FC2ブログ
2007年夏に定年退職した、団塊世代 普通のオジタリアンの日記
団塊世代オジタリアン
スーパー銭湯
2010-09-29-Wed  CATEGORY: 日記
■職場のTさんより、「スーパー銭湯」の無料券を2枚もらったのは、

  夏の盛りの頃でした。


  やっと涼しくなりましたし、「有効期限が9月末日」に迫っていましたので、

  家内と一緒に行きました。

スーパー銭湯1



  訪れたのは夕刻でしたが、広い駐車場はほぼ満杯でした。 すごい盛況です!

  他の人も、私達と同じ様に「無料券」をしっかり握ってきたのでしょうか?

          (いえ! そんなことはないと思います)



  よいお湯(天然温泉です)に満足して、出てきたら 家内の知り合いの夫婦に出会いました。

  足と腰が痛いので、治療を兼ねて来たそうです。

  その知り合いの夫婦は、割引券を利用したそうです。



  帰る際に、400円の割引券を2枚もらいました。  うれしいです!

       但し、有効期限は9月末日=明日までです。 

     スーパー銭湯2


         さあ! 明日はどうする?



スポンサーサイト



トラックバック0 コメント0
上醍醐
2010-09-26-Sun  CATEGORY: 日記
■山の仲間9人と京都市伏見区の総本山 醍醐寺の「上醍醐」と北側に位置する高塚山

  を散策する約5時間コース(休憩を含む)に行きました。


  京都市営地下鉄・東西線・醍醐駅に集合し、きれいに整備された住宅地区を抜けて、

  醍醐寺境内の入口に到着しました。

  ここより50m先の左側に有名な「三宝院」があります。

醍醐寺・入口1



  醍醐寺の境内は広大です。  現在地は、写真:地図の左下(茶色部)です。

  目的地の上醍醐は、地図の上部です。   高塚山は、その左側です。

醍醐寺・全域の案内図



  数ある寺院を抜けると上醍醐に通じる道になります。

  よく整備された気持ちの良い道です。

上醍醐へ向かう



  ちょっと休憩したくなる地点まで登ると、「秀吉が醍醐の花見をした地」があります。

  えっ! こんなに登った地点?   どうせ秀吉は輿に乗って来たのでしょう。

  現在は、桜の木がほとんど見当たりません。



  木立の中に仏像がたくさんあります。  お水をかけました。

  この先から入山料(600円)が必要です。

上醍醐へ・ここから入山料金



  ずっと階段が続きます。  ちょっと一息です。

上醍醐へ向かう・休息



  上醍醐の寺務所の近くに案内図がありました。  もう少しです。

上醍醐・全山図



  五大堂です。  内部にも入ってみました。  立派な仏像がありました。

上醍醐・五大堂



  重要文化財 開山堂です。  この前で昼の弁当を食べました。

上醍醐・開山堂



  如意輪堂の前から、遠方に大阪市内のビル群と右奥に六甲山(神戸市)が・・・

  左側には、金剛山(大阪府)とさらに左遠くに大峰山系(奈良県)が望めました。

  昨日に引き続き今日も良い天気に恵まれています。



  昼食後は、高塚山へ向かいます。

  眼下に名神高速道が走っています。

  写真で、高速道が判別できない付近が「京都南IC」です。

  そのずっと右(北側)が京都駅周辺です。(一部、丘陵の陰になっていますが・・・)

京都市市街南部



  高塚山(485m)に着きました。 三等三角点がありますが、樹木で見通しが良くありません。

  こずえの間から、かすかに琵琶湖が見えました。


  高塚山から長尾天満宮へ下ります。

高塚山からの下り



  下りは決して厳しい道ではありませんが、たっぷり1時間かかりました。

  結構皆疲れました。 

  再び、醍醐寺・三宝院の前に戻り、「茶店」で休息をとりました。

  「三宝院」は桜がきれいなことで有名ですが、「狂い桜」が咲いていました。

醍醐三宝院前の狂い桜




■地下鉄・醍醐駅で皆と解散になりましたが、私はNさんと京阪電車で「伏見桃山」駅で

  下車して、今NHKドラマの「竜馬伝」ゆかりの観光地のひとつに寄りました。


  竜馬通りです。

伏見桃山・竜馬通り



  竜馬通りを南下して、十石舟が通っていた運河にぶつかる手前を右に折れるとすぐに

  「寺田屋」があります。

  見学入館できる時刻を過ぎていましたが、観光客でいっぱいでした。

伏見桃山・寺田屋




■帰路は、近鉄電車・京都線「桃山御陵前」駅より乗車しました。

  途中の「西大寺駅」内で寄り道をしました。 京都線と奈良線が交わる駅です。

  駅内に電車の見える「展望室」があります。

  京都から、「ビスタ型の特急」がやってきました。

   鉄っちゃんの好きそうな所です。

近鉄・西大寺駅の展望室より



       寄り道したほんとうの理由は、これです。

      近鉄・西大寺駅の立ち飲み屋


  最近駅内にいろいろな店ができました。

  蔵元から直送の日本酒が飲める 立ち飲み屋さんもそのひとつです。


  私たちは、ビールセットにしました。



  隣の立ち席では、中年女性4人組みが祝杯をあげていました。

  商売は、客の回転が早く、女性も入りやすい店が繁盛するのでしょう!




- - - - - - - - - - - - - - - - - ( 参 考 ) - - - - - - - - - - - - - - - - -



  京都の「伏見桃山」は散策するとおもしろい街です。


  リタイアした秋に、家内と「JR大阪駅から滋賀県・琵琶湖の石山寺」まで歩いたことが

  あります。  この時に伏見桃山を通過しました。


  
  その時の印象が強かった為に、再び 2008年04月04日(伏見の酒と醍醐の桜 をテーマ)に

  訪れたことがあります。

             
トラックバック0 コメント0
山の会のミーティング
2010-09-25-Sat  CATEGORY: 日記
■大阪市内のイーストガーデン20F(いつもの所)で、ミーティングがありました。


  今日は、遠くまで景色が見渡せます。 秋の空気になりました。

  京都方面です。 中央左は 天王山で、その奥は滋賀県の比良の山並みです。

京都方面



  奈良県南部方面です。 中央は 二上山でその奥は大峰山系です。

遠方は大峰山系



■さて 今日は、各人がパソコンを持参して作業をしています。

編集会議


  パソコンに薄型テレビを接続し大型モニターとして・・・進捗状況を確認しながら

  EXCELのセルに入力しています。  WORDで原稿を入力している人もいます。

  私は、外部外付HDD(1TB)にフォルダーを約200個作成し、データを格納する

  準備をしました。


  私と同年代の人達は、ほとんどの人がパソコンを使用しています。

  しかし、もう少し年齢が高くなると、使用する人の率が低くなりますが、

  70歳でもEXCEL、WORDはもちろんPOWER POINT を使っている人もいます。


  ボケ防止のためにも、パソコンを継続して使用していくことも必要でしょう!

  (先日の新聞に、パソコンを使用している人達は、使用していない人達に比較して、

    少しクォリティが高い生活をしていると記載がありました。  ほんと?)


トラックバック0 コメント0
お食い初め
2010-09-20-Mon  CATEGORY: 日記
■長女夫妻より、「お食い初め」の招待がありましたので、出掛けました。


  孫は、もうすぐ首が座りそうで、人を見ては笑って上機嫌でした。



  お食い初めの料理です。  歯を強くする意味で小石が2つ並んでいます。

  お食い初め


  一番の年長者である私が、食べる真似をさせました。

  (私の子供には、こうした行事をしたか否かは、記憶がはっきりしません)



■お食い初めがすんだら、大人の番です。    全て「手作り」です。

  鶏肉とトマトをオリーブオイルで調理したものが、◎でした。

手作り料理


          "健やかに育ってほしい" と願っています。



           【お食い初め】  ← 参考:クリック


トラックバック0 コメント0
鉄山(てっせん)標高1,563m
2010-09-19-Sun  CATEGORY: 日記
■Kさん、Nさんと奈良県天川村の大峰山系の鉄山に出掛けました。

  最寄の駅にam6:00に集合し国道309号線を南下しました。


  天川村の「川合」より国道309号線は、"えっ"と言うほど狭くなります。

  前より車が来ると離合が困難になり退避所までどちらかの車がバックする

  ことになります。

鉄山周辺地図
              (昭文社 大峰山脈 地図より)


■ミタライ渓谷を過ぎ、川迫川渓谷の「大川口」が登山口地点です。

  am8:30 雨量のロボット観測所の奥より登ります。

鉄山登山口・観測所



  観測所へ行く、グレーチングを数メートル行くとすぐ左に登山階段があります。

     鉄山登山口



  植林された急斜面の杉林を過ぎると、気持ちのよい広葉樹林帯が続きます。

  きつい傾斜がずっと続きます。

広葉樹林を登る



  登山口の標高は、約800mですが、大分高度を上げました。

  「行者還岳1546m」が近くに見える様になりました。

行者還岳を望む



  「ざんげ平」に到着しました。  展望がきき心地よい涼しい風が吹いています。

ざんげ平



  稜線に出ると、「鉄山」のピークが見えます。 (左のピークです)

鉄山頂上を望む


  展望がよく、「弥山」みせん1895mの弥山小屋の赤い屋根も見えます。

  ざんげ平の上より行者還岳方面が見えます。

ざんげ平の上より行者還岳方面



  am11:00 「鉄山頂上1,563m」に到着です。

鉄山・頂上



  頂上より、川迫川渓谷と右:「バリゴヤの頭1,589m」、更に右奥:「稲村ケ岳1,726m」

  です。

川迫川とバリゴヤの頭方面



  少し右に視線を移すと「山上ケ岳1719m」:現在も女人禁制です。 

  右へ、「竜ケ岳」、「大普賢岳」、「国見岳」、「七曜岳」、「行者還岳」へと続く

  世界遺産「大峰奥駈道」です。

山上ケ岳方面(左)



■KさんとNさんは、この先の香精山、修覆山1846mへと出発しました。

  私はここで、休息です。 (言い訳:風邪気味なので・・・・・)


  弁当を食べ終わった頃に2度にわたって、赤いヘリコプターが飛来しました。

  合計1時間程、布引谷周辺をホバリングしたり、ゆっくり前後したりしていました。

           なにかの捜索をしている様でした。

捜索用ヘリコプター?



  ゆっくり休息をしていたら、ヘルメットを被った3人組み(沢登りルート:3時間半)、

  単独行者、「山スカのペア」がやってきました。

  「山スカ」:(山スカート)さんは、登山口より3時間かかったそうです。

山スカのペアー



■KさんとNさんが、かなり疲れて戻ってきました。

  pm1:45 頂上を出発しました。  下りも同じルートです。

  ルートミスをしない様に、所々テープの目印がある尾根筋を下りました。

  急斜面ですので、膝が笑っています。 少し休息を入れながら、下りました。

  pm3:35 大川口:登山口に到着。 渓谷の冷たい水で顔を洗いました。

  (登山ルートマップの下山時間 1:00表記どおりは、かなり無理でした)

下山 大川口



  帰路、天川村の「洞川温泉」へ向かいましたが、通行車両数が多いので、断念しました。

  替わりに、同村の「天の川温泉」へ立ち寄りました。

天の川温泉


  ここでも、入湯者が多く時間待ちでしたので、休息のみして帰路につきました。


  自宅にpm7過ぎに無事到着しました。  

  膝も笑っていますし、歩く姿が少し変です。

        (翌日のKさんとNさんは、筋肉痛とのことでした)


                                
トラックバック0 コメント0
プリンター
2010-09-18-Sat  CATEGORY: 日記
■次女がプリンターで、「洋形2号封筒」に宛名印刷をしていましたが、

  封筒がうまくプリンター内へ送り込まれなくて苦労していました。

  (紙詰まりが多発し、2時間かかっても、3枚しか印刷できません)


現在使用中プリンター



  私も封筒を手で送り込む手助けをしましたが、なるほどうまくいきません。

  封筒が結構厚いので仕方ない様です。 (通常の紙では、問題ありません)


  印刷する封筒の数は、結構たくさんあるようですし、業者に依頼したら数万円

  かかるそうです。



■そこで、次女は量販店に行き、「新しいプリンター」を買ってきました。

   (店員の方に使用目的を相談して、機種を選定しました)


新規購入・プリンター


  自分のVISTAパソコンにプリンターをセットアップして、印刷をしていました。

  全く問題なくスムーズに印刷できるそうです。


  新しいプリンターは、「プリント」機能以外にカラー or 白黒の「コピー」と

  「スキャナー」機能が付いています。 


新規購入・プリンター2


  この機能が付いて、価格は7,000円台前半だったそうです。 すごい!

  黒インクが減ったので、次女はインクを購入しに出掛けています。

  メーカーは、本体でなく、消耗品で儲ける戦略ですが、それにしても、

  「本体の低価格と高機能」にはびっくりします。 

           もちろん、MADE IN CHINA です。

 
トラックバック0 コメント0
顔見せ
2010-09-13-Mon  CATEGORY: 日記
           【 昨日:日曜日のことです 】

  クッシー から" WILL(犬)の顔を見に来る"と連絡がありました。


  ちょうど良い機会ですので、家族全員で一緒に夕食を食べに行くことになりました。

  近くの和食店に出掛けました。

会食1



  私は、スタンダードなお奨め定食を注文しました。 

  おっ しゃぶしゃぶも付いています。

会食2



  クッシー は、和風のハンバーグ定食を・・・

  私は、もちろんビールを・・・・・2杯飲みました。

  デザートは、濃い抹茶アイスで・・・


     会食3

  会計はかなり安いので、ビックリ!  やはり、デフレが進行しているのですネ。

  店も大変だと思います。  就業者の賃金が増えない理由がわかった気がします。



■自宅に帰り、記念撮影をしました。 (WILLは白いので判りません)

              記念撮影


         顔見せの目的が、一応 達せられたようです。





トラックバック0 コメント0
今週は、疲れた!
2010-09-12-Sun  CATEGORY: つぶやき
■今週は、6日間連続の勤務でした。  (勤務時間は、15時~24時)

  理由は、社員が4日間 業界の技術講習会に出席した為の臨時対応でした。


  仕事の内容は、力仕事ではありませんが、やはり63歳での日数の多い勤務は

  ちょっと疲れました。



■どんな仕事かって?   ちょっと紹介しましょう。

中央制御卓
                (中央制御卓です)



  中央制御卓のパソコンを使用してのシステムの運転です。

  パンコンで、システムが最適に稼動する様に、液晶画面を見ながら、マウスと

  キーボードで指示を出します。

  バソコンと言いましたが、正確には、ファクトリー オートメイション仕様です。
              (FAコンピュータです)

  信頼性確保の為に「マスター」と「スレーブ」の2台があります。  



  中央制御卓の横には、監視盤があります。
 
  各装置やセンサーから、2系統の信号が伝送されており、1系統がここに表示されます。

監視盤


  もう1系統は、「シーケンサ」を経由して、中央制御卓のFAコンピュータ →

  液晶画面に表示されます。



■システムに指示を出す際には、FAコンピータから コマンド が「シーケンサ」に送られ

 「シーケンサ」が各装置のモーターや電磁弁を動かします。

  その結果情報は、「シーケンサ」から「FAコンピュータ」へ レスポンス として

  返されます。

  この様なシステムは、現役時代に「シーケンサ」のメンテナンス業務に携わった経験

  がありますので、懐かしさがあります。


  シーケンサの外観写真です。  私の職場にも、5~6台稼動しています。

MELSECカタログより
          (日本を代表するM社のものです  HPより借用しました)



■シーケンサは、IC(集積回路)の発展と共に発達しました。
 
  今の日本の工業力を支えているもののひとつです。

  工場を訪れる機会があったら、機械の「制御盤」を開けて見せてもらってください。

           シーケンサが必ず1台は はいっています。

                                       (ひとり つぶやき)

-----------------------------(興味のある方)----------------------------


       【M社のシーケンサ】  ←  クリック


       【S社のシーケンサ】  ←  クリック (プログマブル コントローラ とも言います)


トラックバック0 コメント0
電気代
2010-09-05-Sun  CATEGORY: 日記
■今年の7月1日にリビングのエアコンを新しく買い替えました。 

      (10年間使用しましたが故障した為です)   エアコン購入 ← (リンク)


  電気店は、新型は従来の型に比較し電気代が半分になると云っていましたので、

  効果を期待して「8月分の電気料金」=(今月分と表示)を検証してみました。


  我が家は、エアコンが4台(各部屋)ありますが、その内 主に使用するのは、

  新しく買い替えたリビングの分と和室の分です。

  和室の分は、夜寝る時に使用します。

  

  年によって暑さが違いますし、使用条件が異なりますので、正確な比較は

  できませんが、近年の分を表にしてみました。

電気料金の推移 表(縮小)

         (参考資料 : 年合計 と 月平均です)

     2007年合計  140,913     月平均 11,743

     2008年合計  131,636     月平均 10,970

     2009年合計   96,407     月平均  8,034

     2010年8月まで 75,973     月平均  9,497  (単位:円)


  解り易くする為にグラフにしました。

電気料金の推移グラフ(縮小)


  今年は猛暑ですが、一昨年に比較すれば、大幅に料金が低いので効果はあったものと

  思います。

  今日も暑いです!   エアコンを効かせて、「発泡酒」を飲んで休養をしています。


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


  さて、ベランダの日除け効果と食料自給のために植えたコーヤも枯れる寸前と

  なりましたが、日除け効果を期待してまだ植えたままです。

      枯れる寸前のゴーヤ


  ゴーヤの最後の収穫は2週間前でした。

  栄養失調で小さく しかも熟れ過ぎでした。

熟れたゴーヤ



  しかし、料理をするとパブリカの様に色合いが良く、味もグッドでした。

熟れたゴーヤの料理
    
                                             (end)
 

トラックバック0 コメント0
都市対抗野球(2回戦)
2010-09-04-Sat  CATEGORY: 日記
■9/2夜より家内と次女は、「東京ドーム」で開催されている「都市対抗

  野球大会」の2回戦の応援に行って9/4朝 帰ってきました。

    (連続4晩を夜行バス内で過ごしたのですが、メチャ元気でした)

大和高田クラブ・パンフ


  行きも帰りも団体夜行バスですので、東京に到着時と出発時にスーパー銭湯で

  休息と食事をとったそうです。

  場所は前回と同じお台場の「大江戸温泉物語」です。

  館内の食事、買い物などは全てバーコードで管理して、退館時に一括支払いするそうです。



大江戸温泉物語
                   (火のみやぐら)


       【お台場 大江戸温泉物語】 ← クリック  



■さて、肝心の野球ですが、対戦相手は横浜市の「三菱重工 横浜」です。

        試合は、3対1で負けました。  

手前が大和高田チーム
              (手前が、大和高田チーム)


  一般的に、「クラブチーム」より「企業チーム」の方が強いようです。



■もし、2回戦に勝てば、私も土曜の夜から「参加しよう」と思っていましたが、残念!

  「大江戸温泉物語」で、風呂に入ってビールを飲んで・・・

  東京ドームで観戦しながら、ビールを飲んで・・・と皮算用をしていました。


  なによりも、行ってみたかったのは、私はこの10年間東京に行っていませんので、

  東京の空気を吸ってみたかったのですが・・・・・・



  一番喜んだのは、支援している幹事会社だったのでは と思います。

  適当な時期に負けてもらわなければ、費用が大変です。

          今回も数千万円かかっていると思われます。


トラックバック0 コメント0
都市対抗野球
2010-09-03-Fri  CATEGORY: 日記
■8/31夜より家内と次女は、「東京ドーム」で開催されている

  「都市対抗野球大会」の応援に行っています。


  次女が勤務していた会社が、「大和高田クラブ」の幹事会社として、

  バス32台:約1200名を応援団として東京ドームに送り込みましたので、

  これに参加した訳です。



  行きも帰りも団体夜行バスですので、東京に到着時と出発時にスーパー

  銭湯で休息をとったそうです。

  私が住んでいるところには無い、とてつもなく大きなスーパー銭湯だそうです。

  館内では、好みの浴衣を着て過ごすそうです。  へえ~!

スーパー温泉
         (お台場のスーパー銭湯前にて)



■さて、肝心の野球ですが、延長10回まで0対0のまま。

都市対抗野球大会1



  11回より「タイブレーク方式」で11回裏に1点が入り、サヨナラ勝ち!

都市対抗野球大会2
          (セントクン:遷都君も応援です)


都市対抗野球大会3
    (この写真は、11回裏に1点が入っていません。 すみません)


  9/2朝に夜行バスで一旦帰宅したのですが、その日の夜に再び夜行バスで、

  「東京ドーム」へ応援に行きました。



  今頃は、2回戦の試合の最中でしょう!

  勝てば、また行くことになるでしょう!


トラックバック0 コメント0
<< 2010/09 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


Copyright © 2019 団塊世代オジタリアン. all rights reserved.