FC2ブログ
2007年夏に定年退職した、団塊世代 普通のオジタリアンの日記
団塊世代オジタリアン
会報の発行
2012-04-29-Sun  CATEGORY: 日記
■私は今年より、山の会の機関誌発行 担当になりました。


  先日、やっと揃った原稿を持って、「印刷センター」を訪れました。

  昨日、その原稿が印刷製本されたもの45冊が、自宅に届きましたので、
 
  今日は発送の作業にかかりました。



  発送ラベルを印刷し、次回発行の為の原稿応募のPR小紙を作り添付しました。

1 山の会の会報



  発送部数は、43冊です。  結構 梱包作業に時間を費やしました。

2 山の会の会報・包装

  (一冊がA4版 74ページで43冊ありますので、合計の重量はかなり重いです)


  なんとか、連休中へ皆さんの元へ届く様にと思い、「クロネコメール便」の

  営業所へ持参しました。 



  連休2日目なので、途中の道路は混雑していました。

  その様な訳で、今年春期の機関誌担当の役目はなんとか無事に?終了しました。


     - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


■自宅近くの公園の花の種類も4月から5月の花へ変わりつつあります。


  ツツジの花が咲き始めました。

3 近くの公園のツツジ



  山吹の花も咲き始めました。

4 近くの公園の山吹


        こうして、だんだん歳をとっていくのですね!!!



スポンサーサイト



トラックバック0 コメント2
カタクリの花と藤倉山(福井県今庄)
2012-04-28-Sat  CATEGORY: 日記
■山の会の仲間と大阪駅を7時45分発の敦賀行き(福井県)の快速に乗り込みました。


  電車は京都駅を過ぎて山科より、湖西線に入り琵琶湖の西岸を北上しました。 

  比良山系の頂上付近には雪が残っていました。

  近江塩津より琵琶湖とお別れです。

1 湖西線
       (電車の最後尾より琵琶湖の最北部を望む)



  滋賀県と福井県の県境付近の山の頂上にはたくさんの残雪がありました。

  敦賀駅で普通電車に乗り換えて今庄駅に到着しました。

2 北陸線・今庄駅構内



■福井県今庄は、かつて江戸時代を通じて越前でもっとも繁盛した宿場町であり、

  今もその風情が残っています。 (10:20出発)

3 今庄・町並み



  新羅神社の横より、「カタクリの花」の自生地へ向かいます。

4 新羅神社



  神社のすぐ裏は、ゼンマイなどの山菜と共に「カタクリの花」が咲き乱れていました。

  写真の撮影のために足が止まりました。

5 新羅神社・すぐ裏



  「カタクリの花」です。

   6 カタクリの花



7 カタクリの花



  一番良い時期を少し過ぎている様でした。

8 カタクリの花



  「いかり草」もいたるところで咲いていました。

9 いかり草


  花の形が「船の錨」のかたちをしているので、そう呼ばれているそうです。


  Yさんは、寝そべって撮影していました。

10 カタクリの花の撮影風景



■次第に稜線沿いに高度を上げると、今庄の町の全景が見渡せました。

  JR北陸本線を特急列車が走っていました。

11 今庄の町



  白山の方向です。

12 白山の方向
               (白山との距離はもっと遠くなので望めません)



  滋賀と福井の県境方向です。

13 滋賀・福井県境方面



  さらに高度を上げると新緑のブナ林が続いていました。

14 ブナの木


15 ブナの木


  遅れて登ってくるメンバーを待つために、ブナ林の中で寝転んでいました。

16 ブナの木



■藤倉山643.5m頂上へ到着しました。 (13:10)

  景色を眺めながら、昼食をとりました。

17 藤倉山・頂上



  下山ルートは、鍋倉山516m、八十八ケ所経由で下りました。

18 下山途中



  本日歩いたコースです。 

  たいした距離と高度差ではありませんが、気温が高かったので、結構疲れました。

19 コース



  今庄の古き良き時代の面影残る造り酒屋さんで、日本酒とビール、そして向かいの

  店でアイスクリームをゲットして今庄駅へ戻りました。

20 今庄駅・帰路


  メンバーの一部の人達は早く下山しましたので、一本早い電車で帰りました。

  私達遅い6人組みは、17:19の電車に乗車しました。

  熱くなった体を冷やす為、アイスクリームとビールを飲みながら帰りました。


  帰りのJR快速は、琵琶湖の東側を走行しています。

  途中、夕日の日本百景付近を通過中の様子です。

  水のはってある田んぼの向こうは琵琶湖です。

21 琵琶湖の夕日



■21時半に無事自宅に到着しました。

  春の関西1デイパスを利用した小旅行でしたが、電車の乗車時間が7時間におよび、

  しかも今年最高の暑さの中で歩きましたので、ちょっと疲れました。


  家内へのお土産は、ソバと日本酒(少量)でした。

  22 お土産

                                (end)



トラックバック0 コメント0
雨の奈良
2012-04-22-Sun  CATEGORY: 日記
■正午過ぎにJR奈良駅へ到着しました。  

1 JR奈良駅



  奈良県文化会館前です。

2 奈良文化会館前



■今日は、家内と奈良女子大学管弦楽団のスプリングコンサートに来ています。

3 スプリングコンサート・パンフレット



  ベートーヴェンの交響曲第2番は、ちょっと難しかったですが、後の第9番を思わせる

  部分がありました。

  シューマンの交響曲4番は、春の幻想を感じさせてくれました。
 
  しかし、なんといっても、春を感じたのは、アンコール曲でした。



■コンサートが終わった後、Kさん夫妻とNさん、私達夫婦5人が待ち合わせてコーヒーを

  飲みに行くことになりました。

4 喫茶店へ



  Kさんお奨めの喫茶店に到着しましたが、あいにく閉まっていました。

5 喫茶店へ



  そのために、少し戻って、ここ(国際奈良学セミナーハウス)に行きました。

5 国際奈良学セミナーハウス



  庭があり、歴史ある建物が移設されています。

6 国際奈良学セミナーハウス・庭



  喫茶室から庭を眺めることができました。

  このハウスは、宿泊設備も併設されており奈良の風情を感じることができます。

  7 国際奈良学セミナーハウス・庭


  宿泊料金は、ビジネスホテルより格段に安く、外国人観光客などに喜ばれているとのこと。



■その後、Kさん Nさんと家内の4人で近鉄奈良駅(地下1F)の横の立ち飲み

  居酒屋さんへ寄りました。

  立ち飲み屋さんですが、女性にも入りやすい店でした。

  Kさん Nさんの話がはずみ、ここで3時間も立ってビールと日本酒を飲んでいましたので、

  店を出たのは日がすっかり暮れた7時過ぎでした。 

   8 近鉄奈良駅前の居酒屋

           まいった!  まいった!


トラックバック0 コメント2
講習会
2012-04-21-Sat  CATEGORY: 日記
■パート勤務をしている職場の経営者より、講習会に参加するように指示がありましたので、

  最寄の駅まで歩いて向かっています。

1 歩いて駅へ



  天気がよいので、講習会に参加するのはもったいない気がします。

  電車に15分乗って講習会の会場に到着しました。

2 講習会の会場



  講習会は、9:30~16:30までありました。

  スピートが早いので、聞き逃しや理解できない点が多くありました。


  なんの講習会だって?    これですよ・・・・・

3 講習会テキスト


  あと2ケ月で65歳になるのに・・・・勉強はしたくないですよ!



■講習会から帰ったら、孫のS君が遊びに来ていました。

  ジグソーパズルのピースをビニール袋に入れていました。

4 来客S君


  S君は、まだ1歳ですので、ジグソーパズルは完成できませんが、コーナー付近の

  ピースは、それなりの場所に置くことは、判っている様です。


  それに比較し、65歳近くになると、記憶がびっくりする程低下しています。

  テキストの内容を全く記憶できません。 

            困ったものです・・・・・・・・


トラックバック0 コメント2
白川郷合掌造り(世界遺産)
2012-04-16-Mon  CATEGORY: 日記
■昨日、春スキーの後に白川郷合掌造りを見に行きました。

  合掌造りの集落は、岐阜県白川村荻町(白川郷)と富山県上平村菅沼、

  平村相倉(五箇山)の3集落が世界文化遺産に登録されているそうですが、

  一番近い白川郷に行くことしました。


■国道156号線を北上し、「ひるがの高原」、「御母衣ダム」を通過して白川郷に

  到着しました。  国道の脇には、ずっと残雪がありました。

1 白川郷合掌造り



  駐車場がある地区から であい橋を渡って対岸の荻町地区へ行きました。

2 白川郷・であい橋



  お土産屋さんです。 栃の実のカリントが美味しかったです。

3 白川郷・土産物店



  白川郷・荻町地区です。

4 白川郷・荻町地区



5 白川郷・荻町地区



  周囲の山は、積雪がたくさん残っています。  この方向のずっと遠方は「白山」です。

6 白川郷・荻町地区




7 白川郷・荻町地区



  お婆さんと息子さんと思われる二人が軒下に積もった雪を道路に撒いて雪を解かそうと

  していました。

8 白川郷・荻町地区・お婆さん



  再び駐車場側の地区に戻りました。

9 白川郷・であいの館近く



  白川郷・合掌造り民家園へ入りました。

  花が顔をのぞかせていました。

10 白川郷・合掌造り民家園・花



  水車です。

11 白川郷・合掌造り民家園・



12 白川郷・合掌造り民家園・



  一階の様子です。

13 白川郷・合掌造り民家園1F・



  合掌造りの2階は、蚕棚です。

14 白川郷・合掌造り民家園2F・



  3階の様子です。

15 白川郷・合掌造り民家園3F・



  水辺には、「水芭蕉」が咲き始めていました。

16 白川郷・合掌造り民家園水芭蕉・



  白川郷は、かなり山深いところですが、中国語がいたるところで飛び交っていました。

  多くの中国人観光客が訪れているのでしょう!  びっくりです。



■16時過ぎに白川郷を出発して、東海北陸自動車道を南下し、名神高速、京滋パイパス

  を経由して自宅に到着したのは、21時を過ぎていました。 
            

          走行距離は670km、リッチとは縁遠い旅行でした。

                                              (end)


トラックバック0 コメント0
春スキー
2012-04-15-Sun  CATEGORY: 日記
■歳をとると冬季のスキーは億劫になりますが、春スキーは気持ちが良いので、

  ほぼ毎年行っています。  (昨年は、東日本大震災の為に自粛しました)

  私の右膝は、半月板損傷の後遺症の為、冬季にスキー場のリフトに乗ると寒さで、

  膝が痛くて耐えられない状況となるのも、暖かくなってから行く理由のひとつです。



■早朝4時30分に自宅を出発しました。

  家内は、車の運転手助手と私がスキーで怪我をした時の救助要員として同行しています。


  名神高速道路の米原を通過すると「伊吹山」が雄大な姿を表わしました。

  中腹に雲がたなびき、頂上付近は積雪があります。 

  いつ見ても、良い山です。

1 名神高速道より伊吹山



  名神から、東海北陸自動車道に入り、白鳥ICに近づくと白い山が迫ってきました。

2 東海北陸自動車道より



  もうすぐ、目的地の「ウイングヒルズ白鳥リゾート」スキー場です。

  このスキー場を選んだ理由は、リフト券のシニア割引があること、駐車料金が

  無料(4月)、過去行ったことが無いこと等の理由で選びました。


■ゲレンデの積雪は、約1mですが、雪質は良くありません。

 (腐っている状況と言います)

  クワッドリフトとゴンドラリフトが稼動しています。

  ゴンドラリフトの頂上駅は、2300m先ですので、山麓駅の横のレストラン前の

  ゲレンデからは確認できません。

3 ウイングヒルズ白鳥リゾート・ゲレンデ



  今日は2種類のスキーを持参しました。

  1種類は普通の長さのスキー(160cm)です。 

  写真の「青丸」で囲んだものです。


  もう1種類は、「超ショートスキー」です。  「黄色の丸」で囲んだものです。

  ストックと比較しても、かなり短いので、お解かりいただけると思います。

4 2種類の長さのスキー



  買ったスキーかって?  パート職場からの もらいものですヨ!

  滑り具合を確かめる為に、2種類持参しました。



■まず、普通の長さのスキーでリフトに乗り足慣らしをしました。

  次にゴンドラリフト(2,300m長を8分で登る)に乗って、頂上駅に行きました。

5 ゴンドラリフトの頂上駅を降りた



  ここから、初級コースを滑走して下まで滑ってタイムを計測しました。

  「滑走距離」=3,500m、「標高差」=480mを「所要時間」=6分30秒

  滑り降りました。

  異なる初中級コースでも、7分弱で滑り降りることが出来ましたので、まあまあです。


  上級コース=タワーリング・ダウンヒル2800mコース、最大斜度30度は、

  この危険看板のすぐ右にあります。

6 ゴンドラリフトの頂上駅を降りた



  上級コースに挑戦してみました。  

  ちょっと厳しかったのですが、なんとか滑り降りました。

7 上級コース



  このコースを下から眺めるとこの様に見えます。

8 上級コースを下部より望む



■さて、もう1種類の「超ショートスキー」で、上級コースを滑ってみました。

9 超ショートスキー
       (ストックの長さより、10cm短いスキー)


  スキーの先端を腐った雪の中に突っ込んで、頭から転倒しました。

  スキーが短いので、前後は不安定ですが、ターンは比較的に楽です。

10 上級コース



■後半はずっと、「超ショートスキー」で滑りました。

  ちょっと恥ずかしいのですが、私の「超ショートスキー」の滑りです。

  昔の滑り方で膝が入っていません。  反省!です。

11 滑降



  昼を過ぎて、右膝が悲鳴をあげかけた頃に滑り止めをしました。

  シニアリフト券も料金以上に元は取れました。 (すぐに貧乏人根性がでるので反省です)

   12 滑り終わって
       (ストックの長さより、10cm短いスキーにて)

 

■昼食は、スキー場のレストランでとりました。

  (春スキーは雪質が悪いので疲れます。 テーブルに伏せている人もいます)

13 レストラン内



  私は、これにしました。 

  最近はどこのスキー場もバイキング方式で早いくて快適です。

   14 昼食



  近くに、天然温泉の入浴施設があります。

  入浴する予定でしたが、やめて次の目的地へ向かいました。

15 スキー場

                                                  続く・・・・

トラックバック0 コメント2
花見
2012-04-08-Sun  CATEGORY: 日記

■電車に乗って、大和高田市の大中公園へ出掛けました。

  駅で降りた後、すぐに自動販売機を探しました。 (もちろん、ビールですヨ)
  
  そして、自動販売機の前で悩みました。 

  350ccにすべきか500ccにすべきかで・・・・・・・

  さんざん悩んだ末に、500ccにしました。  (これで、露店で買うよりかなり安い!)


  大中公園は、満開でした。

1 大中公園



  天気も良く、大そうな人出でした。

2 大中公園



  露店の前は長い行列ができていました。

3 露店



  焼きソバと鳥のから揚げの列にかなり長い時間を待って、やっとゲットしました。

  ここで、ビールと共にいただきました。

4 大中公園


  自動販売機の前で悩んだ甲斐がありました。 
 
  やはり、500ccが丁度良かったです。



■孫のRちゃんは、花見に興味がありませんし、人出が多かったので、ちょっと

  ご機嫌斜めでした。

5 Rちゃん



  露店以外に「紙芝居」をやっていました。

  小さい子供たちが目を輝かせて見入っていました。

6 紙芝居



  イスラーム教の人も楽しそうに花見見物をしていました。

   7 花見見物の人たち

                                       (end)

トラックバック0 コメント2
山の会
2012-04-07-Sat  CATEGORY: 日記
■山の会の資料編集会議がありましたので参加しました。


  いつもの会場の前のビルは桜が満開でした。

1 会場前の桜



  資料編集会議では、パソコンをいつもの通りにLAN接続して作業を進めるのですが、

  今日は繋がりませんでした。  

  その為、親機のパソコン(正常接続の実績あり機)を変更して設定し直しましたが、

  どうしてもつながりません。

  やむなく、その都度 外部HDDと1:1でUSB接続して作業をしましたが、

  作業効率は全く上がりませんでした。

  原因は判りませんが、パソコンを使用しているボケ老人達?と同じようにパソコンも

  ボケたのでしょう!!!???



■作業の後は、反省会(宴会)でした。 
 
  焼肉、お刺身にビール、日本酒と昔の山の話など、盛り上がって、楽しい時間でした。

  2 いつもの会場



  日が暮れかけて、お開きになりました。 

3 大阪市内方面


  自宅に到着したのは、20時前でした。




トラックバック0 コメント0
<< 2012/04 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


Copyright © 2019 団塊世代オジタリアン. all rights reserved.