FC2ブログ
2007年夏に定年退職した、団塊世代 普通のオジタリアンの日記
団塊世代オジタリアン
2010-01-31-Sun  CATEGORY: 日記
■一年前に、「国会に2羽の鳩がいます・・・・・」と鳩山さんが発言した時は、

  2羽とも鳩は元気でした。

  現在は、もう一羽の鳩は元気が無いようです。




■今日は、元気な鳩の話題について・・・・

  テレビニュースで、「リアル鳩カフェ」のことが報道されていました。

  私も カフェ は好きです。  特にオープンカフェは大好きです。

  そこで、カフェを覗いてみました。

リアル鳩カフェ
  

  今までにないリーダーであり、おもしろいと思います。

  【リアル鳩カフェ】  ← クリック



  国税減収による国債の大量発行、失業者や生活困窮者の支援、米軍普天間基地

  の移設問題など大変だと思いますが、頑張ってほしいものです。

  特に米軍普天間基地の移設問題は、結論を急がずにしたたかに交渉を進めて

  ほしいものです。  前防衛大臣の如くポチにならないように。


  しかもお隣さんは、ヒビが入ることにより つけ入る隙を狙っていますので、

  充分気をつけてね!



スポンサーサイト



トラックバック0 コメント0
録画の消化
2010-01-30-Sat  CATEGORY: 日記
■天気がよいので、家の中で過ごすのはもったいないと思いながら、

  過去に録画したテレビ番組の消化をしました。


  正月に「ガンジー」、「ゴッドファーザー part1, 2, 3」などを録画して

  いましたがなかなか消化できてなくハードディスク内に残っていました。

  歳をとったので(体内クロックが遅くなり)、行動も遅くなったのでしょう!




■私の1週間のテレビ視聴予定は次のとおりです。

 ・火曜日 : 「エデンの東」  韓国の社会の闇と運命のドラマ

エデンの東



 ・木曜日 : 「不毛地帯」   山崎豊子原作の商社の壮絶な戦い

不毛地帯



 ・土曜日 : 「蒼穹の昴」   清朝末期の西太后を取り巻くドラマ

蒼穹の昴



 ・日曜日 : 「龍馬伝」    福山雅治主演の坂本龍馬の生涯

龍馬伝



 ・日曜日 : 「イ・サン」  朝鮮王朝の偉大な王として多くの功績を残した生涯

イ・サン



  これらのテレビ番組は、家内と好みがほぼ同じなのでチャンネル争いは

  ほとんどありません。  その点はラッキーです。

  但し、家内は見ている途中に眠りますので、何度も見直しをしています。

  家内は他に、韓国ドラマの「冬鳥」や再放送の 天国の階段 や 冬のソナタ

  も見ています。

  私もコタツに入って横で見ていることがあります。 


  韓国ドラマは、感情の表現が激しく、出生の秘密のあるのが特徴ですが、

  なかなか おもしろいです。


  韓国は日本の政情に比較し大きな変化が何度も起こっています。

  王朝の崩壊 → 日本の統治 → 日本統治協力者への報復 → 軍事政権 

  → 民主化 と国民全体の生活が根底から大きく変わってきました。

  日本は、幕末の武士階級のみの変化にとどまっており安定しています。

  これも日本人が賢い選択をしたことと賄賂腐敗の慣習が少なかったのが

  影響していたのかもしれません。

  こう云う点から、ドラマを見てもおもしろいです。




トラックバック0 コメント0
宝塚大劇場
2010-01-26-Tue  CATEGORY: 日記
■宝塚歌劇の月組トップスター 柚希 礼音(REON YUZUKI)の知人の・・・

  知人の招待で宝塚大劇場の公演(15時~)を家内と観に行きました。

  私は本来出勤日ですが、S席で観れることの喜びで仕事を休んで行きました。

  宝塚歌劇月組



  阪急宝塚駅周辺と花のこみちは、20年前に比較しずいぶん綺麗になっており

  びっくりしました。

花のこみち


  宝塚遊園地は閉園しても昔の面影が残っています。

  大劇場の建物が見えてきました。

宝塚大劇場



  大劇場のホールには、スターの写真が掲げてある様子も昔と同じです。

宝塚大劇場・ホール1



  左の階段より、客席に入りました。

宝塚大劇場・ホール2



  客席は、SS席のチケット(11,000円)から完売し1階A席の後ろに空席がある程度で

  ほぼ満席です。

宝塚大劇場・客席




  公演は、ミュージカル「ハプスブルグの宝剣」・・・18世紀前半 ユダヤ人の青年と

  ハプスブルグ家 マリア・テレジアとの物語です。

宝塚歌劇月組パンフ



  30分の休憩時間に、家内がオペラグラスを借りてきました。

  続いて、グラン・ファンタジー「BOLERO」です。

  オペラグラスのおかげで、顔の表情などよく判かりました。

  男性から観れば、娘役のトップスター「夢咲 ねね」の方がよいですね・・・

  
  夢の様な、3時間が過ぎました。 

  観客のほとんどは女性で、男性はわずかでした。

公演終了1



  帰路を急ぐ女性たちは、皆 厚いコートを着て裕福そうに見えました。

  コートを着ていない私と家内はちょっと寒そうに・・・

公演終了2


   【宝塚歌劇】  ← クリック 



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

  20年前 広島に在住時、娘たちを連れて家族で宝塚大歌劇へ観に行ったことが

  2度ありますが、娘たちはとうとう歌劇には興味を持ちませんでした。

  次女が興味を持ったのは、舞台で輝くミラーボールでした。



  創作のミュージカルも面白いのですが、オリジナルの物語が元になっているもの:

  回転木馬、嵐が丘 などが私の記憶の中に強く残っています。


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


トラックバック0 コメント2
若草山焼き
2010-01-23-Sat  CATEGORY: 日記
■今日は若草山の山焼きです。  

  薬師寺の五重塔をシルエットに若草山の山焼きを背景にした写真は有名です。

  運が良ければ見れるかも?と思い、夕刻より出かけました。


  近鉄京都線・西の京駅で下車し薬師寺周辺を歩いて若草山が見える場所を探しました。

薬師寺塔



  通勤の帰宅者以外に観光客らしき人は見当たりません。

  薬師寺周辺は、見透しがききませんので、仕方なく南方向に歩いて行き

  田んぼの中の道で見物することにしました。

  車で見に来た人が10人ばかりいました。

  まず花火が上がりました。 距離が遠いので、小さく見えます。

若草山焼き・花火



  続いて山焼きが始まりましたが、遠すぎて迫力がありません。

若草山焼き



  火の勢いが弱まりましたので、帰宅するために駅向かいました。

  駅の近くで、西側の道よりカメラと三脚をかかえた5~6人のグループと出会いました。


  西の京駅で電車を待っていると防寒着にザックを背負い、カメラ・三脚をかかえた

  人たちがドヤドヤと40~50人やって来ました。 

  皆自慢のカメラを抱えて、満足そうな顔つきで・・・・・




■私は薬師寺の南で見学しましたが、ベストのポイントではなかったようです。

西の京付近地図




  ベストのビューポイントは、大池の西岸だそうです。

奈良・薬師寺地図


  いずれにしても、1.2万円のデジタルカメラでは、写真が撮れないことが

  はっきりしました。 
    
  反省! + 恥ずかしさ半分! ・・・です。



トラックバック0 コメント0
烏ノ塒屋山
2010-01-20-Wed  CATEGORY: 日記
■今日は大寒ですが、ポカポカ天気に誘われて「烏ノ塒屋山」へ家内と車で出発しました。

  烏ノ塒屋山と書きますが「からすのとややま」と言うそうです。
 
  塒屋とはねぐらの意味だそうで、パソコンでねぐらを変換すると塒がでます。



  奈良県桜井市よりR166で南東の方向に行くと宇陀市大宇陀区で

  国道370線と交差します。

  さらに南下し吉野町の手前の牧より右折し杉林の林道に入ります。

  林道の小さな峠を越えると三茶屋「恋の谷」に着きます。
  
  ここには、小さな祠が二つ並んで建っています。

恋の谷・祠が二つ



  まわりは、ひと気が全くない谷ですが、林業で生計をたてている人が稀に

  入山しているようです。

  吉野町へ続いていると思われる細い道がありますし、昔には恋の物語があったのでしょう。

  少し林道を進むと廃屋が二軒あり、これより先には車では進めません。

廃屋が二軒



  先日降った雪が所どころに残っており、日当たりの悪い寂しい所なので

  引き返そうかとも思いましたが、せっかく来たので、ここに車を置き登ることにしました。

  墓場を右に折れ進みますと山道の表面をコンクリートで薄く舗装した急な道が

  続いています。

  途中には、水害の痕跡が残っており、山道の土砂が流されており、コンクリートで薄く

  舗装された表面が空中に浮いています。

土砂崩れの道



  ハイチやアジアの国の「オカラ工事」だったら、コンクリートで薄く舗装された表面は

  落下していたでしょうが、我が国の工事は強いです。  さすが!

  恐る恐る渡りましたが、もし落下したら大変です。 

  この様なことは、絶対してはなりません。

  道は送電線の鉄塔の横で終わっていました。

  ここから先は、踏み跡と所どころに付けられた標識に従ってルートを選びます。

  しばらく登ると尾根に出て、さらに進むと鹿防御用のフェンスに沿って登ることに

  なります。

  やがて、南方向に視界が開けてきました。 遠くに見えるのが、大峰山系です。

大峰山系の遠望



  いばらのとげに悩まされながら、フェンスに沿って登ります。

  三重県との県境の山にも積雪が認められます。

南東方向を望む



  約50分で烏ノ塒屋山頂上:標高659mに着きました。 

  樹林で全く視界がききません。

烏ノ塒屋山頂上





  頂上の三角点の横で、ノンアルコール飲料を飲みながら、弁当を食べました。

CIMG7176.jpg
 


  風が強いので、木と木の幹が擦れ合って、動物の鳴き声の様な妙な音を発していました。

  下山も同じルートをとりました。

  誰ひとりと会わない静かな山行でした。




■帰路は、大宇陀温泉「あきののゆ」に寄って冷えた体を温めました。

大宇陀温泉・あきのの湯


  温泉の湯は透明ですが、肌がヌルヌルして潤いが増す感じがします。

  薬とう湯と檜風呂が良かったです。 

大宇陀温泉・あきのの湯・パンフ




           (あきの)
■途中の道の駅「阿騎野宿」の野菜市に寄って野菜をたくさん買って帰りました。

  白菜もたくさん買いましたので、後日食卓にあがるでしょう!


トラックバック0 コメント0
我家は庶民の味・・・
2010-01-17-Sun  CATEGORY: 日記
■昨年末に次女が「ホテル ニューオータニ」製の(オニオン、フカヒレ、

  伊勢海老クリーム)スープ、ビーフシチュー、カレーなどの缶詰詰め合わせ

  セットをもらって帰りました。


  日本でも超一流の味とはどの様なものなのか?と思いその時にすぐに

  食べてみました。

               “ウーン”


  しかしその後半月以上経っても一部がまだ残っていましたので、

  昼食に食べることにしました。

ホテルの缶詰




  “ウーン” やはり、超一流の味と思いますが・・・

カレー



■我家は通常、市販の粉末のポタージュスープや固形のコンソメスープに

  お湯を注いだもの及びSB食品やハウス食品のカレーを食べていますので、

  この方が性に合っている様です。


  庶民の味の方がぴったりです。


トラックバック0 コメント2
新年会
2010-01-16-Sat  CATEGORY: 日記
■本日はpm4時より山の会の総会と新年会が開催されました。

  場所は大阪のマンション20Fのラウンジです。

  昨年は、天王寺のホテルで開催しましたが、経費節減の目的と酒類をたくさん
 
  飲みたい人のためにマンションのラウンジでの開催となりました。

マンション20Fより




  総会には、北関東からも代表が2名参加となりました。

  昨年の活動報告と今年の山行計画、続いて会計報告がありました。

活動報告書




  続いて現役が3名参加し総勢21名での新年会となりました。

新年会1





  近隣の中華料理屋さんから ふかひれスープの出前もありました。

ふかひれスープ




  皆、S社勤務の経験者ばがりですので、現役時代に関係する話題に盛り上がりました。

  現役の人からも現状報告があり”へー そうなんだ”と参考になる話もありました。



  酒が好きな人ばかり集まっていましたので、空瓶がごろごろと・・・

  最後は、コーヒーでおひらきとなりました。

最後はコーヒー




  帰路は、足取りフラフラの人と帰ることになって寄り道をし、しかもJR線の

  人身事故のため、延着し帰宅したのは、翌日の午前1時前でした。



トラックバック0 コメント0
下がらない
2010-01-14-Thu  CATEGORY: 日記
■今日は定期健診の日ですので、朝から病院へ出かけました。

定期健診・病院


  成人病を3つもっていますので、2ケ月ごとに内科の主治医に診てもらっています。

  現在の問題は、糖尿病の数値が高く薬を飲んでいますが下がりません。

  血液検査してヘモグロビンA1c値と血糖値を監視しています。



  今回は、前回より数値が下がっているはずと自信をもって来院しましたが、

  検査の結果、逆に数値が上がっていました。  残念!


HbA1c推移(縮)


  主治医より、”次回の検査で、このまま数値が下がらなければ、

  もう一種類 薬を追加しなければなりませんネ”・・・と脅されました。




■今日から夕食時のビールをやめて「カロリー70%オフ」の発泡酒に徹底しようかな?

  家内に対しても”おいしい料理をやめて、少しまずい料理をお願いしよう”かな?



  いずれにしても、カロリーの摂取量を抑えて、運動してエネルギーの消費

  が必要です!



トラックバック0 コメント2
考えることは同じ
2010-01-11-Mon  CATEGORY: 日記
■自治体の住民へのCSと仕事好き?の私は今日も出勤しました。

  PM4時に退社し帰宅しました。 
 
  さて、夕食は・・・


  主婦は、献立を考えるのが一番嫌いだそうです。 そして、後片付けも・・・

  そこで、我家のご用達?:「王将」に行くことになりました。

  王将は、ユニクロと並んで庶民の味方です。

  低価格で、美味しいため来客が増加し収益を上げています。




  ■駐車場につきました。

王将建物

 そこで、家内の知り合いにバッタリ会いました。

  夫婦と子供さんと孫の6人家族で来店したそうです。


  店に入ると混雑していましたが、そこで又、家内の知り合いの夫婦に会いました。

  ”ほんとうは、自宅で食事を作りたかったのヨ” と言わないばかりのテレパシーが

  飛び交っていました。

   厨房


  自宅でも時々、手作り餃子を作りますが、王将の餃子もおいしいです。

   餃子



  私も家内もすっかり、王将の味に慣らされてしまいました。

  また来ます・・・


トラックバック0 コメント0
オリーブ
2010-01-10-Sun  CATEGORY: 日記
■昨日の外出時、阪急・梅田駅にちょっと変わったコンビニエンスストアが

  ありましたので、立ち寄ってみました。

  各種の弁当以外においしそうな外国の食品が多数販売されていました。

  その中より、オリーブの実を袋詰め(スペイン産)したものを買って帰りました。

オリーブ・袋づめ



■今日の昼食は、家内にオリーブを使ったサラダを作ってもらいました。

  オリーブの実を薄く切って、キューピーのドレッシング(オリーブオイル使用)

  をかけました。

  オリーブの実は少し酢っぱくて塩辛く、たくさんは食べれませんが、

  味を引き立てる役をしていると思います。

サーモンとオリーブのサラダ



  現在の日本は、食べてみたい外国の食品が比較的に安く入手でき、

  幸せな環境にあります。



--------------------------------------------------------------


  昔(30年前)家内とギリシャを旅行したことがあります。

  首都アテネの郊外を外れると一面にオリーブ畑が広がっていました。

    (この時が初めてのオリーブとの出会いだったと思います)

ギリシャのオリーブ畑と田舎



  昼食は、田舎の野外レストランの木の下で、野菜と紫のオリーブの実に

  オリーブオイルをかけたサラダ、ヤギの乳で作ったチーズと固いパンの食事を

  したことがあります。

  正直言って、質素でびっくり!  日本食とはあまりにもかけ離れていました。

オリーブの実(機内メニューの表紙)


  昨今のギリシャは、EUには加盟したものの、貿易赤字がずっと続いており、

  しかも政府が統計を粉飾していたことが判明し、経済的に困窮しているようです。



  日本もデフレに陥り大変ですが、まだまだ幸せな国の部類の方でしょう!

  消費を拡大し、元気な日本にしましょう。

        (ちょっと無責任な発言ですみません)

トラックバック0 コメント0
ねぎ焼き
2010-01-09-Sat  CATEGORY: 日記
■ねぎのおいしい季節は寒い時期ときいています。

  また以前より、おいしい ねぎ焼き の店があると聞き及んでいましたので、

  今日は家内とその店に出かけました。



  阪急電車の十三(じゅうそう)駅の西口です。

阪急・十三駅西口


  十三は、大阪の下町の匂いがプンプンする面白い街です。

  国道176号線の交差点を横断し本町商店街に入ります。

  (写真は、本町商店街の西側から176号線方面をのぞんでいます)

十三本町商店街



  徒歩3分程度で、「ねぎ焼 やまもと・本店」です。

ねぎ焼 やまもと



  店の中も、来客が10数名待っていました。

  カップルや女性のグループ それにリタイアした感じの夫婦も3組みおり

  楽しそうにビールを飲んでいました。

  店員さんは、席が空く前に事前に注文を聞いて、鉄板前の席に着ける頃に

  ねぎ焼きが仕上がるように配慮しています。

ねぎ焼・やまもと・はし袋


  私はイカ入りを、家内は牛スジ入りを注文しました。

  約15分待って出来上がりました。  ビールも注文しました。

           (同社のHPの写真より)
ねぎ焼・やまもとHPより


  ねぎ焼きは、ふんわりして、しかもさっぱりしておいしいです。

  イカ入りと牛スジ入りの双方を食べて味を比較しました。

  牛スジ入りの方が、値段が高いだけあっておいしく感じました。


  店を出る頃には、待っている客の列が来た時よりももっと長く

  なっていました。


         【ねぎ焼 やまもと】  ← 紹介



  帰路、商店街や路地をとおりました。

  家内が "まるで外国に来たみたい" と云いました。

  露天に似た店もあっておもしろい街です。



トラックバック0 コメント0
きょう きょう きょう
2010-01-02-Sat  CATEGORY: 日記
■長女夫妻が昼前に遊びにやってきましたので、お屠蘇をいただきました。

お屠蘇




  お節料理は、家内が材料よりつくった手作りです。

お節料理



  若い夫婦は、肉も好きですので、すき焼きも準備しました。

すき焼き




■初詣は一緒に行くことになり、信貴山へ車で向かいましたが、

  麓から渋滞ですすみません。 

  目的地を龍田大社に変更しました。

龍田大社1



  けっこう人出があります。 顔見知りの人にも会いました。

龍田大社2




  我家恒例のおみくじを引きに行きました。

  私の前の小学生は、凶が出て奇声をあげていました。

  私も凶でした。

  続いて家族がおみくじを引きました。

  結果は、家族4人中、3人が凶でした。

きょうきょうきょう



  私も過去数度、凶がでましたが、その年は良いことがあります。

  次女は昨年、凶でしたが、とても経験できない良いことがありました。

  今年は、上り坂の人生でしょう!   ( 強がりです・・・)





■家内は、混んでいる信貴山にも行ってみたいと言いますので、車を降りて歩いて

  登り始めました。  渋滞している車列を横目に1時間かけて登りました。

  山門を通り抜けるとすぐに、参拝者の入場制限がありました。

信貴山1



  何度かの制限を受けながら、前へ進みます。

  今年は、「寅」年。  寅年は、人出が3倍になるそうです。

信貴山2



  信貴山・朝護孫子寺 本殿の登り階段からの人出の様子です。

信貴山3



  本殿前は、身動きができない程の混雑です。

  “ おまえ! お賽銭したんか? 5円(ご縁)したよ ” ・・・

  との大声も飛び交っていました。  不景気のようです。




  護摩法要も行われていました。

信貴山4 護摩法要



  帰路は薄暗くなっており、灯篭に灯がともっていました。

信貴山5



  2日目も無事に過ごしました。



  
トラックバック0 コメント0
3億円当選にもう一歩?
2010-01-01-Fri  CATEGORY: 日記
あけまして おめでとうございます。

迎春



  今年もよろしくお願いいたします。

s寅


■我家の救世主・・・そうです! 年末ジャンボ3億円(前後賞含む)の

  当選番号を確認しました。

  1等(2億円)の当選番号について・・・

  最初の32組は ・・・ 当たっている!

  10万の桁の1は・・・ 当たっている!

  1万の桁の3は・・・ 当たっている!

  う む ?

  下2けたの39も・・・ 当たっています!

  ですが・・・千の桁と百の桁はダメでした。

年末ジャンボ宝くじ


  宝くじに当たるより、車に当たる確率の方がはるかに高いので・・・宝くじに

  当たらない方が幸せな生活が送れるかも?・・・と思い直しました。 HI!




  気を取り直したところで…次女から「お年玉」をもらいました。

お年玉


  こんな歳になったのか?と寂しいやら、うれしいのか よくわかりません。

(給料は次女の方が数倍高いと思いますが、年金受給額を加算するとまだ負けません?)




■今日は、気温が低くしかも風が強く寒い日です。

  エアコンをつけてコタツに入っているだけでは、つまりませんので、

  夕刻より家内とスーパー銭湯に行くことにしました。 

虹の湯1

  ここのスーパー銭湯の半額割引券(正月期間中は使用できませんと記載されて

  いることは承知している)を2枚持っていますので、フロントの若いお嬢さんに

  割引ができるかを念のために聞きました。

  やはり、ダメとのことでした。 (オジタリアンを発揮しました)

虹の湯2



  ここの泉質は、ナトリウム塩化物泉なのでお湯をなめるととても塩辛いです。

  また、風呂が各種ありますので、色々な風呂巡りもおもしろいです。

      【虹の湯】 ← クリック
        
  露天風呂から眺めた景色は、「強風の影響で大きくゆれる竹林」でした。

  強い風でも折れない竹の如く、今年も頑張ろう!


トラックバック0 コメント0
<< 2010/01 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


Copyright © 2019 団塊世代オジタリアン. all rights reserved.