FC2ブログ
2007年夏に定年退職した、団塊世代 普通のオジタリアンの日記
団塊世代オジタリアン
弥山 1895m (大峰山系)
2012-07-16-Mon  CATEGORY: 日記
■早朝3:20 家内と自宅を車で出発しました。


  国道309号線を南下し下市を通過、行者還トンネル西口の駐車場に到着したのは、

  6:15でした。

  登山の準備をしていると、KOさんとKAさんも到着しました。

1 行者還トンネル西口



  6:30 登山開始しました。

2 行者還トンネル西口から登山開始



  尾根筋を高度を上げていきます。

3 行者還トンネル西口から登山道



  7:45 大峰奥駈道(世界遺産)の奥駈道出合へ合流しました。

4 奥駈道出合



  KOさんとKAさんは、共に72歳以上ですが、私達より早く到着していました。

5 奥駈道出合



  ここから、稜線伝いに歩きます。  きのこも歓迎してくれている?様です???

6 尾根道



  弁天の森への緩やかな登りです。

7 尾根道



  8:55 聖宝ノ宿跡近くの理源大師像へ到着しました。

8 聖宝ノ宿跡・理源大師像



  ここから、弥山への急な登り坂が続きます。

  高度も上がり、雲の中を進んでいます。

9 弥山への急登



  両側は、倒木に苔が生えて緑のじゅうたん です。
 
10 弥山への急登・苔



  やがて 雲の中に、弥山小屋が見えてきました。

11 弥山小屋が見えた



  弥山頂上手前の倒木群です。

12 弥山頂上近く



■10:30 弥山頂上(標高1895m)です。

13 弥山頂上



  この近くの地図です。  トンネル西口から登ってきました。

14 弥山の地図



  昼食の様子です。 空気が薄いのでポテトチップスの袋が膨れています。

15 昼食の様子



  他のグループもそれぞれに休息しています。

  下界は猛暑ですが、ここはミストの中で快い環境です。

16 他のグループの様子



■弥山は、オオヤマレンゲが有名です。

  私達も見に行きました。  

  鹿の食害を防止するために、ネットの扉を開けて進みます。

17 オオヤマレンゲを見に・・・



  オオヤマレンゲです。

18 オオヤマレンゲ


19 オオヤマレンゲ



■下山を開始する前に、弥山小屋の前の看板の前で記念撮影しました。

20 弥山小屋の看板前



  8年前には、TU君とYさんと来ました。
 
  この時の写真と今回の写真はあまり変りはない様です。

  8年経ても若さが保たれているのかな?  ちょっと安心です。

21 8年前の弥山



  12:10 オオヤマレンゲを撮影しているKOさんとKAさんより、一足先に

  下山を開始しました。



  弁天の森を過ぎた頃、奥駈道出合の方向から、” サンゲ サンゲ(懺悔)ロッコン 

  ショウジョウ ” と大合唱の声が聞こえてきました。

  50名近い修験者たちの行列に出会い、合掌しました。

22 修験者たち



  そして、列は合唱しながら、稜線の雲へと消えて行きました。

23 修験者たち



  14:10 奥駈道出合へ到着。

  ここより、急な尾根道を下ります。


  もうすぐ行者還トンネル西口の駐車場へ到着します。

  沢に架かっている橋を渡りました。

24 行者還トンネル西口の近く



■15:15 行者還トンネル西口の駐車場へ到着しました。

  途中、洞川温泉で汗を流しました。

  19:15 無事自宅へ到着しました。


          家内の体力は、私以上でした。

          下り坂の足運びも上手でした。

          これなら、奥穂高岳にも登れそうです。


スポンサーサイト



トラックバック0 コメント2
<< 2012/07 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


Copyright © 2019 団塊世代オジタリアン. all rights reserved.