FC2ブログ
2007年夏に定年退職した、団塊世代 普通のオジタリアンの日記
団塊世代オジタリアン
台湾旅行
2013-01-31-Thu  CATEGORY: 海外旅行
■明日より、LCCのピーチ航空を利用して、「台湾の台北」へ遊びに行くことにしました。

  理由は、自分への「ご褒美」と「ボケ防止」のためです。


  昨年、関空~福岡間でピーチ航空を利用して、安さに感激したので、海外路線でも

  利用してみたいと思いました。

  ところが、心配な点が何点かあります。     過去の海外旅行は旅行会社に

  申し込んでいましたので、自分で一連の手配をしたことがありません。

  しかし、現在はほとんどのことは、パソコンでできますので、トライしてみました。



■航空券の予約は、自宅のパソコンからピーチ航空のHPに接続して行いました。

  往復便の予約後、カードで費用の引き落としの入力処理をしました。

  最後にパソコンに接続したプリンターから「eチケット」を印刷しました。

   1 ピーチ航空のeチケット


  このeチケットを空港のチェックインカウンターに備えつけられているバーコードリーダー

  にかざせば、搭乗券がでてくるはずです。



■ホテルの予約は、最初 インターネットで台北のホテル一覧表から選ぶ予定でした。

  安さと安心感からYMCAホテルにするつもりでしたが、家内がもっと快適なホテル

  を希望しますので、ピーチ航空のリンクサイトからホテルを選びました。

  予約と同時にカードから引き落とし処理されました。

  すぐにホテルの予約確認書がメールで、送られてきました。


2 ホテルの予約確認書


  これで、旅行するための最低限の条件は揃ったはずですが、ピーチ航空のリスクが

  ひとつあります。

  それは、運行がキャンセル、遅延になった場合、その理由がピーチ航空側に

  あったとしても、利用者側で足を確保しなければならない点です。

        (航空料金相当額は、ポイントとして保存されます)

  関空~台北間の航空便は他社で多数運行されていますので、最悪なんとか

  なるでしょう?!!


         - - - - - - - - - - - - - - - - - -


■私は、41年前に台湾へ行ったことがあります。

  当時の為替レートは「1ドル=360円の固定」でした。 

  しかも日本国は外貨が不足していましたので、「ドルの持ち出しは500ドル」

  と制限されていました。

  当時の東京銀行で、200ドル分の紙幣と300ドル分のT/Cへ替えて、

  ボーイング707(ボーイング社の初代ジェット機)で出発しました。


  途中、沖縄へ寄りましたが、まだ米国占領下で日本に返還されていませんでした。

  那覇空港には、「B52戦略爆撃機」が真っ黒い異様な形の機体を泊めていました。


  現在は、エアバス社の新造機A320で、安く旅行できます。

  そしてドルも円も自由に持ち出せますが、我が家には肝心の持ち出せる

  ドルも円もありません。


             さて、どんな台湾旅行になるでしょうか?   
   
        台湾では、屋台で食事して、温泉(大衆露天風呂)に入る予定です。

                 リーズナブルをモットーに・・・・・・


スポンサーサイト



トラックバック0 コメント2
六甲山・百間滝・有馬温泉
2013-01-26-Sat  CATEGORY: 日記
■朝、自宅を7時前に出発しJR住吉駅(山陽本線)に8時半前に到着しました。

  9時のコミュニティバスに乗って、山手の住吉台の住宅地まで登ります。

1 コミュニティバス


  9:15 エクセルハイツ前(標高270m)出発しました。

  住吉川沿いを登ります。

  11:20 本庄橋との分岐点。

2 住吉川沿い・登る


  湿地帯を渡りました。

3 湿地帯を行く


  かなり、高度を上げてきました。  大阪方面が遠望できました。

  遠くの山が生駒山系。  左のビル群が大阪・梅田付近です。

4 大阪方面・遠望


  大阪湾です。  

5 大阪方面・南港


  さらに、尾根筋を登ります。    雪が現れました。

6 最後の登り

 
  11:50~12:15 強い風を避けて木々と笹の陰で昼食をとりました。

  「西お多福山」を巻いて 13:00 ドライブウェイへ出ました。

  ドライブウェイから、三田方面(北側)の景色です。 遠くの山は白くなっていました。

7 三田方面


  ドライブウェイを「極楽茶屋跡」まで歩きました。

   8 極楽茶屋跡


  13:20 極楽茶屋跡を出発、紅葉谷を「有馬温泉」方面へ下ります。

  積雪がありますが、凍結は少ないので、アイゼン無しで下りました。

9 紅葉谷を下る


  倒木が所々にあります。 避けて通る時にたまにはアクジデントも・・・・・

10 倒木を避ける


  14:00 百間谷との分岐。  これより、右折して細い山道を下ります。

  14:15 百間滝に到着しました。 滝の一部が凍っていました。

11 百間滝  


12 百間滝  13 滝の氷


  沢に沿って下ります。   凍結に注意しながら、下りました。

14 紅葉谷を下る


  15:15 「有馬温泉ロープウェイ駅」に無事到着しました。

  温泉街を通って、「銀温泉」へ立ち寄りました。

15 有馬温泉・銀の湯


  「金温泉」の前の足湯は人だかりができていました。

16 金の湯前の足湯


  有馬温泉からバスで、「宝塚」へ。  宝塚からJR、近鉄を乗り継いで帰宅しました。

  歩数約22,000歩でしたが、まだ歩き足らない感じです。

           その証拠に体重は、前日と全く同じ重量でした。



■お土産は、Kさんお奨めのタンサン煎餅の「せんべの子」とNさんお奨めの

  「御所坊のジャム」でした。

17 お土産



トラックバック0 コメント2
新年会
2013-01-19-Sat  CATEGORY: 日記
■山の会の総会がPM3時から開かれました。

  まず、昨年の活動報告と今年の計画について説明がありました。

  続いて、会計報告が行われました。


■PM5時から新年会が開かれました。

1 料理


  参加者は17名でした。

    2 新年会


  最高齢は、78歳と77歳の夫婦ですが今年も元気に北アルプスの3000mの

  山へ行かれるのでしょう!  

3 新年会


  美味しい料理とお酒がたくさんありました。

  こうして、大阪の夜が暮れて行きました。

4 暮れ行く大阪の街


■私は、PM10時に自宅に帰りましたがすぐに風呂へ入れずに、AM1時過ぎてやっと

  風呂へ入ってすっきりしました。


  2名の方が当日の帰路 やや酩酊状態で、電車の駅を乗り越したり、タクシーで帰宅

  したそうです。

                深酒は危ない! 危ない!


トラックバック0 コメント0
殻付きの牡蠣
2013-01-17-Thu  CATEGORY: 日記
■Nさんから「殻付きの牡蠣」をいただきました。 大きな牡蠣です。

1a 頂いた殻つき牡蠣



  さっそく、夕食でいただきました。

 ①殻を剥がすのに、ニッパーで殻の一部を割ってこじ開けました。

  そして、フランス風にレモンをぶっかけました。

2a 生牡蠣・フランス風

  フランスでは、生食を食べる習慣が少ないのですが、牡蠣だけは生で食べる習慣があります。

  殻付きで6個(半ダース)が円形に並べられて提供されます。



 ②焼き牡蠣です。

3a 焼いた牡蠣

  広島県の宮島に行くと参道の途中で焼いており、良い匂いが漂ってきます。
 
  我が家では、痛んだフライパンを利用して焼きました。

          部屋中に牡蠣の匂いがこびり付きました。
 
  昔、七輪で焼いたことがありますが、火災警報器が動作して大変なことになったことが

  あります。     今回は注意して、ビクビクしながら焼きました。



 ③最後は和風です。  鍋に入れました。 

4a 牡蠣・鍋


  雑炊をつくりましたが、とても美味しかったです。



■牡蠣は中毒が怖いのですが・・・・今のところ大丈夫です。

         宝くじに当たらないので、牡蠣にも当たらないでしょう! 


            - - - - - - - - - - - - - - - -

【1/18追記です】

  残っていた牡蠣をフライにしました。

  身がとても大きくて食べ応えがありました。

5追 牡蠣フライ

  但し、牡蠣の殻を剥く作業が大変でした。

  台所が飛び散った牡蠣の殻で汚れてしまいました。

  プロが牡蠣の殻を剥くのを見たことがありますが、簡単そうに見えました。

  道具の違いがあるとは云え、素人にとっては大変な作業でした。

  
トラックバック0 コメント2
新しいインターホン
2013-01-14-Mon  CATEGORY: 日記
■先月、マンション内のインターホン一式が新しいタイプに更新されました。

  共用玄関の以前使用(更新前)のものです。

1 古いシンターホン・共用玄関



  以前使用(更新前)の個人宅室内用のものです。

  音声のみの対応です。 (電話回線によるエアコン、炊飯器のON/OFFは可能型)

  ハンドセットがあり、カメラモニターがついていません。

    2 古いシンターホン・個人の室内



■さて、雪まじりの雨が降る中を、WILLをトリミングに連れて行きました。

    3 WILLトリミング前


  夕刻、トリミングが終わって引き取りに行きました。
 
  すっかり、別人いや別犬のようになりました。

    4 WILLトリミング後



■帰宅し、共用玄関口の新しいインターホンで、 “ピンポン”

  そして、室内の新しいインターホンの状況です。  WILLも写っていました。

5 新しいインターフォン・室内用


  ハンズフリーで、カラーの液晶モニター付きです。

  先ほど、“ピンポン”した時の動画が記録されていました。

    (もちろん、個人宅の玄関ドア部の“ピンポン”も動画で記録可能です)

  ドアの施錠開錠、火災報知器との連動機能なども従来のものと同様に付加されています。

           割合に安価で、便利になりました。



トラックバック0 コメント2
年賀状いろいろ
2013-01-06-Sun  CATEGORY: 日記
■オジタリアンにも年賀状が届きました。

  皆さんは、 いろいろと人生を楽しんでおられる様です。


コメント】の例です。

  〔同 級 生〕  ・「毎日遊んでいます。 自由は楽しい!」

            ・マウンテンバイク3年目 「チャリも人生も下り坂が最高」

 〔元職場の先輩〕 ・「野菜作りとテニスを続けています。  ガンバルゾ! オオー!」

            ・「暇を見つけて料理教室とテニスをしています。
                     サンデー毎日もけっこう忙しい毎日です。」
  
  〔親 戚〕    ・川柳をひとつ ・ ・ ・ 「立ち上がり、目的忘れ また座る」


年賀状】の例です。

 〔家族の近況写真〕

1 家族の近況写真


 〔山の会の先輩〕   日々是好日 ・・・・ 見知らぬ街角 見知らぬ人々

  2 見知らぬ街角


 〔元職場の先輩〕   我が家の10大ニュース

  3 我が家の10大ニュース


  来年は、皆さんに負けない様に面白い年賀状を作りたいと思っています。


トラックバック0 コメント2
プジャ
2013-01-03-Thu  CATEGORY: 日記
■「プジャ」とは、インドの公用語であるヒンディー語で「祈り」とか「お祭り」と

  いう意味があるらしいです。

  私達夫婦と次女夫婦、Rちゃんで、法隆寺の近くにあるインド料理店プジャに

  行きました。

  店内は、インド風の装飾がされています。

  店の人はインド人、宗教はヒンドゥー教でしょう。

1 ガネーシャ



  私は、インドビールとタンドリーチキンにしました。

2 タンドーリーチキン



  続いて、ナン、チーズナン、野菜カレー、牡蠣カレーがでてきました。

  チーズナンも美味しいのですが、私は普通のナンの方が好きです。

3 ナン・カレー

  写真右のカレーは野菜カレーです。

  (ベジタリアン用のカレーかな? 肉はなくとも十分に美味しいです)

  写真左のカレーは牡蠣カレーです。  味が濃厚で美味しいです。

  本場インドのカレーよりはるかに美味しく、日本人向けに工夫アレンジしているのでしょう!



■続いて、WILLを連れて信貴山・朝護孫子寺に行きました。

4 信貴山・朝護孫子寺



  本堂の手前から、「ペットはご遠慮ください」と立て札がありますので、私とWILL

  はここで待っていました。

  皆が行く後姿を見て、”クー クー” と悲しい泣き声をあげていました。

5 信貴山・朝護孫子寺



  仏教が生まれた国から遙か東の果ての国では、護摩を焚いていました。

6 護摩を焚く


7 護摩を焚く


  これで、今年の初詣は終わりです

                    プジャと関係があった内容だったでしょうか?


トラックバック0 コメント2
四天王寺
2013-01-02-Wed  CATEGORY: 日記
■天王寺へ出かけました。

  電車は空いていたのですが、天王寺は大変な人出でした。

  阿倍野ハルカス(高さ300m)です。

  1 阿倍野ハルカス



■四天王寺へ行ってみました。

  「四天王寺」は約1400年前、推古天皇元年(593)に聖徳太子が建立された

  日本仏法最初の官寺です。

  石の鳥居は、日本で2番目に古い石鳥居とのことです。

2 石の鳥居


3 石の鳥居



  極楽門です。

4 極楽門


5 極楽門より



  伽藍です。
6 伽藍



  西重門より五重塔です。

7 西重門より五重塔



   東重門より経堂方面です。
 
8 東重門より経堂方面


9 東重門より経堂方面


  回廊から金堂・五重塔です。

10 回廊から金堂・五重塔



   六時堂方面です。

11 六時堂方面


12 六時堂


  家内がおみくじを引きました。  結果は・・・「吉」でした。

  13 おみくじ「吉」


     四天王寺は、度重なる災害の為、創建当時の姿は残っていませんが、

     宝物や貴重な資料が数多く残っているそうです。



トラックバック0 コメント2
元旦
2013-01-01-Tue  CATEGORY: 日記
      あけまして、おめでとうございます。

       今年もよろしくお願いいたします。

1 明けましておめでとう・・・



■朝食時に、ささやかな元旦の行事を終えました。

  そして、気になっていた「年末ジャンボ宝くじ」の抽選結果と購入券の照合をしました。

  宝くじは、先月 東京へ行った際に購入したものです。

  右の窓口は人気があるそうで長い列ができていました。

  私は、一旦 右の窓口に並んだのですが、列が前進しませんので、「左の窓口」に

  並び変えて購入しました。

2 宝くじ売り場・浅草



       結果は、「残念!」

3 宝くじ・はずれ



  もし当ったら、豪華な旅行を考えていたのですが、「リーズナブル」なものへ計画変更

  しなければなりません。

  とりあえず、今年の目標のひとつは、LCCの「ピーチ航空」を利用して海外へ行って

  みたいと思っています。



■さて、気を取り直して「初詣」へ行くことにしました。

  WILLがどうしても一緒に行きたい"ワン"と言いますので、歩いて龍田大社へ行きました。

    4 WILLと初詣



  神社では たいそう並んでいました。

5 龍田大社・初詣



  昨年 秋祭りの餅まきの際、餅を5つ拾ったものの、お賽銭をあげるのを忘れていました。

            そこで、今日は前回の分も一緒にあげました。

  その後、おみくじを引きました。

            結果は、「凶」でした

    6 初詣・おみくじ


  
  昨年のおみくじは、たまたま「吉」でしたが、例年は「凶」です。

            又、例年に戻りました。

           今年は、上昇機運にある様です。



トラックバック0 コメント3
<< 2013/01 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


Copyright © 2019 団塊世代オジタリアン. all rights reserved.