FC2ブログ
2007年夏に定年退職した、団塊世代 普通のオジタリアンの日記
団塊世代オジタリアン
結婚記念日
2013-10-26-Sat  CATEGORY: 日記
■のんびりしていたのですが、昼前にRちやんが再び遊びに来ました

  1 Rちゃんが遊びに来た


■実はRちゃん、昨日の夕方に一人で我が家へ泊まりに来ていました。

  昨日、家内がRちゃんの家を訪問した際に、Rちゃんは「婆の家にお泊りに行く」と

  言い張り、婆についてきました。

  ママがいなくても、「婆とご飯を食べて、お風呂に入り、婆と一緒に寝ること」が

  できるかを何度も確認したそうですが、Rちゃんは「出来る」と言い張ったそうです


          そして、Rちゃんは一人で泊まりにきました

  昨日の夕方から、「婆 爺とご飯を食べて、婆とお風呂に入り、婆と一緒に寝ました」

             ああ! 良かった!  安心した!


        恐るべし「2歳2ケ月」と話をしていたのですが・・・・・


  昨夜23時半頃にRちゃんは、目を覚まして「ママ~ ママ~」と泣き始めました。

  抱っこしてあやしても、泣き止みませんので、深夜に車を運転して、Rちゃんを

  自宅に送り届けました。


         2ケ月前は、いつもママの姿を追っていましたので、やはりネ~


■ ・・・・と云う訳で、本日2度目のRちゃんです。

  今日は、結婚記念碑らしいので、皆でお寿司とうどんセットを食べにいきました。

2 お昼ご飯


  夜は、もらった「ワイン」が夕食の食卓に加わりました。

  3 白ワイン

  
■ワインを飲む前は、何回目の結婚記念日か知っていました(教えてもらった)が、

  ブロクを書く時は、33回? 34回? 35回?なのか 判りません!

               多分、34回と思います。


スポンサーサイト
トラックバック0 コメント2
白骨温泉・飛騨高山(10/20)
2013-10-21-Mon  CATEGORY: 日記
■乗鞍高原の宿を出発し、「スーパー林道」を通って「白骨温泉」へやってきました。


  ずっと、小雨が降っていましたが、スーパー林道のダケカンバは真っ黄色に

  色づいて、とてもきれいでした (車を運転していましたので、写真はありません)

  今回の旅行の中で、このコースが一番きれいに色づいていました。

1 白骨温泉


  左の門が、「白骨温泉公共露天風呂」の入口です。

2 白骨温泉・公共露天風呂入口a


  長い階段を下りて行きます。

3 白骨温泉・公共露天風呂入口階段


4 白骨温泉・公共露天風呂入口階段


  沢のすぐ傍が露天風呂です。  皆でのんびり入浴しました。

5 白骨温泉・公共露天風呂



■入浴の後、158号線まで下って、栃木のY氏とお別れをしました。

  本来の計画では、新穂高温泉で山岳ガイドをしている I 氏に会って近くの温泉に

  入る予定でしたが、"もう温泉は飽きた"との意見で、「飛騨高山」に寄った後に

  帰ることになりました。


  平湯温泉を経由して、雨の「飛騨高山へやってきました。

6 飛騨高山市内


  古い町並みをぶらりぶらり ・・・・ 昼食はラーメンを食べました。

7 飛騨高山市内


8 飛騨高山市内


9 飛騨高山市内


10 飛騨高山市内


■高山から、東海北陸道、名神高速、京滋バイパス、京奈和自動車道を通りました。

  大和郡山市で、皆をおろして、自宅に到着したのはpm7時過ぎでした。
 
  今回の車の走行距離は820kmでした。

        累計の走行距離は、267,055km ・・・・ またまだ元気です!


                                         (一旦 おわり)
トラックバック0 コメント0
乗鞍高原の温泉宿 (10/19~10/20)
2013-10-20-Sun  CATEGORY: 日記
■沢渡第二駐車場から「乗鞍高原」へやって来ました。

  宿に入るには少し時間が早いので、乗鞍高原の「一の瀬園地」へやってきました。

1 乗鞍高原・一の瀬園地


2 乗鞍高原・一の瀬園地・白樺


  私の大好きな「白樺」の林の中を散策しました。

3 乗鞍高原・一の瀬園地・白樺


4 乗鞍高原・一の瀬園地


■pm5時前に今夜の宿へ到着しました。

  過去2度宿泊したことのある気楽な「民宿温泉宿」です。

5 乗鞍高原の温泉宿へ到着

  さっそく、「乳白色の温泉」で汗を流しました。

  まず内風呂に入り、露天風呂にやってきました。

6 乗鞍高原の温泉宿・乳白色の露天風呂

  乳白色の露天風呂は、気持ちが良いですね~!

7 乗鞍高原の温泉宿・乳白色の露天風呂


■夕食は、名物の「馬刺し」と「カモ鍋」です。

8 乗鞍高原の温泉宿・夕食


  宿泊客は、山に登った格好をしている人は我々以外になく、家族づれの旅行客が

  ほとんどでした。

9 乗鞍高原の温泉宿・夕食


■夕食後、部屋でKさんが持参したワインを飲みながら、山の仲間と遅くまで語りました。

  特に、同期入社のY氏(栃木県より参加)の懐かしい話は数十年ぶりでした。

  そして、寝る前に、再度露天風呂に入りました。


■翌朝も朝食後に3度目の露天風呂に入りました。

  天候は、生憎の雨です。  気温がかなり低下していましたので、薪ストーブに

  あたりながら出発までノンビリしました。

10 乗鞍高原の温泉宿・翌朝・まきストーブ

                                               続く・・・・


トラックバック0 コメント0
岳沢から上高地へ
2013-10-19-Sat  CATEGORY: 日記
■朝、目を覚ましましたが、天気が良くありません。

  ゆっくり、朝食をとった後、荷造りをして、コーヒーを飲んで出発の準備をしました。

1 朝の岳沢小屋


  天狗のコルへ突き上げるルートも、ガスがかかっています。

2 朝の岳沢小屋・ガスがかかる


3 朝の岳沢小屋・ガスがかかる


  我々は、これから、雨具をつけて岳沢を下ります。  (7:55出発)

4 岳沢小屋より下る


  小屋へ泊まっていた若者のグループは、「前穂高岳」に向けて登り始めました。

  やがて、ガスの中へその姿が消えていきました。

  ガスがかかっていない場合の、前穂高岳までのルートは、下の写真の様な状態です。

  「前穂高岳」までの標準所要時間(休憩含まず)は、約4時間の急峻な岩場です。

  奥穂高岳までは約6時間必要。 次の山小屋までは、最低6時間30分は必要です。

5 前穂高岳へのルート


  景色を楽しみながら、岳沢を下っています。

6 岳沢を下る


  上高地の方からガスが流れてきました。  晴天では、味あうことが出来ない趣きのある

  景色が次から次へ現れますので、ペースが上がりません。

7 岳沢を下る・ガスがわきあがる


8 岳沢を下る・ガスがわきあがる


  部分的にガスがかかった「上高地方面」です。

9 上高地方面


  梓川右岸の「岳沢登山口の分岐点」に到着しました。  (10:43到着)

10 梓川右岸道


  河童橋の賑わいです。 今日は土曜日ですので、昨日より多くの観光客がいました。

11 河童橋の賑わい


  数少ない紅葉と霞沢岳(背景の山)です。

12 紅葉と霞沢岳


  上高地温泉ホテルのロビーで山岳画家:千葉潔氏の絵画展を見ました。

13 千葉潔展に立ち寄る


  昼食は、上高地帝国ホテルの「アルペンローゼ」 で 「ビーフカレーセット」を・・・・・・

  野菜サラダとコーヒーがついていました。

14 帝国ホテルで昼食


15 帝国ホテルで昼食


  再び、田代橋まで戻り自然研究路を大正池まで歩きました。

16 大正池から穂高連峰

  穂高連峰は、ほとんど雲に隠れていました。

                                                      続く・・・


トラックバック0 コメント0
上高地から岳沢小屋へ
2013-10-18-Fri  CATEGORY: 日記
■昨夜の20時に奈良を出発し、沢渡第二駐車場に早朝3時過ぎに到着しました。

  そして車の中で仮眠しました。       メンバーは、奈良より山の仲間4名と

  栃木県より私の同期入社のY氏が参加しました。


  
  シャトルバスで上高地へ向かう予定でしたが、5名乗ればタクシーの方が安い

  ので、タクシーを利用しました。

1 沢渡第二駐車場

 

  タクシー運転手が、気をきかせて「大正池バス停」前で写真を撮る時間をくれました。

2 大正池より穂高連峰


  前日降った雪が頂上付近に僅かに残っていました。
3 大正池より穂高連峰
            (昨日は、新雪の景色で素晴らしかったそうです)



  今晩の宿泊場所は、上高地から登った岳沢にある「岳沢小屋」です。
4 大正池より穂高連峰・岳沢小屋


  焼岳がま近に見えました。

5 大正池より焼岳


  上高地バスターミナルからの奥穂高岳です。

6 上高地バスターミナルより奥穂高岳


  上高地バスターミナルを出発しました。

7 上高地バスターミナルを出発


  河童橋近くのベンチで、コンビニで買った弁当と熱いコーヒーで朝食をとりました。

8 河童橋近くで朝食


  時間は有り余る程ありますので、梓川左岸道を通って明神を経て「明神橋」へ・・・・

9 明神・明神橋



  野生の猿が、お出迎えをしてくれました。

10 明神・明神橋の野生猿


  梓川右岸の「河童橋・明神池自然探勝路」を河童橋方面へ戻りました。

  河童橋1km弱手前の「岳沢登山口」の分岐点より岳沢を登りました。 (10:30)

11 岳沢登山口の分岐点



  深い森林地帯を抜けると、「ガレ場」へ出ました。

  本来の登山道は、ここではありませんが、西穂高~奥穂高岳の景色が良いので、

  しばらくここを登りました。

12a 岳沢のガレ場を登る


  タケカンバの林の中を登ります。

13 岳沢の登山道を登る


  ナナカマドが赤い実をつけていますが、ほとんどの葉っぱは落ちていました。

14 ナナカマド・下方は上高地


  やっと、遠くに茶色の「岳沢小屋」が見えてきました。

15 遠くに岳沢小屋

16 岳沢小屋がはっきり


  やっと、標高2,170mの岳沢小屋に到着しました。 (13:40)  

17 岳沢小屋に到着


  私は一番若いのですが、他のメンバーより10分遅れて到着しました。 

  メンバーの中には、私より10歳近い高齢者も2人いるのですが・・・・・

              皆さん 元気です。

18 岳沢小屋


  先に到着したメンバーは、小屋の前の「ヘリポート」で雄大な景色を楽しんでいました。

  遠くに見える山は、「乗鞍岳」です。   午前中は、前日降った雪で白くなった部分が

  ありましたが、天気が悪くなっており、雲の中に隠れつつありました。

19 岳沢小屋のヘリポート


  岳沢小屋の後ろは、「前穂高岳」です。

20 岳沢小屋と前穂高岳


  「前穂高岳」への登山道は、この様についています。

21 岳沢小屋と前穂高岳登山道

  写真では、厳しさが感じられませんが、上部は鉄梯子が取り付けられた岩場があり、

  落石の注意が必要です。  若い時には、通ったことがありますが、体力とバランス感覚が

  低下した現在は、これから先はあまり行きたい気持ちは起こりません。


      夕暮れ近くの岳沢小屋の前のテラスから「上高地」方面です。

  天候が益々悪化しつつあり、ガスがだんだん降りて、山肌を隠しつつあります。

22 岳沢小屋のテラスから上高地


  夕食は、これでした。  最盛シーズンは、先週で終わりましたので、宿泊者は、

  総計15名程度の静かな食事を楽しむことが出来ました。

23 岳沢小屋の夕食

                                                続く・・・・



トラックバック0 コメント0
ミカン狩り
2013-10-14-Mon  CATEGORY: 日記
■Rちゃんとミカン狩りに行きました。

  場所は、奈良県の桜井市・三輪神社の北方の丘陵地帯の西斜面です。

1 奈良盆地
             (遠くに松尾山地、右奥に生駒山が望めます)


  歴史街道「山の辺の道」がすぐ そばを通っています。

2 山の辺の道 近く


3 みかん農園の近く


  みかん農園の入口に「アルプス乙女」=姫リンゴがたくさん実っていました。

4 アルプス乙女



■みかん農園に入ると、さっそく Rちゃんが上手にみかんをもいで、食べました。

6 Rちゃんミカン狩り


  みかんを充分に食べた後に昼食をとりました。

7 昼食 風景


  昼食の後、Rちゃんは、ママとババを相手に かくれんぼ をしました。

  "もー いいかい?"  ミカンの木の後ろに隠れた後は、声を出したら見つかる

  と云うことが、判っている様です。

8 かくれんぼの後


■帰りにお土産のミカンと「姫りんご」:(5個100円)を買いました。

  そして、小さな床の間に飾りました。  

9 アルプス乙女を飾る


トラックバック0 コメント2
個人住民税の特別徴収
2013-10-13-Sun  CATEGORY: 年金・老後
■10月始めに「日本年金機構」から「年金振込通知書」が届きました。

  10月より、変わった点は、「個人住民税の一部」が「公的年金より特別徴収

  され始めた点です。

  対象者は、65歳以上の公的年金を受給している人とのこと。

  1 個人住民税の特別徴収


  特別徴収と聞けば、なにか特別に良い事かと思うのですが、特別に良い事では

  ありません。  

       「公的年金からの天引き対象は、公的年金に係わる税額のみ
  

  従って、公的年金以外の所得に対する税額は、「普通徴収」=振込による納付が必要です。
  
2 個人住民税の明細書


  個人住民税を払わない人がいるので、公的年金に係わる部分は年金機構が自分で

  確実に回収しようとしているのでしょうか?ネェ~    

        介護保険料は、すでに公的年金から天引きされています。 

                   トホホ~


  
トラックバック0 コメント2
新米
2013-10-05-Sat  CATEGORY: 日記
■島根県の親戚が「新米」を送ってくださいました。

  美味しそうな、お米です。 ありがとうございました。

1 新米



  いつもは、小さな電気炊飯器で炊いているのですが、せっかくの新米ですので、

  土釜で炊くことにしました。  土釜の蓋は、二重構造となっています。

2 土鍋で炊く


  すぐに、炊き上がりました。  お焦げもできており、グーです。

3 土鍋で炊けた


  美味しいご飯には、やはり純和食が合います。

4 和風の食事


  いつも、フランス料理を食べている我が家にとっては、とても新鮮でした。

      " 嘘をつくな! " と天の声が聞こえてくる様です。


  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


  日本人が好むお米は、丸くて粘り気がありますが、長くてパサパサのお米を

  好む国もあります。    まあ、たまには、美味しく感じますが・・・・・・

5 長い米粒
         (エアー インデイアのエコノミークラスの機内食)


トラックバック0 コメント2
<< 2013/10 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


Copyright © 2019 団塊世代オジタリアン. all rights reserved.