FC2ブログ
2007年夏に定年退職した、団塊世代 普通のオジタリアンの日記
団塊世代オジタリアン
信貴山 から平群へ
2020-01-21-Tue  CATEGORY: 日記
■今週の土曜日に山の会で、近鉄・生駒線「信貴山下駅」 → 信貴山 → 雄岳

  奥の院 → 「平群駅」の山行を計画しています。

  Nさんと事前調査に行きました。


  ズルをして、信貴山東までバスで行きました。  1時間分短縮です。

  信貴山の山門までやって来ました。

1 信貴山の山門



  寅まんじゅうを買って、昼食の代用としました。

2 寅まんじゅう



  信貴山の境内を通って ・・・・

3 信貴山の境内



4 信貴山の境内 本堂の下り階段より
                (本堂の下り階段より)



■信貴山の雄岳 : 空鉢護法への道です。

5 空鉢護法への道



6 空鉢護法



  葛城山方面ですが、見通しが悪いです。

7 葛城山方面



8 信貴山城址の碑



      9 信貴山城の説明看板 大 ← 信貴山城の説明看板
                     クリックすると拡大します



  信貴山から北側へ下る道はとても急な坂です。 さすが山城!

10 急な下り坂



  松永屋敷跡への入口です。

11 松永屋敷跡への入口



      12 松永屋敷跡 看板 大 ← 松永屋敷跡 看板



      13 松永久秀 説明看板 大 ← 松永久秀の説明看板



  更に下って、右に折れると「会員制の釣り池」があります。

  5~6名がヘラ鮒を釣っていました。 

  例年なら氷が張るそうですが、今年は暖かくて氷がないそうです。

14 会員制の釣り池



■奥の院へ到着しました。

15 奥の院 看板 到着



16 奥の院 境内



17 奥の院 境内



      18 奥の院 説明看板 大 ← 奥の院 説明看板



■平群(へぐり)へ下りました。  右側の低い山は松尾山地です。

19 平群へ下る




      20 信貴山~奥の院~平群 大 ← 歩いたルート図です



      21 信貴山~奥の院~平群 グーグルアース 大 ← 同グーグルアースです



22 信貴山~奥の院~平群 高低差




■ 【音の花温泉】 帰路 スーパー銭湯へ寄りました。


23 音の花温泉 ビールとマグロの兜



              ビールには、キハダマグロの兜が合いました。





スポンサーサイト



トラックバック0 コメント0
明神山 他
2020-01-19-Sun  CATEGORY: 日記
■今日は家内と麓の駐車場まで行き、そこから歩くと言うズルをしました。

  なぜなら、天気が良いので展望デッキから景色を眺めたかった訳です。


  明神山の登山口の大鳥居を通って、登っています。

1 明神山登山口



  家内は左足が痛くなって、遅れてやって来ました。

2 家内が遅れて登って来た



3 よく来たね



■午前中なので、太陽光線の方向が悪いのか? 空気中の水蒸気が多い

  のか? 積雪は写っていませんネ。

4 大峰山系
             (スマートフォンで撮影)




      5 雪の大峰山系 大 ← 雪の大峰山系 クリックすると拡大します
                     (1万円のデジカメ・光学的倍率8倍)



6 展望デッキの家内




      7 明石海峡大橋 大 ← 明石海峡大橋 クリックすると拡大します
                     (1万円のデジカメ・光学的倍率8倍)




  鳩が我々を見つめていました。

8 鳩



9 水仙



■午後4時から、マンション理事会の「総会」が開催されました。

  総会の後、「立食パーティー」が開催されたので、家内も参加しました。

  たくさんのお寿司、オードブル、酒類が出されたので夕食は必要ありません

  でした。        

                  ラッキー!



トラックバック0 コメント0
明神山
2020-01-18-Sat  CATEGORY: 日記
■昨夜の雨が上がりました。

  東京方面は、天気予報が雪と報じていました。

  大峰山系も雪が降ると報じていました。

  正午、マンションの4Fエレベーターホールから、音羽三山を見ると上部は

  白く積雪が確認できました。

          よし!  チャンス!

  自宅から歩いて、「明神山」へ登りました。

  今日は、息切れがして途中で休憩したので1時間40分かかりました。

       (私は標準タイムを1時間30分と決めています。 10分オーバーです)


1 展望デッキ 好きだネ



  登る途中、音羽三山の雪はだんだん消えていきました。

  そして、明神山へ登り終えた時には、すつかり消えていました。

       明神山設置の温度計を見たら10℃でした。 

            雪が融ける筈です!

  それでも、もっと奥にある高見山は真っ白でした。

5 高見山
   (大和平野の右側 三角形の小さな山は、三山のひとつ耳成山です)



■目的の大峰山系は、山頂付近がガスにかかって見えませんでした。

  それでも、かなり麓まで積雪が確認でしました。

2 大峰山系



3 大峰山系



  山上ケ岳は、ガスの中!

4 双眼鏡写真



■西側は、見通しがききました。

  あべのハルカスです。

6 あべのハルカス



  明石海峡大橋は肉眼でもはっきり分かりました。 (写真は双眼鏡写真)

7 明石海峡大橋 双眼鏡写真



■展望デッキで、45分間景色を楽しみました。

  帰路は、1時間20分でした。




トラックバック0 コメント0
目 の 定期検査
2020-01-17-Fri  CATEGORY: 日記
■内科で定期通院している病院の「眼科」へ行きました。

  「糖尿病」を患っている人は、「毛細血管」がダメージを受けます。

  眼の網膜には、毛細血管がたくさんあるので、目が悪くなる可能性を高い

  そうです。

  病院は、1年毎の「眼の定期検査」を勧めていますが、私はもう1年半ほど

  検査をしていません。  (前回の内科の定期健診で、先生から眼の検査を勧められました)


1 定期通院の病院



■眼の病気で一番怖いのは「緑内障」です。

  眼底検査は、眼の瞳孔を開いて(点眼液で開く)検査するので、帰りの車の

  運転を家内にしてもらう為に、家内も同行しています。

   下の資料は、緑内障の製薬会社のパンフレットの一部です。

2 緑内障 製薬会社のパンフレット



3 緑内障 製薬会社のパンフレット



4 緑内障 製薬会社のパンフレット



■「検査結果」は、年齢相応で特に問題はありませんでした

   ・視力検査 : 問題なし

   ・眼圧検査 : 問題なし (21mHg)

   ・静的視野検査 : 問題なし  (緑内障なし)

   ・網膜の断層検査 : 問題なし (網膜層がやや薄くなっている)

   ・眼底検査 : 問題なし

5 診療明細書



■最近の傾向として ・・・・

   ① ドライアイの傾向がある為、検査してもらいました。

      角膜に塗った薬がすぐに乾く : ドライアイ だそうです。

   ② パソコンの画面を見ると眼が疲れる : 老眼の傾向が進んでいる

      
   【対応】 下記写真の青い薬と赤い薬をもらいました

      ・青い薬 : 涙を増やしたり目の細胞を保護してドライアイを改善
         
      ・赤い薬 : 目の調整機能を改善し調節性眼精疲労を治療する薬


6 目薬をもらった



   ★静的視野検査網膜の断層検査は、機器測定した詳しい図化資料を

    見せてもらいました。    (とても面白い資料でした)

         資料をもらいたいと思ったのですが、先生はくれなかった!   

    次回検査時には、せめてスマートフォンで写させてもらおうと思っています。




トラックバック0 コメント0
石切神社 贋作 男はつらいよの地元
2020-01-16-Thu  CATEGORY: 日記
■NHK BS3ドラマで「贋作 男はつらいよ」 を放送しています。

  寅さんの本来の地元は、東京の葛飾柴又ですが、「贋作」では東大阪の

  「石切神社」となっています。      家内と出かけました。


  
  近鉄・生駒線の石切駅前です。 ドラマを見て、来た人が多い感じです。

1 近鉄 生駒線 石切駅前



2 近鉄 生駒線 石切駅前



  石切駅から坂を下っています。

  石切神社への坂道参道から大阪方面の景色です。

3 石切神社への坂道参道から大阪の景色



■昭和レトロな街が続いています。

4 昭和レトロな街



5 昭和レトロな街



6 千手寺
     


7 石切大佛
                (石切大佛)



   レトロな街は続きます。

8 レトロな街は続く




      9 石切参道商店街の案内看板 大 ← 石切参道商店街の案内看板




■石切神社へ近づいたら、人出が多くなりました。

10 人が多くなった



11 人が多くなった



12 石切神社近く



■石切神社 本殿です。

13 石切神社 本殿



    絵馬堂へ向かいました。

14 絵馬堂へ向かう



15 絵馬堂



16 絵馬堂



■再び本殿へ・・・・ 「百度石」と「本殿」の間をお巡回する人達が多いです。

17 百度石にお詣りする人達




      18 百度石にお詣りする人達 パノラマ写真 大 ← パノラマ写真です



■昼になったので、食堂の多い地区まで戻りました。

  呼び込みが一番巧い店に入りました。

19 昼食の食堂



  おでんは美味しかったです。

20 おでんは美味しい



  よむぎ うどん定食にしました。   うどんの麺の中によむぎが練り込んで

  ありました。  よむぎの天ぷらも乗っています。

21 よむぎうどん定食



  美味しかったかって?    ”ウゥ~ン”

22 食堂の庭



■帰路は、近鉄けいはんな線の「新石切駅」から帰りました。

23 近鉄けいはんな線の新石切駅



      24 石切神社 ルート図 ← 石切神社 ルート図



      25 石切神社ルート図・グーグルアース 2 ← 同グーグルアース



  3年前の正月に同じルートを歩いたことがあります。

  この時はとても人出が多くて本殿にお詣りできませんでした。(長い行列)

         


トラックバック0 コメント0
<< 2020/01 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


Copyright © 2020 団塊世代オジタリアン. all rights reserved.