FC2ブログ
2007年夏に定年退職した、団塊世代 普通のオジタリアンの日記
団塊世代オジタリアン
健康寿命
2019-08-24-Sat  CATEGORY: つぶやき
■介護を受けたり寝たきりになったりせずに日常生活を送れる期間を示す

  「健康寿命」が、2016年は男性72.14歳、女性74.79歳だったとのこと。


  この数値は、前回(13年時点)と比べ男性が0.95歳、女性は0.58歳延びた。


      【健康寿命のデータ】 ← クリックしてください!



     私は、この平均健康寿命を数日前に越えました

         今も健康だから、暫らくは大丈夫と思います。

1 平均健康寿命 超えたぞ


  私の友達の仲間は、皆さんとても元気です。

  80歳前後になっても、山へ登ったり、スキーに行ったり、好きな趣味を

  楽しんでいます。



■さて、本日「敬老会の案内」はがきが届きました。

        ”” えっ!  こんなもん 行くものか! ”

         ・・・・ と元気なうちは、思っていすが ・・・・

2 敬老会の案内


  ※最近は、スーパーマーケットなどで、老人がヨタヨタと買い物をしている

   姿を見るのが、とても嫌いになりました。

         自分の近未来の姿の様な気がします!


         自分も近づいているのでしょうか?




スポンサーサイト



トラックバック0 コメント0
ボーっと 生きてんじゃ ねーよ!
2018-10-14-Sun  CATEGORY: つぶやき
■ 久しぶり「つぶやき」です。


  居間の壁の横には、「カプリ島」の絵を飾っていました。

1 カプリ島の絵



2 カプリ島の絵



■本日、絵を掛け替えました。

3 ぼけっと生きてんじゃねえよ



  ”ボーっと生きてんじゃ ねーよ!” の絵に掛け替えました。  


            それには、理由がありました。

4 ボーっと生きてんじゃ ねーよ!



  = = = = = = = = = = = = = = = = = = 


■最近 毎日が日曜日なので、やはりボーっと生きています。


  先週の金曜日に、思い立って「職安」へ行ってみました。

        何か、いい事がありそうな予感がしたからです。


  職安で、カードを見せて求職用のパソコン端末で条件を入力して検索

  しました。    なんと 良いパートがあるではありませんか。

  帰路、履歴書を購入して、パソコンで履歴書を作りました。

  10年前のフォーマットと異なりましたが、位置を入れ替えて作成しました。

5 エクセル打ちの履歴書



■その履歴書を持って、再び職安を訪問し、相談窓口で相談しました。

  そしたら、その求人(募集はひとり)に対して、応募が9人あったそうです。

  そして、2名が辞退して、現在7名が応募しているそうです。

  私が応募すると競争率は、8倍になるそうです。 

              ヨシ!やってみよう!



■職安の窓口で、「紹介状」をプリントアウトしてもらい、応募の要領を教えて

  もらいました。

  最近は、「履歴書」以外に「職務経歴書」が必要だそうです。

  そして、送付状を添付して、その中でもアピールがあった方が良い

  みたいです。

          世の中、難しくなりましたね。

6 職安のマニュアル



■手書きで、「履歴書」を作成しました。

  写真は、スマートフォンで写真を写して、パソコンで印字しました。

7 手書きの履歴書



  「職務経歴書」を作成しました。

8 職務経歴書


  送付状も作成し、火曜日に郵便局へ投函しました。



 = = = = = = = = = = = = = = = = = =



■ そして、土曜日に結果が届きました。

      「残念ですが、面接を見送ります」とのことでした。 



   【反省】 倍率8倍で、71歳ではやはり無理ですね。

         私が経営者だったら、65歳以下の人を採用しますね。

         そして、定期的に休みが欲しいと条件をつけたので、余計に

         まずかったのかな?    


             政府の云う「高齢者の活躍」ができません。 


         やはり、ボッと生きている以外に道はなさそうです。




トラックバック0 コメント0
第3の人生のはじまり
2018-04-01-Sun  CATEGORY: つぶやき
■60歳で定年退職し、1年間ぶらぶらして遊びました。

  その後、パート勤務を約10年近く続けて現在に至っています。

  そして、前年度末でパート勤務を辞めることとなっていました。


■前年度末(H30年3月31日で辞める予定であることは、昨年の夏に

  決まっていました。

  親会社から、責任者がやってくるので、私が身を引くことになった旨。


  〇その後、親会社から来るの責任者の前職場の引継ぎが遅れる予定

    となり今年の7月位になるとの情報でした。

    その為、私も7月位までパート勤務の予定でした。


  〇そして近日、親会社のもう一人の人が余ったので、4/02(月)

   からこの人が来ることになりました。

    私は、その人に私の仕事を引き継ぎ、引き継ぎおわったら、退職する

    ことになりました。

            余った人って、大丈夫なのかな?

    仕事を引き継ぎ終わったら、「詳細な項目の引き継ぎ書」を作成して、

    サインをしてもらい保管するつもりです。



■現在、私がパート勤務をしている会社の社長は、昔 親会社の社員でした。

  なかなか、やる気のある人(私と同い年)で、親会社から独立して、会社を

  興しました。    (興した会社と親会社の関係はかなり深いです)


  社長は、私が退職した後、「社長の会社に2日/週程度来ないか?」と

  誘いを掛けてくれていますが、一応断りました。

  (但し、従業員の病欠などで、人員が不足した時には、応援に行きます
  
   と言っています。  昨年は2日応援に行き、久しぶりにクレーンを運転

   しました。   声を掛けてもらえることは、嬉しいことです。)



■定年退職後は、通常第2の人生と云っていますが、私はパート勤務を10年

  近くしましたので、今後は第3の人生の始まりと思っています。


  長年、よく働きましたので、今年の5月連休が終わったら、「ご褒美旅行」に

  行く予定です。   もちろん、家内も一緒です。

  イタリアを北から中南部まで10日間のツアーです。

       しかも、「ファーストクラス」で・・・・・
 
         今日は、「エイプリルフール」です。  
エイプリルフール



■つぶやき■

  定年退職後、10年近く働いたって、「それ、下流老人の証明」ではないの!

            うん!  そうだ そうだ!の声が聞こえています。



トラックバック0 コメント0
やる気
2015-12-12-Sat  CATEGORY: つぶやき
■家内が、知人から「やる気」の葉っぱをもらってきました。

  「やる気の葉っぱ」を水を張った皿につけていたら、葉っぱの周辺から、

  たくさんの小さな葉っぱが出てきました。  

  当時は、皆同じの小さな葉っぱでした。

  
  やがて、一部の葉っぱは消滅し、残りの葉っぱは成長を続けました。


1 やる気の葉っぱ



  「やる気の葉っぱ」の拡大写真です。

2 やる気の葉っぱ



  一部のやる気の葉っぱは、親葉っぱより独立しました。

             すごい! ですね。

3 やる気の葉っぱ・独立



■ハヤトウリも、もらってきました。

4 ハヤトウリ



  ハヤトウリも、少しやる気がある様です。

5 ハヤトウリ



■ブーゲンビリアは、花が全て落ちて、葉っぱも残り少なくなりました。

            やる気がないのでしょうか?     

  たぶん、やる気はあったと思うのですが、マンションの大規模修繕工事で、建物全体に

  防護シートが掛けられていましたので、日光不足で体力が低下したのでしょうね。

6 ブーゲンビリア


  さて、私のやる気は、ハヤトウリとブーゲンビリアの中間ぐらいだと思います。



■団塊世代が老後を乗り切るには、「やる気」と「覚悟」が必要です。

           やる気を出して、やってみて・・・・・

           結果がついてこなければ、「覚悟」すれば、大体は問題解決です。

  
                    まずは、やる気です!

                   後日、後悔しないために・・・



トラックバック0 コメント0
インターネットの国勢調査
2015-09-14-Mon  CATEGORY: つぶやき
■国勢調査の調査員が「インターネット回答の利用案内」を持ってきました。

  家内が自宅にいましたので、ID、パスワードが記載された用紙も手渡しされました。


 
  日本は、欧米先進国に比較して、業務効率の悪い国だそうですので、

  是非とも、インターネットで回答したいと思っていました。

         (少しでも、効率の良い業務に貢献したい!



  家内をパソコンの横に座らせて、サイトを開きました。
  
1 国勢調査



   ログイン画面

2 ログイン



  全体の構成説明

3 全体の構成



  調査は、世帯員から始まります

4 世帯員



  入力した内容を確認後、送信したデータを保護するためのパスワードを掛けます。

5 送信したデータを保護するためのパスワード



  最後は、アンケート入力して送信しました。    次回もインターネットでします・・・・と・・・

6 アンケート




■操作は、誰にでもできる様に簡単でした。

  しかし、質問内容は、これでホントに国政調査に役立つのか?心配になりました。

               (前回と同様にほぼ毎回同じ様な内容)

  この程度の調査内容であれば、市町村が保有しているサーバーからデータを

  ダウンロードして加工すれば、間に合いそうです。


  今回の国勢調査の経費は640億円

  その大半を占めるのが人件費。

  ・調査票を配布して回答を集める全国約70万人の国勢調査員の人件費が、約380億円。

  ・調査員を指導する約10万人の国勢調査指導員の人件費が、約58億円。

  ・国勢調査コールセンターにかかる費用が約10億円

  ・広報活動にかかる費用が約6億円など

  ・調査票の回収率を100%にするために、未提出の世帯には、再度調査員が訪問

  ・それでも調査票の提出がない場合は、聞き取り調査を実施。


  全員が、インターネットで回答すれば、数億円か数十億円ですむはず!

             あ~っ  国の借金が積み上がる!




トラックバック0 コメント0
<< 2019/10 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


Copyright © 2019 団塊世代オジタリアン. all rights reserved.