FC2ブログ
2007年夏に定年退職した、団塊世代 普通のオジタリアンの日記
団塊世代オジタリアン
四寸岩山(1235.6m) ・ 柏原山(942.6m)
2010-02-28-Sun  CATEGORY: 日記
■午前中の降水確率は30%を越えていましたが、午後は天気が回復するとの

  情報で出かけました。

  橿原神宮前駅でNさん、Kさん、Fさんと待ち合わせて、奈良県大淀町から

  国道309号線を南下し「黒滝村」へ入りました。


  【黒滝村】 ← 説明クリック

  黒滝村の道の駅に掲げられている説明書きです。

黒滝村の説明



  ここより、県道・赤滝五條線を東に向かって進み、登山口を目指します。

  車の底を擦る厳しい山道になりましたが、目指す登山口が見つかりません。

  行き過ぎた様なので道を引き返しました。  建物がありましたので、寄りました。

  集会所の様です。 

赤滝の集会所



  少し引き返すと山神祠がありました。 

山神祠



  祠の横より上へ登る道がありますので、登ってみますと数軒の民家がありここを過ぎると

  降り坂となり「赤滝の集落」が展望できました。

赤滝地区の集落



  この付近から、登山口らしきものはありませんので、戻って数軒の民家のうちの

  一軒にあがりこんで、お爺さんから登山口を聞きましたが、説明の内容が

  理解できません。

  そうこうしているうちに、お爺さんがやって来て、登山口を教えてくれました。

  数軒の民家のあるそばの道の標高の高い地点より、登るそうです。

  登山口の判明に時間を費やし、11:15登山開始しました。

登山口



  登山口より歩きはじめて30m地点で右へ鋭角で折れるとずっと登山道が続いています。

  あたりは、「高野槙」の林がずっと続いており、高野槙の栽培と出荷で生計をたてて

  いるようです。

登山口過ぎの分岐点



  10分ほど登ると廃屋が2軒あります。  

  一軒の廃屋の屋根には囲炉裏端の煙の排出口(小型の屋根)がありました。

  Nさんの説明によれば、安物は強風が吹くと煙が逆流するそうですが、この煙の排出口

  (小型の屋根)は立派なもので、そのようなことはないとのことでした。

廃屋の屋根・囲炉裏の煙出口



  簡易水道の設備の横を過ぎ、高野槙の林の中を登ること約1時間で林道に出ました。

  林道を100m歩き左に折れて稜線づたいに登ると送電線の鉄塔がありここで

  昼食をとりました。

  柏原山はこの稜線沿いの延長(西側)にあるはずですが、天気が回復せず霧で見とおしが

  ききませんので、先に四寸岩山に登ることにしました。



  再び林道に戻り、林道を東に30分歩き 途中から「新茶屋跡」方面の標識に従い

  ブッシュの中を登ります。

  「新茶屋跡」は大峰奥駈道の近くにあり修験者の道場もあったそうです。

  稜線沿いの森林の中を進みます。 

  樹木の葉に付いていた樹氷が最近の暖かさで落ちて落ち葉の上でキラキラと

  輝いています。

  雪も残っています。

四寸岩山の手前



  約45分で四寸岩山(1235.6m)の頂上です。  霧で視界がききません。

四寸岩山頂上


  しばらく休息して出発しました。  帰りは下りですので、快調です。

  途中、ブッシュの道で、一瞬 霧の中から柏原山方面の景色が望めました。

林道の上部より柏原山方面



  林道を歩き、鉄塔まで戻りました。 

  大天井ヶ岳方面が霧の間から時々望めました。

大天井ヶ岳方面


  稜線沿いに進むと一旦下り再び緩やかに登るとそこは、柏原山(942.6m)でした。

柏原山頂上



  ここから、麓の赤滝まで同じルートで約1時間で下山しました。

  到着時間は、pm5時前でした。 

  誰ひとり会うことのない、静かな山行でした。




■帰路、日暮れ間じかの「広橋梅林」で梅の花を眺めました。

  梅の花の匂いが道路いっぱいに漂っていました。

広橋梅林

                                           (end)

スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
はじめてのe-tax
2010-02-27-Sat  CATEGORY: 日記
■昨年も確定申告をe-taxで申告をしましたが、最終的に申告書が税務署に

  届いていないということで、再度書面で提出をやり直ししました。


  昨年、再提出で税務署にいった際、” e-taxが届いていない”と来庁

  する人が毎日いると言われていました。 同類項もけっこういた訳です。

  e-taxで申請する場合は3度の受信確認ができたら、正常に申請が終了した

  ことになると言うことを聞きました。



■今年もe-taxに挑戦しました。

e-tax パソコン


  e-taxの確定申告は、けっこう複雑な手続きが必要です。

   ○電子証明書の取得
   ○ICカードリーダーの購入
   ○ICカードリーダーのドライバーのインストール
   ○パソコンへの事前準備セットアップツールの実行
     ・信頼済みサイトの登録
     ・ルート証明書のインストール
     ・公的個人認証サービス利用者クライアントソフトのインストール
     ・署名送信モジュールのインストール
     ・JPKI利用者ソフトのインストール


確定申告e-taxのページ


  これらの作業は、先週の土曜日に実施しました。

  次に、電子申告・納税等開始届出を送信し受信確認をしました。

  次の操作として、「電子証明書の登録」の作業に移り暗証番号を入力しましたが、

  エラーではねられ、電子証明書の暗証番号が「ロック」されてしまい操作ができなく

  なりました。   (3度入力ミスするとロックか?)

エラー 初期登録 暗証番号エラー


  そのため、翌々日の月曜に役所に行って、「住基台帳カード」の暗証番号と

  電子証明書の暗証番号をクリアして再度書き直しをしました。

  「住基台帳カード」の中には、住基台帳カードの暗証番号と電子証明書の暗証番号

  の二つが入っている
ことをよく理解せずに忘れていましたので、入力ミスをした

  ものです。


カードリーダーと住基カード


  「電子証明書の登録」には、住基台帳カードを使用しますが、電子証明書用の

  暗証番号を入力しなくてはなりません。  (当然ですが・・・)



■今日は、e-taxを行ったことのある方(利用者識別番号16桁を取得されている)

  の ②電子証明書の登録が済んでいない方 の操作から続きの作業をはじめました。

電子登録の再度開始


  操作は、うまくいきました。  

  すぐに、初期登録の受信通知を得ました。

受信通知



  その後は、国税庁のホームページの「書面での提出」の画面と同じですので、

  あまり時間をかけなくて進めました。

  還付金額は、前回計算した35,620円に電子証明書等特別控除をプラスして、

  40,620円となりました。

還付金額表示



  企業年金基金より支給されている年金から7.5%の税金を引かれていますので、

  まじめな国民に小遣いがプレゼントされたのでしょう! 


  確定申告書を送信した後、メッセージBOXを確認すると3通(開始届出、電子証明書

  の登録、所得税申告)の「受付完了」が格納されていますので、大丈夫でしょう!

メッセージBOX 3通




■前期高齢者のボケ防止のため、e-taxの挑戦をしてみましたが、

  英国の鉄の女:元首相のサッチャーさんでも高高齢になればボケるくらいですから、

  大きな効果はないかもしれません?


  しかし、私が知っている前期高齢者の何人かは、面倒くさいし考える気がしない

  からと言って、子供さんに確定申告を提出してもらう人がいますが、早くボケますよ。


  確定申告の内容は、次年度の住民税の算定基準になりますので、正確に!



トラックバック0 コメント0
韓流ドラマ
2010-02-22-Mon  CATEGORY: 日記
■先般、朝日新聞に「みんなはまった韓流ドラマ」という記事が載っていました。

朝日新聞・ランキング


  ランキングは・・・

    1位  宮廷女官 チャングムの誓い

    2位  冬のソナタ

    3位  美しき日々

    4位  大王四神記

    5位  天国の階段  ・・・だそうです。

  我が家も1位から5位の全てをTVの放映で見ました。

  なかなか面白かったことを記憶しています。



■そして、現在 月曜日から金曜日までの毎日見ている韓流ドラマがあります。


  「大王世宗」です。 (BS am10~11時)

大王世宗


 
  「冬鳥」です。   (BS pm0~01時)

冬鳥


  パート勤務の日は、仕事から帰って毎日録画を見ています。



  最近は欧米やアジアの地域にも盛んに韓国ドラマを輸出し各国で見られている様です。

  これも韓国が、液晶 DRAMなどの電子部品、情報技術、造船、鉄鋼、自動車など

  経済的に力をつけているから、文化も注目されているのでしょう。


  そして、我が家も韓国ドラマともに、マッコリ酒で「ニッコリ」して

  韓国の文化を楽しんでいます

マッコリ酒
             (冷やして飲むとおいしいです)





トラックバック0 コメント0
帰省・スマートICは便利だが・・・
2010-02-15-Mon  CATEGORY: 日記
■日曜夜、NHK大河ドラマ 龍馬伝 を見てからETC地方1000円制度を利用して

  月曜の朝 自宅へ帰ります。

  途中、宮島、福山のSAで爆睡して休息をとりました。

  倉敷を走行時に、山陽自動車道の岡山IC~山陽IC間が事故通行止めになって

  いることを知りました。  事故は、am2時頃下り車線トンネル内でパトカーに

  トラックが追突し、火災が発生したとのこと。


  岡山JCTから岡山自動車道を北上し中国自動車道へ迂回すれば、通行止め区間を回避

  できるのですが、走行距離がかなり長くなるのでこの方法は取りたくありませんでした。


  事故は下り車線であり、私達は上り車線を通行するので、そのうちに復旧するだろう

  との判断で、岡山ICの手前の吉備SAで休息兼復旧待ちをすることにしました。

山陽道・事故通行止めInfD



■am5時から、休息兼復旧待ちをしているのですが、am8時過ぎになっても

  復旧しません。

  SAの案内所の元お嬢さんが出勤してきましたので、ETC地方1000円制度を

  利用している者だが、通行止めなので岡山ICまで行き一般道に降りて、再び山陽IC

  から高速道に乗ってもETC地方1000円制度は、有効になるのかを聞きました。



  答えは、”機械が覚えているのでETC地方1000円制度は有効です”

  “岡山ICで降りる時1000円が引き落とされ、山陽ICから乗って 降りるICで

  1000円を差し引いた金額が引き落とされます。” とのことでした。

  “ただし、山陽道の○○がなんとやら・・・“でその後がよく聞き取れませんでした。



  “復旧予定時間も判からない”とのことですので、渋滞しながらも出発すること

  にしました。

  “えっ 上り本線がほとんど動いていませんので、SA内も渋滞して前へ進みません”

本線はいっぱい



■再びSAの案内所の元お嬢さんの所へ行って、本線が渋滞しているので「吉備スマートIC」

  から降りてもETC地方1000円制度は有効ですかと聞きました。

  答えは有効ですとのことでしたので、ラッキーと思い 吉備スマートICから降りました。

スマートIC

  
    【スマートIC】  ← クリック


  上り本線の大渋滞を尻目に県道をスイスイと進みました。

側道をすいすい




  岡山市街を通過し、無事に山陽ICから再び高速道に乗りました。



 
■さて、降り口の「中国吹田の料金所で、3700円を表示!(近畿道料金含む)」 

  “ガーン” 高いではないか!

  通常の通行料金より750円程度安いのですが、ETC地方1000円制度より

  かなり高い金額です。


  原因は、“ただし、山陽道の○○がなんとやら・・・“でその後がよく聞き取れなかった

  部分にあるのかも?


  スマートICは便利ですが・・・迂回してでもICを降りない方が賢明のようです。



トラックバック0 コメント0
帰省・変わりなく(2)・・・
2010-02-14-Sun  CATEGORY: 日記
■午前中、庭で咲いていた花を両親の居るケアハウスに持って行きました。

  
  その足で、妹宅へ行き、日頃 両親の面倒をみてもらっているお礼を言いました。



  家内は、高校時代の友人と逢うために下関に行きました。

  私も、マッチー や ナオ、 タイショウ、 ターベ 達にも逢ってみたかったのですが、

  今回は時間がなくて残念でした。

          家内の友達




■私は午後、実家でバンクーバーオリンピックを見ながら休息していました。


  夕刻になって、保守的な波止場に行きました。

  保守的な波止場とは、いつも決まって同じ波止場に行くので、変化がなく相変わらず

  という意味でつけた名前の波止場です。

保守的な波止場



  途中で、小学校時代の友達2人と会いました。 

  元気そうで、他の同窓会のメンバーも特に変わりはないとのことでした。


  会った内のひとりS氏は、定年退職後も後輩の指導で週3日程度、

  元の職場に嘱託勤務しているそうです。

  そして、残りの休日は、自分のエンジン付きボートで釣りを楽しんでいるそうです。

海岸風景
          (ボートはこの海岸の○○の所に置いているとのこと)


  田舎では、この様な楽しみも持てます。 ちょっと羨ましい気もします。




トラックバック0 コメント0
帰省・変わりなく(1)・・・
2010-02-13-Sat  CATEGORY: 日記
■正月に帰省しませんでしたので、このたび帰省しました。

  金曜の夜9時前に自宅を出発しETC地方1000円の制度を利用しての帰省です。

  家内と交代で車の運転をしましたが、途中眠くて岡山と福山で爆睡しました。
 
  下松SAで夜が明けました。 SAでは、お雛様が飾られていました。

下松SAのお雛様



■3つ手前のICで下車し、家内の小学校時代の友達の家に寄りました。

  友人宅の家の前から携帯電話で “今、家の前にいるのよ” と連絡したもの

  ですから、突然の訪問にびっくりして訳の分らない奇声を上げていたそうです。




■実家に帰る途中に「小日本」と言われている地区を通ります。

  何の変哲もない田舎ですが、昔の人は広い盆地の中から他の地域に出かける

  ことは少なかった為、広い盆地を小日本と表現していた様です。

  その小日本に、いつも面白い案山子があります。

  今回は、五右衛門風呂に入っている女性でした。

小日本の案山子



■実家には、土曜のam10時に到着しました。 

  13時間以上かかったことになります。

  歳をとると若い時の様には行きません。 倍近くの時間がかかりました。



  実家の周囲には、雑草が生えていました。

  それでも、裏庭の水仙は元気に咲いていました。

自宅裏庭の水仙



■午後、両親が居住しているケアハウスを訪問しました。

  母は、ディサービスに行っていましたが、私達が行くとすぐに部屋へ

  戻ってきました。  両親とも元気で、安心しました。

  父のパソコン(昨年秋に新しく買い換えたVista)にUSBメモリーより

  コンテンツを転送しました。  これでしばらく、パソコンを楽しめるでしょう。

 

トラックバック0 コメント0
とりあえず 原稿を作成!
2010-02-11-Thu  CATEGORY: 日記
■山の会の会報に載せる原稿の提出要請がきていました。

  山行報告 旅行記 エッセイ なんでも結構です と云うことです。

  期限までにはまだ1ケ月以上あるのですが、昨日と本日は2連休日でしたし

  天気も悪かったので早めに原稿を作成しました。 真面目!?




  題名は、 「標高232mのクレーター」

       ~オアフ島のシンボルに登る~   です。

        旅行と軟弱な登山の中間的な内容にしました。


  下手な文章より、撮影した写真を多用した方が分りやすいと思います。

標高232mのクレーター 1



  又、衛星写真を加工したり、パンフレットを利用しました。

    ・著作権に触れない範囲で・・・ 

    ・通常の慣例で許されていると思われて範囲で・・・

標高232mのクレーター 2



標高232mのクレーター 3



標高232mのクレーター 4


  ・・・ですが、はずかしくて詳細は お見せできません。



トラックバック0 コメント0
原稿の作成が大変!
2010-02-06-Sat  CATEGORY: 日記
■朝から雪がチラホラしていましたが、山の会の会合がありますので、

  寒い中 出かけました。

  会合場所のマンション20Fから京都方面を望むと山崎の天王山付近は

  雪が降っています。

雪が降る・遠望1



  かなり強い雪が降っています。(白くなっている部分です)

雪が降る・遠望2




■さて 会合の主な目的は、各担当の山の踏査状況の確認と雑談ですが、それ以外にも

  年2回の会報を発行していますので、その原稿の提出要請もありました。

  過去2年分の会報の表紙です。

会報表紙



  Kさんなどは、しっかりした山行記録を投稿しています。

会報原稿


  エッセイを含めて22ページの山行記録と写真3ページもあります。



  私にはとてもこの様な原稿は作成できませんが、「ほー そうなんだ!」と

  思える原稿をひとつ作成しようかな?と思っています。

          できるかな?


トラックバック0 コメント2
豆まき
2010-02-04-Thu  CATEGORY: 日記
■朝、家族全員で一日遅れの豆まきをしました。


  他人の家から昨日、「豆まきで追い出された鬼が我が家の隅に潜んでいたら

  困る」からです。

  え! ほんと? そう云うことあるの?  ほんとうです!




■ WILLが鬼の面を被って、鬼の役をしました。

豆まき1



  撒いた豆を食べるのは、WILLの役目です。

豆まき2



 うれしそうに、しっぽを振っています。

豆まき3


  面を外したWILLの顔は、”又、鬼の役をしたいなあ“と言う表情でした。

  hi


トラックバック0 コメント2
確定申告の準備
2010-02-03-Wed  CATEGORY: 日記
■先日、税務署より確定申告の申請書が送られてきました。

  申請書には住所と氏名、整理番号まで印字されています。

  準備のよいことです。



■今年は還付金がいくらになるのか興味がありますので、国税庁のHP → 

  申請書の作成 → 書面提出 で計算してみました。

  パソコンは、先日復旧した私の(OSは XP)を使用しました。

復帰したPC



  復旧するまで、次女のパソコン(Vista)を使用していましたが、

  いつまでも使うのはちょっと気がひけますので・・・・なるべく私のXPを

  使用することにしました。

  (原因はソフト的なものでしたが、どのようにして復旧したのかは、次回機会が

   あればUPします)


  入力を進めていくと、ある画面で青色申告特別控除額を入力しなければ、

  進まなくなりました。

エラー画面1


  青色申告特別控除額の項目は灰色になっていますので、入力しなくてもよいはず

  なのですが・・・おかしいなあ!

エラー画面2



  なかなか原因が判りませんでしたが、画面を元に戻して色々調べたら 初期の設定で

  青色申告(税務署承認)の項目にチェックが入っていました。  



  全項目を入力し最後にPDFファイルを作成しましたが、今度は内部エラーが

  発生し印字しません。  困ったぞ!

  原因は、パソコンのAdobe Readerのバージョンが3でしたので適用環境の

  Adobe Reader8 or 9に達していませんでした。

PC環境


  私のXPパソコンは以前2度HDDが故障し、2度目の故障時に中古の容量の少ない

  ただのHDDをリカバリーしていましたので、発売当時の古いバージョンに戻っていました。

  Adobe Readerの無償サイトよりダウンロードし、無事に印字が可能となりました。


振込み金額

  昨年の還付金額より半分近くに減っていますが・・・何に使おうかな?

提出用確定申告書




  昨年は、e-Taxで申請しましたが、結局税務署に正しく届いてなかったと言われ

  書面で再提出して還付を受けました。


  今年もe-Taxで申請してみようと思っています。

  e-Taxで申請すると更に¥5,000還付金が多くなります。(初回のみです)


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

  一作年の確定申告は、今回の書面提出と同じ様に操作しましたが、

  操作内容をほとんど忘れてしまっていました。 

  20歳を過ぎると脳細胞が20万個/日 減るそうですが、60歳を過ぎると

  脳細胞の減る速度が加速的に増えるのかもしれませんネ。




トラックバック0 コメント0
<< 2010/02 >>
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -


Copyright © 2019 団塊世代オジタリアン. all rights reserved.