FC2ブログ
2007年夏に定年退職した、団塊世代 普通のオジタリアンの日記
団塊世代オジタリアン
スーパー銭湯で生ビール
2008-07-27-Sun  CATEGORY: 日記
■リタイアNさんとスーパー銭湯=音の花(ねのはな)温泉に行きました。

  音の花温泉の湯は、透明ですが、ヌルヌル感があり温泉らしい気持ちにして

  くれます。

  露天風呂は、大変広いので、開放感があり好きな温泉の一つです。

  それに、最寄りの駅から徒歩5分で行けますので、車で行く必要がありません。

  風呂上りのビールを楽しむ人には、ぴったりです。

         音の花温泉  ← 紹介です。



■リタイアNさんと仲間10人は、7/6(日)~7/16(水)間 USAのヨセミテ公園

  トレッキングに行っていましたので、話を聞きながら生ビールを飲もうと云う事に

  なりました。
      
          ヨセミテ公園 ← 紹介です。

  最大の難コースは、宿泊先のテントキャビンから、ハーフドームの頂上までの

  日帰りトレッキングです。

  午前1時にテントキャビンを出発し、ハーフドームの頂上を経て、テントキャビンに

  到着したのは午後3時になったそうです。 (行動時間は、14時間)


  暑さ対策のため、深夜に出発したそうですが、日陰が少なく、体力を消耗し

  熱中症寸前で帰り着いたそうです。

  水を2リットル以上持参したそうですが、途中に水の補給場所がなく(7月に

  なると滝が枯れてしまうので)困った人もいたようです。


  暑さと埃で、大変だったとの事です。

  「西部劇の場面」に近い環境だったそうで、日本の山の緑とお花畑の環境は、
  
  アメリカになかったそうです。     やはり、日本が一番の様です。




スポンサーサイト



トラックバック0 コメント0
猛暑
2008-07-26-Sat  CATEGORY: 日記
■暑い日が続いています。

  道端の ひまわりの花 もぐったりしています。

猛暑



  元気な ひまわりの花 も少しばかりあります。

元気なひまわり



  朝顔の花は、暑さに負けず咲いています。

朝顔の花



■今週の仕事は、現場を担当することが多く、暑さで体力を消耗しました。

  但し、7/24(木)は、病院の定期健診に行き、仕事を休みましたので一服感が

  ありました。


  病院の検査では、ヘモグロビンA1c の数値は、改善するどころか、僅かに悪化

  していました。


  ビールの量が、多くなっているのが、原因かな?



  
トラックバック0 コメント0
ビール (中国の・・・)
2008-07-20-Sun  CATEGORY: 日記
■中国のビールを自宅で飲みました。

  2週間前の上海旅行の際に、購入した物と機内でもらった物です。

ビール(表側)


(写真No)  (名 称)      (中国名)    (製造地)   (酒精度)

  No.1   Heineken     喜力啤酒     上海市    >4.7%

  No.2   YAN JING    燕京啤酒     北京市    >4.0%

  No.3   SUNTORY    三得利啤酒    上海市    >3.6%




  裏面の写真です。  燕京啤酒は、北京オリンピックのマーク付きです。

ビール(裏側)




■よく冷やして、「飲み比べ」をしました。  (独断です。 家内の判断も加味)
 
  喜力啤酒   Heinekenの風味があります ○

  燕京啤酒   冷えていれば、○

  三得利啤酒  もう少しです  △

ビールの味


  燕京啤酒は、帰路の中国国際航空の機内で、お茶のサービスの代わりに

  もらったビールです。 

  機内でもらった時 一本飲んだのですが、全く冷えてなく、美味しくなかったので、

  残り一本を持ち帰った物です。

 
  中国では、青島啤酒:TSINGTAO BEERが有名です。

  上海では、飲みましたが、買って帰るのを忘れましたので、比較ができませんでした。


  一般に中国では、店で買う冷やしたビールも、日本ほど冷えていません。

  日本の様に冷えていれば、もっと美味しく飲めると思います。


  価格は、40~80円/本程度です。




トラックバック0 コメント0
ミニトマト 
2008-07-19-Sat  CATEGORY: 日記
■ベランダで、ミニトマトを栽培しています。

  三度ばかり、実を収穫をしました。

  野菜サラダに添えたり、弁当の片隅を飾ってくれました。




  そのミニトマトの葉も、そろそろ、枯れかけています。

ミニトマト(ベランダ)


ミニトマト


  短い間でしたが、「楽しませてくれて ありがとう」



■仕事に行き始めて、2週間が過ぎました。

  今週は月曜を除き、「コントロール室」で、制御の実習をしましたので、体力的には

  楽でした。


  来週から、「現場」の仕事を担当する予定です。

  暑いので、ちょっと辛いかな ??





  
トラックバック0 コメント0
家内の帰省
2008-07-17-Thu  CATEGORY: 日記
■月曜より、私の実家(両親宅)へ帰省していた家内が、本日 帰宅しました。

 
  月曜日に、母親の食欲が無いので、帰省して欲しいと連絡があったので、

  急遽、家内が帰省したものです。


  幸いにも、たいしたことはなく、母親は家内と一緒に近くの店に買い物にも

  行ける状態でした。




■原因は、急に暑くなったこと。

  そして、老両親の二人暮らしなので、生活に(精神的な)張りがない様です。




■帰省する度に、「家を部分改装し、快適に過ごせる様な環境作り」を言って

  いますが、聞く耳をもちません。


  歳をとると、知らず知らずの内に頑固になる様です。

  コミュニケーションをとって、柔軟な判断ができる状態を保ちたいものです。


                                            反省

  

  


トラックバック0 コメント0
仕事を始めて1週間
2008-07-12-Sat  CATEGORY: 日記
■一年間、休養をして鋭気を養っていました (遊んでいたのでは、ありません

  と言い訳です)が、今週の月曜(7/07)より仕事に行き始めました。

  仕事の内容は、プラントの運転と管理、メンテナンスです。

  昨日で、5日間(連続)の勤務を終えました。

  

  本日は、朝食をいただいた後、TVを見て、昼過ぎまで昼寝をしていました。

  ちょっと疲れがとれた様な気がします。



  【1年ぶりに働いての感想です】

  ①職場は、10名以下の少人数ですが、定年退職したした人が半数以上を

    占めていますので、あまり気を使わないでやれそうです。


  ②職場には、「転勤の多い スーパーの店長経験者」や「東京オリンピックの

    年(昭和39年)に繊維工場の技術指導のために、タイ国に船で2ケ月かけて

   行った人」 など面白い人生経験をした人がいます。

    仕事の合間に、話をしながら、和気藹々にやれそうです。


  ③私の仕事は、現場を任されましたので、暑い場所にいることも多いです。

    しかし、効率よくやって、プラントのコントロール室のエヤコン横で休憩して

    います。  仕事時間の半分は、休憩しています。


  ④仕事時間の半分は、休憩しているとはいえ、暑くて体力を消耗します。

    午後4時に仕事が終わったら、すぐ帰宅し、シャワーをして冷たいビール

    の一杯が、人生の楽しみです。 (この時は、発泡酒からビールへ格上げです)



安全を第一 と、気負いしない方針で、やっていきます。


   


トラックバック0 コメント0
上海旅行考
2008-07-06-Sun  CATEGORY: 海外旅行
ほんとに短い旅行でしたが、チョット意見です。


■光の部分

驚異の経済成長


  ○上海の経済発展と熱気には、驚くばかりです。

   世界でも、トップクラスの街と思います。 (中国に来た感じがしません)

   日本に帰ってみると、日本がみすぼらしく見えます。


   若者も多くは、生き生きしています。

   上海を見た人は、永遠に発展し続けると思うでしょう

   そして、投資して、儲けようと思うかも。



  
■影の部分

蘇州の街角


  ○上海から少ししか離れていない蘇州でも、かなりの格差が見られます。

   もっと田舎に行くと、格差が大きくなると思われます。


   上海駅や人民広場駅の周辺では、大きな荷物を持った人が

   うつろな目をしています。  子供づれの夫婦も、通路で寝ています。



 
  ○環境汚染

   航空機から見ても、空気の汚染は歴然です。


 


■これから、良くなると思われる点
地下鉄のホーム表示



 ○マナーの向上を!

   地下鉄駅のホームには、下車優先の表示がありますが、

   我先で行動し結果的に混乱を招いています。


   横断歩道の信号無視と車優先主義。

   道路を横断する時、車に轢かれそうになります。 気をつけて!


   
 ○笑顔と謝謝の言葉を発しよう。

   まだ日が浅いので、無理かもしれませんが、努力して!

   お客様が、謝謝と云う前に、自分から!



                                        END
トラックバック0 コメント0
上海旅行(3日目) 謝謝の言葉
2008-07-04-Fri  CATEGORY: 海外旅行
■朝、起きて ホテルの近くを散歩しました。

  対岸の旧租界地区が霞んでみえます。

1 対岸の租界地区



  おじさんが、「ホッホッ」と声を出して、早朝体操をしています。

2 ホッホッ 体操



  四川地震の救援看板があります。

3 四川省地震の救援看板



■朝食をのんびりいただき、ホテルのフロントでチェックアウトの手続きをしました。

 ・デホジットのお金を返してもらい、PM1:30までスーツケースを預かって

  もらう手続きをしました。  

 ・一連の手続きを終えてたのですが、「謝謝」の言葉がありません。

  上海と蘇州を旅行して、「一度の例外を除き、一度も"謝謝"を聞いた記憶が

  ありません」

 ・私のすぐ横で、白人がチェックアウトをしていましたが、ホテルマンは、笑顔

  がなく "Thank you" の言葉も無いようでした。

17 ホテル内部



 ・一度の例外の"謝謝"とは、テレビ塔の横の公園で、缶ビールを飲んだ際、

  空き缶を拾うおばさんが、私たちが缶ビールを飲み終えるのを待っていました。

  ペットボトルを回収するより、アルミ缶を回収した方が、価格がよいからです。

  家内が、缶ビールを飲み終えると、1元以下の小銭全てを 他人から判らぬ様

  に "そっ"とアルミ缶と一緒に渡しました。

  この時に、おばさんより 「謝謝の連発」があったそうです。



■気を取り直して、「豫園」に向けて出発しました。

  ホテル前より、外灘観光隧道を通って黄浦江の川の下を対岸へ渡ります。

  私たちは、車両に乗る順番の最前列でした。 

  他に、中国の母娘の2名が、後ろに並んでいました。

  車両の扉が開いたので入り、前方の椅子に座ろうとした途端に

  どかされてしまい、中国の母娘が座ってしまいました。  すごい早業!

4 外灘観光隧道



  再度、気を取り直して、旧租界側を歩きました。

5 浦東新区のビル群



  河岸を歩いていると、親切なおじさんとおばさんが声を掛けてきました。

  美術の先生だそうで、名刺と切り絵をあげると言います。 

  来月に東大と早稲田大学に、美術を教えに行くそうです。

  そのうちにおじさんが、家内と私を引き裂いて、費用の援助をして

  ほしいと 言い始めました。  100元援助要請です。


  私は、金がないと言って断りましたが、6枚の切り絵にもらいましたので。

  これに相当すると判断した価格の30元を渡しました。

  そういえば、親切に話かけてくる人には、「要注意」とガイドブックに記載が

  あった事を思い出しました。  迂闊でした。 hi !




  さらに、歩いていると、幼児を背負った若い女性が、お金をくれ!と

  寄ってきました。  私は、先ほどの「100元援助要請のおじさん」の

  ことがありましたので、即座に断りました。

  後になって、まづいことをしたと考え直し、幼児を背負った若い女性を

  追って、幾らかのお金を渡そうと思いましたが、暑いのと距離が離れて

  しまったので、渡せませんでした。 

  女性の疲れ切った顔の表情が、思いだされます。




  豫園に近づきましたが、歩行者用信号機が青でも、車が通るので、

  渡ることができません。

  他の人は、歩行者用信号機が赤でも、渡っています。

  6 赤信号でも進め


  しばらく様子を観察し、ようやく車の間をすり抜けて、渡たる要領を得ました。



■豫園と豫園商城です。 下町の情緒たっぷりの地区です。

7 豫園商城




8 豫園




9 豫園商城 土産店


  

■ホテルに帰り、預けていたスーツケースを引き取りました。

  送迎の李さんは、契約上、上海浦東空港まで送ってくれることになって

  いますが、リニアモーターカーに乗りたいので、市内の始発駅までの送迎

  にしてもらいました。

10 リニアモーターカー遠望



11 リニアモーターカー乗降口


  上海市内と空港間 30Kmを最高時速431Km/hで7分あまりで結びます。

12 リニアモーターカー スピード

 
  リニアモーターカーからの車窓です。
 
13 リニアモーターカー 窓より


  あっと 云う間に、空港ターミナルへ到着です。

14 リニアモーターカーで到着

  

■中国国際航空機の窓からの離陸後の下界の景色です。

  下方は、空気が茶色に色がついています。

15 中国大陸はスモッグ



  機内食は、日本風の味付けで美味しかったです。

16 機内食



  関空の到着ロビー着いた時、 見知らぬ男性が、「日本の空気はうまいな」と

  云う声が聞こえました。


 ● いろいろありましたが、機会があれば、又中国に行きたいと思います。

   中国には行きたくないいと云っていた家内も、又行きたいと云っています。

   良かったです。

                                             END


   
トラックバック0 コメント0
上海旅行(2日目) 蘇州は格差あり
2008-07-03-Thu  CATEGORY: 海外旅行
■朝6時からホテル近くの黄浦江の河岸に歩いてでかけました。

1 ホテルの近くの黄浦江 河畔


  ・ホテルに帰って、7時より1時間かけて朝食をいただきました。

  ・ハム各種とフルーツで腹いっぱいになりました。

  ・隣の席は、イスラム圏からの夫婦でした。 主人が私に、先に挨拶しました。

   私は、口ごもりながら、挨拶を返しました。

   豚肉料理を避けているのかを 横目で見ていましたが、よく判りませんでした。



■いよいよ、昨日購入した切符で、蘇州へ出発です。

  地下鉄 人民広場駅で路線を乗り換えました。

  すごい人です。 上海の人口は、1,700万人ですので当然です。

  しかし、若い人ばかりで、老人は全く見受けられません。

  中国の老人は、ご飯を食べたら、TVを見て過ごすそうです。 (李さんの談)

  上海では、老人はあまりの発展で世の流れについて行けない? (私の考え)

2 人民広場駅の人




■上海の鉄道駅に着きました。

 ①まず、係員へ切符を見せて、駅構内に入ります。

 ②駅に入ると、再度の切符チェックと手荷物のX線検査装置による検査を

   1人づつ受けます。 (航空機の搭乗チェックと同じ)

 ③掲示盤指示により、指定の待合室へ入室し待機をします。

3 鉄道の待合室へ向かう


  待合室は、8室ある様です。 一室1,000人は楽に入れます。


  2Fの待合室窓から、対面の待合室を望みます。

4 2Fの待合室から対面の待合室を臨む


  2Fの待合室窓から、対面の待合室の表情です。

4 対面の待合室の状況・拡大


  待合室の男子トイレに行ってみました。 5つの便器は、全ておしっこが溜まって

  流れません。    いよいよ、東南アジア風になりました!


 ④発車10分前になると、ホームへの案内があります。 

  三度、切符のチェックを受けて、ホームへ急ぎます。


 ⑤ホームに新幹線が到着していました。 やっと乗車です。

  なぜ待合室で待つの? → (私の考え ) 以前、中国の人民は、国内旅行の

  自由がありませんでした。 違反者や不満分子の監視をしていた名残でしょう。

5 中国新幹線内部 二等


  二等の新幹線には、ガス給湯器があります。 

  乗客は、茶葉の入った容器やカップヌードルにお湯を注いでいます。


■中国新幹線は、日本と同じ位に早いです。 

  但し、日本の新幹線は、主に専用路線を走行しますが、ここでは、

  一般路線を走行します。  だから、少し怖いです。

 
  昆山を過ぎたあたりの風景です。

6 新幹線より 昆山付近


  上海 → 蘇州 間の二等料金は26元(約¥400)です。 安い!

  所要時間は、41分でした。 (早い新幹線は、31分です)

  蘇州の駅のホームです。  (8両+8両の連結で、合計16両です)
 
7 新幹線で蘇州へ到着



  中には、大きな荷物を持った人もいます。

  一般の人も、新幹線に乗れる経済状態になったと思われます。

8 新幹線を降りた人 蘇州



■蘇州の駅前です。  殺風景な感じです。

9 蘇州の駅前より



  駅前のひとだかりの状況です。

10 蘇州の駅前広場



■暑い中、蘇州の市内の方向へ歩いて行ってみました。

11 蘇州の街角


 
12 蘇州の街角



13 蘇州の街角


  上海と相当な経済格差を感じさせます。 

  暑さと地図との位置不整合で、乗り物に乗ることにしました。

  タクシーが全くいませんので、三輪自転車タクシーのおじさんに声を掛けました。

  寒山寺までの値段を聞いたら50元と云う、再三交渉し35元で決着です。

14 三輪自転車に乗る


  おじさんは、細い路地を、地元の顔見知りに声をかけながら、汗だくだくで

  ぺダルを漕いでいます。   赤信号でも、進みますので、超怖い!

  さすが、命の値段の安い国です。 (感触では、命¥30万位かな?)


  やっと 寒山寺に着きました。 

  おじさんは、"今日は稼いだ" と云う感じの満足顔でした。  

  私は、気兼ねして、何度も 「謝謝」 と言いました。


■寒山寺の入口です。 黄色の衣は、お坊さんです。

15 寒山寺入口



  日本のお寺と少し感じが似ています。 (宇治市の万福寺にそっくり)

16 寒山寺



  お寺の塔に登ると、遠くにアパート群が見えます。

17 寒山寺の塔より北方を望む



■蘇州 → 上海へ向かう

  朝、蘇州駅に到着時に、、窓口に一時間かけて並び、40分早い出発時間の

  切符に変更していました。   それでも、2H待ちです。

  切符のチェックを受けた後、待合室で待っていました。

  横に、大きな荷物と布団をビニール袋に入れた25歳位の女性がいました。

  深刻な顔つきをしており、将来の人生に心配さを感じさせます。


  新幹線二等に乗り込みました。      車内では・・・・

  ほとんどの人が、携帯電話で大きな声で、しゃべっています。

                      まるで自慢しているように!

  左の男性は、上海に着くまで、しゃべりぱなしです。

  右横のお嬢さんも、半分以上しゃべっていました。

  とにかく声が大きい!  真夏の森で蝉がうるさく鳴いているのと同じです


  上海駅につきました。  通路は、人でいっぱいです。

18 上海駅の通路

  

■暑いので、水分を多飲し、腹は水腹です。 涼しいホテルに逃げ帰りました。

  途中のマーケットで購入した食材とホテルの部屋のビールで、夕食です。


■暗くなって、夜景を見に出かけました。

  金茂大廈 という高さ400m以上のビルの展望台です。

  展望台の位置は、88階で高さ340mです。 

  入場料70元はちと 高い!   でも、人でいっぱいです。

19 金茂大廈 88Fからの展望


  TV塔の左横に宿泊ホテルが見えます。


20 金茂大廈 88Fからの展望


  億ションが林立しています。

  上海は、欲望に満ちた街です。



トラックバック0 コメント0
上海旅行(1日目) 建物と人にびっくり
2008-07-02-Wed  CATEGORY: 海外旅行
■朝5時半前に電車に乗り、関空へ向かいました。

  中国には、行きたくないと云う家内に気づかいをしながらの旅行です。

  搭乗する前に、日本風の箸を購入しました。

  上海の空港からホテルへ送迎してくれる人への心遣いです。

1 中国国際航空機で出発


  中国国際航空は、中国のナショナルキャリーです。 (日本のJAL的存在)

  機体は、小型のボーイング737-800です。

  九州西 海上を通過し東シナ海に入ると梅雨前線が切れて天気が良くなりました。

2 九州を過ぎて東シナ海上空


  上海空港到着15分前位から、海上の船が茶色の海の中を航行しています。

  さらに行くと茶色の雲がかかり始めました。

3 上海到着15分前


  茶色の海は、長江の細かい土砂で、茶色の雲はスモッグの様です。

  上海空港は、第2ターミナルへの到着です。  カーペットが敷いてあります。

4 上海浦東空港 第2T


  新しい「上海浦東国際空港」は、関空の4~5倍位の広さがあります。

  税関出口を抜けて、到着ロビーに出ると、送迎の李さんが待っていました。


  車で、上海市内へ向かいました。  会話と質問しながら向かいました。

  こういう高層マンションが、無数にあります。 

  通常のサラリーマンでは、購入できない価格だそうです。 

5 上海のマンション群



  宿泊するホテルは、五つ星(中国基準)です。

  通常、日本人には、デポジットを求めませんが、1,000元の請求がありました。

6 東方濱江大酒店



  送迎の李さんと、別れました。 夕食時に再度迎えに来ます。


  さあ、いよいよ2人だけの旅行開始です。

  地下鉄の駅に行き、IC型交通カードを購入し料金をチャージしました。

  中国語も英語も話せませんので苦労しました。

  服務中心(サービスセンター)は日本語は、全く通じませんが、英語は判る様です。

  地下鉄路線の乗り換え駅の「人民広場」で、家内は若い中国人女性から、

  Are you Chainese? と声を掛けられました。   はあ?

 
  下2枚の写真は、上海駅の広場です。  

7 上海駅前広場


  地方から出て来た様な人が大きな荷物を持って うろうろ していますが、

  写真を撮るのは、気の毒で躊躇されますので、撮れませんでした。

8 上海駅前広場 バス停
 

  上海駅の中の切符売り場に入り、明日の「上海→蘇州」と帰りの新幹線

  二等切符を購入しました。


  ホテルへの帰路、南京東路に寄ってみました。

  ローラースケートを履いたおじさんが、何かを売っている様です。

9 南京東路広場


  地下鉄で、浦東新区のホテルに帰りました。 

  ホテルの窓からの景色です。  (中央奥側のビルは高さ約500mの森ビル)

10 ホテルの窓より



  夕刻の約束時間に、李さんに、上海料理店へ連れていってもらいました。

  ビールは、「青島」:チンタオビールを注文しました。

11 上海料理コース1


12 上海料理コース2


13 上海料理コース3


14 上海料理コース4



15 上海料理コース5


  最後は、フルーツが出て、終了しました。 日本人好みではないかも?


  帰りは、「南京西路」の屋台地区を経由して、地下鉄で帰りました。

16 南京西路 屋台の街


17 南京西路 屋台の街



  ホテルに帰りました。  窓からの夜景です。 

18 ホテルの窓より夜景



■自分達だけで、地下鉄にのり、中国新幹線の切符を買いに行けました。

  なんとかなるものです。

  中国では、電車に乗る方法が、日本や先進国と違うので、明日の蘇州旅行が

  ちょっと心配です。


トラックバック0 コメント0
住民税減額申請×   あすは・・・・・・
2008-07-01-Tue  CATEGORY: 日記
■本日午前中、住民税減額申請の為、税務課(居住地の)に出掛けました。

  広報によれば、・・・
------------------------------------------------------------------
  「平成19年に所得が減って、所得税が課されなくなった方へ」 
  
  税源移譲により、昨年6月から住民税のしくみが変わりました。

  これにより、市町村へ申告することで、住民税が還付される場合があります。
------------------------------------------------------------------

  ・・・とあります。    喜び勇んで、申請書をもって出掛けました。

  税務課の担当者は、パソコンの端末で調べていましたが・・・

  「申し訳ないが、貴方は該当しない」と丁重に説明がありました。

  昨年6月まで、働いていたので、該当しないそうです。 残念!

  
  [ 感想 ] 以前であれば、ぶっきらぼうな対応でしたが最近は、丁重で笑顔の対応です。  

        お役所の対応も、民間並みになりました。    担当者も大変だ!





■明日の早朝より、中国上海旅行(3日間)に出発します。

  以前の計画では、6/29より5日間で行く予定でしたが、

  母親の体調不良で、帰省した為に、キャンセルしました。


  その後も、どうしても、行きたいと思っていましたので、インターネットで探しました。   


  日本の旅行会社は、直近の旅行は引き受けてくれません。

  中国の旅行会社=中国巨龍旅行社が引き受けてくれました。

  旅行費用は、¥29,700/人 と燃料費と空港税(関空、中国)です。

上海旅行1


  
上海旅行2


  費用の内訳は、航空券、ホテル宿泊費、送迎費(空港とホテル間)のみです。

  蘇州にも行ってみたいので、インターネットで電車(火車)の時刻表を調査しました。

   クリック→  http://www.oklx.com/cn/train/path/0a4e776d_cf82de5d.html

 
 
  中国には、行きたくないと云う家内と行きますので、機嫌をとりながらの旅行です。


  ●住民税の減額がダメになりましたので、5元のラーメンをすすっての旅行になる

    かも しれませんが、これも良い思い出になると思います。


  
トラックバック0 コメント0
<< 2008/07 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


Copyright © 2019 団塊世代オジタリアン. all rights reserved.