FC2ブログ
2007年夏に定年退職した、団塊世代 普通のオジタリアンの日記
団塊世代オジタリアン
ガーン!(第4弾)企業年金が大幅ダウン
2012-07-29-Sun  CATEGORY: 年金・老後
■ガーンの衝撃 第4弾が届きました。

  確定給付企業年金・支払通知書です。

1 企業年金通知書



  65歳を過ぎましたので、「上乗せ部分」がカットされます。 

  減額は約6万円/月です。 

  このカットの件は、在職時より判っていたのですが、やはり通知書が届くと

  本当に「ガーン」と効きます。

 2 企業年金のダウン



■ベランダのゴーヤも、ガーンときたのでしょうか?   元気がありません。

3 ベランダのゴーヤ・元気なし



スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
韓国旅行(3日目)・宗廟・帰国
2012-07-22-Sun  CATEGORY: 海外旅行
■朝目が覚めると、雨が降っていました。

  昨日までスモッグがかかっていましたが、今日は雨に洗い流されてスモッグが

  ありません。    スモッグはどこから、やってきていたのでしょうか?

               (推測ですが、中国からだったと思います) 

  ホテルの部屋で、2時間近く、韓国のテレビやCCTV(中国)、日本のNHK

  海外放送を見ていました。


  8時になって スーツケースをフロントに預け、ホテルを出て、地下鉄・清涼里駅近くで

  朝食のとれるところを探しました。

1 雨 地下鉄・清涼里駅の入口



  しかし、食べたいものが見つかりませんので、「東大門」まで、地下鉄で行くことにしました。

2 地下鉄・ホームの様子



■「東大門」です。  朝のため、観光客は誰もいません。

3 東大門



4 東大門



  以前この付近は、バッタ屋の様な小売店がたくさんあったのですが、今は工事中の地区も

  あり整備されて、すっきりしていました。


  腹が空きましたので、とりあえず朝食のとれるところを探しました。

5 東大門の周辺



  周辺の路地の様子です。

6 東大門周辺の路地



  お兄さんさんが、店の前で食材の仕込みをしているところがありましたので、

  その食堂に入ってみました。

  注文した料理をオムニ(お母さん)がもってきてくれました。

  ラーメンとビビンバです。

  韓国の食堂では、キムチがいつも付いてきます。

7 朝食 ラーメンとビビンバ



■次に「宗廟」へ行くために地下鉄1号線に乗りました。

  そしたら、なんと驚くことに、「ドクター車両」が連結されていました。

  ドクターが2名、他に看護婦さんも乗車していました。

8 地下鉄のドクター車両



  以前、「世界ビックリ・・・」のTV番組で、この話題が放映されているのを見たことが

  あります。

  韓国人は忙しい人達が多いので、所用の途中 走行中の地下鉄車両の中で、「健康診断」や

 「就職案内」をしているとのことです。   



■世界遺産「宗廟」の入口(外大門)です。

9 世界遺産・宗廟・外大門



  「宗廟」は、李氏朝鮮王朝時代の歴代王と王妃の位牌を祀って祭祀を行う祀堂です。

10 宗廟



  正殿です。

11 宗廟・正殿




  正殿は、長い建物なので2枚の写真をつなぎました。

12 宗廟・正殿の全景



13 宗廟・正殿の全景



  ここ世界遺産の見学は、グループ毎にガイドが付いており、個人で勝手に行動し見学できません。

  監視員も遠くから見守っています。

  ホテルに帰る約束時間にあまり余裕がないため、トイレに行ったついでに前のグループに

  もぐりこみ、見学時間を短縮しました。

14 宗廟・正殿・記念撮影



■ホテルへの集合時間(11:00)の20分前に到着しました。

  その余裕時間を利用して、ホテルの裏路地を散策してみました。

15 宿泊ホテルの裏路地



  ガラスと鏡張りの部屋があり、きれいなお姉さんがいました。

  私の姿を見ると、いらっしゃい! いらっしゃい! と手招きをしました。

  きれいなお姉さんは、背が高く体格が良かったので、ニューハーフだったかもしれません???
 
             民主化自由化が進んだ証拠でしょう!



■現地係員さんと一緒に「金浦空港」へ到着しました。

16 金浦空港内



  出国手続きを済ませて、待合室とコーヒーショップで時間を潰しています。

  金浦空港は、ソウルに近い利点がありますが、仁川空港に比較し規模が小さいので面白みが

  少ないです。
  
17 金浦空港内


  免税店で大量の買い物を受け取っている人達がいます。



■チェジュ航空 7C-1482 の搭乗が始まりました。

18 金浦空港・搭乗



  14:30 定刻どおりに離陸しました。

19 金浦空港・離陸上昇



  上昇しています。  今日はスモッグがありませんので、視界がよくききます。

20 金浦空港・離陸上昇



  日本海を順調に飛行しています。  高度10,500m  時速900kmです。

21 飛行中



  高度を下げ始めた頃、島根県の海岸線が見えました。

22 眼下は島根県の海岸線



  やがて、中海、安来市、米子市、弓ケ浜が望めました。

23 中海・米子市・安来市上空



  機は更に高度を下げて、鳴門海峡の大鳴門橋が見えました。

24 鳴門海峡・大鳴門橋



  関空へ着陸寸前です。

25 関空・着陸寸前



  日本の雰囲気は、良く言えば、落ち着いた感じです。 

  悪く言えば、活気がありません。


  19時に、無事自宅に到着しました。

            リーズナブルな旅行でしたが、面白かったです。



トラックバック0 コメント0
韓国旅行(2日目午後)景福宮・アワビ粥
2012-07-21-Sat  CATEGORY: 海外旅行

■水原から地下鉄1号線に乗って、寒江を渡っています。

  ソウルの地下鉄のアナウンスの前のイントロ音楽は、かつて日本で流行した漫才の

  「小梅太夫」のテーマ音楽そっくりなので、停車の度にクスクス笑ってしまい退屈は

  しません。

1 漢江を渡ってソウルへ



  地下鉄3号線に乗り換えて、「景福宮」(キョンボックン)にやってきました。

2 景福宮


■景福宮は、李氏朝鮮王朝時代の宮廷です。

  衛兵と記念撮影をしました。

3 景福宮・衛兵



  ちょうど、衛兵の交代式が行われていましたので見物をしました。

4 景福宮・衛兵の交代式



5 景福宮・衛兵の交代式



  王様は、勤勉に政務をしなければならないので、「勤政門」とつけられました。

6 景福宮・勤政門



  韓国の子供たちが遊んでいました。

7 景福宮・勤政門・子供たち



  「勤政殿」前の広場です。

  官僚である両班(ヤンバン)達が石碑に刻まれた位に応じて整列した場所です。

8 景福宮・勤政殿



9 景福宮・勤政殿



  王様の座った玉座です。

10 景福宮・勤政殿内部



  慶会楼は、王様が規模の大きい宴会を開いたり、外国の使臣を応待したところです。

11 慶会楼



  康寧殿は、王様の寝殿です。

12 康寧殿



  前を歩くのは、「日本語のガイド」さんです。

  ガイドさんによっては、文禄の役(豊臣秀吉の朝鮮出兵)で景福宮が全焼したこと。

  又、日本の植民地時代に毀損されたことを詳しく説明するガイドさんもいるそうですが、

  このガイドさんは、これらのことを話されませんでした。

          (景福宮は、世界遺産ではありません)

13 日本語ガイドさん



  この奥は、宮廷女官チャングムが活躍したスラッカンです。

14 チャングムの活躍したスラッカン



  香遠亭です。 

  遠くに、大統領官邸:青瓦台の屋根が少しだけ見えました。

15 香遠亭


■夕食を食べる為、地下鉄に乗って、「明洞」にやって来ました。

  日本語の通じる大衆食堂です。

16 大衆食堂



  海鮮チヂミは、ニラが少なかったのですが、ビールにピッタリでした。

17 大衆食堂・海鮮チジミ



  目的の「アワビ粥」を注文しましたが、「チャングムの粥」の方が美味しいと勧められ

  ましたので、それにしました。    アワビも入っており、美味しかったです。

18 チャングム・アワビ粥



  餃子は、ビールにピッタリ!   さらに、ビールの追加となりました。

19 大衆食堂・餃子


■明洞の賑わいの街角の様子です。

20 明洞の賑わい



21 明洞の賑わい



■地下鉄で、「清涼里」へ向かいました。

  ソウルの地下鉄の駅は、線路への転落防止対策のため、完全シール壁があるため

  ちょっと開放感がありませんが、その分安全性が高いです。

22 地下鉄の駅



  「清涼里」の駅前です。   屋台がたくさんあるので、面白いです。

23 清涼里駅前の屋台



24 清涼里駅前の屋台



■新しくできた、ロッテマートです。  
 
  KORAILの駅に隣接しており、便利になっています。

25 清涼里駅前のロッテマート



  ロッテマートの店舗内部です。

  ここで、お土産のキムチを買いました。

26 清涼里駅前のロッテマート



■ホテルに戻る前に、いつものファミリーマートでビールを買いました。

  マッコリ酒もビールも、価格は日本の半額位なので、私達には助かります。




トラックバック0 コメント0
韓国旅行(2日目午前)屋台の朝食・水原華城
2012-07-21-Sat  CATEGORY: 海外旅行
■庶民的ホテル7階の部屋の窓からのソウルの景色です。

1 清涼里のホテル窓より



  低層のビルの屋上には、ガラクタの様なものが多く置かれています。

  韓国の現代ドラマを見るとビルの屋上に住居がある場面があります。

  まさにその様な状況です。  上半身裸の男性が屋上住居で歩き回っていました。

  遠くのビルは、スモッグで霞んでいます。 

   (ここ清涼里からソウル駅までは地下鉄1号線で9つ目の距離です)



  朝食は、「アワビ粥」が食べたくなりましたので、ホテルのフロントの人に、

  「ハングル文字で “アワビ粥が食べたい”とメモ用紙に書いてもらいました」

  その「メモ用紙」を持って、「清涼里」の駅の周辺を歩き回りました。

  2年前のロッテデパートがロッテプラザになり、その奥に新しいビルが建っており、

  ロッテマートとロッテデパートになっていました。

2 清涼里の駅前



  何人かの通行人に聞いて、アワビ粥専門店を見つけましたが、まだ営業をして

  いませんでした。
   
                残念!

3 清涼里の駅の向かいの町並み



■その為に、「屋台」で朝食を摂ることにしました。

  韓国のオモニ(お母さん)の屋台へ寄りました。

4 清涼里の駅の屋台で朝食



  卵を挟んだバタートーストと餃子の様なもの、トッポキ、オレンジジュース2本を注文

  しました。     トッポキはちょっと甘過ぎましたが、他は美味しかったですヨ。

5 清涼里の駅の屋台で朝食



  私達の横でも、若いお嬢さんやオジさんが立ったまま食事をしていました。

  日本では、家庭で朝食を摂るのが普通ですが、東南アジアを含めて韓国でも結構外食が

  多い様です。



■これから地下鉄に乗って、ソウルの南方の「水原」まで行きます。

  地下鉄の切符は全て自動販売機で買います。

  ハングル、英語、中国語、日本語と選択できますので、操作はそんなに難しくありません。

6 地下鉄の切符販売機



  「漢江」を渡ると地上を走ります。 しばらくすると電車の車庫がありました。

  この付近は、地下鉄1号線とKORAIL(KORIA RAILLOAD)の在来線、KTX(韓国の

  高速鉄道)が平行して走っています。

7 電車車庫



  1時間30分かけて、31個目の駅が「水原」の駅でした。

  「華城」まで、バスで行くつもりでしたが、時間の節約のためにタクシーを利用しました。

  正面が水原華城の八達門です。  工事中の看板がかかっていました。

8 水原の八達門



■まず「水原華城」の「長安門」へ向かいました。

  マップの赤丸の部分です。

9 水原華城のマップ



  世界文化遺産の水原華城・「長安門」です。 

10 水原華城・長安門



  長安門の内部の様子です。

11 水原華城・長安門の内部



  主要な門と城壁がよく保存復元されています。

12 水原華城・長安門と切符売り場



  「華城行宮」まで、歩いて行きました。  前のマップの青丸部です。

13 水原華城行宮



  武芸の公演を見物している人達でいっぱいでした。

14 水原華城行宮・見物客



  武芸の一部です。

15 水原華城行宮・武芸公演




16 水原華城行宮・武芸公演



  門を入ると「チャングムの誓い」の世界でした。

17 水原華城行宮・チャングムの誓い



  やっぱり、チャングムが出てきました・・・・・・

18 水原華城行宮・チャングムと・・・JPG
                (ここが撮影場所だったそうです)



■水原の駅まで、タクシーで戻りました。

  水原は、もっと田舎と思っていたのですが、大都市なのでびっくりしました。

19 水原駅前の景色



  地下鉄1号線で、又1時間30分かけてソウルへ戻るためにエスカレータで乗り場へ

  向かっています。

20 水原駅へ



  構内の屋台と自動販売機で簡単に昼食を摂りソウルへ向かいました。

   21 水原駅・構内



トラックバック0 コメント0
韓国旅行 (1日目)
2012-07-20-Fri  CATEGORY: 海外旅行
■よく働き?社会に貢献?していますので、ご褒美に家内と韓国旅行に行きました。


  今回の旅行の行動指針は、①「高い焼肉は食べないこと」、 

  ②「大衆食堂や屋台で安価に食事すること」、

  ③「世界遺産の水原華城」に行くことにしました。

  追記④ アワビ粥を食べる。 又 ソウルの世界遺産を訪問する。

  安い旅行ですので、「航空会社」は最近流行のLCC(ローコストキャリア)に、

  「ホテル」は庶民クラスです。


  偶然に、「航空会社」も「ホテル」も前回(2年前の4月)と同じになりましたので、

  気楽に出発しました。



■関空の北ウイングから搭乗ゲートに向かっています。

  搭乗する航空機は、オレンジ色のチェジュ航空です。

1 関空・出発ターミナルへ



  チェジュ航空7C-1301便は、定刻どおりに 「関空」を離陸しました。

  窓から関空の連絡橋が見えます。

2 離陸・関空・連絡橋



  やがて、機内サービスが始まりました。

  CAは普通女性ですが、男性も2名いました。

3 チェジュ航空・機内サービス



  韓国おにぎりと飲み物が配られました。

4 チェジュ航空・機内サービス



  機体は、ボーイング737-800型です。  順調に飛行しています。

5 仁川空港へ向けて順調飛行



  しばらくして、恒例の「BBクリーム獲得・ジャンケン大会」が始まりました。

  乗客約180名とCAが “ カイ バイ ブ ” (韓国式ジャンケンポン)をしました。

  家内は、どんどん勝ち抜きましたが、もう少しのところで負けましたので、BBクリームは

  ゲットできませんでした。  残念!

6 機内で勝ち抜きジャンケン



  仁川空港に近づくと機体は高度を下げていきましたが、下界はスモッグがかかって

  いる様でした。

  スモッグを突き抜け、仁川空港に着陸寸前です。

7 仁川空港・着陸寸前



  仁川空港は、広いです。 

  入国審査、荷物受け取りをして、無事に「現地係員」さんと出合いました。

8 仁川空港・到着ロビー



  現地係員さんと他の旅行客(若い女性2人組+1人)の混載でソウル市内へ向かっています。

9 ソウル市内へ向かう



  だんだん、ソウル市内へ近づきました。

10 ソウル市内の景色



11 ソウル市内の景色



■明洞(ミョンドン)近くの「免税店」に到着しました。

12 免税店前



  安い旅行は必ず、免税店に寄ります。


  NHK-BSで放映されていた人気番組「トンイ」の主人公もお出迎えしてくれました。

13 NHK-BS ドラマのトンイ


  
  私は、本当は免税店に寄りたくありませんが、仕方ありません。

  家内は、「カタツムリの美顔パック」を買いました。


  ここの宝飾店でビックリしたことがあります。

  それは、中国人の小学生男女20名ばかりが、ワイワイ ガヤガヤ言いながら陳列ケースに

  群がっていました。  エッ! 何という物欲!!!!  ビックリ!!!

       (残念ながら、写真には撮れませんでした)



■その後、明洞(ミョンドン)で降ろしてもらい明洞を散策しました。

14 明洞の様子


  (私達の泊まるホテルは、もっと遠くです。  スーツケースのみ運んでもらって、

   私達は後ほど、地下鉄に乗って帰る方が時間の有効用ができますので・・・・)



  通路の中央部分に、店を開いています。

  私達は、日本人に見えるのでしょう!  日本語で声がかかります。

15 明洞の様子



  腹が少し減りましたので、「屋台」で肉の串刺しを買いました。

16 明洞の・屋台



  韓国の人達と並んで、「ユニクロ」の建物の階段で座って食べました。

  この階段から、明洞を行き交う人達の様子を撮影しました。

           しばらく、様子をお楽しみください。

17 明洞の様子



18 明洞の様子



19 明洞の様子



■夕食は、「大衆食堂」へ入りました。

  写真の左端の茶色の看板のお店です。

20 明洞の大衆食堂



  「韓国風うどん」と「明洞餃子」です。 

  ビールを注文しましたが、置いていませんでした。  エッ! 残念!

21 明洞の大衆食堂



   韓国風うどんは、量が多いので食べ残してしまいました。

  量が多い場合は、ひとつ注文してふたりで食べても良い様です。

    (帰りに韓国の人達の食べる様子を見て判ったことです)

22 明洞の大衆食堂



■腹ごなしに、「南山」の「Nソウルタワー」へ登ることにしました。

  無料の傾斜エレベータに乗って、南山ロープウエィに向かっています。

23 南山のNソウルタワーへ



  ロープウエィに乗って展望台に到着しました。

  しかし、スモッグで遠くが見渡せません。  

24 南山よりNソウル


  さらに上の「Nソウルタワー」に登っても、更に条件が悪くなり見渡せなくなりますので、

  ここで引き返しました。

   25 南山のNソウルタワー



■地下鉄、「明洞駅」(4号線)から、「東大門駅」で1号線に乗り換え「清涼里駅」に

  到着したのは、20時を過ぎていました。


  この付近は以前宿泊したことがありますので、土地勘がありすぐに判りました。

26 地下鉄1号線・清涼里駅前



  ホテルの前のコンビニ(ファミリーマート)でビールを買って、ホテルにチェックインしました。

  当日到着時は、暗くて分らなかったのですが、清涼里駅前は、すっかり変わって(発展)

  していました。

  このことは、後日記載したいと思っています。


              とにかく、無事に到着しました。

           ピールを飲みましたので、” おやすみなさい “





トラックバック0 コメント0
弥山 1895m (大峰山系)
2012-07-16-Mon  CATEGORY: 日記
■早朝3:20 家内と自宅を車で出発しました。


  国道309号線を南下し下市を通過、行者還トンネル西口の駐車場に到着したのは、

  6:15でした。

  登山の準備をしていると、KOさんとKAさんも到着しました。

1 行者還トンネル西口



  6:30 登山開始しました。

2 行者還トンネル西口から登山開始



  尾根筋を高度を上げていきます。

3 行者還トンネル西口から登山道



  7:45 大峰奥駈道(世界遺産)の奥駈道出合へ合流しました。

4 奥駈道出合



  KOさんとKAさんは、共に72歳以上ですが、私達より早く到着していました。

5 奥駈道出合



  ここから、稜線伝いに歩きます。  きのこも歓迎してくれている?様です???

6 尾根道



  弁天の森への緩やかな登りです。

7 尾根道



  8:55 聖宝ノ宿跡近くの理源大師像へ到着しました。

8 聖宝ノ宿跡・理源大師像



  ここから、弥山への急な登り坂が続きます。

  高度も上がり、雲の中を進んでいます。

9 弥山への急登



  両側は、倒木に苔が生えて緑のじゅうたん です。
 
10 弥山への急登・苔



  やがて 雲の中に、弥山小屋が見えてきました。

11 弥山小屋が見えた



  弥山頂上手前の倒木群です。

12 弥山頂上近く



■10:30 弥山頂上(標高1895m)です。

13 弥山頂上



  この近くの地図です。  トンネル西口から登ってきました。

14 弥山の地図



  昼食の様子です。 空気が薄いのでポテトチップスの袋が膨れています。

15 昼食の様子



  他のグループもそれぞれに休息しています。

  下界は猛暑ですが、ここはミストの中で快い環境です。

16 他のグループの様子



■弥山は、オオヤマレンゲが有名です。

  私達も見に行きました。  

  鹿の食害を防止するために、ネットの扉を開けて進みます。

17 オオヤマレンゲを見に・・・



  オオヤマレンゲです。

18 オオヤマレンゲ


19 オオヤマレンゲ



■下山を開始する前に、弥山小屋の前の看板の前で記念撮影しました。

20 弥山小屋の看板前



  8年前には、TU君とYさんと来ました。
 
  この時の写真と今回の写真はあまり変りはない様です。

  8年経ても若さが保たれているのかな?  ちょっと安心です。

21 8年前の弥山



  12:10 オオヤマレンゲを撮影しているKOさんとKAさんより、一足先に

  下山を開始しました。



  弁天の森を過ぎた頃、奥駈道出合の方向から、” サンゲ サンゲ(懺悔)ロッコン 

  ショウジョウ ” と大合唱の声が聞こえてきました。

  50名近い修験者たちの行列に出会い、合掌しました。

22 修験者たち



  そして、列は合唱しながら、稜線の雲へと消えて行きました。

23 修験者たち



  14:10 奥駈道出合へ到着。

  ここより、急な尾根道を下ります。


  もうすぐ行者還トンネル西口の駐車場へ到着します。

  沢に架かっている橋を渡りました。

24 行者還トンネル西口の近く



■15:15 行者還トンネル西口の駐車場へ到着しました。

  途中、洞川温泉で汗を流しました。

  19:15 無事自宅へ到着しました。


          家内の体力は、私以上でした。

          下り坂の足運びも上手でした。

          これなら、奥穂高岳にも登れそうです。


トラックバック0 コメント2
金剛山
2012-07-15-Sun  CATEGORY: 日記
■昨日より大峰山系の弥山へ一泊で行く予定でしたが、天候が好転せずに中止になりました。

  その代わりに、同じメンバーで金剛山 1125m(大阪府と奈良県の県境の山)

  へ行きました。

  近鉄・河内長野線の川西駅まで、車で迎えに来てもらって、水越峠へ到着しました。

1 水越駐車場



  ここより、登山開始です。

  尾根を吹く風が快く感じられました。

2 太尾根を登る



  大日岳で、ちょっと記念撮影です。

3 大日岳にて



  2時間かけて、頂上近くの展望のきくベンチに到着、ここで昼食をとりました。

  私は、昼食の前に茶店の生ビールが飲みたかったのですが、私以外のメンバーは、

  ビールに執着しませんので、この場所になりました。  大誤算です。

4 昼食



  ここから、泉南方面が遠望できました。   関空も遠くに確認できました。

5 泉南方面・遠望



  昼食後、展望台に寄りました。   連休中日のせいか?すごい数の登山客でした。

6 金剛山・頂上



  私達も記念撮影をしました。

7 金剛山頂



  その後、茶店で、私はビールを他の皆さんはソフトクリームを食べました。

8 ソフトクリームを食べる



  すぐ横に金剛山の登頂回数を表示している掲示板があります。

  同行のIさんは登頂回数 2,000回以上、Hさんは350回以上でした。 

              すごい!

9 登頂回数・表示



 行者が、ボアーン ボアーンと法螺貝を吹いていました。

10 行者



  帰路は、ダイアモンドトレイル経由で下りました。

11 ダイヤモンドトレイル



  途中の見晴台から、奈良平野が望めました。   中央部は大和三山です。

12 見晴台より奈良盆地



  水汲み場を経由して、水越峠に到着しました。

13 水汲み場



  金剛山の山頂は、気温22℃で快適でしたが、下界に戻ったら熱波で地獄でした。




トラックバック0 コメント2
図書館で古い雑誌を借りる
2012-07-08-Sun  CATEGORY: 日記

■本当は、最新の雑誌を購入して読みたいのですが、雑誌も結構高いので、どうしても

  読みたい雑誌のみ買って、他は図書館で古い雑誌を借りて読んでいます。


  ところが、せっかく借りた雑誌も読まなかったり、あげくの果てに返却期限を

  過ぎて返却
する始末となりました。

1 返却が遅れた雑誌



  返却期限を過ぎて返却すると、「ペナルティとして、期限を過ぎた日数間だけ、

  借りることが出来なく
」なります。

2 図書館



  そこで、家内を誘って図書館へ行き、返却期限を過ぎた雑誌を返却したついでに、

  「家内の図書ガードを利用して新たな本を借りました」

3 家内のカードで借りた雑誌



■古い雑誌でも興味のある記事は結構おもしろく読むことができます。

  発行時は、その時の最新状況や今後の動向について、載っていますが、その後に

  動向が変化した例があります。


  古い雑誌を読んで、この点が検証できる場合が稀にあります。

    
         新しい雑誌を買えない者の負け惜しみです・・・・・・


トラックバック0 コメント3
メタボの検診票
2012-07-01-Sun  CATEGORY: 日記

■朝日新聞の3枚目?に 「メタボ診断者への指導 怠った建保、負担増」 厚労省方針

   の記事が載っていました。

1 メタボの新聞記事



  その翌日に、私が加入している「健康保険組合」より、「特定健康診査受診券」

  すなわち メタボの検診票が送られてきました。

2 特定検診票



  メタボの検診が始まったのは、2008年4月からです。

  当初の3年間は、受診をしたのですが、定期的に病院で検査している私と家内は、

  メタボの検診内容に効果を感じず(検査項目が少ない)、昨年は受診しませんでした。


  今年は、建保組合からの封筒が大型に変わっており、かなり気合が入っている感じを

  受けました。


■私の加入している建保組合は昨年度、定期健診、特定検診、保健指導や情報誌の発行、

  病気の予防事業に8億600万円(1人当り21,250円)支出しています。


  又、前期高齢者医療制度の納付金や後期高齢者医療制度の支援に67億6千万円

  (1人当り約17万8千円)を支出しています。


  支援金・納付金の支出だけで保険料収入の4割近くに達し、これに医療費などを

  加えると、支出が収入を上回っています。    (積立金の取り崩しにより運営中)


  その様な状況で、建保組合にぺナルティが科せられない様にするには、今年は是非

  メタボの検診を受けるほか ない様です。



-- - - - - - - - - - - - - - - - - - - さ て - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


  近くの公園では、紫陽花が満開です。

3 公園の紫陽花



  アジサイ寺に紫陽花を見に行こうかと思いましたが、その必要はない様です。

4 公園の紫陽花




トラックバック0 コメント2
<< 2012/07 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


Copyright © 2019 団塊世代オジタリアン. all rights reserved.