FC2ブログ
2007年夏に定年退職した、団塊世代 普通のオジタリアンの日記
団塊世代オジタリアン
1年を振り返って。
2008-12-31-Wed  CATEGORY: 日記
■リタイア後の2年目をなんとか無事に乗り切ることができました。



 ◎我が家の生活環境は、・・・・

  ①長女が結婚したこと。

  ②私が7月よりパートで働き始めたこと。

    (パート勤務ですが、実態はフルタイムに近い状況です)

                           ・・・・で大きく変わりました。



  ◎自分達の生活以外では、老齢の両親の生活環境が変わった年でした。

   ・父が怪我をしたので、病院へ1ケ月間入院しました。

   ・残った母を一人で実家に置くわけにもいきませんので、その時点で体験的に

    ケアハウスに入所しました。

   ・父が退院しまたので、母が入所しているケアハウスに正式に、(一緒に)入所

    しました。       夫婦用の広い部屋で、快適に過ごしているようです。



   ・父は、団体生活が苦手な性格と思っていましたが、そうでもない様で上手く

    やっています。

   ・母は、食事の準備や諸々の家事から開放されて、大層快適になったようです。



■老いた親の介護方法として、親との同居もありますが、この方法は、家族の

  負担が大き過ぎます。  

  負担は、大部分が家内にかかり、家族崩壊にも繋がることもある様です。

  現在、両親はなんとか自分の身の回りの世話は自分でできますが、

  今後老化が進みますと、専門の介護要員にお願いする以外にないようです。

  
  この一年間は、「老後について」考えさせられる年でした。





スポンサーサイト



トラックバック0 コメント0
夜明け前
2008-12-28-Sun  CATEGORY: 日記
■リタイアNさんより、昨年に引き続き 今年も「夜明け前」をもらいました。


夜明け前1


  リタイアNさんは、大学教授が主催する島崎藤村の勉強会のメンバーです。

  今年も勉強会で木曽路の馬籠に宿泊旅行をしました。
  
  夜明け前 ← クリック

  このお酒は、信州・辰野町で造られていますが、名酒といわれています。


夜明け前2



■さて、今年は暗い年になりましたが、来年は、少しでも明るい兆しの年に

  なってほしいと願っています。    「夜明け前」のように・・・・



  ちなみに私は、今週31日まで、「夜明け前」に出勤します。

  6時30分に自宅を出発し、7時より仕事です。  



  (正月は、夜明け前を飲みます。 希望を持って・・・ )



トラックバック0 コメント0
ほったらかし が2つ
2008-12-27-Sat  CATEGORY: 日記
■今年もベランダで、シクラメンがきれいに咲きました。

  肥料もやらず 手入れもせずに、ほったらかしでしたが、昨年に引き続き

  きれいに 咲きました。


ベランダ・シクラメン1227



■もうひとつ、その横で、ほったらかしの干し柿が吊るされています。

  3個 柿の実が落ちましたが、残りは洗濯ものと一緒に吊るされたままです。

ベランダ・干し柿1227


  誰が食べるのでしょうか?

  ちょっと、心配です。



トラックバック0 コメント0
土産ばなし
2008-12-21-Sun  CATEGORY: 日記
■結婚した長女夫婦が遊びに来ました。

  次女が、手作りの料理を作って昼食の準備しました。

  ピザ、スーブ、マカロニサラダ、ケーキなどです。

  とても美味しく、よくできていました。



■長女夫婦は、新婚旅行のお土産として、ロゼワインと写真を持ってきました。

お土産・ワイン200812



■整理した厚い写真ファイルを持ってきて、楽しそうに説明しました。

  ドイツ、スイス、フランスの中で、ドイツが一番印象に残ったそうです。


  ドイツの花屋さんです。

ドイツの花屋200812




  ドイツの街並みです。

ドイツの街並200812




  ノイシュバンシャタイン城です。 現在外壁の修復中です。

イノシュバンシュタイン城200812



  白い内装で、ヨーロッパでも最も美しいロココ教会と讃えられているそうです。

ヴィース教会200812



  スイス・インターラーケンオスト駅です。

  スイスは雪で、山の景色が全く見えなかったそうです。

インターラーケンオスト駅200812



  パリ・シャンゼリゼの通りです。

サンジェリゼ200812




  アイスクリーム屋さんの看板です。

アテスクリーム屋看板200812



■旅行は、人生の幅を広くします。

  きっと良い経験になったものと思われます。

  激動の世をなんとか 元気で仲良く 乗り切ってほしいと願っています。





トラックバック0 コメント0
クリスマス ツリー
2008-12-20-Sat  CATEGORY: 日記
■11月の中旬より、マンションの中庭にクリスマスツリーが点灯しています。

  昨年より、クリスマスのシーズンになると管理組合の役員が飾り付けをします。


ツリー200812a



  私は今期、管理組合の役員ですが、飾り付けをする日に帰省をしており、

  取り付け作業に参加できませんでした。

 
  
■あたりが暗くなる17時から夜23時まて、点灯する様にしています。

ツリー200812b



  夜間、外出から帰るとリツーが、明るく出迎えてくれて、ちょっと心が明るく

  なります。

ツリー200812c



■もうひとつ、明るい話題を・・・・

  ユニセフに¥5,000を寄付しました。

  私の小遣いから、¥3,000を、 家内と次女の小遣いからも、

  ¥1,000づつを快く出してくれました。

  アフリカの貧しい子ども達の命が、少しでも救われますように!


       ユニセフ  ← はこちら。




トラックバック0 コメント1
納山祭(2日目)
2008-12-14-Sun  CATEGORY: 日記
■朝起きると、雪が薄っすら積もっていました。

  ロッジの窓からの景色です。

和佐又山ヒュッテ



  雪道をヒュッテの食堂に向かいました。

  和佐又山ヒュッテの前の雪景色です。  

  

和佐又山ヒュッテ前

  朝食は、鯵のひらきがあり、美味しくいただきました。

   → 和佐又山ヒュッテ 参考資料




  宿を出発し、白屋岳に登りましたが、雪で遠くの景色は見通しできませんでした。

  又剱山も白屋岳も登っている人は、私達以外になく、静かな山行でした。

白屋岳1214



  帰路、東吉野村で温泉に入り、吉野町で「やたがらす」の新酒を買いました。

やたがらす・新酒


  来週の日曜日に、結婚した長女夫婦が遊びに来るので、その時に一緒に

  飲むつもりです。



トラックバック0 コメント0
納山祭(1日目)
2008-12-13-Sat  CATEGORY: 日記
■定年退職前まで勤務していた会社の山岳部OBを中心とした山の会の

  納山祭に参加しました。     リタイアNさんも参加しています。

  山の会の例会(山行)は、毎月開催されているのですが、6月以降は

  勤務を始めたことや帰省、長女の結婚式などで、参加できませんでした。



■今年の納山祭は、奈良県の台高山脈で開催されました。

  近鉄・橿原神宮駅前に集合し、18名が5台の車に分乗し出発しました。

  台高山脈サンギリ峠より、又剱山に向かいました。

又剱山1213a




  霜柱を踏みしめながら、登りました。

  大峰山系の全山が、見渡せます。

大峰山系




  頂上(1377m)で、雄大な景色を見ながら、弁当を食べました。

又剱山1213b

  大台ケ原の大蛇ぐらの岩群が正面に見えます。




  帰りに上北山温泉に寄り、汗を流しました。

上北山温泉1213




  今夜の宿は、和佐又山ヒュッテです。

  食堂で、ビールと鍋料理の夕食です。

和佐又山ヒュッテ夕食



  夕食後は、ロッジにて、酒を飲みながら、夜が更けました。

  おやすみなさい。



  
トラックバック0 コメント0
11月度 我家のキャッシュフロー
2008-12-12-Fri  CATEGORY: 日記
11月度 我家のキャッシュフロー 



我家のキャッシュフロー(大げさなものでは、ないのですが・・・・)をEXCELで、
集計を終えました。

11月は、とっくに終わっていますが、外出することが多く、遅くなりました。

 【管理:3項目】 
         ・支出管理     (月度)
         ・収入/支出    (月度)
         ・預金 などの推移 (月度)




■11月度の支出額は、目標金額に対して264千円の支出オーバーです。   
   
   支出項目のオーバーの主要原因は、下記のとおりです。

      ・親戚のお祝い(出産)                     30千円
      ・結婚式パーティ                         30千円
      ・中国 北京旅行費用                      104千円
      ・帰省旅費(ガソリン代、ETC通行料、新幹線片道)  かなり千円

      

             (現金支払部分)   →|←   (銀行自動支払部分)
支出200811





■収支は、120千円の赤字でした。

     
      ・給料の支払いを受けました。
      ・生命保険の祝金 200千円を受けました。
      ・家内の北京旅行キャンセルの為、一部返金 51千円。

  
        ・・・生命保険会社より祝金をもらったので、もっと赤字額が少なく

        なければなりませんが、帰省など予定外の支出が多く、思うようには

        いかない状況です。

        

        12月は、心を引き締めて、支出を抑えなければ、将来困ることに

        なりかねません。


        
        【12月は、ケチに徹しよう!】  ←  スローガンです。


        午後、仕事で頑張ります!

トラックバック0 コメント0
主のいない家
2008-12-07-Sun  CATEGORY: 日記
■12/04(木)夜より、帰省しました。

  目的は、・・・・・

  ・ 両親の様子を病院とケアハウスに見に行くこと。  

  ・ 支援センターの介護支援専門員と今後の方針を打ち合わせること。 

  ・ 妹夫婦が主に両親を見舞っていますので、礼を云い 打ち合わせをすること。

                                   ・・・など です。




■実家は、父が入院、母がケアハウスに滞在していますので、不在です。

主のいない家1205



  父(89)が元気になって退院しても、母(83)と一緒に実家で自活できるか不明です。

  しばらくは、自活できても、半年後、数年後には、自活できなくなるのは、

  確実です。


  将来のことを考慮し、ケアハウスに入所することを視野に入れています。

ケアハウス1207


  いよいよ、両親の介護のことで、大変になりそうです!



 (父は、歩ける様になり、 母は楽しく快適に過ごしていますのでこの点は安心です)


  

トラックバック0 コメント0
北京旅行(4日目) pm
2008-12-01-Mon  CATEGORY: 海外旅行
■地下鉄で、北京駅より、ホテルの近くまで、戻って来ました。


  ここは、雍和宮と云う チベット寺院のある門前通りです。

雍和宮付近の街1201



  雍和宮の中に入ってみました。  

  清代に開かれた北京最大のチベット仏教寺院です。

雍和宮 a 1201



  満州、モンゴル、中国、チベットの各文化圏の様式が織り交ぜられた

  建築物が立ち並んでいます。


  大きな線香を持って、体を折り曲げたり、伸ばして、祈っています。

雍和宮・祈り1201




  チヘット仏教僧もいます。

雍和宮・チベット僧1201



■午後1時20分少し前に、ホテルに戻り、スーツケースを受取りました。

  黄さんと運転手さんに空港まで、送ってもらいました。



  ちなみに、黄さんは日本人そっくりですが、北京の南の少数民族出身

  だそうです。  その為、一人っ子政策に該当せず、兄弟二人とのこと。


  独身で、30歳?   最近は中国でも、婚期が遅いそうです。

  大学で、日本語を専攻、言っている事が時々意味不明の時がありますが、

  日本に来たことがありませんので、仕方ないと思います。

  一般の人が、日本に旅行するなんて、中国の所得からすれば、無理です。

  日本を旅行する中国人は、我々と比較し とても 金持ちです。


  日本人は、貧乏でもなんとか 旅行できます。  幸せです。



  

■  B737-800型で、無事空港を飛び立ちました。

北京首都空港 1201

  

  天津 → ソウル → 松江 → 岡山の上空を経て、無事関空に到着しました。

  ジェット気流のおかげで、行きより帰りは、30分飛行時間が短いです。


                                            謝 謝




トラックバック0 コメント0
北京旅行(4日目) am
2008-12-01-Mon  CATEGORY: 海外旅行
■本日は、午後1時20分までは、フリーです。  

  午前中は、地下鉄に乗って、北京駅付近に庶民の生活を観に出かけました。


 
  北京駅の西側1kmにある小学校です。

  門の隙間から覗きましたが、中の様子はわかりませんでした。

小学校1201




  北京の東にある 般板胡同 と 蘇州胡同 を歩きました。

胡同1201 a




胡同1201 b

  ここの胡同は、道幅が広く、安全そうでしたので歩いてみました。

  食糧店の前には、人だかりもできていましたが、 あまりカメラを向ける

  ことができず残念!

  活気は、感じられず、中年、老人は元気がありませんでした。



■北京駅の正面まで歩いて行きました。

  荷物を持った人がたくさんいました。

  地方から出てきたか、 これから帰省する人達でしょう。 

  軍服を着た若い人達がめだちます。


北京駅a 1201


 
  切符売場などを周りましたが、駅が古い為か、暗い感じです。

  駅の中に入るためには、毎度の手荷物検査を受けなければなりませんので

  入るのは止めました。


北京駅b 1201


  
   ・・・ 続く ・・・





トラックバック0 コメント0
<< 2008/12 >>
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


Copyright © 2019 団塊世代オジタリアン. all rights reserved.