FC2ブログ
2007年夏に定年退職した、団塊世代 普通のオジタリアンの日記
団塊世代オジタリアン
年 末
2012-12-29-Sat  CATEGORY: 日記
■昨日は、仕事納め(パート勤務)でした。

  例年どおり、すき焼き用の肉をもらいました。

1 仕事収めの日



  さっそく、夕食で食べました。  軟らかくて美味しかったです。

  まだ残っていますので、楽しみながら食べるつもりです。   (貧乏性 丸出しです)



■本日は、「年賀状」を作成しました。

2 年賀状作り



  例年は、「純正のインクカートリッジ」を購入するのですが、今年は「リサイクル

  カートリッジ」を購入して使用していますので、価格は約1/5程度です。

3 リサイクル・インクカートリッジ



  実は、夏頃に「詰め替え用のインク」と「ICチップリセッター」を購入して

  試したのですが、インクを補充した跡の穴のシール部分(多くはセロテープで止める)

  よりインクが漏れ出してプリンターを汚してしまいました。

4 詰め替え用インクの場合



  「詰め替え用のインク」の場合、インクを補充した後に「ICチップリセッター」で、

  インク残量情報を満に「リセット」する必要があります。

5 リセッター

    「リサイクルカートリッジ」の電極に「ICチップリセッター」のピン(通信用ポート)を

      当ててインク量情報をリセット(満)にします。



■人生もインクカートリッジの様に「リセット」できたり、内容残量を「満」に

  出来たら良いですね!



スポンサーサイト



トラックバック0 コメント2
ジジ ババのクリスマス
2012-12-24-Mon  CATEGORY: 日記
■東京へ転勤した長女の主人より、「銀河高原ビール」が届きました。

  このビールは、「ヨーロッパの味」がしますので大好きなビールです。

1 銀河高原ビール



  昔、岐阜県の山に行った時に このビールを知りました。

  当時は、本社・工場が岐阜県にあった?と記憶していますが、現在は岩手県です。



■さて、クリスマス イブは家内の作ったビザでした。

        まあまあの出来具合です。

2 クリスマス



  さっそく、「銀河高原ビール」を頂きました。 

  にごりのある無ろ過の「ビール酵母入り」ビールです。

              美味い!!

3 ヴァイツェンビール
             (グラスがワイン用なのですみません)


  ラベルの裏側を見ると名称「ヴァイツェンビール」と書かれています。

  「ヴァイツェン」とは、ドイツ語で「小麦」を表わすそうです。

  主にドイツの南地方で造られている白ビールの一種で、独特なヴァイツェン酵母で

  醸造することにより、フルーティーな香りするのが特徴とのことです。


  一方、日本で一般的に飲まれているビールは「ピルスナー」系で「キレ・苦み」が

  特徴とのことです。


        いつも、発泡酒の我家にとっては、贅沢なビールでした。



トラックバック0 コメント2
忘年会
2012-12-22-Sat  CATEGORY: 日記
■資料編集会議の後に、山の会の忘年会が開かれました。

  場所は、いつもの大阪市内のマンション20Fです。

  時々 小雨の降る天気でしたが、遠くまで景色が見渡せました。

1 スカイラウンジ20Fより


2 スカイラウンジ20Fより



■忘年会は、pm4時半から8時前まで開かれました。

    3 山の会・忘年会



  退職して、新しく入会したOOさんが、アコーディオンの演奏を披露してくれました。

  世界の名曲、シャンソン、アイリッシュ音楽など ほんとに上手でした。

  4 アコーディオン


  私が30歳の頃、職場でOOさんと同じ部(部内には50人近くいた)だったのですが、

  彼にこの様な特技・趣味があるとは知りませんでした。

            これから、一緒に楽しみたいと思っています。



トラックバック0 コメント0
コンサート
2012-12-16-Sun  CATEGORY: 日記
■招待状が届きましたので、Nさんと出かけました。

  場所は、京都府城陽市の「文化パルク城陽」のプラムホールです。

1 文化パルク城陽



  建物の中では、衣料や小物の催物をしていました。

2 催物会場



  城陽市の特産は、金糸銀糸の織物であり城陽市を中心とする山城の地域が日本国内

  シェアの80%を占めているそうです。

3 金糸銀糸の織物



  最近は高価な純金銀の箔の代わりにポリエステルの薄いフィルムにアルミニウムなどの

  金属を蒸着させて作る方法もあるそうです。  



■さて、コンサートは良かったです。

    4 コンサート


  若い副指揮者も上手でしたが、常任指揮者は安定感があり さすが だと感じました。

  国際コンクールの部門で、よく日本人が入賞するのは、一般の愛好家でも幅が広く

  レベルが高いからなのでしょうネ。



■帰路は、会場で合流したKさんと奥さん、その仲間たちと計6名で、近鉄「大和西大寺」

  駅構内の「立ち呑み屋」さんへ寄りました。

    5 大和西大寺・立呑屋さん
         (写真はHPから借用しました)


  ワンコイン(500円)でビールのセット品があるのですが、それでは呑み足らずに、

  蔵出しの日本酒を飲んでしまいました。

              日本酒も美味しいですね。


  「立ち呑み屋」さんですが、女性でも入りやすい店です。
 
              皆、満足して帰路につきました。



トラックバック0 コメント0
羽田空港(12月9日 日曜日)
2012-12-12-Wed  CATEGORY: 日記
■JR浅草橋駅のコインロッカーにスーツケースを預けていました。

  これを取り出して、地下に降りると都営浅草線の浅草橋駅でした。

  すぐに、「羽田空港」行き「快特」電車が来ましたので、ビックリしました。

  この電車が、京急本線 → 京急空港線へと乗り入れているとは、オジタリアンは、

  知りませんでした。 

  40分弱で羽田に着きました。  ほんとうに便利になったものですね。



■新幹線を利用しなかった理由のひとつに昨年開港して話題になった「羽田空港・

  国際線ビル」を見たかったことがあります。

  利用しないのに、訪れるのはちょっと気後れがありましたが・・・・京急国際線ターミナル

  駅で下車してみました。

  LEDの照明がきれいでした。

1 羽田空港・国際線ビル


2 羽田空港・国際線ビル



  日本情緒風、江戸町風の建物がありました。

3 羽田空港・国際線ビル



  京都風の庭園に似せた庭もありました。

4 羽田空港・国際線ビル

             なるほど、外人が喜びそうですね。



■国際線ビルを見学した後、再び京急に乗って1駅先の「国内線ターミナル」駅

  に向かいました。

  行きはJALでしたので第1ターミナル到着でしたが、帰りは「ANA」ですので

  「第2ターミナル」からの出発です。

  第2ターミナルは、新しくて人が多く華やかな感じでした。

5 羽田空港・第2ビル


6 羽田空港・第2ビル



  きれいな店舗がたくさんあって、多くの人が集まり、「不景気とは縁が無いような

  賑わい」でした。   さすが、東京ですね・・・・



7 羽田空港・第2ビル


8 羽田空港・第2ビル



■帰りは、ボーイング777-300型 514人乗りです。

  ボーディングブリッジを2基接続しての搭乗ですが、500人ほど乗り込みますので

  時間がかかりました。

  定刻より少し遅れて離陸しました。


  静岡県の海岸線上空を飛行し、(写真はたぶん)豊橋付近上空だと思います。

9 豊橋付近?上空



  その後、伊勢湾上空を通過し、津市上空を過ぎて三重県に入った途端に、眼下の光が

  ほとんど見えなくなりました。 (この付近は経済活動が盛んでない山間部が多い)

  機は高度を下げて、奈良盆地に入ると光が多くなりました。


  信貴山上空を通過して、東大阪市上空になり「近畿道」の光の帯 上空を通過すると、

  すぐに「大阪城」が白く浮き上がって見えました。

             大阪・伊丹空港に無事到着しました。

  朝早くから、晩遅くまでの駆け足2日の「おのぼりさん」旅行でしたが、疲れより

  面白さの方が勝った旅行でした。
  

                                              (end)

トラックバック0 コメント0
浅草・浅草寺(12月9日 日曜日)
2012-12-11-Tue  CATEGORY: 日記
■浅草駅の近くからスカイツリーがよく見えました。

1 浅草からスカイツリーを望む



  雷門の前は、人、人、人で大混雑でした。

2 雷門



  仲見世どおりを進みます。

3 仲見世



  ちょっと遅い昼食は、天ぷらドンブリが美味しいらしい大黒屋さんへ・・・・

4 大黒家



  長い待ち行列ができていました。

  そこへ、「チャップリンのチンドン屋」さんがやってきました。

  S君は見るのが初めて? ビックリ!

5a チンドンヤさん



  30分以上待って、やっと えび天ドンブリが出てきました。

  胡麻油で揚げた大きなエビが4匹、エビの一部がドンブリからはみ出していました。

            味は関東風でした。

6a エビ天どんぶり


  再び、仲見世どおりを進みます。

7 仲見世



  宝蔵門と五重塔です。

8 浅草寺・宝蔵門



  宝蔵門を通って本堂へ・・・

9 浅草寺


10 浅草寺・本堂



  ボケない様に、お香を焚いた煙を頭へ掛けました

11 浅草寺





トラックバック0 コメント2
東京スカイツリー(12月9日 日曜日)
2012-12-10-Mon  CATEGORY: 日記
■JR中央線の吉祥寺駅で長女夫婦S君と待ち合せて押上駅(スカイツリー前)

  へやって来ました。

1 押上(スカイツリー前)



  4Fの入口フロアから、スカイツリーの全景です。

2 スカイツリー(縮)



  約1時間30分後に入場の整理券を受け取り、時間待ちをしました。

  「東京ソラマチ」へ行ったり、4Fの入口フロアに開設されている「ドイツショップ」

  の周りをブラブラして過ごしました。

3 入口フロア4F



  ブラブラしていると「自制心のない人」は辛いですね。

  ドイツビールを飲んで、さらにホットワインを飲んでしまいました。

  山の仲間のKさん(現役時にハンブルグに駐在)は、ホットワインが好きなのですが、

  私は初めて飲みました。    ちょっとキツイ感じがしました。


  整理券の指定時間に入場しても、さらに40分待ちで、やっとエレベータに乗れました。

  エレベータは4基あり、高さ350mを1分で昇りました。

        (写真はその中のひとつの冬のディスプレイです)

   4 エレベータ内(冬)



  展望デッキは、大層な人ひとでした。

5 展望デッキ



■ 東京湾方面です。

6 東京湾方面



  中央遠くのビル群が、「新宿」です。

  新宿方向の左側が富士山ですが、あいにく見えませんでした。

7 新宿方面



  ツリーの足元方向です。   写真の右上が、「浅草」です。

8 足元・右上が浅草



  写真の中央付近が「浅草」です。 浅草寺も見えます。 遠方が上野公園です。

9 浅草・上野公園方面



  中央の川が隅田川です。

10 隅田川



  ガラスの床に乗ってみました。 

  あまりにも高いので、実感がなく怖くありませんでした。

11 ガラス床



トラックバック0 コメント0
おのぼりさんの夕刻(12月8日 土曜日)
2012-12-09-Sun  CATEGORY: 日記
■九段下駅から東京メトロ東西線で、中野、三鷹、国分寺(JR中央線)を通って

  長女夫婦の住まいを見に行きました。

  「Google マップのストリートビュー」で事前に下調べをしていましたので、

  あまり驚きはありませんでしたが、大きなマンションの建物が3棟ありました。

  天気の良い日には、最上階の部屋から富士山が見えるそうです。

1 長女夫婦の住まいへ



  建物の中央には子供たちが遊べる広場がありました。

2 長女夫婦の住まいへ



  室内も広く快適な環境なので、安心しました。

  S君が歓迎のカニカニ体操?を披露してくれました。

3 カニカニ体操?



■夕食は、国分寺駅のマルイビルのレストラン街で中華料理をいただきました。

4 JR国分寺前


5 夕食・中華



  今晩の宿は、吉祥寺駅前のビジネスホテルです。

  ホテルの窓から、京王井の頭線とJR吉祥寺駅の乗客の乗り降りが夜遅くまで

  続いていたのが見えました。

6 今夜の宿




トラックバック0 コメント0
「右寄り」ではありませんが・・・
2012-12-08-Sat  CATEGORY: 日記
■次に地下鉄で九段下駅で下車し、靖国神社へ行きました。

  靖国神社は、中国や韓国との外交において、閣僚の参拝で問題になっているところです。

  かねてより、どういうところか? 1度行ってみたいと思っていました。

  そして、併設されている資料館があると聞いていましたので、ここにも訪れる

  つもりでした。


  地上にでると、大鳥居が見えました。

1 靖国神社・参道入口の大鳥居



  参道を進むと大村益次郎の銅像がたっていました。

2 大村益次郎像



  参道は、銀杏の落葉で黄色になっていました。

3 靖国神社・参道



  本殿手前の神門をくぐると本殿が見えました。

4 靖国神社・本宮前



  本殿では、警備員がところどころに立っていました。

5 靖国神社・本宮



■本殿の右に資料館がありました。

  その前の広場で旧陸海軍の軍服を着た年配者たちが記念撮影をしていました。

6 懐かしむ人達?



  先程、突撃ラッパの音がしていましたが、この人達が吹いていたのでしょう。

  本日は、真珠湾攻撃の日・・・・・なにもこの日にもと思うのですが、世の中

  いろいろですね。

  資料館は 遊就館といい、幕末明治維新の動乱期から、日清日露戦争、満州事変、

  太平洋戦争の終結までの戦争歴史博物館です。

7 併設資料館・遊就館入口



  写真や展示品と共に各作戦行動なども図示しており、時代の流れが判ります。

  私は、兵器の技術 製造レベルなども併せて見学しました。

8 併設資料館・遊就館
     (ゼロ戦52型 ラバウルとミクロネシアのヤップ島の残骸からの復元機) 



10 併設資料館・遊就館
     (タイ~ビルマ間の泰緬鉄道で運行されていた機関車 ・ 高射砲)

    
        写真撮影は、1階玄関ホールのみ許されています。


トラックバック0 コメント2
おのぼりさん
2012-12-08-Sat  CATEGORY: 日記
■長女夫婦が東京へ転居(主人の転勤)して2ケ月あまり、様子を見に行くついでに、

  東京見物をすることにしました。

     1 お上りさん・出発



  交通路の選択については、「新幹線」も考えましたが、「航空機」利用の方が

  遠くの旅の雰囲気がでます。

  又、久しく「羽田空港」へ行っていませんし、「羽田の国際線ターミナル」にも

  寄ってみたい気持ちがありました。

  費用は、ビジネスホテル付きですが、新幹線利用でも航空機利用もほぼ同額です。


  所用時間は、「大阪~東京間」であれば乗り降りが簡単な新幹線の方が早いと思いますが、

  航空機の利用の方が手続きの煩雑さや”ヘー” ”ホー”と未知との遭遇がありますので、

  ボケ防止の為にこの方法を選びました。  (往路=JAL 復路=ANA)



■最寄の駅から天王寺駅へJR快速で約20分。

  天王寺(あべの)から大阪・伊丹空港行きのバスに乗り35分で到着しました。

  久しぶりの国内線利用で、手続きにちょっとモタモタしました。

2 大阪・伊丹空港JALにて出発



  機体は、ボーイング社のB767-300型 261席です。

  予約席数にダブリがあり、出発が10数分遅れました。

  8:50離陸、9:10浜松上空を高度7,700m、時速1,010kmで飛行し、

   (巡行速度は862km/hですので、冬型気圧配置のジェット気流の影響を大きく受けているのですね)  

  大島上空から房総半島を横切り、羽田空港「第1ターミナル」へ到着しました。
 


  そこから、モノレールで、「浜松町駅」へ。  

3 モノレール社内より



  浜松町駅で、「Suica」カードを購入し、「東京駅」へ到着しました。

  今年10月に復元完了の東京丸の内駅舎です。

4 東京駅



5 東京駅



6 東京駅全景



  東京駅の復元完了のドーム内部です。

7 東京駅・ドーム内



9 東京駅・ドーム天井



■次の「おのぼりさん」コースは、「皇居」です。

  丸の内ビルの横から、馬場先濠を通って、皇居へ向かいました。

10 丸ビル



11 濠端のビル



12 皇居へ



13 皇居



14 皇居・二重橋



15 皇居



  私は、高校の修学旅行で訪れたことがありますが、家内は初めてとのことでした。

  雅子様はどのようにお過ごしなのかな?との思いがあったのかも知れません????

         意外なことに、中国語が多く飛び交っていました。



トラックバック0 コメント0
ガ~ン!(何回目でしょうか? たぶん5回目です)
2012-12-02-Sun  CATEGORY: 日記
■ガ~ン!は、今年に入って、「企業年金の減額」、「公的年金の物価スライド制度

  による減額支給」、「住民税がけっこう高い上にさらに増額」、「介護保険料の

  自治体への支払い開始」:(最高額ランク)、などがありました。


  そこへ、株の「中間配当」が「無配」に、又期末配当においても「無配」を予定して

  おります・・・ と葉書が届きました。
                               業績:大赤字1 配当なし



  株価はすでに、「目も当てられない」程に下落していますので、ほんとにガ~ン!です。

       リタイアして、株の買い増しをしたのが、失敗でした。

         その後リーマンショック、円高、中国 台湾 韓国勢の追い上げ、家電業界の業績 大赤字!

         こんなに早く世の中が変化するとは、全く想像できませんでした。 




■ガ~ン!と落ち込んでいても仕方がありませんので、近くの「スーパー銭湯」:(温泉)へ

  行きました。

2 スーパー銭湯付近

 
  樹木が、晩秋の気配を漂わせていました。

  露店風呂の庭には、ドウダンツツジの葉が真っ赤に染まっていました。

             風呂あがりに生ビール!

         ガ~ン!が吹っ飛んでしまいました。


トラックバック0 コメント4
過信?
2012-12-01-Sat  CATEGORY: つぶやき
■今日も出勤でした。

  理由は、パート職場のY氏が資格取得の講習会に行っている為です。

         場所は横浜、期間は10日間です。

  その間、私が土曜日も出勤して対応しています。

  私は、8月末に福岡へ講習に行き、終了検定試験を受けましたが、あと僅かに

  得点が足らなくて不合格でした。

  合格率が約80%と聞いて、安心して、試験の前日に福岡の友人と酒を飲み、

  勉強が不充分でした。

  若い頃の記憶力でしたら、充分に合格するとの過信によるものでした。




■そして、11/2に再度、福岡へ検定試験を受けに行きました。

 
  結果は、「合格」  ジャ~ン!  

        1 認定証


  得点は、判りませんが90点位ではなかったか?と、又過信しています。

  現在、横浜で受講しているY氏の情報によれば、前回の合格率は45%であったらしい!

  それであれば受講者の中で最高年齢に近いオジタリアンが、一発で合格できないのは、

  あたり前!と言い訳をしています。


  もう、LCCのピーチ航空で、福岡へ行く必要が無くなった点は、ちょっと残念です。


 
   - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


■パート職場に近い、三室山の「残り紅葉」の枝の間から、遠くに法隆寺が見えていました。


2 三室山から法隆寺



トラックバック0 コメント2
<< 2012/12 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


Copyright © 2019 団塊世代オジタリアン. all rights reserved.