ける風雪で弁当には、雪が積もっていました。

14 一軒茶屋の横で昼食


  ここは、六甲山最高峰の直下です。 

  最高峰へ向かったと思われる数名の足跡が残っていましたが、登山者は私達5名以外に

  誰も姿がありませんでした。

  私たちは、魚屋道(住吉道)を有馬温泉へと下っていきました。

15 魚屋道を下る


16 魚屋道を下る


  途中で一休み・・・

17 魚屋道・途中で一服


  有馬温泉の上部の道路へ到着。  ここで、スバッツを外しました。

  誰とも出会わない静かな山行でした。

18 温泉街に到着


  ここで、Kuさんとお別れ・・・・ 4人で本日宿泊するホテルへ向かいました。

19 温泉街・ここでお別れ


  ホテルまで、もう少し・・・・途中の坂道では、車がスリップして立ち往生していました。

20 ホテルへもうすぐ到着


  16:00 ホテルへ無事に到着。

20 ホテルへ到着


  山行に同行しなかった3名とロビーで合流しました。

  そして、露天風呂へ入った後にビールでカンパイ!!

                 極楽! 極楽でした。


      (ニュースによると、自宅からそう遠くない奈良市での積雪が15cmでした。

        六甲山の積雪は、約20~30cm程度であり、歩くのに最適の積雪量でした)




トラックバック0 コメント0
e-tax (平成25年分)
2014-02-11-Tue  CATEGORY: 日記
■先日、税務署から確定申告依頼のメールが届いていました。

  そして、気になっていたのは、e-taxする際に下記の心配がありました。

  ①パソコンをWindows8.0から8.1へアップデートしたことへの支障?

  ②5年前に購入した「ICカードリーダー」が適用しているか?

  ③所得税が、追加納税なのか? 還付されるのか?

 
■まず、国税電子申告・納税システムの画面から開始しました。

1 e-tax確定申告


  カードリーダーのメーカーのHPに接続しました。

  適用のOSは、Windows8 があり、「ICカードリーダーライター動作確認ツール」が

  ありましたので、動作テストをしました。   

  結果は動作確認OKでしたので、ドライバーをダウンロードしました。

2 カードリーダーWin8・1動作確認


  電子証明(住民基本台帳カード)をセットして、事前準備セットアップを開始しました。

3 H25年事前セットアップ


  事前準備セットアップが、完了しました。

4 作成コーナー事前準備セットアップ


  保存していた昨年のデータをアップロードして、それを修正する方法をとると

  今年分の作成が速くて簡単です。  (下の写真は、全8枚中の4枚です)

5 確定申告a


  医療費控除は、あらかじめサイトからダウンロードしたExcelシートにデータ入力した

  ファイルをアップロードして、完了しました。

6 確定申告b


  作成したPDFデータを送信したら、メールボックスに「受付完了」となっていますので、
 
  たぶん大丈夫でしょう。    少し、心配はありますが・・・・

7 確定申告メールボックス


  肝心な、追加納税か? 還付金があるのか? ですが、還付金7,055円でした。

  源泉徴収額と社会保険料控除額が比較的に多いからでしょう?

          しかし、還付金額は毎年半減しています。


  - - - - - - - - - - - - - さて、話は少しかわりますが・・・ - - - - - - - - - - - - -


■昨年の12月の末に、パート勤務している社長より下記の通達をもらいました。

  内容は、事業者の皆さんは、従業員に支払う給与(パート、アルバイト等の非正規雇用を

  含む)から、「個人住民税の特別徴収」(給与から差し引いて市町村へ納入する制度)を

  してください。   

  併せて、毎年1/31までに「給与支払報告書」を従業員の住所地の市町村まで提出義務を

  規定徹底する通達です。

8 市町村から事業者へのお知らせ


  裏を返せば、パート、アルバイトの人達の中には、給与を申告していない人が

  いるということでしょうネ!

   (年金収入だけの人は、400万円/年以下であれば、確定申告は必要ありません)

  私は毎年、年金とパート収入を正確に確定申告していますので、胸を張ることが

  できますが、その分「住民税額」が結構高いです。    

                      トホホ!!!
    


  
トラックバック0 コメント0
関空へ (1/26)
2014-02-05-Wed  CATEGORY: 海外旅行
■昨夜は、10時にベッドに入りました。

  モーニングコールは、am1:30にセット。 

  すぐに着替え、部屋を整理し、枕元へベッドマネーをおいて、2:00フロントで

  チェックアウトしました。

  2:10にホテルへバスが迎えにきますので、1Fの待合室へ行きました。

  私たち以外にも、数名のお客様が待機していました。


  大型バスは、他のホテル2ヶ所を回って、お客様を乗せてグアム国際空港へ

  向かっています。    今朝も天気が良くありません。 

  am2:20の気温26℃。 冬用の長そでシャツを着ていますが、小雨が降っています

  ので、そんなに暑くは感じませんでした。



■空港の出国時のセキュリティチェックは、日本よりかなり厳しいものでした。

  手荷物は、もちろんですが、靴を脱いで靴をX線透視画像でチェックします。

  ボティチェックは、検査台に乗り 万歳で手を上げたまま、X線キャナー装置が

  回転しながら、全身をスキャンします。   足が短いのが、お見通しです。



■搭乗ゲート前の待合室で、待っています。

1 グアム国際空港・待合室


  機材は、大型機ボーイングB-777で 既に待機しています。

2 大韓航空B777


  やがて、大韓航空のCAのお姉様たちがやってきました。

  皆さん、キム ヨナ似の美人です。

  満員の乗客を乗せたKE722便は、定刻どおりに4:20離陸しました。

3 大韓航空 CA



■関空へは、定刻のam7:10 まさに夜が開けようとしている時刻に到着しました。

                  オオ 寒い!

4 関空・到着ロビー

 
  関空で、「日本食」を食べる予定でしたが、機内食が提供されましたので、

  あまり腹がすいていません。  帰宅して、朝昼兼用で食べることにしました。


■帰宅して、家内の作った「炊きたてのご飯、味噌汁、だし巻き卵、アジの開き」の

  日本食は、最高でした。

                                         (一旦、終わり)

トラックバック0 コメント0
シェラトンホテルのBBQとショー (1/25)
2014-02-04-Tue  CATEGORY: 海外旅行
■夕刻シェラトンホテルの車が、宿泊しているホテルに迎えに来ました。

  迎えに来た車には、他のホテルに宿泊している東京からの小さい子供連れの夫婦と

  静岡からの独身24才男性(消防署勤務)が同乗していました。


  ホテルの正式名称は、「シェラトン ラグーナ グアム リゾート」です。

  大きくて、立派なラウンジで、食事とショーが開かれていました。

1 シェラトンホテル・ラウンジ


  右側に目を移すと・・・・・

3 シェラトンホテル・ラウンジの右手

  プールがありました。

4 シェラトンホテル・プール

  海の上に浮いている様に見えるプールでした。

5 シェラトンホテル・プール


  私達は、プールサイドを通り抜けて、岬の高台の様なところにあるアトリウムに

  案内されました。  ここで、「ラグーナ バーベキュー」と「トロピカル ダンスショー」

  が開かれます。   アトリウムから、ハガニア湾を見渡すことができました。

6 シェラトンホテル・アトリウム


  バイキング方式で、バーベキューを中心に、中華や日本食もありました。

  飲み物はビール、ワイン、ジュースなどがありました。

7 バイキング料理


8 バイキング料理


  今までほとんどABCストアの買い出し食でしたので、まともな食事は久しぶり・・・・・・

     9 バイキング風景


10 フルーツ


■腹がいっぱいになりかけた頃に、「トロピカルダンスショー」が始まりました。

11 トロピカル ダンスショー


12 トロピカル ダンスショー


  ポリネシアンダンスやフラダンスが、賑やかに続きました。

13 トロピカル ダンスショーの様子


14 トロピカル ダンスショーの様子


  お客様は、全員で30名弱でしたが、途中から8名のお客様が舞台でダンサーと

  一緒に踊りました。    皆さん、腰の振り方がとても上手でした。

15 ダンス・お客さんも一緒


  隣のテーブルにいた夫婦もダンサーと一緒に踊りましたが、とても上手でした。

  踊り終えて、テーブルに戻った夫婦に「先程は、ダンスがお上手でしたネ」と声を

  かけたところ、日本語ではない返事が返ってきました。


  その夫婦は、我々のテーブルに来ないか! 一緒に飲もう!とジェスチャーで招くので、
 
  行ってみました。  そしたら、「韓国人」の夫妻のLeeさんでした。

  しかし、言葉がよく分かりません。  日本語と韓国語、英語を混ぜた会話で、

  大体のことは、判ったつもりになりました。

  家内は、韓国ドラマを見ていますので、「韓国語を話す丁度よい機会」が得られたと

  大変感激していました。


  Leeさんは、大変酒好きで、次々とビールとワインを持ってきます。

  そして、韓国語の「乾杯」でどんどん酒をすすめます。

  韓国ドラマを見ていると、とことん酒を飲むシーンがありますが、まさにそれでした。

          私にとって、ひとつの収獲がありました。

  それは、「美味しくないビール」に「ワイン」を混ぜるとビールが美味しなるくという

  収獲です。   (料理についていた米国製表示のビールは、美味しくないので、閉口していました)

     17 記念撮影 縮
  (左端は、一人で参加した静岡の消防士: 寂しそうだったので一緒に誘いました)  


  最後は、チャモロ人のダンサーと記念撮影・・・・・ 面白かったです。 
                                        (料金@ $60)

  16 記念撮影


  ラウンジでは、来た時と異なるショーが開かれていました。

18 シェラトンホテル・ラウンジ

  こうして、旅行4日目の夜は更けていきました。


トラックバック0 コメント0
ハガニア散策 (1/25)
2014-02-03-Mon  CATEGORY: 海外旅行
■今日は、実質の最終滞在日になるのですが、今まで夕食はいつも「ABCストア」

  での購入食であり、まともな夕食にはありついていません。

  そこで本日の夕食は、「シェラトン ラグーナ グアムリゾートホテル」での、 

  「ラグーナBBQ」を予約するために出かけました。


  予約する場所は、DFS内のツアーデスクです。

  店舗の前を通る時は、いつも 「 I’m just looking. 」 です。

1 DFS


■夕食までは、「ハガニア」を散策することにしました。

  移動はすべて、赤いシャトルバスを利用することにしました。

2 赤いシャトルバス


  途中の中継地である「グアム プレミアム アウトレット」へ到着しました。

3 グアム プレミアム アウトレットへ到着


  ここは、色々な店が集まっていました。

4 グアム プレミアム アウトレットの建物


5 グアム プレミアム アウトレットの建物


  店舗の中を回ってみました。

  フードコートです。  好きな食べ物がありますが、昼前なので人は少なかったです。

6 フードコート


  ROSSという衣料品店の前です。 

7 ロス


  低価格の衣料品がずらり  ・・・・   面白い雑貨もたくさんありました。 

  製造元は、全部「中国」でした。    やはり、中国はすごい!

  現地の人が、レジの前に50m位列を作って並んでいました。

  カリフォルニア マートにも行ってみました。 

  なぜか韓国の食糧をたくさん売っていました。

  昼食は、ここで又 又「カット フルーツ」を購入しました。



■ここのバス停から、「ハガニア」の街を散策するために、「アガニア・シッピングセンター」

  行きの赤いシャトルバスに乗りました。

  「チャモロ・ビレッジ」で降りて、ハガニアの街を南へ散策する予定でしたが、

  大雨が降り始めて、傘を持っていない私たちは降りることができませんでした。

8 チャモロ・ビレッジ


  バスがスペイン広場を通過する時も、雨が降り止まなかったので、仕方なく

  アガニア・ショッピングせンターまで、やってきました。

9 アガニア ショッピング


  しばらく待っていると、雨が一時的に止みましたので、「スペイン広場」の方向へ

  散策を開始しました。

  ハガニア大聖堂です。   

10 ハガニア大聖堂


11 ハガニア大聖堂


  「スベイン広場」には、スペイン統治時代の遺産が残っています。

12 スペイン広場


13 スペイン広場


  ハガニア地区には、①「先史チャモロ時代」  ②「スペイン統治時代」

  ③「第一アメリカ統治時代」  ④「日本統治時代」  ➄「第二アメリカ統治時代」

  の遺産が残っていますので、歴史に興味のある方は、巡ってみると面白いと思います。

  38年前にレンタカーで、島内一周する際に立ち寄ったことがあるのですが、

  当時の景色の記憶とは、全く変わっており近代化していました。


  
  その後、「ハガニア大聖堂」の中に入ってみました。

  入る際に、強制的ではありませんが、寄付$1以上をお忘れなく・・・

14 ハガニア大聖堂の内部

  
15 ハガニア大聖堂の内部


16 ハガニア大聖堂の内部


                                             
■帰路も、赤いシャトルバスに乗って帰りましたが、途中かなりひどい雨が降り出しました。

  赤いシャトルバスの一部は、車体がオープン構造なので、座席まで雨が降り込みました。   

  そのため、車体に備え付けられている透明のビニールシートを下ろして、雨をしのぎました。

  
  ホテルに帰っても、雨模様でしたが、雨が一時的に止んだ時間帯を見計らって、

  ホテルの前の海へ泳ぎに行きました。

  


トラックバック0 コメント0
恋人岬 (1/24)
2014-02-02-Sun  CATEGORY: 海外旅行
■潜水艦ツアーからホテルへ帰ったら、午後2時でした。

  まだ昼食を食べていませんでしたので、ホテルに併設されているピザ店へ

  行くことにしました。

1 ホテルに併設のピザ店


2 ホテルに併設のピザ店


  私は、チャモロピザとビール(途中でさらに一杯追加)、家内はカルボナーラを

  注文しました。    量が多いので、大変でした。

3 チャモロピザ

  支払の時にいつもチップが気になります。  レシートを持って来てもらったら、

  サービス料が含まれていました。   ああ!気にしなくて、良かったです。


■その後、まだ時間がありますので、「恋人岬」に行くことにしました。

  DFSのバス停からシャトルチケットと恋人岬展望台の入場券込みのチケット(@ $10)

  を買って赤いシャトルバスに乗りました。

4 赤いシャトルバスに乗って


  昨日来たマイクロネシアモールを経由して、「恋人岬」に到着しました。

5 恋人岬に到着


  ドリンク販売店のお兄さんが、店じまいするから、"安いよ安い"と呼び込みを

  していましたので、「マンゴーとココナッツミルク」のジュースを注文しました。

                美味しかったです。

6 マンゴーとココナツミルクのジュース


  恋人どうしが離れないように、名前の書かれた札が鍵で固定されています。

7 恋人岬


  恋人岬から、「タモン湾」の方向です。

8 恋人岬からタモン湾
  

9恋人岬の展望台


  恋人岬の展望台から、「タモン湾」の方向です。  宿泊しているホテルも見えました。

10 恋人岬の展望台からタモン湾


■バス停の前は、自然の熱帯林でした。  日本にはない珍しい花が咲いていました。

11 バス停前の熱帯林


12 バス停前の熱帯林


13 バス停前の熱帯林

  
■さて、夕食ですが・・・・・

  昼食が遅かった事と量が多かったので、腹が空いていません!   

  又 又、ABCストアで簡単な食料を買うことにしました。

  同じABCストアに行くと、顔を覚えておられそうなので、今までと異なる店に

  行きました。   ピールと冷えたカットフルーツ等など・・・・・

           ABCストアは、本当に便利です。    
 

  
トラックバック0 コメント0
潜水艦で珊瑚礁の海に潜る (1/24)
2014-02-01-Sat  CATEGORY: 海外旅行
■家内の体調がかなり良くなりました。

  朝、ホテルロードをブラブラ歩いて、DFSの中にあるツアーデスクに行きました。

  そして、「潜水艦アトランティスⅤ号」に乗って「珊瑚礁の海に潜る」ツアーを

  予約しました。


■赤いシャトルバスに乗って、一旦ホテルまで戻り、ツアーバスが迎えに来てくれる

  のを待ちました。   

  小さなバスがホテルまで、迎えに来てくれました。

  途中の経由ホテルで大きなバスに乗り換えました。

1 潜水艦アトランティス号のツアー開始


  パガニア湾、アサン湾、ピティ湾を過ぎて、ルート1号線を右折すると、すぐに

  「アトランティス サブマリン乗船場」がありました。

  潜水艦アトランティスⅤ号は、沖合で待機していますので、支援船(シャトル船)に

  乗って沖合に向かいます。

2 支援船(シャトル)


  30分近く、航行して停止しました。

  やがて、白い泡と共に海底から潜水艦が浮上してきました。

3 潜水艦が浮上中


4 潜水艦が浮上


  支援船と潜水艦が接合し、ブリッジが架けられました。

5 支援船と潜水艦が繋がる


  潜水艦のハッチです。 

  艦尾と艦首の2ケ所にハッチがありますが、艦尾のハッチより、乗り込みます。

6 潜水艦の艦尾入口


  支援船が潜水艦から離れていきます。

7 支援船が離れる


  家内が、ハッチから潜水艦へ乗り込みます。  階段の梯子は垂直に近いです。

8 家内が潜水艦へ乗り込む


  艦内から艦尾の入口方向です。

9 艦内・船尾の入口方向


  艦内から艦首・コックピットの方向てす。

10 艦内・船首操縦席方向


  全員が乗り込みました。

11 艦内の様子


  潜航を開始しました。  珊瑚礁の間をゆっくり潜航します。

  潜水艦は、前後、上下、左右と自在に方向と位置を変えることができますので、

  海底近くの珊瑚まで近寄ることができます。

12 珊瑚


13 珊瑚


  熱帯魚も泳いでいました。

14 熱帯魚と珊瑚


  ダイバー達も潜っていました。

15 ダイバー達


  水中では、赤色が減衰しますので、深度が深くなるにつれて、赤色が黒く見えます。

16 色サンプル


  潜水艦は、深度42mまで潜りました。  瞬間最高深度は、46mでした。

17 水深42m


  艦首のコックピットとキャップテンです。

18 艦首の操縦席


  約40分間、潜航した後に浮上しました。  艦首のハッチから、退艦しました。

19 浮上


  迎えに来てくれた支援船(シャトル船)に乗り込みました。

  帰りは、船内でなく、屋上席で景色と潮風を楽しみました。

20 支援船で帰港


    21 支援船で帰港


  船着場に近づくと、マングローブの木が多くなりました。  無事に船着場に到着!

  ツアー客の多くは、白人でした。  白人は、イベントに反応して盛り上がることが

  上手であることを改めて感心しました。   日本人は、おとなしいですね!

22 支援船で帰港




■観光用ではありますが、本物の潜水艦に乗船できるアトラクションは、世界で数か所ある

  そうです。  

  潜水艦アトランティスⅤ号は、全長約20m、重量約80トン、乗客定員48名です。

23 潜水艦アトランティス5号
                    (乗艦記念写真より)

  艦首の丸い窓部がコックピットです。  側面の丸い窓が乗客用の窓です。

  水中では、赤色が減衰して赤く見えませんので、思ったより鮮やかな世界ではありません

  でしたが、貴重な体験でした。        ツアー料金@ $84



トラックバック0 コメント0
<< 2014/02 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -


Copyright © 2019 団塊世代オジタリアン. all rights reserved.